第八章 順風満帆。ビジネスは企画からはじまる。
ビジネス
起業
2018.04.20

第八章 順風満帆。ビジネスは企画からはじまる。


「社名は株式会社ホール(whole)コンサルティングと言います。Wholeの意味は完全とか全体、MDRTで目指すところのWhole-Person(全人的)のWholeです。つまり保険提案をするには、学資とか老後とかライフイベントの1部ではなく、顧客の人生全体を理解する必要があり、更にその顧客の人生そのものを引き受けるに足るWhole-Personを目指すことで信頼され、選ばれるプランナーとなる。そんな集団ばかりの組織を創りたい。そんな想いを社名に託しました。」

創り上げたビジネスモデルはフランチャイズモデルに近かった。

脱サラしてコンビニを始めようとするときに、自分で看板を上げて、品揃えもシステムも全てオリジナルで始める人など存在しない。保険代理店として独立する時もいずれそうなると予測した。もはや代理店も単独で始める時代ではなく、コンビニのようにフランチャイズに所属して、品揃えからシステムから教育まですべてはフランチャイザーの指導の下に開業するということだ。ただそれをお店ではなく人に置き換えた。

そして保険業法下で抵触しない「委託型」というスタイルで運営することでそのモデルを実現させていた。アントレプレナー(独立起業家)を束ねてサポートする組織。まだそのモデルで全国展開している代理店はほとんど存在しなかったからだ。ただ競合はほぼ時期を同じくして出来つつあった。このモデルは基本規模拡大モデルである。人を集めるために何を魅力に我が組織へ引き入れるのか。お金、つまり完全歩合制の手取り(どれだけ還元してもらえるか)の多寡を魅力にするのか、商品の品揃え(乗合数の多さ)なのか、そこに集うヒトの質なのか、はたまたそれ以外の付加価値なのか。

圭太の訴求ポイントはお金ではなかった。もちろんお金(手取り)は大切な要素だけれど、敢えてそこにフォーカスするのではなく、むしろ理念やビジョン、どんな組織を作りたいか、保険ビジネスに留まらず保険ビジネスや保険営業マンの未来に向けた可能性についてを資料にしたため、それを熱く語った。ビジネスの仕組みをどう作るかも大事だけれどそのシステムにどんな魂を入れるかがそれよりはるかに大事で、それを伝え共感してもらえる人で組織を作りたかったのだ。

ビジネスモデルはある意味「企画力」がものを言う。何も考えずに勢いで初めて成功するケースは極めて稀なのではないだろうか。もちろんもヒトも重要なリソース(資源)ではあるけれど、理念やビジョンを共有したヒトタチが更にスタートアップする前に練る企画とその企画を実走させる行動力が成功するかどうかの可否を決める。しかし理念やビジョンの刷り合わせ方が甘いと、最初は順調でも徐々に溝が生まれ出し、やがて崩壊することになることをまだ圭太はこの時は知る由もなかった。

圭太が起こした会社、ホールコンサルティングは当初目標通り、その想いに共感してくれた仲間が20人になり想定通りに収益も赤字基調から脱却した。業界では1年で「ドリームチーム」が結成されたと評判となり、保険会社からの乗合依頼が相次ぎ、講演やスピーチのオファーも増えてきた。


当時の講演で圭太は「朝倉的代理店経営7つのツボ」として語っていたことは、

1.喜んで捨てる。
2.うちの社長は貧乏が売り。
3.情報開示の徹底。
4.ホールは異能人があつまる不完全な組織。
5.うちのプランナーは最重要顧客。
6.社内コミュニケーションもHPC(聴く、提案する、約束する)
7.頑張らない。努力しない。必死にならない。
 (楽しみながら生産性を上げる組織を目指す)


これを実践したからかどうかはわからないが圭太のスタートアップは上出来といえよう。まさに順風満帆だった。

「このまま、この勢いで、まず今期は50人、来期は100人、3年後には300人も夢じゃない。一気に全国展開に踏み出そう!」

圭太は順調な事業の滑り出しに、調子に乗っていた。そしてその勢いで主力保険会社の年間売り上げで全国トップに躍り出ることになる。


続く

◆コラム◆

“企画とは何か”

「企画とは大好きな人に贈るバースディプレゼントのようなもの」これは私がリスペクトする脚本家であり、将来設計士のブランディングをお願いしたオレンジ&パートナーズの代表小山薫堂さんの言葉です。

また、かつてお世話になった世界一の企画会社を標榜されている、TSUTAYA、Tポイントを運営するCCCの創業者増田宗昭さんは、「これからのビジネスパーソンはお客さまのために何ができるかを主体的に考えてビジネスを創造できる企画人でなくてはなりません。その企画というのは心から生まれるもので頭からは生まれるものではありません。人を大事にするのは心です。企画は心から生まれるのです。心根の良い人間こそ、世界一の企画人間になれるのです。」

どちらもシンプルでとてもわかりやすいメッセージだと思いませんか?

大好きな人との初デート。リードする男性は、どうすれば彼女が喜んでくれるかを必死で考えます。食事するレストラン、オーダーするワイン、ドライブコース、観る映画等々・・そしてその企画がヒットするかどうかは企画そのものでもあり、その企画を立てたヒト、実行したヒトそのものでもあります。イベントやビジネスの企画も同じですね。企画の内容もさることながら、誰がその企画を立て、誰が実行するのか。それをすべて包含して企画は評価されます。企画の原点はその相手(一人でも大勢でも)にいかに喜んでもらうか、いかに感動してもらうかにあります。

そしてその企画をする上で最も重要な要素は、まずは「相手のニード」を理解することでしょう。デートの話しに戻りますが、初デートの彼女に喜んでもらえるかどうかは、まず彼女の好みや価値観を知ることから始まります。いくら高級なお寿司屋さんに連れて行っても、その彼女が「生もの」が嫌いなら台無しなのです。企画はもちろん発想力も大事ですが、その前にいかに相手のことを深く理解するか、更にその前にどれだけ相手を好きになることができるかではないでしょうか。

この記事を書いた人
堀井計
堀井計
(株)ホロスホールディングス
代表取締役社長
(株)ホロスプランニング
代表取締役会長
Profile
ソニー生命保険株式会社 京都中央支社長/株式会社アダムス 取締役ゼネラルマネージャー/株式会社エスクァイアマガジンジャパン 取締役/2001年4月 株式会社ホロスプランニングとしての営業を開始/2007年11月 株式会社HOLOS-BRAINS 取締役会長就任 ※現任/2014年2月 株式会社ホロスホールディングス 代表取締役社長就任 ※現任/2017年10月 株式会社エルティヴィー 代表取締役会長兼社長就任 ※現任 ☆趣味は読書、サーフィン、落語。☆
Comment
皆さんこんにちは。ホロスグループ代表の堀井です。
日常にあるちょっとした出来事や体験で気付いたことにユーモアをブレンドし、独断と偏見に満ち満ちたコラムやブログを書いてます。お気に召す方は是非無料のサプリとしてご愛用ください(笑)
ブログ:ワタスがほりいけいダッ