カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いのか難易度を徹底分析

三菱UFJ銀行カードローンでお金借りる
 
バンクイックの審査は甘いのか難易度を知りたいわ…
バンクイックは仮審査通ったら大丈夫なのでしょうか?

安心感を求めるユーザーはカードローンでお金を借りたい場合、まず一番にメガバンク先を候補として挙げると思います。

3大メガバンクのカードローンの中でも、特に知名度が高いのが三菱UFJ銀行カードローンバンクイック」です。

銀行ならではの低金利に合わせて、審査スピードが早いとあって、銀行・消費者金融のカードローンの中でも、安定した人気で評価されています。

CMなどでも頻繁に宣伝されていますが、契約時に気になるのがバンクイックの審査に関連した情報でしょう。特に初めてカードローンを利用するという方は「自分は果たして審査に合格できるのだろうか」と不安に感じるものです。

ここでは主にバンクイックの審査の基準について考えるとともに、サービスの商品の魅力を紹介しています。

バンクイックの公式サイト

【PR】

著者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)・CFP認定者・ 貸金業取扱主任者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. 三菱UFJ銀行「バンクイック」の審査基準は甘い?厳しい?
  2. 口コミ情報から検討する三菱UFJ銀行「バンクイック」の審査時間
  3. バンクイックの審査に落ちるのはこんな方
  4. バンクイックの審査に通らないときの対処方法
  5. バンクイックは仮審査に通ったら大丈夫?
  6. 不安な方でも安心 バンクイックの在籍確認
  7. バンクイックの限度額は初回どれくらい?
  8. バンクイックの増額審査は新規申込に比べて厳しい?
  9. バンクイックの金利はどれくらい?
  10. バンクイックとの銀行のカードローンと比較
  11. バンクイックの2通りの申込方法
  12. バンクイックはインターネットから申し込みが簡単
  13. バンクイックのネット申込みからの流れ
  14. バンクイックの2通りの借入方法
  15. 申込前に確認しておくべきバンクイックの返済について
  16. バンクイックの主な3つのメリット
  17. バンクイックの主な3つのデメリット
  18. バンクイックの口コミ情報
  19. バンクイックでよくある質問 Q&A

三菱UFJ銀行「バンクイック」の審査基準は甘い?厳しい?

三菱UFJ銀行「バンクイック」は、銀行のカードローンならではの低金利で人気があります。

合わせて他の銀行カードローンと比べて、審査がとくに厳しいわけではなく、独自の調査では年収200万円未満のアルバイトの方でも審査に通過できたという結果もあります。

「大手の銀行を利用したいけど審査が心配」という方にとっても利用しやすい銀行カードローンです。

しかし当然のことながら、誰もが審査に合格できるとは限りません。まずは最低限、銀行側が提示する申込条件を満たす必要があります。

バンクイックと比較される人気カードローン

銀行カードローン 金利 限度額
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~年14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年14.5% 10~800万円
横浜銀行カードローン 年1.5%~年14.6%(変動金利) 10~1,000万円(10万円単位)
東京スター銀行スターカードローンα 年率1.5%~年14.6% 10万円~1,000万円

バンクイック審査の申込条件

バンクイックに申し込むには条件をクリアしていることが必要で、これらを満たしていない場合には審査に通過できません。

バンクイックの申込条件
  • 年齢が満20歳以上、65歳未満の国内に居住する個人
  • 原則、安定した収入があること
  • 保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられること
  • 外国人は永住許可を受けている方

2022年4月に成人年齢が18歳に引き下げとなりましたが、バンクイックでは18歳19歳の申込は認められていません。

申込条件の中で気になるのがやはり「安定した収入」の定義でしょう。

公式ホームページには「パートやアルバイトの方、収入が年金のみの方」でも申し込みできると記載されています。

バンクイックは三菱UFJ銀行というメガバンクのカードローンですが、申込み条件はそれほど敷居が高くはなく、職業制限も設けられていません。

比較的幅広い層にアピールするカードローンと言えるでしょう。

収入の目安は「年収200万円以上」と言われていますが、実際にはそれ以下の収入でも審査に通過した事例は数多くあります。

但し、金融の利用履歴においてネガティブ情報が登録されていないことが重要です。

クレジットカードなどで延滞していないことや、過去に自己破産などの債務整理をしていないことも条件です。

審査を実施するのは保証会社「アコム」

バンクイックは三菱UFJ銀行が提供するカードローンですが、実際に審査を行っているのは保証会社のアコムです。

保証会社の審査基準がベース

大手消費者金融のアコムは三菱UFJファイナンシャルグループの一員で、バンクイックでは審査や関連業務の多くをアコムに委託しています。

一般的に銀行系カードローンは、消費者金融よりも審査通過率が低いとされています。

カードローンの審査では「この人はきちんと返済できる人なのか」という返済能力と、「どの程度まで貸していいのか」という借入の上限額について判断します。

これは銀行カードローン、消費者金融両方に共通しています。

その上で、審査基準として雇用形態や勤続年数、借入希望額などをどの程度で折り合いをつけるのかが両者の審査基準の違いといえます。

安定した収入というのは、たとえば正社員であるときにはある程度認められますし、勤続年数が長いと安定性は高いと判断されるのが一般的ですが、どの程度のラインで判断するのかは取扱金融機関により異なります。

このラインが他銀行と比較して低めとみられているのがバンクイックの審査基準の特徴でしょう。

アコムで過去に問題を起こしていない事

消費者金融であるアコムと銀行系カードローンのバンクイックで審査の基準が同じとは考えられませんが、少なくともバンクイックの審査基準はアコムがベースとなっていると考えられます。

極端に言えばアコムがOKを出せば三菱UFJ銀行でも保証の後ろ盾があるということでバンクイックの審査でもほぼOKなのです。

一方、過去の金融の利用履歴において、アコムで問題を起こしていないことが大前提となります。

消費者金融のアコムでの利用実績の他、バンクイックと同じようにアコムが保証会社となっている他銀行カードローンでの利用実績においても情報が共有されています。

審査を行うアコムにマイナスの情報が残っていれば、バンクイックの審査でも自動的に否決されてしまいます。

保証会社のアコムは審査を行うだけでなく、利用者が返済不能になったときに保証人の代わりとなる存在です。

利用者が自己破産したり債務不履行になったりしたときに、利用者に成り代わって債務を弁済するのが保証会社です。

総量規制を超えた額を借りるのは難しい

バンクイックの利用限度額は10万円~500万円となっています。

銀行カードローンは法律上、総量規制の対象とはなりません。しかし現在では各銀行は総量規制と同水準の年収に応じた貸付額の自主規制を導入しています。

そのため、総量規制を超えた額を借りることは困難で、現在では審査に通過した時点の限度額は低めに設定される傾向にあると言われています。

バンクイックに申し込むにあたっては、自分の年収に見合わない借入額を希望すると審査では不利となります。

他社・他行の借入の合計額が少なくとも年収の3分の1以上の金額を上回らない程度の金額で申し込むようにしましょう。

金利から見るバンクイック審査の難易度

カードローンの審査の難易度が高いか低いかを見分けるには、金利を比較するのがひとつの目安になります。

金利の設定は「高ければ審査の難易度が低い」「低ければその分審査の難易度が高い」とある程度判別できます。

金利が低いということは、それだけ貸す側の利益が減少します。
同じ金額を貸しても利息をたくさん払ってもらえません。

申し込む側としてはお金を借りやすくなりますが、もし借りた方が返済不能になったときに貸した側の不利益が大きくなります。

このことは消費者金融と銀行を比較しても明らかで、概して消費者金融は金利が高い分だけ審査の難易度が低く、銀行のカードローンのほうが金利が低い分だけ審査の難易度は高くなります。

