顧客本位の業務運営方針(2017 FD宣言について)
ホロスプランニング
活動報告
2017.11.22

顧客本位の業務運営方針(2017 FD宣言について)



2017年の保険業界、ひいて金融業界は、安倍内閣が成長戦略の「日本再興戦略2016」で唱えたフィデューシャリー・デューティー(FD)という概念がキーワードになっています。この言葉、最近よく耳にしませんか?

FD(フィデューシャリー・デューティー)の翻訳は「受託者責任」。我々のように金融商品の販売や開発に携わる金融機関に対して、「顧客(家計)の利益を第一に考えた業務の徹底」が求められています。

今さら、顧客本位の業務運営?それができている組織にとっては、当たり前の事に思うかも知れません。しかし、政府がわざわざこのような政策を取るのは、顧客の利益を第一とは言えない、利益相反の行動をしている金融機関があると捉えていることにもなります。

当然、保険乗合代理店にも「顧客本位の業務運営原則」を可視化し、経営理念や運営方針を宣言するこが求められました。また、現場目線では、自社がどんな方針で運営されているか気になるのではないでしょうか。そこで、ホロスプランニングは平成29年8月1日付で「FD宣言」の公表と同時に、金融庁に報告も行いました。

<金融庁HPリンク>
http://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170728/fd_kouhyou.html
※リスト127番目に掲載されています

当社は、お客様の様々なご要望にお応えすること、お客様が夢を叶えること、幸せな暮らしを送れることを願い、お客様のベストパートナーとして…
—————–
May I holos you? 
~あなたらしい素敵な「活き方」応援します~

—————–
という考え方のもと、より一層サービス向上の取り組みを実施してまいります。


ホロスプランニング
社員一同

【HP H 171122-004-01】

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスプランニング
保険乗合代理店
Profile
・生命保険の募集に関する業務
・損害保険代理業
・ファイナンシャルプランニング全般
・事業承継、相続対策コンサルティング
Comment
ホロスグループの近況や活動報告をさせていただきます。