マッチング候補先を探す
ビジネス
事業承継 / M&A
2020.11.10

マッチング候補先を探す

仲介者等が決まると、次はマッチング候補先の探索です。マッチング候補先をどうやって探すのか、そのとき、相談者は何をすればいいのかを理解しておきましょう。


マッチングの3ステップ


①M&Aに関心のある会社は多い!

M&Aを行うためには、マッチング候補の会社を探さなくてはいけません。まずAさんは担当者からM&A先に関する要望を聞かれました。

Aさんは「同業種の会社に譲りたい」と要望を伝えます。それを元に、仲介者等がマッチング候補先をリストアップしていきます。


②どんな方法で見つけるの?

相談がなされた譲渡情報は、仲介者等を通じて、買収を考えている多くの会社にノンネーム情報(※)として提供されます。仲介者等には、M&Aに関心のある多くの会社が登録されています。その中から、その情報に興味を示した会社をリストアップしていくのです。

仲介者等は、相談者から譲渡先に関する要望を聞き、それを元に登録企業の中からマッチング候補を選ぶ作業を並行して行っていきます。
(※)会社名が特定されないように概要を簡単に要約したもの。


③相談者は何をすればいいの?

相談者は、①どんな会社に譲りたいのか? ②どんな会社には譲りたくないのか? を仲介者等にしっかりと伝えましょう。必ず希望に沿えるとは限りませんが、それに沿ってマッチング候補をリストアップしていきます。



M&Aの種類


そもそもM&Aにはどのような種類があるのかを理解しておきましょう。M&Aの手順へ進む前にここで学んでおくと、次の段階へ行ったときにわかりやすくなります。

①株式譲渡

株式譲渡とは、譲渡する側の会社のオーナーが所有している発行済株式を譲り受ける側に売却することによって子会社になることです。

株主および経営者が変わるだけで、従業員や社外の関係が変わることはありません。会社の債権や債務、特許や許認可等は原則として存続します。他の手続きよりも、比較的に簡単な方法だといえます。会社のそのまま存続させたいときや、オーナーの持つ株式を現金化したいときに向いています。


②事業譲渡

事業譲渡とは、譲渡する側が、その事業の全部、または一部を譲り受ける会社に売却することです。債権や債務、契約関係、雇用関係などを1つ1つ同意を取り付けていかなければいけないので、手続きが煩雑になります。

ただ、複数の事業のうち一部を売却し、その他の事業は残したいというときには便利な手法です。


③吸収合併・吸収分割

吸収合併は、譲渡する側のすべての資産や負債、従業員等を譲り受ける会社が吸収し、譲渡した会社は消滅します。雇用条件の調整や事務処理手続きの合意を形成するのが難しくなることが想定されます。

吸収分割は、譲渡する側が、その事業部門の全部または一部を分割した後、譲り受ける会社に継承させる手法です。労働契約承継法によって、従業員の現在の雇用がそのまま確保されるというメリットがあります。

全体資料はこちら
出典:中小企業庁

簡易企業評価サービスのご案内



・経営者が知る「自社株評価」と「M&A評価」は全く別です
・M&A評価は、自社株評価の3~5倍になるケースもあります
・直近3期分の決算書があれば10日前後で作成可能です


簡易企業評価に費用は掛かりません。
気軽に「M&A評価」が分かります!


ご用命の際は担当FPまたは下記問い合わせよりお申し込みください。

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスプランニング
保険乗合代理店
Profile
・生命保険の募集に関する業務
・損害保険代理業
・ファイナンシャルプランニング全般
・事業承継、相続対策コンサルティング
Comment
ホロスグループの近況や活動報告をさせていただきます。