バンクイックの審査は、保証会社のアコムが事実上は担当しています。
そのため、審査基準のベースはアコムですが、だからといって難易度は同じではありません。

バンクイックのほうが審査の難易度は上と考えられます。
それは2つのカードローンの金利が違うからです。

バンクイックとアコムの金利
カードローン 金利
三菱UFJ銀行「バンクイック」 年1.8%~年14.6%
アコム 年3.0%~年18.0%

バンクイックの金利は確かに消費者金融と比較すると低めですが、銀行のカードローンとしては標準的で、抜きん出て低いわけでも高いわけでもありません。

審査基準も同様で、他銀行カードローンと比較した場合、難易度はむやみに高いわけでもなく、低いと言い切れるほどでもありません。

バンクイックの申し込みで正社員は有利?

一方、バンクイックの審査を受けるにあたって覚えておきたいのは、雇用形態はあまり問わないという点です。

審査では年収や勤務先、勤続年数などがチェックされますが、年収が少ないことや雇用形態などによる不利はあまりないというのが、バンクイックに対する評価です。

年収の低さは契約金額には大きく影響を与えますが、審査の可否自体という面では「年収が低いので借入不可」とはならないと思っておいていいでしょう。

派遣社員の場合、正社員に比較して審査は厳しくなりがちですが、安定した収入があればバンクイックの申込条件は満たしています。

アルバイトやパートの方でも申し込むことができ、契約社員の方であっても、それだけで審査で否決されることはありません。

また、自営業者であっても返済するのに充分な安定的な収入があれば審査には通る可能性があります。

このあたりが銀行カードローンの中でも比較的審査の敷居が低めとみられている要因でしょう。

ただし、専業主婦の場合には収入そのものがないため、バンクイックの条件である「安定した収入があること」に該当しません。

口コミ情報から検討する三菱UFJ銀行「バンクイック」の審査時間

三菱UFJ銀行「バンクイック」の審査時間は平均2~3営業日

インターネットの口コミ情報を総合すると、バンクイックの審査時間は平均で2~3営業日程度です。

公式ホームページには審査にかかる日数として「申込から審査・契約まで最短即日」という表記が確認されます。

Q4.インターネットで申し込みましたが、審査結果はいつごろ分かりますか?
A4.審査結果はお申込日の最短即日(平日9~21時、土・日・祝日は9~17時)にご連絡します。お申し込みの受付時間、審査状況によっては審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。
引用元:カードローン「バンクイック」 | 三菱UFJ銀行

しかし、これは審査が混み合っておらず、申込内容がスムーズに審査に通った場合に限られます。

インターネット・電話から申込を行い、審査回答が当日に得られた後、WEBアップロード・FAX・テレビ窓口で契約、テレビ窓口に行ってカード発行してもらう方法がもっとも早く借りられるパターンです。

※2022年4月1日以降テレビ窓口での新規お申込みは受け付けていません。

申込時間や審査の状況によっては、インターネットや電話申し込みでは審査回答を得るまでに2~3日営業日かかるという報告が最も多く、おおよそこの程度の時間が掛かると考えておいたほうが無難です。

4日以上は審査落ちの可能性

バンクイックに申し込んで審査時間が4営業日以上長引いているときには、審査落ちしている可能性が高いと考えられます。

バンクイックの融資担当者が申込者の融資の可否に迷っていて、返済能力がないと判断している可能性が高いと言えます。

なお、銀行のカードローンは現在、どこに申し込んでも即日融資を受けることができなくなっています。

以前はバンクイックでも即日融資を受けられましたが、「総量規制を超える融資」「反社会的勢力への融資」が社会問題化したことで、バンクイックを含む銀行のカードローンは2018年から即日融資を受けられなくなっています。「即日融資可能」という表現も今では見られなくなりました。

審査状況は問い合わせできる

バンクイックでは、審査状況を問い合わせることができます。

「申し込んだのはいいが、どうも審査に時間が掛かっているようだ」と思ったら、直接担当者に問い合わせて確認してみましょう。

「どれくらいで審査の結果が出るのだろうか」「審査に落ちたのでは」といつまでも悩んでいるよりも、直接電話して確認したほうが精神的にも負担がかかりません。

バンクイックの審査状況についての問い合わせ先

 

電話:0120-959-555
営業時間:平日午前9時~午後9時、土日祝日午前9時~午後5時

「審査が混み合っている」「在籍確認がまだ取れていない」などの回答をしてもらえます。

申込者の対応に手間を取られている可能性もあるので、問い合わせてつながらなかった場合には時間を空けて再度電話してみましょう。ただし「どこか問題があるのか」といった審査内容自体の質問にはお答えできません。

審査の結果が通知される時間

バンクイックの審査結果は、平日の午前9時から午後9時、土日祝日の午前9時から午後5時の間に担当者からメールまたは電話で連絡が来ます。

審査を実施しているのもこの時間帯と考えておきましょう。

Web申し込みは24時間受け付けしていますが、真夜中に申し込んで即審査が開始されるわけではなく、午前9時になってから順次審査をしていきます。

審査に落ちた場合にはメールが届く場合もある

多くのカードローンにあてはまることですが、バンクイックではカードローンの審査に落ちた場合には、審査結果の連絡がメールで届く傾向があります。

とはいっても、バンクイックのカードローン審査に落ちた人が、必ずしもメールで審査結果の連絡が来るわけでもなく、審査に通過したからといって必ず電話で結果通知されるわけでもありません。

