ハンドメイドの達人☆彡
将来設計士
人生の達人
2019.01.15

ハンドメイドの達人☆彡

ホロスプランニングには約190名の将来設計士が所属しています。
彼らは「お金も、保険も、人生も」をキーワードに、ファイナンシャルプランナーが持つ豊富な知識と経験をお客様に提供するのがコンセプト。そんな将来設計士は20代から60代まで様々な人生の達人ぞろい!

今回ご紹介するのは、ハンドメイドの達人!

ホロスプランニング将来設計士
熊本オフィス 惠濃 政裕(えのう まさひろ)

 

ネクタイには「世界」が凝縮されている

 

将来設計士の惠濃は学生時代からファッションの世界に興味を持ち、特に量産を前提にしないフルオーダー製品の奥深さや、ハンドメイドの世界に魅了されてきました。今では愛娘のワンピースやレザーウォレット(財布)を作成するスキルまで、全て独学で習得、最近ハマっているのは「ネクタイ」作りです。

 

ネクタイは、TPOに合わせて自分を表現することができるマナー&ファッションアイテム。「メラビアンの法則」にもあるように、人の第一印象は最初の3秒が勝負。特に“見た目” は印象の55%を占めるといわれています。それをアシストするネクタイはまさに「細部に神は宿る存在」であると、惠濃は熱く語ります。

 

ネクタイ作りを簡単に解説すると、約110×55センチの生地を小剣(スモールチップ)といわれる細い面と、前方に下げる大剣(ブレード)というパーツになるように、布を立体的に縫製していきます。惠濃はこの技術を習得するために量産のネクタイから数万円のブランド品まで何十本も分解しながら、技術を磨いていきました。しかし、ネクタイ作りは技術だけではなく、感性を磨くことも重要だと惠濃は言います。なぜなら、用途はもちろん使う人のイメージを想像して作り込むので、その人独自の世界観を見つけ出すことが大切なのです。そのため完成品は、もちろんワンオフ、世界にふたつとない逸品なのです。

襟元が導き出す「信用」

 

惠濃がお客様から選ばれる理由のひとつに「スーツで凛と佇む姿が信用できた」という話があります。ファイナンシャルプランはコンサルティングの質も重要ですが、所作や佇まいから醸し出す雰囲気も大切です。そこで自分を表現するアイテムとして、ネクタイは重要な存在であると実感しているそうです。

 

また、惠濃はネクタイの世界観を伝えるため、フリーマーケットでネクタイ職人としても活躍しています。その縁で本業(将来設計士)を知った関係者から、婚活コミュニティのコーディネーターという依頼が舞い込んできました。それは婚活中の人が、自身の魅力を発揮するために、何から始めればいいのかを総合的にアドバイスするものです。将来設計士の「お金も保険も人生も」というコンセプト通り、ファイナンシャルプランはもとより、関わる全ての方に人生を謳歌するチャンスのお手伝いをしたい。「襟元のネクタイ」ひとつで、自身を表現することができると、惠濃は嬉しそうに語るのでした。

【HP H 180308-004-01】

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