実録風!ザ購買エージェントへの道 終章
ビジネス
転職
2017.12.09

実録風!ザ購買エージェントへの道 終章


終章


―大きくなったら何になりたい?―

「僕はプロ野球選手になってイチローみたいに大リーグで活躍したいな!」
「私はアイドル。スポットライトがあたるステージで歌いたいわ!」 
「俺は宙飛行士かな。宇宙から見た地球ってすっごく綺麗らしいよ!」

子供の頃憧れた職業は収入の高さでもなく安定でもなく「かっこよさ」でした。

今も昔も営業パーソンになりたいと思う子供たちは見かけません。
かく言う私も大学4年生の就職活動の時でさえ営業パーソンになるのだけは避けたいと思いました。なぜかその当時、経験したこともないのに営業マンという言葉の響きには「つらさ」「卑屈さ」「かっこ悪さ」が連想されました。

もちろん職業に貴賎なんてありません。かっこいいとか悪いとかも人の価値観です。またみんながみんななりたい職業につけるわけでもありません。

この物語は、数ある営業の中でも保険営業というひょっとしたら最もかっこ悪くてつらくて過酷な世界に飛び込んだ筆者が、体験の中からその素晴らしさを学び、感じ、多くの仲間たちと共有したことをアレンジしたものです。

高関与営業パーソンたる購買エージェントという職業がお客さまのニーズを汲み取り、問題の解決や夢の実現に貢献できるとしたら・・・
そのお客さまが満足し、喜び、感謝していただける体験が積み重なっていければ・・・

営業パーソンは職業に自信と誇りを持ち、仕事がワクワク愉しくなります。そしてその営業パーソンはキラキラと輝きだします。

その姿を様々なシーン、街を歩いているときや電車の中、家庭内で子供たちは見ています。感じています。大きな影響を与えているのです。

いつの日か購買エージェントが日本を変え、社会に元気を与え、未来を支える子供たちの憧れの存在になる。そんな思いを込めてこの物語の幕を閉じたいと思います。

営業パーソンの皆さん、私たちは価値ある存在です。

最後までお読みいただきありがとうございました。


大きくなったら何になりたい?
 
「僕は購買エージェントになる!だってかっこいいもん。」


「完」

<参考コラム>元気が出る言葉

・夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。
・チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。(by本田宗一郎)
・自分の心の中で正しいと信じていることをすればよろしい。しても悪口を言われ、しな くても悪口を言われる。どちらにしても批判を逃れることはできない。(byカーネギー)
・結果が最初の思惑通りにならなくても、そこですごした時間は確実に存在する。そして、 最後に意味を持つのは結果ではなく、過ごしてしまったかけがえのない時間である。(by星野道夫)
・生まれてきてよかった。あなたに会えてよかった。私が私でよかった。あなたがあなたでよかった。(by小林正観)
・自分に足りないものは人を誉める努力
・カンペキ主義はつかれるな不カンペキ主義は愉しいな 愉しいからいつもニコニコ
・まだまだ頭がよくなるよ だってそんなに使ってないもん
・一寸先は光だ 明日が楽しみだな
・みんなで幸せになろうよ 人間だもん(by斎藤ひとり)

この記事を書いた人
堀井計
堀井計
(株)ホロスホールディングス
代表取締役社長
(株)ホロスプランニング
代表取締役会長
Profile
ソニー生命保険株式会社 京都中央支社長/株式会社アダムス 取締役ゼネラルマネージャー/株式会社エスクァイアマガジンジャパン 取締役/2001年4月 株式会社ホロスプランニングとしての営業を開始/2007年11月 株式会社HOLOS-BRAINS 取締役会長就任 ※現任/2014年2月 株式会社ホロスホールディングス 代表取締役社長就任 ※現任/2017年10月 株式会社エルティヴィー 代表取締役会長兼社長就任 ※現任 ☆趣味は読書、サーフィン、落語。☆
Comment
皆さんこんにちは。ホロスグループ代表の堀井です。
日常にあるちょっとした出来事や体験で気付いたことにユーモアをブレンドし、独断と偏見に満ち満ちたコラムやブログを書いてます。お気に召す方は是非無料のサプリとしてご愛用ください(笑)
ブログ:ワタスがほりいけいダッ