「お口」のケアで、医療費削減!?
生活全般
健康
2019.12.03

「お口」のケアで、医療費削減!?

健康寿命、まずは「口」から


高齢化社会を迎えた日本では、いかに「健康寿命」を伸ばすかが課題になっています。
そこで、健康寿命を伸ばすヒントのひとつは意外にも「口腔ケア」にあるようです。

これまでは、歯周病にかかると歯を失うことで「食べにくくなる」ことが問題視されていました。
しかし、歯周病は口元だけでなく、全体性の疾患として身体に【大きな影響】を及ぼしていることが研究で明らかになってきました。

歯周病と生活習慣病の関係性

・タバコは、ニコチンなどの有害物質が、口内の粘膜や歯肉から吸収され、歯周病リスクを高める

・疲労、ストレスは免疫力を低下させ歯周病にかかりやすい


口の中が清潔で健康な環境でないと歯周病菌に感染しやすくなります。つまり、口腔内から血流を介して細菌が侵入する可能性が高くなるのです。そして、糖尿病や肺炎、心臓病などの引き金になる可能性もあります。

ある老人介護施設では、入所する高齢者に歯磨きや歯茎のマッサージなどの「口腔ケア」を行うことで、誤嚥性肺炎が大幅に減少するなど、入院日数の減少や、医療費の削減にも繋がる成果を出しているそうです。

出典:日経BP
https://business.nikkei.com/atcl/report/15/238117/120600090/

さいごに


歯周病のリスクが増すのは40代からといわれています。まずは、定期的に歯科検診を受け歯石除去など、プロのケアと日々ご自身で、口腔内を清潔に保つことで歯周病を防いでいくことが大切です。

誰でも簡単にできるお口のケアから、健康なカラダ作りを心がければ将来的な医療費の節減につながるかも!?

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