アコム

アコムATMを利用できる営業時間と手数料は?借入単位は千円単位なのか調査

アコムATM

アコムでは「ローン専用カード」が発行され、借りるときにも返すときにもATMが利用できます。

アコムで利用できるATMは、アコム自体が設置しているもの、提携しているコンビニや金融機関が設置しているものがあります。

デパート、ショッピングモール、駅、スーパー、そしてコンビニなどのATMを活用すると借入も返済も便利になります。

それぞれのATMでできることや手数料などに違いがあり、どのATMで借入や返済をしても同じではありません。

この記事ではATMの特徴や利用方法を説明して、アコムをさらに賢く便利に活用できるようにわかりやすく解説していきます。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

24時間数料無料で利用できるアコムATM

アコムで利用できるATMは大きく分けると3つあります。

  • アコムATM
  • 提携コンビニATM
  • 提携銀行ATM

ATMと一口にいっても、アコムATMと提携ATMでは利用可能な営業時間や利用手数料が異なります。

ATM 手数料 営業時間
アコムATM 無料 24時間
セブン銀行 1万円以下 110円
1万円超 220円
0:10~23:50
E-net 24時間
ローソンATM 0:10~23:50
三菱UFJ銀行 設置場所により異なる
イオン銀行 0:10~23:45
北海道銀行 8:00~21:00
北陸銀行 7:00~21:00
東京スター銀行 8:00~23:00
八十二銀行 平日7:00~23:00
土日祝日8:00~21:00
三十三銀行 8:00~21:00
第三銀行 8時~21時
広島銀行 設置場所により異なる
西日本シティ銀行 平日7:00~23:00
土日祝日8:00~21:00
福岡銀行 設置場所により異なる
十八親和銀行 設置場所により異なる
熊本銀行 設置場所により異なる
クレディセゾン 設置場所により異なる

手数料無料で利用できるATMはアコムATMのみです。

ATM設置台数はアコム868台(2021年10月現在)、プロミスは1223台(2021年10月現在)、アイフルは441台(2021年6月30日現在)です。

コンビニATMは原則としてほぼ24時間いつでも利用できますが、利用の都度手数料が110円または220円かかります。

コンビニATMでいつも借りたり毎月返済したりすると、手数料が大きな金額となるので、提携コンビニATMの利用は緊急の借入に使ったほうが懸命です。

毎月の返済には口座引き落としと、インターネット返済の手数料無料の方法を使い、突然お金が必要になった緊急時の借入に提携ATMを利用するとよいでしょう。

アコムATMは1000円単位で借入・返済

アコムATMの3つの特徴
  • 24時間営業
  • 利用手数料は無料
  • 千円単位の利用

全国のアコム店舗や、むじんくん(自動契約機)に設置されているATMでは借り入れや返済ができます。

アコムATMは24時間営業で手数料も無料。年中無休でいつでも利用ができます。
また、千円単位で借入・返済できます。

千円単位の利用なので「5千円だけ借りたいけれど、1万円借りるしかない」といった必要以上な借り入れをしないで済みます。

提携ATMを含めると、2021年3月現在で50,974台のATMがアコムでの借入や返済に対応しています。

アコムATMでできること

  • 返済
  • 借り入れ
  • 残高照会
  • 暗証番号変更

一部提携ATMでは返済できないものもありますが、アコムATMでは各種利用に対応しています。

アコムATMの借り入れ方法

  1. アコムのローンカードをATMに入れる
  2. 暗証番号(4桁)を入力
  3. 画面に表示されるメニューから「ご融資」を選択
  4. 利用金額を入力(千円単位で可能)
  5. 明細書とローンカードを受け取る
  6. 現金を受け取る

アコムATMの返済方法

  1. アコムのローンカードをATMに入れる
  2. 暗証番号(4桁)を入力
  3. 画面に表示されるメニューから「ご返済」を選択
  4. 「読取」ボタンを押す
  5. 明細書とカードを受け取る

アコムATMでは借入時にはアコムカードが必要ですが、返済(入金)の場合はカードを忘れた場合にも対応可能です。

コンビニATMの借入単位は1万円

コンビニや銀行などの提携ATMでは借入単位は1万円です。
ただし、セブン銀行だけは千円単位での利用が可能となっています。

必要な額が1万円、2万円なら問題はありませんが、たとえば3,000円、1万5,000円など千円単位の額が必要な場合には多めに借りることになってしまうでしょう。

1万5,000円でよいけれど、2万円借りておく、差額の5,000円をすぐ返済するかというと財布に入っていれば使ってしまう可能性が高いですよね。

ましてや便利なコンビニの中で多めの額を持っていると、借りたその時に使ってしまいかねません。

約定返済日以外に返済する際も「今あるのは5,000円だけだから1万円貯まるまで待っておこう」と思っていたらなかなか返済できないでしょう。

余裕があるときに1日でも早く返してしまえば、その分の利息が減ります。
アコムATMやセブン銀行ATMのように手数料がかからないATMでどんどん返すのは、利息負担を軽くするコツといえるでしょう。

