金融教育が必修科目に
生活全般
お子様の教育
2022.04.07

金融教育が必修科目に

今まで日本ではあまり行われてこなかった「金融教育」。この春から、高校で「お金」に関する教育が必修化されるということをご存知でしょうか?


「金融」を広くとらえると、物を買う・銀行にお金を預けるなど日常的に行うことから、資産運用・将来設計など長期的なことまで様々なことが含まれます。そこで、学校で行われる金融教育の背景や、教育資料についてご紹介します。

なぜ必修化されるのか?


2022年4月から成年年齢が18歳に引き下げられ、保護者の承諾なしで様々な契約が可能になりました。

そこで、金融トラブルに巻き込まれる可能性を避けるため基本的な知識を身につけ、自ら判断できるように金融リテラシーの醸成が急がれています。また、個人による長期的な資産形成を促していくという狙いもあるそうです。

どのようなことを学ぶのか?


金融教育は「家庭科」内で、下記の学習を行います。

1)家計管理の基本の理解
収入と支出のバランス、生活に必要なお金などについて

2)生涯を見通した経済計画
計画的に貯蓄することやリスクに備えることなどについて


具体的には「一人暮らしをする場合必要なお金を計算してみる」「働いてもらえる給与明細を読み取る」などのワークが行われています。



すでにお金に関わるさまざまな機関から資料や動画が公開されています。また、学生向けの資料は大人にも分かりやすいものなので、私たちの生活には欠かせない「お金」のことを、改めて学ぶ機会になれば幸いです。

中学生・高校生のみなさんへ(金融庁)
https://www.fsa.go.jp/teach/chuukousei.html#chuukousei

おかねのね(金融広報中央委員会)
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/okanenone/



Text by L-club Team(エルティヴィー L-clubメールより引用)

HPH220408-001-01

この記事を書いた人
ホロスプランニング
ホロスくん
公式マスコット
Profile
2001年4月生まれ。
イチロー選手(当時:シアトル・マリナーズ)がメジャーリーグの開幕戦、1番ライトでデビュー。時を同じくして誕生したホロスプランニングの公式マスコットです。
Comment
個性派集団、ホロスグループのメンバー紹介やコラムを書いています。
ホロスグループにおける「生活総合支援」をミッションにお役立ち情報を発信していけたらと思いますので、ぜひご覧ください。メルマガ登録はコチラ