いずれにしろ、バンクイックに申し込んだら審査の可否に関わらず結果の通知は来ます。

バンクイックの審査結果の通知が遅れているとき、審査結果のメールが「迷惑メールフォルダ」に振り分けられていることもあります。

カードローン会社からのメールを自動的にスパムとして扱ってしまうバグのようなものが、メーラーに搭載されているケースもあります。

メール設定次第では迷惑メールに入ってしまっていることもあるので、審査結果が遅れているときには迷惑メールフォルダを確認してみましょう。

バンクイックの審査時間が長引く6つの理由

1.審査が混雑しており可否判断に時間がかかっている

バンクイックの審査は、申込者が多数になって混雑していると長引きます。
申込者が多くなると審査の可否を出すまでに時間が掛かってしまいます。

特に3月から4月の人事異動の季節や大型連休前、給料日前、月末などにバンクイックに申し込みをすると、審査時間が長引く傾向があります。

2.提出書類や本人確認書類に不備がある

提出書類や本人確認書類に誤りや不備があると、バンクイックの審査時間が長引きます。

申込内容と提出書類を照合した際に、内容に違いがあると、バンクイックの担当者が直接確認する必要が出てきます。それだけ手間と時間を取られてしまいます。

バンクイックの審査が遅れているときには、申込内容の控えや本人確認書類、収入証明書などを見比べて不備や誤りがないか確認してみましょう。

3.希望限度額が高い

バンクイックの審査時間は申込者が高額の融資を希望したときにも長引く傾向があります。

貸出側としても、高額融資に対しては貸し倒れリスクを見極めるために、返済能力を慎重に調査する必要があるからです。

「高額融資」といっても基準は明確ではありません。

バンクイックでは50万円を超える利用限度額を希望する場合には収入証明書の提出が必要であることから、このあたりの金額が境目となると推測されます。

4.申込完了後に在籍確認が取れない

バンクイックの審査では電話連絡による在籍確認が必須なので、この段階で手間取ってしまうと審査時間が長引きます。

在籍確認は申込者の返済能力を確認する作業で、カードローンの審査では欠かせません。

バンクイックの場合には、申込の完了後の早い段階で担当者が申込者の勤務先に電話を掛けることになっています。

在籍確認が取れなかった場合、バンクイックの審査は終わりません。

実は、在籍確認に失敗することはカードローンの審査では珍しいことではないので、少しでも心配ならバンクイックに問い合わせてみましょう。

5.年収に対して他社借入が多い

他社借入が多いときにもバンクイックの審査は長引きます。

バンクイックは銀行のカードローンであって貸金業者ではないので、総量規制は適用されませんが、それでも申込者の年収と希望利用限度額との兼ね合いは重視されます。

年収の3分の1ギリギリまで他社・他行で借りているといった場合には、バンクイックの審査は慎重になります。現在、貸付額の自主規制により「年収の3分の1」のラインは非常にシビアに判断されています。

バンクイックは年収があまり高くなくても他の条件次第で審査に通る可能性もありますが、他社借入額とのバランスが取れていなければ審査は慎重になります。

6.信用情報に問題がある

信用情報に問題がある場合には審査時間は長引きますし、個人信用情報機関にネガティブな情報を登録されていたらカードローンの審査には通りません。

バンクイックは他社借入があるケースや社会的信用が低いというケースでも他の条件次第で審査に通る可能性もありますが、信用情報については厳しく審査しています。

バンクイックの審査に落ちるのはこんな方

バンクイックの審査に合格するには、逆に審査に合格できない方の特徴を理解することも大切です。
自分の状況に照らし合わせて、できるだけ審査に合格できるような申込を行うことが必要です。

申込の段階で、バンクイックの審査に通る可能性がかなり低い方がいます。
この場合、申込の記録が残ることを考えても、ダメ元で無理やり申し込むのはおすすめできません。

審査に落ちると思われる原因が解消してから申し込んだほうがよいでしょう。

長期延滞や債務整理など過去に金融事故を起こした方

バンクイックの審査で最も重視されるもののひとつが、過去に金融事故を起こしていないかどうかです。

銀行、消費者金融いずれのカードローンでも個人信用情報機関の金融事故の記録は、審査落ちに繋がります。

個人消費者の金融機関への申込・借入・返済・解約などの情報は、信用情報機関に一定の期間保存されます。

長期にわたる延滞や債務整理などは「異動情報」と呼ばれて基本的に5年間保存されます。
登録情報と保存期間は一般的に以下のようになっています。

登録情報 保存期間
申込 照会日から6ヶ月以内
契約内容 契約継続中及び契約終了後5年以内
返済状況 契約継続中及び契約終了後5年以内
取引実績 契約継続中及び契約終了後5年以内

引用元:株式会社日本信用情報機構:信用情報について:登録内容と登録期間

上記は個人信用情報機関JICCの記録保存期間となっています。

「以内」という範囲の判断が難しいので、過去の記録がある方がローン申込をする場合には、やはり個人で記録内容の照会を行うことをおすすめします。

日本には「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」、「日本信用情報機構(JICC)」、「全国銀行個人信用情報センター」の3つの信用情報機関がありますが、いずれも1回1,000円程度で情報の開示が可能です。

短期間で複数のカードローンへ申込をした方

個人信用情報機関では、カードローンやキャッシングの申込そのものが6ヶ月間保存されます。

たとえば1ヶ月の間に3件ものローンの申込がある人は「そんなにお金に困っているのか」と判断されます。

審査落ち件数の明確な数値が決まっているわけではないのですが、前回申し込んだ否決結果の記録が残っていると、審査は慎重にならざるを得ないでしょう。

申込ブラックは審査落ちする

この状態を「申込ブラック」と呼び、何も返済の遅延があるわけでもないのに審査で否決されます。

バンクイックに申込する前に、この6ヶ月の間にキャッシングなどの審査を受けていないか確認しておきましょう。

バンクイックの公式サイトでは「以前お申し込みいただいた方は、お申込内容(年収やお借入状況等)に変更がない場合、原則前回と同様の審査結果となります」と記載があります。

再申込するとしても、申込ブラックの状態が解消された、属性などの状況に変化があった後に行いましょう。

個人属性が良くない方

バンクイックの審査では雇用形態はあまり問いませんが、「個人属性」が弱い人は審査で不利になります。

バンクイックはパートやアルバイトの方でも利用可能ですが、それでも正社員に比較すると属性が良いとは言えません。

良くない属性が複数重なれば返済能力に劣るとみなされて審査落ちします。
一般的に個人属性として良くないのは以下のような項目です。

  • 勤続年数が1年未満
  • 雇用形態が非正規
  • 年収が100万円未満
  • 申込年齢制限に近い
  • 給与形態が固定給でない
  • 個人事業主・自営業・フリーランス

また、信用情報にまったく問題がなくても、次のような場合には審査は否決されます。

  • 無職
  • 収入がない
  • 年齢制限に引っかかっている
  • 反社会的な団体に所属している

意外と多い申込内容の不備・虚偽

審査落ちの意外と多い理由が「申込内容の不備」です。

単純な数字入力の間違いなどで審査に合格できないケースも多くあるようです。

スマートフォンのタッチパネルやパソコンのWEBでの入力間違いがないように、入力後は再度必ず確認して、慎重に申込をおこなうようにしましょう。

また「申込内容の虚偽」も審査に不合格となる理由となります。

どうしても審査に合格したい気持ちが強く、収入を多く申告したり、他社の借入を少なく申告する申込者もおられますが、このような嘘はすぐ見破られてしまいます。

たとえ嘘をつかなくても十分審査に合格できるだけの能力があっても、嘘をつくことで信用を一気に失うことになります。正直に申込を行うようにしましょう。

バンクイックの審査に通らないときの対処方法

まずは自らで審査落ちの理由を考える

もしバンクイックの審査に通らなかったら、まずはその理由を考えてみましょう。

というのも、もし何も改善しないまま他のカードローンの審査を受けても、落ちてしまう可能性が高いためです。

しかも何度も審査落ちを繰り返すと、先の「申し込みブラック」状態となり、通るはずの審査にも通らなくなることもあります。

バンクイックの審査に通らなかった場合、以下の条件に当てはまっていないか考えてみましょう。

  • 2年以内にクレジットカードや携帯電話料金の支払いを延滞した。
  • 数ヶ月以内に3件以上のカードローンやクレジットカードの申し込みをした。
  • 年収が100万円未満である。
  • 他社借入がある。
  • 申込情報に不正確な点があった。