多く借りた分にも利息は毎日かかる

当然ですが多く借りた分にも利息がかかります。

本当に必要かどうかわからない額でも、借りてしまえば毎日利息が増えていくのです。

必要なだけの額をピッタリ借りたい、こんな時にはアコムATMかセブン銀行ATMなら1000円単位での利用に対応しています。

特にアコムATMなら手数料がかからないので、こまめに借りても安心です。

アコムで利用できるコンビニATM

利用手数料はかかるものの、24時間いつでも利用できるアコム提携コンビニATMは非常に便利です。

毎月の返済でコンビニATMを使うと手数料の負担が気になりますが、急にお金が必要になったときに頼れる存在ですね。

アコムで利用ができるコンビニATM
  • セブン銀行
  • コンビニATME-net
  • ローソンATM

全国の主要コンビニがアコムの借入や返済に利用できます。

セブン銀行ATMなら千円単位で借入・返済ができる

提携ATMの中でもセブン銀行ATMでは千円単位の利用ができ、さらにアコムATMと同じように詳細な明細書が発行されます。

セブン銀行ATMでの借り入れ方法
  1. アコムローンカードをセブン銀行ATMに入れる
  2. 画面に表示される希望の取引の中から「ご出金(借入)」を選択
  3. アコムでの4桁の暗証番号を入力
  4. 借入額を入力して確認を押す
  5. 明細書とカードを受け取る
  6. 紙幣を受け取る
セブン銀行ATMでの返済方法
  1. アコムローンカードをセブン銀行ATMに入れる
  2. 画面に表示される希望の取引の中から「ご入金(返済)」を選択
  3. アコムでの4桁の暗証番号を入力
  4. 希望の返済取引で「カードローン」を選択
  5. 紙幣を入れる
  6. 入金額を確認
  7. 明細書とカードを受け取る
アコムでもセブン銀行ATMで借入・返済できるスマホATMに対応しました。スマホATMはカードレスで利用できるので、アコムカードを忘れたとき、持ち歩きたくないときにも安心ですね。

アコムカードなしでATMを利用するならスマホATM

セブン銀行ATMで、アコムカードがない場合の利用方法を確かめておきましょう。

スマホアプリを使って借入や返済をしますので、まずアプリをお使いのスマートフォンにダウンロードします。

スマホATMの借入の流れ

  1. スマホアプリでQRコードを読み取る
  2. アプリに表示された「企業番号」をATM画面に入力
  3. 「暗証番号」か「認証番号」をATM画面に入力する
  4. アプリで入力した取引内容を確認
  5. お金を受けとる

スマホATMの返済の流れ

  1. スマホアプリでQRコードを読み取る
  2. アプリに表示された企業番号を入力
  3. ATMに紙幣を入れる

カードがない場合でも、スムーズな借入や返済が可能になっています。
セブン銀行では、スマホATMでもカードありと同じように1万円以下の利用なら110円、1万円を超える利用なら220円の手数料がかかるのでご注意ください。

アコムATMと提携ATMの使い分けが賢い利用のポイント

アコムで利用できるATMは、大きく分けてアコムが設置している「アコムATM」と、コンビニや金融機関の「提携ATM」の2種類があります。

アコムATMと提携ATMでは、手数料、営業時間、設置場所や台数が異なります。

どちらのATMを使うか上手に使い分けることで、お得になったり利便性が高まったりします。

利用の目的やタイミングに応じて、アコムATMを使うのか、提携ATMにするのか決めましょう。

今すぐ借りたいときはコンビニATM

コンビニATMか金融機関ATMは、全国に設置台数が5万台以上と大変多いため緊急に借りたいときもすぐに見つかるはずです。

急な飲み会や週末のお出かけなど、何かとお金が必要なときにも安心ですね。

手数料を抑えたいときはアコムATM

アコムATMは手数料がかかりません。

一方、アコムの提携ATMは、利用額1万円以下のとき110円、1万円を超えるとき220円の手数料がかかります。

お金のピンチのたびに何度も提携ATMでの借入を繰り返し、返済も提携ATMで行っていると利用手数料が大きな額になってしまうでしょう。

手数料をできるだけ抑えたいなら、やはりアコムATMを利用しましょう。
アコムのATMは、利用額や利用時間にかかわらず手数料無料です。

返済方法も考えておこう

カードローンの利用計画は借入を中心に立てる方が多いですが、やはり返済も重要です。

返済方法の選び方によって、手数料を抑える、利息額を減らす、返済忘れを防ぐメリットが期待できます。

たとえば、引き落としでの返済は口座残高に気を付けておけば、返済の遅れや忘れを防げますし手数料もかかりません。

アコムでは約定返済日以外にでもいつでも返済できます。

約定返済日以外の返済は随時返済といって、早く返済すればその分利息が減ります。
しかし、手数料がかかる提携ATMで随時返済を行っていると、せっかく抑えた利息額より手数料のほうが大きくなってしまうかもしれません。

