パソコンが人間を超える日
生活全般
エッセイ
2018.01.11

パソコンが人間を超える日



「シンギュラリティ」という言葉、最近良く耳にしませんか?

これは”技術的特異点”という意味で、具体的には2045年(28年後)に【1台の汎用パソコン】が全人類の計算能力を超える事が想定されています。

この豊富な計算能力を活かして進化しているのが、何かと話題の人工知能。

人工知能の発達は人間社会が根底から変わり、ルーチンワークの職業は無くなるとも科学者は予想しています。その数多ある「無くなる職業」リストには、保険外交員やファイナンシャルプランナーの記載が!大きなお世話ですね…
https://matome.naver.jp/odai/2139951505720128601/2139954107447192103

しかし、計算や暗記が得意なコンピューターにも苦手なことがあります。

それは「読解力」。

私たちの仕事に置き換えると
「お客様の意向や感情…気持ちや想いを正しく理解する」

能力とでもいいますでしょうか。

つまり「想い・気持ち・感情」は数値化出来ない!…ということです。

来るべき未来に向かって、FPが活躍できるフィールドを創りたい!弊社はそんな事を考えています。何か皆様のご参考になれば・・・幸いです。

ホロスプランニング
佐藤

【HP H180111-003-01】

この記事を書いた人
FP ちょっと小話
FP ちょっと小話
将来設計士事務局
Profile
私たち事務局は、日々進化する保険業界の動向や、FP活動における情報収集を行っています。
Comment
このコラムは、日常におけるふとしたお役立ち情報をお届けします。
皆様の生活が潤う、ちょっとしたヒントになれば嬉しいです。
お金も、保険も、人生も。将来設計士のホロスプランニングです!