単に「年収が低い」「他社借入がある」というだけで審査に落ちるとは考えにくいですが、「不利な状態になる」ことには変わりません。

「申し込みブラック」を回避するためにも、思い当たる点がある人はできるだけ改善したうえで次の申し込みをしましょう。

次に審査を受けるならハードルの低い先へ申し込む

バンクイックは銀行のカードローンのなかでは、審査の難易度は標準からやや低めと考えられます。

そのためここで落ちるということは、他の銀行のカードローンの審査でも難しいことになります。

銀行のカードローンにこだわるなら、楽天銀行などの審査ハードルの低い銀行を狙ってみましょう。

また、銀行のカードローンではなくアコムやアイフル、プロミスといった消費者金融を候補にしておくのも良いでしょう。

もし金融の利用履歴においてネガティブな情報が登録されているのであれば、「街金」と呼ばれる中小の消費者金融を狙ってみましょう。

バンクイックは仮審査に通ったら大丈夫?

公式ホームページからの申込時、多くの方が「お借入診断」を利用されるでしょう。

これは「年齢」「年収」「他社借入状況」の3項目を入力するだけで、瞬時に利用可能かどうか判断できるツールです。いわば「仮審査」を受けることになります。

ただし仮審査で「ご利用可能と思われます」と表示されても、その後の正式申込と正式審査の内容によっては、審査不合格となることもあります。

仮審査結果にも「※診断結果は、ご入力いただいた内容に基づくものです。詳細な内容に基づく実際の審査とは、結果が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。」と表示されます。

本審査では、提出された必要書類をもとに勤務先情報や個人信用情報の確認などが行われます。「仮審査」はあくまで目安、本番はその後の本審査にあると考えておきましょう。

当然、「仮審査で合格」→「本審査で不合格」となった場合でも、その明確な理由は教えてもらえません。

ただしその結果には必ず何等かの理由があるはずですので、再度自分の状況をよく振り返ってみましょう。

不安な方でも安心 バンクイックの在籍確認

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査では、必ず在籍確認が行われます。

在籍確認は、申込者が申告した通りの勤務先に在籍しているか確認するプロセスで、完了させない限り審査には通過できません。

一般的に、在籍確認はローン担当者が個人名を名乗って、契約者の職場に連絡することになっています。

バンクイックでは電話による在籍確認が必須

バンクイックの審査では、在籍確認は工程の一部として重視されています。

在籍確認ができれば必ずしも審査に通るとは限りませんが、信用情報や必要書類の確認などの一連の工程のひとつとして欠かすことはできません。

バンクイックの審査では申込者が「しっかり返済できる」という返済能力を持っているかどうかが重点的に審査されます。

貸したお金をきちんと返してくれそうなのかを様々な観点から見ていきます。

そのため、安定した収入があることは返済能力を測るのに重要なポイントとなります。

勤務実態を確認する工程

そこで、在籍確認によって申告された勤務先で働いている実態をつかむことによって、「定職に就いている方である」つまり、「収入が安定している方である」ということを確認しています。

たとえば、審査に通りたいからといって虚偽の勤務先や職業を申告した方がいた場合には、在籍確認によって虚偽報告が発覚してしまいます。

申込者が他人の成りすましであるときにも、職場に連絡すれば嘘が発覚します。

申告した情報に虚偽がないことや、個人情報との整合性を検証するための手段としても在籍確認は機能しています。

在籍確認で周囲に借入が発覚するのでは?

カードローンの利用は他人に知られたくないものです。

借金していることが知られたら、「そんなにお金に困っているのか」と疑われたり、勘違いされたりすることもあるでしょう。

そのため、カードローンを発行する金融機関から職場に電話で連絡があるのは、誰にとってもあまりうれしくないことです。

審査の担当者に「三菱UFJ銀行のカードローンの審査でお電話しています」などと言われてしまったら、同僚にカードローンの利用が完全に発覚してしまいます。

しかし、バンクイックの在籍確認の電話連絡で周囲にカードローンの利用が発覚することはほぼありません

基本的にバンクイックの在籍確認では、銀行名ではなく個人名で電話を掛けてきます。

法律上も「金銭の借入は個人に属するもの」とされており、たとえ家族であっても「金融機関からお金を借りている」事実を伝えてはならないことになっています。

そのため、どのカードローンを選んでも、社名を名乗ったり借入の審査と伝えたりすることはありません。

ただしバンクイックの場合は、電話連絡が「個人名」で行うという明記は公式ホームページでは見受けられません。在籍確認は、基本的には個人名で行われるものですが、銀行の場合には、必ずしも個人名で無くても問題ないと思われるケースがあります。

銀行名で連絡が来た場合、口座開設などローン以外の言い訳も使いやすく、キャッシングが発覚しにくいという特徴があります。

万が一にも銀行名で電話がかかってくるのが不安な方は、申込のときに電話で相談しましょう。

考えにくいことですが、銀行名で電話がかかってきた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

在籍確認の電話があっても、周囲に「何の電話だったのか」と訊かれたら「クレジットカードを申し込んだ」などと答えておけば良いでしょう。

メガバンクの三菱UFJ銀行ですのでクレジットカードの申込であれば不審がられることはまずないでしょう。何食わぬ顔をしていれば問題ありません。

在籍確認があれば審査通過の可能性が高い

三菱UFJ銀行「バンクイック」の公式ホームページには以下のような記載があります。

Q.申し込みや契約時に自宅や勤務先へ確認連絡は来ますか?
A.勤務先の確認や、申込内容に間違いがないかなどを確認するために、ご自宅および勤務先へ連絡する場合があります。
引用元:カードローン「バンクイック」のよくあるご質問

「連絡する場合があります」ということは、「連絡しない場合もあります」という意味にも取れます。
他のカードローンでは「電話による在籍確認をさせていただいております」と明言しているところもありますが、バンクイックの場合はそうではありません。

三菱UFJ銀行側が電話の在籍確認は不要と判断すれば電話は来ない可能性もあります。

在籍確認の電話がないパターンとしては以下のような状況が推測されます。

バンクイックの申し込みで在籍確認の電話連絡がないケース
  • 三菱UFJ銀行ですでにローン取引があって在籍確認をしたことがある。
  • 三菱UFJ銀行の口座で給与振込を利用している。
  • クレジットカードなどの利用実績が優良である。
  • 提出された書類から職場に電話しなくても在籍の確認ができたと認められる。
  • 相談で別の在籍確認の方法を提案して認められた。

バンクイックの在籍確認は申し込みの手続きが完了してから審査結果の通知の間に行われます。
この工程のなかのどこで電話をするのか、口コミ情報などを見ても一致しません。

