お金を借りる方法

年金受給者がお金を借りる方法は主に2つ!年金だけで借りれるローン会社は?

 

年金受給者がお金を借りるのは難しいといいます。それは、「年金が安定収入とみなされるかどうか」「カードローンの年齢制限」この2点から考えることができます。カードローンやキャッシングで借り入れする場合、申し込み条件では毎月の継続した一定の収入、「安定収入」が必要になります。

しかし年金の場合、働いて収入を得ているわけではないため、それを安定収入とみなして融資が可能になるかどうかは金融機関の判断によって異なるのです。そのため、年金だけで借りれるカードローン会社とそうでないところがあります。

また、カードローンでは年齢制限があり、銀行カードローンの場合には60歳未満としているところもあります。高齢の場合、若い時と比べて病気や怪我の可能性も高くなります。そうなった場合、その後の返済が難しくなる可能性があるため、年齢が高くなるほど金融機関側もお金を貸すことに消極的になってしまうのです。

こうした理由から年金受給者は一般的にお金を借りるのが難しいと言われています。これまでは年金受給者の場合、「年金担保融資制度」という公的制度が利用できていたのですが、現在は廃止されており、年金受給者がお金を借りるのがますます難しくなっています。

著者・監修者
青木 誠
株式会社ホロスプランニング東京オフィス所属。特級将来設計士
得意な分野は、銀行勤務の経験を活かした決算書の読み解き、税務や資金繰りなど、経営者の考えに寄り添うコンサルティング。現在は税理士や銀行員、社内FPとコンサルティングチームを組み、総合的なFPサービスの提供を行っている。

森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)・CFP認定者・ 貸金業取扱主任者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

年金受給者がお金を借りる方法は主に2つある

年金受給者がお金を借りる方法としては、現状では以下の2通りが考えられます。

  1. 年金収入でも利用できる「銀行カードローン
  2. 高齢者世帯・低所得者世帯を支援する「生活福祉資金貸付制度

年金収入のみの方は、高齢であること、収入自体が少ないことの2点がネックとなり、特に民間ローンは利用しにくくなっています。

一方、銀行カードローンの中には、年金収入を安定収入とみなして利用を認めている先がいくつかあります。手続きもそれほど複雑ではないので審査にさえ合格できれば手軽に利用することができます。

また元々高齢者世帯や低所得世帯を支援する目的の公的制度融資なら、年金収入のみであってある程度の金額を借りることはできるでしょう。ただしカードローンと違って融資までに日数がかかること、手続きがやや複雑であることが覚えておきましょう。

年金担保融資制度は受付終了している

一方、これまで年金受給者向けの貸付制度融資として用意されていた、「独立行政法人福祉医療機構」の「年金担保融資制度」は、令和4年3月で申込受付が終了しています。

厚生労働省「年金担保貸付制度終了のご案内」

その理由として、以下の2点が指摘されています。

・年金担保貸付制度を利用した者が、その借入金の返済期間中に生活保護を受ける等生活保護制度の立場から問題事例が生じていること
・年金給付を担保に貸し付ける仕組み自体が問題であること
引用先:財務省「恩給担保貸付の原則廃止にあたって」

以後、特段代替策は検討されていません。現在、「年金を担保として貸出する」ことは法律上禁止されています。もしこのような宣伝を掲げている金融業者があれば、それは「闇金」ですので、絶対に関係を持たないようにしましょう。

高齢者世帯、低所得者世帯に生活福祉資金貸付制度

社会福祉法人の全国社会福祉協議会が行っているのが「生活福祉資金貸付制度」です。

低所得者、障害者、高齢者の生活を経済的に支えながら社会参加の促進を図ることが目的の貸付制度。

実施主体は都道府県社会福祉協議会となっており市区町村にある社会福祉協議会が窓口です。

低所得者個人、障害者個人、高齢者個人が対象となるのではなく、低所得者、障害者、高齢者を含む世帯単位が対象となります。

貸付対象者
低所得者世帯 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、
必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯
市町村民税非課税程度
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者の属する世帯
障害者総合支援法によるサービスを利用しているなど条件と同程度と認められるものを含む
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯
日常生活上療養または介護を要する高齢者等
資金種類
総合支援資金 生活支援金・住宅入居費・一時生活再建費
福祉資金 福祉費・緊急小口資金
教育支援資金 教育支援費・就学支度費
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金
連帯保証人と貸付利子
連帯保証人 原則必要
金利 無利子(連帯保証人を立てない場合は年1.5%)

最大の魅力は「無利子」であること。

連帯保証人を立てることが条件となっており、それができない場合には年率がかかりますが、それでも1.5%です。また返済期間が長く用意されているため生活に負担がないように計画することができます。

大きな魅力の反面、大きなデメリットもありますので、詳しい内容は「生活福祉資金貸付制度 |厚生労働省」ご確認ください。

年金だけで借りれるローン会社は?

