ピクトグラムと東京オリンピック
生活全般
エッセイ
2021.09.06

ピクトグラムと東京オリンピック


トイレ表示や非常口でおなじみのピクトグラム

東京オリンピックの開催を機に目にする機会が増えた方も多いのではないでしょうか。

発祥は1920年ごろのヨーロッパですが、広く使われるようになったのは1964年、こちらも東京オリンピックがきっかけと言われています。

当時外国語でのコミュニケーションに不安を感じた日本人は誰が見ても分かるような視覚記号を作りました。そして、社会への普及を重視し、あえて著作権を持たなかったため、広く使われるようになったのです。

英語があまり使われない国だからこそ生まれた工夫が、今や世界中に役立っていると思うと感慨深いですね。

そんな話題のピクトグラムですが、いまや企業が商品戦略用に作成されたり、「あるあるネタ」の面白ピクトグラムがSNSで話題になったりと、より身近なものになりました。

例えば、こんなピクトグラムは使えるのではないでしょうか・・・
         
  手洗い       デスクワーク     犬の散歩      スーパーマン

おもわずクスッと笑ってしまうものもあり、ピクトグラムの使用も楽しくなりますね!

あいかわらずのコロナ禍ですが、この逆境を逆手にとって生活をより良くするヒントを見つけるきっかけにしたいものです。


【HP H 210914-001-01】

現在と未来。自分と家族。はじまりはイメージすること。
夢や希望を実現するための道程は、ライフプランを描くことからスタートします。

いつか直面するかもしれないお金の疑問を、ホロスプランニングの「将来設計士」が解決します。オンライン面談も可能です!

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