この点からも、バンクイックの在籍確認はケースバイケースで対応していると考えられます。
また、在籍確認の電話が来るとほぼ審査通過していることが多く、絶対とは言い切れませんが電話連絡があれば「契約できる方」とみなされていると考えて良いでしょう。

抑えておきたい在籍確認のタイミングと確認内容

バンクイックの在籍確認は、基本的に申し込後の仮審査が完了してから実行されます。

仮審査で、たとえば信用情報に問題があったり、そもそも申込条件を満たしていなかったりした場合には審査は否決されます。

この仮審査が完了してから在籍確認をしますが、タイミングや方法などは以下のようになっています。

バンクイックの在籍確認のタイミングと内容
  • バンクイックの在籍確認は仮審査に通過した後。申し込みしてから2~3営業日以内が目安。
  • バンクイックの在籍確認の方法は職場に審査担当者が電話を掛ける。
  • 三菱UFJ銀行側からの電話があるタイミングは一定しない。申し込みするときに日時などを指定することは可能。
  • 電話内容は氏名、生年月日などの本人情報の確認(本人が電話に出たとき)。

在籍確認は、カードローンを申し込んだときに、申告した勤務先に本当に申込者が働いているかどうかを確認するものです。

そのため、社会保険証や社員証などの書類では本当に証明できません。

原則として電話連絡で在籍確認が実施されます。通常は仮審査申込後2~3営業日以内に行われます。

ある程度の日にちや時間の指定は可能で、「自分が職場にいるときに掛けてほしい」という要望は通ります。

注意しておきたいバンクイックの在籍確認が遅くなる理由

バンクイックの在籍確認のタイミングは申込者それぞれの状況によって変動しますが、わけもなく在籍確認が遅くなることはありません。

遅くなるときには、それなりに理由があります。

在籍確認のタイミングが遅くなる要因は様々ですが、主に以下のような原因で遅くなることが推測されます。

  • 申込内容に間違いや、疑わしい部分がある(漢字や数字の入力ミス、年収が不自然など)。
  • 中小企業や新規事業などの企業に勤務していて、事業内容の確認が必要なとき
  • 審査の可否のボーダーライン付近で、審査に慎重になっている。
  • バンクイックへの申し込みが集中していて在籍確認の順番待ちになっている。

良くあるのが「申込内容の間違い」です。

申込者は正確に入力したと思っていても、細かいミスがあることは多くあります。

自分の名前やフリガナ、住所や生年月日などが本人確認書類と完全に一致していないと審査が長引いて、在籍確認が後回しになります。

また、会社の規模や知名度、上場企業であるかどうかという会社の状況や、本人の年齢と年収に整合性が取れないときにも、審査は長引きます。

近年では、新規の事業に成功した会社の社員に対し、若くして高い給与を与えるケースも増えています。こういったときに、審査が長引くことがあります。

バンクイックの限度額は初回どれくらい?

カードローンの利用が初めてという方の場合、「自分はいくら借りることができるのだろう」と不安に感じるものです。

借入可能額の目安は「他社を含めて年収の3分の1以内」ですが、現状の必要額と合わせて、いくら申し込むべきか迷われるケースもあるでしょう。

バンクイックに限りませんが、無担保カードローンでは、特に初回利用者の場合には、数百万円を超える高額融資は難しくなっています。

これまで利用実績が無い申込者にそれほど高額融資を提供するリスクを背負うべきではないと考えるためです。

バンクイックの場合でも、これまで三菱UFJ銀行で預金取引やクレジットカード取引を盛んに行っているというケースを除くと、初回の限度額は「50万円以下」の小口先がほとんどでしょう。

まずは利用実績と信頼関係を構築し、問題ない利用者であると判断すると「増額」を提案する営業戦略が想像されます。

バンクイックの増額審査は新規申込に比べて厳しい?

バンクイック増額の一番のメリットは「金利が引き下げられる可能性がある」こと

バンクイックでは、おおよそ初回契約では「利用限度額50万円以下・金利年14.6%」と設定されることが多いでしょう。

どれだけ社会的な地位が高く、信用力がある方でも三菱UFJ銀行と個人消費者であるユーザーとの間にはまだ「信頼関係」は構築されていないからです。

バンクイックの金利年14.6%は銀行のカードローンとしては標準的で、高くも低くもありません。

もし利用限度額の増額に成功すれば、同時に金利が引き下げられる可能性もあります。これが増額する最も大きなメリットと言えます。

ネットの口コミ情報によると、バンクイックで増額申請を出した場合、一般的には10万円単位の増額になることが多く、一気に100万円単位で増額するのは困難と言われています。

増額したことによって金利の引き下げを期待したいところですが、あまり多くを期待しないほうが良いでしょう。

バンクイックの利用限度額ごとの借入利率(2017年3月27日以降に契約された方の適用金利)
利用限度額 借入利率
10万円以上~100万円以下 年13.6%~年14.6%
100万円超~200万円以下 年10.6%~年13.6%
200万円超~300万円以下 年7.6%~年10.6%
300万円超~400万円以下 年6.1%~年7.6%
400万円超~500万円以下 年1.8%~年6.1%

利用限度額10万円のときに10万円を年14.6%で借入して、1年かけて返済すると毎月の返済額は9,006円になります。

もし利用限度額が100万円超に増額されたら、金利は最高でも年13.6%に下がるので、10万円借入して1年かけて返済するときの毎月の返済額は8,959円となります。

増額審査に通過できる条件

バンクイックで利用限度額を増額するための条件として最も重要なのは、バンクイックからの信用力を上げることです。

バンクイックから「この方ならもっと貸しても大丈夫だ」と信用されることが利用限度額を増額する近道です。地道に実績を積み上げましょう。

1.6ヵ月以上の利用実績

まずは最低でも6ヵ月以上の利用実績を作りましょう。

バンクイックから借りて、6ヵ月以上は毎月返済に遅れないようにしっかりと返済することです。

1回借りてすぐ翌月に全額返済しているときには、「信用力の形成」にはなりません。

借りてから6回以上の支払期日があり、それに遅れることなく返済していることが重要です。

2.収入増があった

年収が上がれば信用力が上がります。
これは金融機関全般に言えることで、バンクイックに限りません。

三菱UFJ銀行も「貸し過ぎ」にならないよう利用限度額を設定しています。
ほとんどのユーザーに対して借入額は年収の3分の1以下に抑えてあります。

そのため、単純に年収が上がれば借入額を引き上げることができます。

源泉徴収票や給与明細書など、年収が上がったことが分かる収入証明書を提出して増額審査を受けると良いでしょう。

収入が着実に増えているなら、パートやアルバイト、個人事業主でも増額審査に通過できる可能性も高まります。

3.返済トラブルがない事

「返済トラブルがない」というのは、バンクイックだけでなく他社での取引も含めて全般の金融履歴がキレイであることが条件です。

増額審査ではバンクイックだけでなく、クレジットカードの支払いや携帯電話料金、分割払いなどすべての返済の実績が対象となります。

直近で返済の滞った支払いがあるようでは増額は困難でしょう。
どういった金融機関に対しても返済を着実に行っていて、信用されている状態であることが増額審査では重要です。

