名古屋オフィス、陰の立役者
ホロスプランニング
活動報告
2021.04.26

名古屋オフィス、陰の立役者

ホロスプランニングでは、募集人のみなさんが「将来設計士」として活躍いただけるよう、万全のバックアップ体制を心掛けています。中でも、代理店経営とオフィス運営を繋ぐ業務を担う、通称「クラーク」は将来設計士を一番近くで支える存在です。


クラークの語源は「事務員」ですが、ホロスプランニングのクラークは事務処理だけでなく、将来設計士・保険会社とホロスプランニング本社の情報を連携する中間的役割も担っています。そしてときには、将来設計士の精神的な支えとして、ハード・ソフトの両側面で営業活動に集中できる環境づくりに、日々取り組んでいます。




ホロスプランニング
西日本営業統括部 西日本管理グループ
クラーク 森みずほ


【プロフィール】

広告業、保険業界などの
バックオフィス業務を経て
2015年ホロスプランニングへ入社。
保険業界歴は約15年。

まわりの将来設計士の影響を受け
新しいことにチャレンジしたくなって
始めたマラソンは、今では
フル完走できるようになりました!


■何となしの閉塞感


この業界に入る前、私は一般事務職に就いていましたが、繰り返しの毎日に閉塞感がありました。そんな時、たまたま目にした求人情報で「初心者歓迎」という地元の保険乗合代理店の事務職募集を目にし、全く未知の業界ではありましたが、お給料も悪くなかったので、チャレンジしてみようと転職しました。

しかし、入社後すぐに厳しい現実に直面しました。現場営業からの依頼内容の意味すらわかりません。本当に、ぜんぜん日本語に聞こえなくて、先輩や保険会社の担当者に質問しようにも、質問の仕方すら分かりませんでした。

私に求められている仕事って何なのかな?と少し整理してみたとき、「現場に行かない営業職」であることに気づきました。そこからは、保険の基礎知識をはじめ、商品の種類や特性、ヒアリング、書類作成、顧客フォローなど、保険営業プロセス全体を、毎日必死で勉強しました。

半年ほど過ぎた頃、スキルや精神面が鍛えられたのでしょうか。お客様へ提供するサービスの責任を担っていることを実感したとき、とてもやりがいのある仕事に満たされている自分がいました。

■ホロスプランニングとの出会い


ところが、そんな日々に突然ピリオドが打たれます。2016年の保険業法改正を機に、所属していた保険乗合代理店で大幅な組織改革が行われたのです。残念ながら、私も肩を叩かれてしまいました。在職期間中に新しい職場を探すことを許されたのですが、せっかく培った今の経験を活かせる環境にはなかなか巡り合えません。

そんな折、所属していた乗合代理店の社長から「森さんだったらどこの代理店でも通用すると思うよ。少し待ってて!」と紹介されたのが、ホロスプランニングでした。

ちょうどその頃、ホロスの名古屋オフィスがリニューアルされ、クラークを探していたことや、応募の電話をかけた翌日に、採用担当者が本社から名古屋オフィスに来られるタイミングだったことに運命を感じ、ホロスプランニングのクラークとして新たなステージの再出発を切ることになりました。

※名古屋オフィスからの眺め


■ホロス・クラークの使命


ホロスプランニングにきて最初に驚いたのは、将来設計士(ホロスプランニング所属の募集人)が、ほぼすべての業務を自己完結していたことです。それまで、営業事務として毎日緊張の中にいた私としては、「そこまで自分でやってくれるの!?」と申し訳なく思える程でした。なので、せめて将来設計士の皆さんが、気持ちよく営業活動に専念できるようサポートをしたいと強く思いました。

そのために必要なことは、円滑なコミュニケーションだと私は思っています。実際、クラーク業務は単なる事務処理のお手伝いだけでなく、将来設計士、保険会社、京都本社の橋渡しとなることが重要なミッションです。将来設計士だけでなく、保険会社の皆さんまでホロスの担当でよかった!と思ってもらえたら私も嬉しいので、そんな環境づくりを心掛けています。

そこでありがたかったのは、全国各地のホロス・クラークチームが心の支えになってくれたことです。オフィスに一人になった時でも、困ったときは気軽に相談に乗ってくれる先輩がいましたし、反対に他のオフィスクラークから話を聞くと初心に戻れたり・・・刺激を受けて、名古屋オフィスに一人でお留守番をしていても、井の中の蛙にならずにいられました。

■ポジティブ思考の連鎖


クラーク業務は、体制整備やコンプライアンス関連の管理業務も多々あります。最近は、リモート会議やメールでの情報共有も増え、直接会って伝えることとは、受け手の感じ方が全く違いますので、言葉の表現に工夫して情報発信することを意識しています。でもやっぱりそんな簡単な事ではなくて、ひとり反省会をすることもしばしばです。

そんなとき、お客様に喜んでいただくためのディスカッションや、成功事例の共有や成果報告が繰り広げられている将来設計士の姿を見ていると、自分の想いを言葉にして伝えることの大切さを実感します。“慣れ“に慢心してはダメ!もっと伝え方を勉強しなくちゃ!スキルも心も磨かなければ!とブルっと奮い立つ私がいました。

どちらかというと自分に自信がないタイプでしたが、将来設計士と接しているうちに、自然にポジティブ思考が移っちゃいました(笑)

■あなたらしい素敵な「活き方」応援します


私は今の仕事がとても好きです。ここに来られて本当に良かったと思います。これは、ホロスプランニングの社是「May I HOLOS you? ~あなたらしい素敵な活き方応援します~」そのものです。

何かを強制されることもなく、自分らしさがいい。自由気ままでも、ホロスプランニングの皆が同じ方向を向いている。自由とは自己責任が伴うことを理解しているからこそ、お互いがリスペクトできる。そんな環境がとても心地いいです。

大前研一さんの「人間が変わる3つの方法」で、①時間配分を変える ②住む場所(環境)を変える ③つきあう人を変える、という名言がありますが、私はホロス名古屋オフィスの将来設計士と出会えたことで、それを実感しました。

機会がありましたら、ぜひ気軽に名古屋オフィスに立ち寄ってみてください。かつての私がそうだったように、求めている環境や世界がここで見つかるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。



May I Holos You?
~あなたらしい素敵な活き方応援します~
【HPH210426-002-01】


◆お問い合わせはコチラまで!
【連絡先】京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル4階
TEL (075)222-6700 FAX (075)222-2070
採用担当者 rec_planner@holos.jp まで
※秘密厳守いたします。

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスプランニング
保険乗合代理店
Profile
・生命保険の募集に関する業務
・損害保険代理業
・ファイナンシャルプランニング全般
・事業承継、相続対策コンサルティング
Comment
ホロスグループの近況や活動報告をさせていただきます。