なぜ年末に「年越し」そば
生活全般
エッセイ
2018.12.19

なぜ年末に「年越し」そば



年末になりますと日本人であれば一度は嗜んだであろう「年越しそば」。でも、なぜ「そば」を食べるのかご存知でしょうか?

これには諸説ありますが、ひとつは歳末に忙しかった商人が食べた「みそかそば」がもとになったそうです。

細く長いそばを食べれば寿命が延びると「縁起」を担ぎ、切れやすいそばは1年の「労苦や災厄を切り捨てる」とも。また、かつては金職人が飛び散った【金粉】を集めるのにそば粉を使ったため「金運」が上がるといういわれもあります。

ちなみに、大みそかであれば年越しそばを【食べる時間】は気にする必要はないようです。

ちょっとした、昔話でした。


ホロスプランニング
佐藤

この記事を書いた人
FP ちょっと小話
FP ちょっと小話
将来設計士事務局
Profile
私たち事務局は、日々進化する保険業界の動向や、FP活動における情報収集を行っています。
Comment
このコラムは、日常におけるふとしたお役立ち情報をお届けします。
皆様の生活が潤う、ちょっとしたヒントになれば嬉しいです。
お金も、保険も、人生も。将来設計士のホロスプランニングです!