増額審査で利用限度額が下がることもある

増額できるどうか分からないという状態で、「とりあえず申請だけしてみよう」と審査を受けることが、かえってマイナスの結果を生むこともあります。

増額審査の結果、むしろ限度額が引き下げられたり、利用停止になったりすることもあり得ます。

1.年収減で返済能力も下がったと判断されるとき

年収が上がれば利用限度額の増額審査に通る可能性が高まりますが、下がれば増額ではなく限度額を引き下げられてしまう可能性もあります。

特に、転職した後は要注意です。
転職によって収入が下がった場合には、継続的に収入減となる可能性があると判断されかねません。

2.他社借入が増えたとき

他社のカードローンを利用して借入額が増えている場合にも、増額審査では不利となります。

他社借入が増えた分、三菱UFJ銀行の規制の枠の範囲内になるよう利用限度額を引き下げられる可能性があります。

3.返済遅れや滞納は信用力を低下させる

返済の遅れや滞納は、信用力を低下させます。

これは他社の借入についても同じことで、バンクイックの返済には遅れていないが他社の返済に遅れているときには、信用力は低くなったと判断されます。

返済の遅れや滞納は個人信用情報機関に登録されるので、隠し立てはできません。
返済遅れや滞納の回数も重視されます。

状況次第では利用限度額を引き下げられたり、カードの利用停止にあったりする可能性もあります。

増額審査の難易度はやはり厳しい

どのカードローンにも言えることですが、バンクイックでも増額審査は初回申込時の審査よりも厳しくなると考えていいでしょう。

そもそも、初回の契約のときにその人の返済能力や信用力などをチェックしたうえで利用限度額を決定しており、それを超えて貸しても良いことが実証されないと、なかなか増額には成功しません。

ただ、他社からの借入がなく、バンクイックでの返済実績が問題ない場合には、すんなり審査に通る可能性があります。

特に、三菱UFJ銀行からバンクイック増額の案内があった場合には審査には通りやすい状態です。

実際にバンクイックから増額の案内があった後に増額申請を行って、審査に通ったという口コミ情報は数多く寄せられています。

増額に成功したという口コミ情報を見ると、多くは「バンクイックから電話があって増額しませんかという勧誘をされた」「バンクイック側から増額を提示された」という内容になっています。

このように他社からの借入の増加や返済上のトラブルもなく、バンクイックの利用実績が6ヵ月以上ある方が増額提示を受けるケースが多くなっています。

バンクイックの金利はどれくらい?

バンクイックの利用限度額と金利の関係

バンクイックの公式ホームページでは金利が「年1.8%~年14.6%」と表示されていますが、実際にどの金利が適用されるかは審査に通過して契約手続きまでしないと分かりません。

バンクイックでは、利用限度額によって適用される金利が定められます。

そのため、事前にどの程度の金利が適用されるかは、自分の年収や個人属性などから「この程度の利用限度額だろう」と推測できれば、おおよそ契約後に適用される金利がいくらになるのか推測することができます。

バンクイックは銀行のカードローンですが、おおよそ「年収の3分の1まで」が適用される限度額の上限です。
そこから算出される限度額と金利の目安は以下のようになります。

年収と利用限度額の目安・適用金利
年収 利用限度額の目安
(年収の3分の1)
金利
1200万円以上 400万円超 年1.8%~年6.1%
900万円~1200万円 300万円超~400万円 年6.1%~年7.6%
600万円~900万円 200万円超~300万円 年7.6%~年10.6%
300万円~600万円 100万円超~200万円 年10.6%~年13.6%
300万円以下 10万円~100万円 年13.6%~年14.6%

銀行のカードローンは過剰融資が問題視されたことから、利用限度額を利用者の年収の3分の1までという自主規制を行っています。

バンクイックでも利用限度額の制限を設けており、おおよそ上記のように自主的に規制を設けていると考えられます。

初回契約では上限金利「年14.6%」が適用される

バンクイックに限らず、多くのカードローンでは、初回契約では上限金利が適用されるケースがほとんどです

たとえば、年収が300万円の方がバンクイックに申し込んで利用限度額を100万円超と設定された場合、通常は上限金利である年13.6%が適用されると考えていいでしょう。

初回で利用限度額100万円を設定されることもレアケースで、通常は「利用限度額50万円まで・金利年14.6%」となるのが普通です。

これはどの銀行のカードローンでも変わりません。消費者金融でも同様です。

ただし、これまでにカードローンの利用実績やクレジットカードでの良好なクレジットヒストリーがあるといった場合には、利用限度額も高め、金利も低めで設定される可能性があります。

さらに、三菱UFJ銀行をメインバンクとして使っており、給与振込先口座や公共料金支払い口座指定などをしているときには、審査に通過できた場合に高めの利用限度額と有利な金利を提示される可能性があります。

逆にこれまでキャッシングやローン商品の返済実績がないという方は、借りたお金を返済できる方であるかどうかの判断基準がありません。

そのときには審査では信用力があまり高くないと判断されて、利用限度額も金利もあまり有利な条件を提示されることはないでしょう。

バンクイックとの銀行のカードローンと比較

バンクイックの金利「年1.8%~年14.6%」がどの程度高いのか低いのかは、他の銀行のカードローンと比較すると分かります。

都市銀行・地方銀行・ネットバンクなどと利用限度額・金利を比較すると以下のようになります。

銀行のカードローンの比較
カードローン 利用限度額 金利(借入利率)
三菱UFJ銀行「バンクイック」 500万円 年1.8%~年14.6%
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円 年1.5%~年14.5%
みずほ銀行カードローン 800万円 年2.0%~年14.0%
りそな銀行カードローン 800万円 年3.5%~年13.5%
横浜銀行カードローン 10~1,000万円(10万円単位) 年1.5%~年14.6%
ちば興銀カードローン 500万円 年3.9%~年14.6%
愛知銀行カードローン 500万円 年4.9%~年13.5%
愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」 800万円 年4.4%~年14.6%
仙台銀行カードローン 500万円 年3.5%~年14.5%
中京銀行カードローン 500万円 年4.9%~年14.5%
住信SBIネット銀行カードローン
スタンダードコース
300万円 年8.99%~年14.79%
住信SBIネット銀行カードローン
プレミアムコース
1200万円 年1.59%~年7.99%
楽天銀行スーパーローン 最大800万円 年1.9%~年14.5%
オリックス銀行カードローン 800万円 年1.7%~年17.8%
auじぶん銀行じぶんローン 800万円 年1.48%~年17.5%

このようにして比較すると、バンクイックの金利は「高くもなく、低くもない」というごく標準的なレベルと言っていいでしょう。

契約当初の金利は上限金利が適用されることが多くなります。
上限金利はどの銀行のカードローンでも大差はありません。

利用限度額100万円以下での金利を比較

全国銀行協会によるカードローンの利用状況の調査によると、銀行のカードローンの利用者の60%以上が借入総額は100万円以内となっています。

参考:全国銀行協会:銀行カードローンに関する消費者意識調査(2020年3月31日)Ⅱ-2.(1)現在の借入総額

これは消費者金融でも同様で、おおかたの場合、カードローンは「日常の用事に対応するための小口融資」という位置づけでしょう。

日常の生活費の補てんや旅行や趣味の費用などとして借られることがほとんどのケースです。
そのため、利用限度額100万円以下の範囲で金利を比較するのはリアリティがあると言えます。

