アコム

アコムの借り方がすぐわかる!アコムはカードなしでも借りられる?

アコム借り方
アコムからお金を借りたいけど借り方がわからない…
アコムはどうやって申し込めばいいの?

など不安に思う方も多いでしょう。
とくに初めて消費者金融に申し込むなら、心配になるのも無理はないことです。

安心してください。アコムの借り方は簡単でシンプルです

はじめてアコムを利用する際の申し込み方法、契約から借入までの流れを解説します。

さらに即日融資を希望する場合や、アコムをカードなしの借り方も見ておきましょう。

アコムは借り方が豊富なので、お金が必要な様々なシーンで役立ちます。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. アコムの借り方は「振込」「ATM」など3種類
  2. アコムの借り方のメリットとデメリット
  3. アコムの自動契約機(むじんくん)でお金は借りられる?
  4. アコムの営業時間外も借りられる「モアタイム」金融機関
  5. アコムではクレジットカードを利用しての借り入れも可能
  6. アコムで借りた場合の利用明細の見方
  7. 初めてアコムで借りる前にはどうすればいいの?
  8. アコムで借りる前には審査がある
  9. アコムの返し方や返済方法
  10. アコムでお金を借りるメリット&デメリット
  11. 他の消費者金融とアコムの借り方の比較
  12. アコムでは借り換え専用ローンでも借りられる
  13. アコムで無職が利用できる借り方はある?
  14. アコムを学生が利用した場合の借り方
  15. アコムで借りるための手続きをできる場所が減っている
  16. まとめ

アコムの借り方は「振込」「ATM」など3種類

アコムの借り方は下記の3種類です。

  1. 金融機関の口座へ振込(アコムカードなし)
  2. アコムATMを利用する(アコムカードあり)
  3. 提携ATMで借りる(アコムカードあり)

それぞれの借り方の方法・流れについて解説します。

1.振込融資の借り方(アコムカードなし)

アコムの振込融資は、カードがなくても大丈夫。

スマホから申し込むと、最短1分で自分の銀行口座にお金が振り込まれます。

利用手数料は無料、24時間いつでも振込の依頼OK。
さらに楽天銀行の口座宛てへの振込なら、時間帯を問わず最短1分で完了します。

銀行口座 受付曜日 受付時間 振込実施目安時間
楽天銀行 月~日・祝 0:10~23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜 0:10~8:59 当日9:30ごろ
月曜 9:00~23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝 0:10~8:59 当日9:30ごろ
土・日・祝 9:00~19:59 受付完了から1分程度
土・日・祝 20:00~23:49 翌日9:30ごろ
振込実施時間拡大
(モアタイム)金融機関
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30ごろ
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30ごろ
土・日・祝 0:10~23:49 翌営業日9:30ごろ
その他金融機関
(コアタイム)
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30ごろ
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30ごろ
土・日・祝 0:10~23:49 翌営業日9:30ごろ

他にも、地方銀行、信用金庫、信用組合宛てにも振込対応しています。

金融機関によって、振込実施時間が拡大(通常平日は9:00~14:29の間は最短1分での振込実施に対応。

時間拡大金融機関は9:00~17:29に最短1分での振込実施に対応していますので、アコムのサイトで確認しておきましょう。

振込融資の依頼は、電話でも行える

振込融資の依頼は、電話でも行えます。

アコムのプッシュホンサービス(音声自動応答)(0120-134-5670002350か、フリーコール(0120-629-2159001800への連絡のいずれかで、振込を依頼することが可能です。

それぞれ対応時間帯、振込実施の目安時間が決まっています。
連絡を入れる前に、利用可能な時間帯を忘れずにチェックしておきましょう。

電話 受付曜日 受付時間 振込実施時間
プッシュホンサービス 平日 0:10~9:00 当日正午ごろ
9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~23:50 翌営業日正午ごろ
土・日・祝 0:10~23:50 翌営業日正午ごろ
フリーコール 平日 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日正午ごろ
土・日・祝 9:00~18:00 翌営業日正午ごろ

2.アコムのATMでの借り方(カード必要)

ATMは「アコムのATM」と「提携ATM」のどちらかで借りられます。
ATMの利用にはアコムのカードが必要です。

まずは「アコムATMの借り方」の流れを紹介します。

  1. カードをATMに入れる
  2. 4桁の暗証番号入力
  3. 用件ボタン(返済・残高照会・ご融資・暗証番号の変更)から「ご融資」を選択
  4. 利用金額を押した後に、「円」を押す
  5. 明細書とカードが出てくるので受け取る
  6. 紙幣が出てきて受け取ると完了です
アコムATM
アコムATMを利用できる営業時間と手数料は?借入単位は千円単位なのか調査アコムでは「ローン専用カード」が発行され、借りるときにも返すときにもATMが利用できます。 アコムで利用できるATMは、アコム自体...

3.提携ATMでの借り方(カード必要)

次に「提携ATMでの借り方」です。

提携ATMはいくつかありますが、利用の流れはセブン銀行のものを紹介しています。
利用するATMによって多少手順が異なってくることもあるのでご注意ください。

  1. カードをATMに入れる
  2. 希望取引(ご出金・出金可能額照会・ご入金・入金可能額照会)から「ご出金」を選択
  3. 4桁の暗証番号入力
  4. 取引金額を入力
  5. 表示される取引内容に問題がなければ「確認」ボタンを押す
  6. 明細表とカードを受け取る
  7. 紙幣が出てきて受け取ると完了です

このように、どちらのATMでも借り方は銀行ATMの出金に近い方法と考えてよいでしょう。

アコムコンビニ
アコムをコンビニATMで借入&返済する方法!どこで使える?どうやって使う?アコムはアコムの自動契約機(むじんくん)に併設されているアコムATMだけでなく、コンビニに設置されているATMも利用できます。 さ...

