FPも活用する、金融庁資料
生活全般
金融豆知識
2018.10.24

FPも活用する、金融庁資料



フィデューシャリー・デューティー、つまり「顧客本位の業務運営原則」が詠われる昨今、金融庁から金融経済教育に関するガイドブックが公開されています。

【最低限身に付けるべき金融リテラシーについて】
http://www.fsa.go.jp/teach/kyouiku.html
※各種資料がダウンロード可能です

特に注目すべきは家計管理、生活設計、金融商品の基礎的な知識、各種「問合せ先」まで網羅されており、生活設計(ライフプラン)や投資、保険に関することなども年齢層別に具体的に明記しています。

国が挙げた金融教育施策のなかには「外部の知見の適切な活用」があります。すなわち、ファイナンシャルプランナーの相談促進も記載されているのがポイントです。

FPは日本の未来を担う職業!
ぜひ一度、資料をご覧頂ければ幸いです。

ホロスプランニング
佐藤

【HP H181024-004-01】

この記事を書いた人
FP ちょっと小話
FP ちょっと小話
将来設計士事務局
Profile
私たち事務局は、日々進化する保険業界の動向や、FP活動における情報収集を行っています。
Comment
このコラムは、日常におけるふとしたお役立ち情報をお届けします。
皆様の生活が潤う、ちょっとしたヒントになれば嬉しいです。
お金も、保険も、人生も。将来設計士のホロスプランニングです!