相続について
将来設計士
将来百科事典
2021.01.09

相続について



真面目な話、遺言って必要あるのかな?
財産が少ない時ほど揉める!?



預金が10万円でも相続は発生します


「争族」を防ぐためにも、意思は伝えておきましょう。

「うちには大した財産もないし、残せるのは自宅くらい。子供たちの仲も悪くはないし、特に何もしなくても大丈夫。」と思っていませんか?

いくら良好な家族関係を築いていても、お金の話になるといがみ合いが生まれてしまうのもまた事実です。遺言書をつくる意味はいろいろありますが、財産についてはきちんと意思を伝えておきたいところです。

エンディングノートを活用して貴金属類の所持や、葬儀についても、想いを伝えておくと良いでしょう。不慮の事故や病に備えて延命治療なども加えておくと、なお安心です。遺言の備えあれば、家族の憂いもなし。遺言書は未来に残す「家族のしあわせ設計図」でもあるのです。




相続は資産家だけが対象ではありません。

多くの方が、相続対策は、相続税の納税が必要な「お金持ち」にだけ必要なものだとおもっていらっしゃいます。しかし人が亡くなる時、その財産がたとえ預金10万円でも相続は発生します。もし財産がご自宅などの不動産だけという場合には、相続で揉めてしまうこともあるのです。

ご自宅などの不動産は、兄弟仲良く半分ずつに分けて相続というわけにもいかないので、多くの場合は、どちらかが譲り受けることになります。もし2,000万円の価値があるご自宅を相続させたら、もう一方のお子様は不満に感じないでしょうか?価値の半分の1,000万円を兄弟から請求された時、譲り受けた家を売らずに現金を渡すことができるでしょうか?

相続はいつ発生するか分かりません。今は仲が良くてお金にも特に困っていないご兄弟でも、10年後、20年後は状況が変わっているかもしれません。せっかく子供たちの為に残す財産が原因で兄弟が争うようでは元も子もありません。

お子様にご自宅を残したい場合には、もう一方のお子様にも現金などを残せるように計画を事前に立てておくことが重要です。



お子様がいらっしゃらないと、落とし穴が…

ご主人様が特に遺言書を残さないで亡なられた場合

お子様がいらっしゃらないご夫婦の場合、思わぬところに落とし穴があるかもしれません。

ご主人様が特に遺言書を残さないで亡くなられた場合、奥様が全ての財産を相続できると思われている方も多いのですが、ご主人様のご両親が生きていらっしゃった時は、奥様が相続できる法定相続分は3分の2となります。ご両親が既に他界されていたとしても、ご主人のご兄弟が生きていらっしゃったら法定相続分は4分の3となります。




ご主人様のご両親もご兄弟も既に他界されていた場合

奥様が全てもらえると思っていたら、ある日突然電話がかかってきて、こう言われるかもしれません。

「僕は亡くなったご主人様の甥です。僕の父が相続すべきだった4分の1の財産を僕がもらう権利があるので、近々お伺いします」

…と。

ご主人様のご兄弟にお子様が居た場合、相続の権利は代襲相続と言ってそのお子様(ご主人様の甥か姪)に引き継がれます。もしかしたら奥様は、ほとんど会ったこともないご主人様の甥に、遺産の4分の1を渡さないといけないかもしれません。遺産が4,000万円なら、1,000万円渡すということなので、かなりの金額です。

こういったことを防ぐために、お子様のいらっしゃらないご夫婦は「全ての財産を配偶者に遺す」などといった趣旨の遺言をお互いに書いておく必要があります。


亡くなる時間で受取人が変わる!?


たとえば、子供がいなくて両親が健在な夫婦が交通事故に会い、夫は即死、妻は搬送先の病院で死亡。この場合、妻の死亡時刻の方が後になるため、財産は夫(死亡) → 妻(死亡) → 妻の両親となり、夫の両親は一切受け取れないことになります。このように、相続といってもさまざまなので「捕らぬ狸の皮算用」で決めずに専門家に確認をすることをおすすめします。


現在と未来。自分と家族。はじまりはイメージすること。
夢や希望を実現するための道程は、ライフプランを描くことからスタートします。

いつか直面するかもしれないお金の疑問を、ホロスプランニングの「将来設計士」が解決します。オンライン面談も可能です!

HPH201119-001-01

この記事を書いた人
将来設計士事務局
将来設計士事務局
Profile
私たちは、ファイナンシャルプランナーとして、お客様ひとりひとりの「ありたい未来」に耳を傾け、実現に向けたプランを描くことを使命にしています。

画一的ではなく、その人に合った情報やサービスをご提案ができる真のプロフェッショナルであり続けたいと、日々精進しております!

お金も、保険も、人生も。私たちはホロスプランニングの将来設計士®です。
Comment
1)将来設計士へのご相談はこちら(オンラインも可能です)
 → https://www.holos.jp/holo-contact/
2)保険証券の分析サービスはこちら
→ https://hoken-cospa.com/