景気を知るには、ファッションに注目!?
生活全般
エッセイ
2020.09.09

景気を知るには、ファッションに注目!?

9月に入り、トレンドに敏感な女性たちは続々と秋のファッションへ切り替えています。
ところで、ファッションと景気は深い関係があることをご存じですか?


「不景気になると地味な色が流行る」

こんな言葉があるように、景気が下降すると【購買意欲が減少】し、無意識に着回しできる無難な色が求められるそうです。

そこで、トレンドカラーを追ってみると・・・


1960年代(高度経済成長期)
・明るい未来のビジョンをイメージした
→シャーベットカラーが大ヒット!


1970年代(オイルショック)
・環境保護への意識が高まる
→カーキ、アースカラーなどの自然色


1980年代後半(バブル期)
・一気に上級志向が強まる
→赤などの華やかなビビットカラー


1990年後半(バブル景気崩壊)
・「渋カジ」スタイルが大流行
→ネイビーやモノトーンなど


ちなみに、毎年のトレンドカラーは日本流行色協会(JAFCA)が景気やライフスタイル等を予測し、2年も前から選定しているそうです。このように、その時代の女性ファッションは景気を読み解くヒントになるといっても過言ではないようです。


なお、2020年秋冬の流行色は、ブラック、クラッシックブルー、グレーになるそうです・・・これらの色から、今の景気はどう読み解けるのでしょうか!?



【HP H200904-001-01】

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