銀行のカードローンの利用限度額100万円までの金利の比較
カードローン 利用限度額 借入利率
三菱UFJ銀行バンクイック 10万円以上~100万円以下 年13.6%~年14.6%
三井住友銀行カードローン 100万円以下 年12.0%~年14.5%
みずほ銀行カードローン 10万円以上~100万円未満 年14.0%
りそな銀行カードローン 10万円以上100万円以下 年13.5%
横浜銀行カードローン 100万円以下 年14.6%
楽天銀行スーパーローン 100万円未満 年14.5%
オリックス銀行カードローン 100万円未満コース 年12.0%~年17.8%

三井住友銀行カードローンとオリックス銀行カードローンでは最下限金利が低くなっていますが、100万円までの小口利用者は最上限金利での契約がほとんどです。この点を考えると最上限金利が一番低いのがりそな銀行カードローンとなります。

バンクイックの最上限金利はオリックス銀行カードローンについで高くなっています。

「低金利重視」という人なら、三菱UFJ銀行よりも有利な銀行のカードローンもあるため、良く検討してみましょう。ネットバンクには有利な条件のカードローンもあります。

バンクイックの2通りの申込方法

バンクイックは2種類の申し込み方法が用意されています。

1.インターネットのWEB申込(PC・スマートフォン)

24時間いつでも申込可能。パソコンの他、スマートフォンアプリでも申込できます。

2.電話

フリーダイヤルから電話で申込を行います。土日祝日も利用可能です。

バンクイックはネット申込みなら外出せずにWeb上のアップロードで書類の提出ができて、ネット審査で結果を受け取れます。

銀行のカードローンであるため即日融資には対応していませんが、しっかり準備はしておけばスピーディに融資を受けられます。

ネットで申し込んでカード受け取りをテレビ窓口にする方法がバンクイックから最速で借りられる方法です。

バンクイックはインターネットから申し込みが簡単

ネット申込みの主な3つのメリット

1.24時間いつでも好きな時に申し込める

バンクイックのネット申し込みは、パソコンなら公式ホームページから、スマートフォンなら公式アプリから24時間いつでも好きなタイミングで利用できます。

バンクイックには他に電話でも申し込むことができますが、受付時間が限られています。

バンクイック申し込みの受付時間
申込方法 受付時間
インターネット
  • 365日24時間いつでも
電話
  • 平日:午前9時~午後9時
  • 土日祝日:午前9時~午後5時

「仕事終わりに申し込みたい」「夜間の時間があるときに申し込みたい」など、インターネットから申し込むと、混雑による時間のロスもありませんし、受付時間の制約を受けません。

電話での申込みは、平日の午後12時前後、午後6時以降などに多くの人が申し込みますので、混雑による待ち時間が発生しがちです。

2.パソコンやスマホから申し込める

バンクイックはインターネットに接続されたパソコンやスマートフォンさえあれば、どこからでも申し込むことができます。
場所も問いませんし、時間の制約もありません。

カードローンに申し込んでいるところを誰かに見られるリスクも減ります。

電話も口頭で申し込みをするので、話を聞かれない場所や時間を考える必要があります。
インターネットなら家族や仕事の同僚、友人などに知られることなく申し込めます。

3.郵送なしで契約可能

バンクイックにインターネット経由で申し込むと、お申込みまでの手続きをすべてインターネット上で進めることができます。

お申込みまでは、店舗に行く必要もありませんし、郵送で書類送付する必要もありません。

書類は公式ホームページや公式アプリからアップロードして提出できます。

書類提出が終われば後は審査結果を待つだけです。
三菱UFJ銀行の口座がなくても振込融資を受けることも可能です。

※他行口座あて振り込みをご希望の場合、初回または振込先口座変更時はお電話からお申し込みください。

本人確認書類は「運転免許証」を合わせて2点必要なので注意

バンクイックへの申し込みで注意しなければならないのは「本人確認書類が2点必要」というところです。

通常、カードローンの申し込みでは本人確認書類は運転免許証などが1点あれば問題ありませんが、バンクイックではどの申込方法であっても「2つ必要」ですので注意しましょう。

バンクイックで通用する本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記のうち2点を用意する必要があります。
日本で暮らしている限り、健康保険証は誰もが持っているでしょう。

健康保険証以外の書類を用意できないときには、「本人確認書類の代用にできる書類」を1点用意することになります。

本人確認書類の代用になる書類
その他の書類 ・住民基本台帳カード
・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
・官公庁から発行された書類で顔写真を貼付したもの
・各種福祉手帳
・住民票の写し
補完書類 ・公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話・NHK)
・国税あるいは地方税の領収書
・社会保険料の領収書

バンクイックのネット申込みからの流れ

バンクイックの申し込みは、基本的に「申し込み→仮審査→書類提出→本審査→契約」という流れになります。

  1. 申し込み:インターネットの場合、公式ホームページの申し込みフォームから申し込みます。
  2. 仮審査:申し込みフォームに記載された個人情報から審査をして、可否を決めます。
  3. 書類提出:WEBアップロードで必要書類を提出します。
  4. 本審査:提出された書類を元に審査をします。
  5. 契約:審査結果はメールまたは電話によって通知されます。契約内容に同意すればカードローンが使えるようになります。
  6. カード発行:テレビ窓口または郵送でカードを受け取ります。

    仮審査の結果はメールか電話で通知されます。三菱UFJ銀行によると、「たとえ仮審査に落ちていたとしても、必ずメールか電話で結果を通知する」ことになっています。

    審査に通過しているときには主に電話で連絡、審査に否決されたときには主にメールで通知します。

    バンクイックの2通りの借入方法

    借入方法は以下の2通りです。

    ①ATMでの借入(1千円単位)

    借り入れカードを使用してATMから借入を行います。

    三菱UFJ銀行のATMの他、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMが利用できます。(これら以外のATMは利用できません)

    ATM利用手数料、時間外利用手数料はすべて無料で利用できます。

    利用可能時間帯:0:10~23:50(毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く)実際の利用時間はATMにより異なりますので注意しましょう。

    ②振込での借入(1万円単位)

    本人名義の三菱UFJ銀行普通預金口座に振込を行います。

    借入申込はインターネット、もしくは電話で行います。申込時間帯により振込されるのが翌営業日となるケースもありますので注意しましょう。

    申込前に確認しておくべきバンクイックの返済について

    バンクイックの3通りの返済方法

    バンクイックの返済方法は以下の3通りです。

    ①自動支払い(口座引き落とし)による返済は口座残高不足に注意

    返済期日(返済日)に自動的に引き落としされます。
    口座残高不足に注意しましょう。利用には別途手続きが必要となります。

    ②ATMでの返済は手数料無料

    三菱UFJ銀行ATMの他、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMの提携先ATMから返済できます。ATM利用手数料・時間外利用手数料は無料です。