ほとんどの消費者金融、そして銀行カードローンでは年金受給者の借り入れは「年金+ほかの収入」が利用の条件になります。例えばアルバイトでも構いません。または家賃などの不動産収入も認められています。

年金受給者に対応しているカードローンかどうか、必ず確認をしましょう。それを怠ると「年金受給者に対応していないカードローン」に繰り返し申し込みをすることになりかねません。

通らない審査に繰り返し申し込みをする、これは「申し込みブラック」の状況になり得るものです。

チェックしたいのは2つ。「年金受給者に対応しているか」と「年齢制限の上限」です。

カードローン 年金受給者対応 年齢上限
プロミス ×
アコム ×
SMBCモビット ×
レイク ×
みずほ銀行カードローン ×
三井住友銀行カードローン ×
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 65歳未満
オリックス銀行カードローン 69歳未満
じぶん銀行カードローン 70歳未満
スルガ銀行カードローン 70歳以下
次々と銀行カードローンが年金受給者を対象からはずしています。現在公式ホームページで年金受給者OKとしているのは三菱UFJ銀行など数行のみです。

メガバンクで唯一年金収入でもOKな「三菱UFJ銀行バンクイック」

メガバンクとして知られる三菱UFJ銀行のカードローンがバンクイックです。
申し込み方法は2つあります。

  • WEB申込
  • 電話

WEB申込はパソコンやスマートフォンからでき、面倒な手続きではありません。申し込み画面に必要事項を入力したら後は審査結果の連絡を待つのみ。それでも不安があれば電話で申し込みが安心でしょう。

利用できるのは、以下の方です。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
  • 原則安定した収入があるお客さま。
    ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります

三菱UFJ銀行公式サイトによりますと、年金受給者の申し込みについては次のように記載されています。

Q. 収入が年金のみですが申し込みできますか?
A. お申し込みいただけます。原則安定した収入がある方であれば、お申し込みいただけます。
引用先:カードローン「バンクイック」のよくあるご質問 | 三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンでお金借りる
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いのか難易度を徹底分析 安心感を求めるユーザーはカードローンでお金を借りたい場合、まず一番にメガバンク先を候補として挙げると思います。 3...

ネット申し込み可能なら「オリックス銀行カードローン」

オリックス銀行カードローンでも、収入が年金のみの方も申込可能です。ただし、オリックス銀行カードローンはネット銀行のため、申し込みはネット申込のみになります。

利用できるのは、以下の条件全てを満たす方です。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方
  • 日本国内に在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

オリックス銀行カードローン公式サイト、よくあるご質問では年金収入について次のように明記してあります。

Q. 【カードローン】収入が年金のみですが、申し込みできますか?
A. 収入が年金のみの方もお申し込みいただけます。
引用先:〔カードローン〕収入が年金のみですが、申し込みできますか? | オリックス銀行

auユーザーなら金利優遇がある「じぶん銀行 カードローン」

じぶん銀行カードローンはauユーザーなら誰でも年0.1%の金利優遇が受けられるカードローンです。申込方法はパソコン、スマートフォン、ケータイからの申込になります。

利用できるのは以下の条件を満たす方です。

  • ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
  • 安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)
  • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま
    ※外国籍のお客さまは永住許可を受けている場合に対象となります。

年金収入については公式サイトで次のように明記してあります。

Q. 【じぶんローン】現在の収入は年金だけですが、申込みはできますか?
A. お申し込みいただけます。ただし、当行所定の審査結果によってご要望に沿いかねる場合があります。
引用先:【じぶんローン】現在の収入は年金だけですが、申込みはできますか?

地方銀行ながら全国対応可能な「スルガ銀行カードローン」

静岡県に本店を構え、静岡県・神奈川県を主な営業エリアとする「スルガ銀行」のカードローン「スルガ銀行カードローン」は、申込条件に対象エリアが明記されておらず、全国対応可能なカードローンです。スルガ銀行の口座を保有していなくても申込可能で、契約までWEBで完結することができます。

利用できるのは、以下の条件をすべて満たす個人の方です。

  • ご契約時の年齢が20歳以上70歳以下の方
  • 安定した収入があり継続した取引が見込まれる方
  • その他スルガ銀行所定の条件を満たす方

スルガ銀行カードローンの公式サイトには、年金受給者について以下のように明記されています。

Q. 【スルガ銀行カードローン】収入は年金のみですが申込みできますか?
A.お申込みいただけます。お申込み時の年齢が20歳以上70歳以下の方が対象です。
引用先:【スルガ銀行カードローン】収入は年金のみですが申込みできますか? | スルガ銀行 | よくあるご質問

年金でお金を借りるQ&A

Q.障害年金でも借りれるローンはありますか?

年金にはいくつかの種類があり、その中のひとつに障害年金があります。障害年金は原則として65歳までに請求することとなっています。つまり「65歳以上が受給できる年金」ではなく、「障害がある」ことに対して支給される年金です。

カードローンや融資、貸付では年金を収入として認めているところは少数派です。しかし、年金受給だけでも申し込みが可能としている融資であれば、障害年金であっても利用ができます。申込時の年齢によっては、年金収入のみの高齢者と比較しても審査に通りやすい状況もあるかもしれません。

Q.車ローンや住宅ローンは年金受給だけで審査は通る?

大きな融資であればそれだけ安定した収入が必要になります。年金はほかの収入とは大きく異なり「生きている限りは確実にある収入」です。これが大きな融資を受けるときの審査には有利になります。

リストラの可能性もない、収入減の可能性もない。しかし唯一あるのが「高齢による死亡の可能性」です。「年金のみでは収入が低い」「住宅ローンを組める年数が短い」この2つの理由から融資額は低くなることは仕方のないこと。傾向としては頭金を多く用意して残りをローンでやりくりするという方が多いようです。