心も体もイキイキ!今摂りたい食品6選
生活全般
健康
2021.02.12

心も体もイキイキ!今摂りたい食品6選

時代はコロナ禍真っ只中。


「軽い風邪もひいていられない」

「花粉症シーズンも始まって憂鬱」

「人と会えないと気持ちが落ち込みやすい気がする」


オンラインツールの普及・機能向上など便利になった面もある一方、心配事は付き物です。そんな日々だからこそ、心身ともに充実させたいですね。

私たちの心と体は、毎日食べる食品で作られています。今回は心と体に効く、食品のご紹介です。

心、つまり脳を健康な方向へ導く食品をブレインフードといい、昨今注目されています。脳の活性化、つまり記憶力や判断力、集中力アップに効果的な食品をご紹介します。

今摂りたい食品6選

① 魚
「魚を食べると頭が良くなる♪」という歌が記憶にある方もいるかもしれません。青魚や鮭に含まれるDHAやEPAは脳の活性化にも効果ある上に、血液サラサラ効果なども知られています。成分を効率的に摂取するためには脂の流出は厳禁ですので新鮮なものを生でいただいたり、スープなども丸ごといただきたいものです。


② ナッツ類
ナッツは脂肪分が多いので過剰摂取はNGですが、間食などに少量を摂ると良いとされています。特にコリンという物質は認知機能と関係が深いと言われていて、認知症予防の研究も進んでいる注目成分です。

③ 大豆製品
納豆、味噌、豆腐など、私たちの食卓によく並ぶ大豆製品は血管の柔軟性を高めて脳への血流をスムーズにします。

④ 発酵食品
納豆、味噌、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品には腸の中の善玉菌を増やす効果があります。少量でも毎日摂ると良いものです。


⑤ オリゴ糖
善玉菌の一つ、ビフィズス菌のエサとなるのがオリゴ糖です。オリゴ糖単体でも販売されていますが、バナナや玉ねぎなどにも多く含まれます。

⑥ 食物繊維
食物繊維は便通改善に効果があることで知られていますが、善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えてくれます。

体の免疫機能を高めるには腸内環境が大切という話を聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。腸には免疫機能の多くが集中していて、腸内環境が整っていると免疫力が高まるということになるのです。

腸内環境が整っているというのは、腸内の善玉菌を増やすことです。花粉症などのアレルギーには腸内環境が影響しているという研究もありますので、症状が辛いという方は取り入れてみてもいいかもしれません。


以上、脳の活性化、免疫力アップに役立つ食品をご紹介しました。

例え良いものでも、一つのものをたくさん食べることは良くありません。是非、心身の充実につながる食品を取り入れながら、バランスの良い食生活を送りましょう!

なぜ「心」=「脳」なのか。
それは、脳内の神経伝達物質が心の安定やバランスと深く密接しているからです。

「脳の活性化」についてもっと知りたい方はこちらへ
→ https://www.kioku-seminar.com/