    最小返済単位は三菱UFJ銀行ATMで1円、コンビニATMで1千円です。ただしATM機種により、硬貨での返済が利用できない場合もあります。

    ③振り込みでの返済はインターネットバンキングを利用したい

    指定口座への振込により返済できます。三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を利用する場合、振込手数料が無料です。その他の場合、利用時間・利用機関により、所定の手数料がかかる場合があります。

    バンクイックの返済期日は2通りから選択できる

    返済期日(返済日)は希望に応じて以下の2種類から選択できます。

    返済期日をお知らせするEメールサービスが利用できますので安心です。

    ①「毎月指定日返済」は自分の都合に合わせることができる

    自分の都合のよい日を設定できます。

    • 当該日がない場合には、月末払いとなります。
    • 毎月指定日の14日以内にご返済された場合は今回返済分として充当され、次回返済日は翌月の指定日となります。

    ②「35日ごとのご返済」は日数換算に注意

    初回のご返済は、借入日の翌日より起算して35日目、2回目以降は直近返済日の翌日より35日目が返済期日となります。

    • 自動支払いによる返済の場合は、毎月指定日返済となります。

    ①②とも返済期日が土・日・祝日等の場合は、翌平日窓口営業日となります。

    バンクイックの毎回返済額設定方法

    毎回の返済額は、返済期日の借入残高に応じて以下の最小返済額が設定されます。

    2013年3月25日以降に契約の方(同日以降に返済額変更契約を締結済の方を含む)

    借入残高 返済額
    利率 年15%未満 利率 年15%以上
    利率 年8.1%以下 利率 年8.1%超
    10万円以下 1,000円 2,000円 3,000円
    10万円超~20万円以下 2,000円 4,000円 6,000円
    20万円超~30万円以下 3,000円 6,000円 9,000円
    30万円超~40万円以下 4,000円 8,000円 12,000円
    40万円超 借入残高が10万円増すごとに
    1,000円を追加 2,000円を追加 3,000円を追加

    2013年3月24日以前に契約の方(2013年3月25日以降に返済額変更契約を締結済の方を除く)

    借入残高 返済額
    利率年15%未満 利率年15%以上
    10万円以下 2,000円 3,000円
    10万円超~20万円以下 4,000円 6,000円
    20万円超~30万円以下 6,000円 9,000円
    30万円超~40万円以下 8,000円 12,000円
    40万円超 借入残高が10万円増すごとに
    2,000円を追加 3,000円を追加

    バンクイックの主な3つのメリット

    「年1.80%~年14.6%」と銀行カードローンならではの低金利で借入できる

    特に最下限金利の低さは魅力のひとつです。

    コンビニなどの提携コンビニATM利用手数料が無料で借入・返済が可能

    通常は数百円必要なコンビニなどのATM利用手数料が無料で借入や返済ができます。

    最低返済額が少額なので無理なく返済を継続できる

    毎月(毎回)の返済負担をかなり少額に抑えることができます。

    バンクイックの主な3つのデメリット

    即日融資は不可で当日中といった急ぎには対応できない

    審査回答時間は明確に定義されていませんが、最短で当日という情報が多くなっています。即日融資は不可と考えておきましょう。

    他金融機関カードローンに比べて提携コンビニATM先が少ない

    提携先はセブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMと、他金融機関に比べて少なくなっています。

    ただローソンやセブンイレブンは各地に店舗がありますので、それほど不便は感じないかもしれません。

    銀行カードローンの中でも利用限度額は500万円で低め

    最高限度額500万円は、銀行カードローンの中では低めとなっています。

    バンクイックの口コミ情報

    バンクイックの口コミ総合評価
    口コミ評価:3.0pt|口コミ件数:6
    全体評価 4.0点

    正社員 50

    年収800万円・借入希望金額200万円

    カードローンは金利が高いというイメージがありましたが、10%を切る金利で契約できました。借入希望金額満額で契約でき満足です。

    全体評価 4.0点

    パート 40

    年収100万円・借入希望金額30万円

    パートでは銀行カードローンは厳しいと思ってしましたが、バンクイックで無事審査に合格できました。金利は上限金利ですが借り入れできたこと自体、本当によかったです。

    全体評価 3.0点

    正社員 40

    年収500万円・借入希望金額100万円

    「最短即日審査」と聞いていましたが、私の場合、申込から借入まで4日かかりました。金利も上限金利です。こんなものなのでしょうか。

    全体評価 3.0点

    正社員 30

    年収400万円・借入希望金額金額50万円

    初めてカードローンを利用するので、知名度の高いバンクイックで申込を行いました。金利面は上限金利での契約でしたが、スタッフの対応は親切で、安心して契約できました。

    全体評価 2.0点

    パート 40

    年収80万円・借入希望金額50万円

    銀行カードローンは総量規制の対象外と聞いていたので、バンクイックを申込しました。しかし減額20万円での契約となってしまいました。最近は銀行でも年収の3分の1を超える借入は難しいことを後で知りました。

    全体評価 2.0点

    正社員 50

    年収400万円・借入希望金額100万円

    数年前、不注意で他社の借入を長期延滞してしまいました。今はその借入は完済したので、どうかと思いバンクイックに申込ましたが、やはり不合格でした。仕方ないですね。

    バンクイックでよくある質問 Q&A

    解約はどうすればいいですか?

    残高(清算利息を含む)を0にした上で、第二リテールアカウント支店専用ダイヤル「0120-76-5919」(受付時間:平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く)で手続きを行うことができます。

    音声案内に従って番号を押していくとオペレーターにつながりますので、解約したい旨を伝えましょう。解約証明書などが必要な場合も、忘れずに伝えましょう。

    シュミレーションはできますか?

    公式ホームページでは、次の2種類のシュミレーションツールが準備されています。

    ①お借入診断
    「年齢」「年収」「他社借入状況」を入力すると、申込可能かどうか瞬時に判断してくれます。ただしあくまで申込目安です。その他の属性(勤務先状況・個人信用情報など)によっては診断結果に添えないこともあります。

    ②返済シュミレーション
    「返済額シュミレーション」「返済期間シュミレーション」を利用できます。返済計画の立案に役立てましょう。

    申込時には自宅宛てに郵送物は届きますか?

    借入カードや契約書の自宅宛て郵送は、申込方法や契約方法などにより異なります。テレビ窓口でカードを受け取る場合は、自宅や勤務先への書類の送付はありません。郵送で契約やカードの受け取りを希望された場合は、借入カードと契約書類が自宅宛て郵送されます。

    利用明細などは自宅宛て郵送されますか?

    バンクイックの利用明細は、書類として発行はされませんので、自宅宛て郵送も行われません。利用残高などはスマホアプリや会員ページ・ATMで確認することになります。

    一括返済をするには?

    三菱UFJ銀行ATMや提携コンビニATM、もしくは振込で一括返済ができます。返済日における借入残高に合わせて清算利息を、以下の方法で事前に確認しておきましょう。

    ・スマホアプリで確認
    ・会員ページで確認
    ・第二リテールアカウント支店専用ダイヤル「0120-76-5919」(音声自動応答)で確認(受付時間:平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く))

    RELATED POST