お得で便利な利用を考えるなら、借入のあと、返済のことも考えておきましょう。

アコムATMで発行される明細書

詳細な明細書が発行されるのはアコムATMの特徴です。
提携ATMでは通常簡易的な明細書が発行されます。

※セブン銀行ATMも詳細な利用明細書発行されます。明細書で借入状況を把握し、返済計画に役立てましょう。

借り入れ時のアコムATM明細書
①借り入れの時には「ご融資」と記載
②今回借りた金額
③無利息残高やATM利用手数料など
※無利息残高とは残高が1000円未満になったとき利息も支払期限もない残高
④現在の借入残高
⑤借り入れ可能な額
⑥次回返済日
⑦次回の最小返済額
⑧現在適用されている金利
⑨遅延損害金が発生している場合に記載される
⑩約定日返済か35日ごと返済か期日設定
⑪全額返済までの月に一度返済した場合の回数
⑫毎回の最小返済額
⑬全額返済までの総返済額
⑭最小返済額で返済した場合の全額返済予定にあたる完済期日
⑮現在適用されている返済方式
返済時のアコムATM明細書
①返済の時には「ご返済」と記載
②今回返済した金額
③今回返済したうち、元金に充当された額
④今回返済したうち、利息に充当された額
⑤今回返済したうち、遅延損害金に充当された額
⑥今回返済したうち、無利息残高やATM手数料に充当された額
※詳細は⑬⑭に記載される
⑦現在の借入残高(利息は含まない)
⑧借り入れ可能な額
⑨次回返済期日
⑩次回最小返済金額
⑪直近に借り入れをした日
⑫直近の借り入れ後の残高
⑬無利息残高がある場合記載
⑭前回の返済後から今回の返済までの間に使った提携ATM利用手数料など

アコムATM利用時のよくある質問

アコムのATMを利用するときに不安やトラブルがあった際によくある質問をまとめました。参考にご覧ください。

アコムATMや提携ATMを利用するときの暗証番号を忘れてしまったんですが?

電話での問い合わせが可能です。
平日9時から18時まで、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に問い合わせてください。
また、お近くの自動契約機(むじんくん)でも暗証番号の変更手続きができます。
自動契約機(むじんくん)へは、本人確認書類を持参します。

アコムATMから完済するときに1000円未満の端数が出たらどうすればいいですか?

アコムATMは千円単位の利用となるので、千円未満の端数は返済できません。

完済希望時には端数も返済できるインターネット返済を利用しましょう。
銀行振込でも端数を返済できますが、振込手数料が発生します。
また店頭窓口でも返済可能ですが、営業時間が平日10時から18時のためご注意ください。

千円未満の無利息残高は、利息は増えず返済の義務もありません。
そのまま放っておいてもよいのです。
しかし、完済後に解約を希望するなら、無利息残高が残ったままではできません。
解約希望なのか、契約を継続するのかを考えて返済方法を選びましょう。

アコムカードを紛失したんですが、再発行はどうすればいいですか?

アコムカードを失くした場合、まずアコムへ連絡を入れカードの利用停止をし、その後再発行手続きを行いましょう。

【再発行までの流れ】
1. アコムフリーコール(0120-629-215)に連絡してカードを利用停止する
2. 近くの警察署に紛失届を出す
3. 再発行手続き

紛失ではなく盗難の可能性もありますから、不正利用を防ぐためにも一刻も早くアコムへ連絡を入れて利用停止手続きを取りましょう。

再発行には下記の3通りの方法があります。
・自動契約機
・店頭窓口
・郵送

いずれの方法でも本人確認書類が必要です。

アコムローンカードの再発行には330円の手数料がかかります。

近くのアコムATMの場所はアプリで検索できる

現在の場所から最も近いアコムATMはアプリで検索できます。

使い方はとても簡単。希望の検索方法をタップすればOKです。

アコムの公式アプリでは、振込融資の依頼、利用状況の確認、生体認証でのログイン、書類提出など大変便利な機能を活用できます。

アコムを利用する方ならぜひダウンロードしておきましょう。

まとめ

アコムATMなら、借入や返済時の手数料がかかりません。
24時間いつでも利用でき、千円単位での借入や返済にも対応しているため利便性も高いです。

ただし、アコムで借入や返済をしたいときに近くにアコムATMがない場合には、提携コンビニATMを利用しましょう。
提携ATMは手数料が都度かかりますので、緊急時の借入での利用をおすすめします。

他にもインターネットでの借入や返済は手数料がかかりませんので、上手に組み合わせて活用しましょう。

RELATED POST