近年、一般的な事業承継の手段とは
ビジネス
事業承継 / M&A
2019.11.05

近年、一般的な事業承継の手段とは

「親族承継」「関係者承継」「M&A」3つの事業承継方法のうち、最も一般的な方法はどれになりますでしょうか

「親族承継」「関係者承継」「M&A」という3つの方法は、時代の移り変わりとともに選択される割合が変わってきています。経営者の実情を正しく理解していきましょう!

 

事業承継方法の移り変わり

経営者の在任期間別「現経営者と先代経営者との関係」

30年前は、90%以上が親族への承継を行っていましたが、直近5年では、60%が親族外に承継しています。少子化・ライフスタイルの多様化・経済不安などを背景に「親子だから、家業だから」だけで継ぐことは無くなっているようです。

簡易企業評価サービスのご案内

・経営者が知る「自社株評価」と「M&A評価」は全く別です
・M&A評価は、自社株評価の3~5倍になるケースもあります
・直近3期分の決算書があれば10日前後で作成可能です

簡易企業評価に費用は掛かりません。
気軽に「M&A評価」が分かります!

ご用命の際は担当FPまたは下記問い合わせよりお申し込みください。

記事提供:日本M&Aセンター

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