キャッシュレス、何から始めればいいの?
生活全般
金融豆知識
2019.11.10

キャッシュレス、何から始めればいいの?

10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられました。

それに伴い政府施策のキャッシュレス決済によるポイント還元が話題になっています。これは増税による景気悪化を緩和するため来年6月まで2~5%のポイント還元が受けられる制度です。

しかし、キャッシュレスといっても対象が多種多様化しすぎてよくわからないという声も耳にします。そこで今回は、始めるきっかけとしてキャッシュレスについてご紹介します。

キャッシュレスの種類と特徴


払い方でみると、大きく分けて3つあります。

1)電子マネーやプリペイドカード【前払いタイプ】
カードやスマートフォンに前もって入金(チャージ)して支払う
→PayPay、楽天Edy、WAONなど

前払いタイプは上限がわかりお金の管理がしやすいのがメリットです。
コンビニ支払など1,000円以下の少額の場合に使う方が多いようです。


2)デビットカード【即時払いタイプ】
自分の銀行口座から即時に引き落としされる

銀行の残高より即時決済されるので現金の持ち合わせがなくても支払うことが可能です。
前払い同様、お金の管理がしやすく、加えてクレジットカードのような厳しい審査がいらないのもメリットです。


3)クレジットカード【後払いタイプ】
買い物した代金がカード会社から後日引き落とされる

後払いは管理がしづらいというデメリットはありますが、会社ごとにポイントや優待サービスなどありキャッシュバック率は大変魅力です。10,000円以上の高額の場合に管理できる範囲で利用する方が多いようです。

キャッシュレスをはじめるポイント


まずは、お手持ちのカードが還元対象か確認してみましょう。

還元対象か否かはこちらで確認できます。
https://cashless.go.jp/consumer/?utm_source=gd&utm_medium=banner&utm_campaign=consumer_ad01
参考)キャッシュレス消費者還元事業

<選び方のチェックポイント>
・ポイント還元率の高さ
・取扱店舗の多さ
・自分の負担にならない支払い方


さいごに


キャッシュレス支払いはいまや国際基準。
2020年の東京オリンピックまでにますます普及するといわれています。

苦手意識を持つ方も多いようですがご自身に合った払い方で使い分けすれば支払手順も簡単ですし、大変便利です。
これを機会にキャッシュレスにチャレンジしてはいかがでしょうか?

参考)一般消費者向けガイド:経済産業省
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/cashless/image_pdf_movie/pamphlet_people.pdf

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