ATMはいつ利用できる?利用可能時間について

ATMを利用する場合には、利用可能時間を確認しておく必要があります。

アコムATMの最大のメリットは、原則24時間365日いつでも稼働している点でしょう。(定期点検など一部利用不可の時間帯もあり)

アコムATMはアコムの店舗に併設されています。

提携ATMは、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行ATM、E-netが利用可能です。

セブン銀行はセブンイレブンなど、E-netはファミリーマートなどのコンビニに設置されていることが多いです。
一部の店舗では例外もあるので、利用前には確認しましょう。

提携ATMの利用可能時間はそれぞれ設置してある場所に準じます。
提携ATMも定期点検などの時間帯には利用できません。

ATM利用手数料は?アコムATMなら無料

ATMを利用する際に、アコムATMなら利用額にかかわらず手数料がかかりません。

提携ATMの場合には取引額が10,000円以下なら110円、10,001円以上なら220円の手数料が必要です。

何度も借入する方なら、アコムATMを利用したほうがお得ですね。

アコムの借り方のメリットとデメリット

アコムでの借入の申し込み方法は、下記の4種類があります。

  1. ネットで振込融資
  2. 電話で振込融資
  3. アコムATM
  4. 提携ATM

それぞれのメリットとデメリットを比較しておきましょう。

自分がどんなときにお金が必要なのかによって、借り方を使い分ける方法がおすすめです。

1.ネットで振込融資

ネットで依頼して自分の銀行口座に振り込みを受けます。

もっとも手間がかからず、対応時間も長く融資実行も最短1分とメリットが多いです。
わざわざATMに行く時間がない、アコムカードが手元にない、といった場合でもすぐに借りられます。

メリットばかりの借入方法のようですが、事前に口座登録手続きが必要、書面で利用明細が送付されることなど少し気になる点もあります。

明細送付は受け取り方法を変更できます。
振込での融資を受ける前に変更しておくと安心ですね。

  • 24時間365日 借入可能
  • スマホで振込融資ができて簡単
  • 楽天銀行なら最短1分
  • カードなしで借りられる
  • 事前に銀行口座の登録が必要
  • 利用明細が郵送される

2.電話で振込融資

プッシュホンサービス(自動応答)なら、対応時間はほぼ24時間なので、借りたいと思ったときに連絡を入れられます。

ただし、受付時間帯によって振込実行は即時とはなりません。
すぐに借りられないこともある点が少しデメリットにつながってしまいますね。

  • ほぼ24時間 受付可能
  • カードなしで借りられる
  • 事前に銀行口座の登録が必要
  • 振り込みが遅れる時間帯がある
  • 利用明細が郵送される

3.アコムATMで借りる

日本全国に設置されているアコムの自社ATMなら、利用手数料がかかりません。

アコムカードは必要ですが、その場ですぐに現金が手に入る点がメリットです。

  • アコムATMが無料で利用可能
  • 現金で下ろすことができる
  • アコムATMを探す必要がある
  • 24:00~6:00など利用時間外もある

3.提携ATMで借りる

コンビニなどに設置してある提携ATMは、借りたいときにすぐに借りられるので便利です。

コンビニATMならカード自体をのぞき込んで確認しない限り、お金を借りているのか銀行口座から引き出しているのかは不明です。

デメリットとしては、都度ATM利用手数料がかかることです。
110円~220円の設定となっており、借入回数が多くなると負担が気になります。

  • 主要なコンビニATMで利用ができる
  • 地方銀行のATMも利用可能
  • 利用手数料が発生する

アコムの自動契約機(むじんくん)でお金は借りられる?

アコムの自動契約機(むじんくん)は契約機のため、自動契約機自体でお金を借りることはできません

自動契約機では申し込み手続きや書類提出、カード発行ができます。

自動契約機にはアコムATMが併設されていますので、カード発行後はアコムATMで借入を行います。

ネット申し込み後自動契約機でカード発行もできる

インターネットで申し込みを済ませてから、自動契約機でカード発行だけすると待ち時間が短くできておすすめです。

自動契約機での審査時間は最短30分ですが、事前にネット申し込みをしておくとその段階で審査がスタートしますから、自動契約機での待ち時間を短くできます。

アコムの営業時間外も借りられる「モアタイム」金融機関

アコムでは、金融機関によって振込の受付時間が異なるのはすでに紹介したとおりです。

すでにお見せした表ですが、ここでもう一度見てみてください。

銀行口座 受付曜日 受付時間 振込実施目安時間
楽天銀行 月~日・祝 0:10~23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜 0:10~8:59 当日9:30ごろ
月曜 9:00~23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10~23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝 0:10~8:59 当日9:30ごろ
土・日・祝 9:00~19:59 受付完了から1分程度
土・日・祝 20:00~23:49 翌日9:30ごろ
振込実施時間拡大
(モアタイム)金融機関
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30ごろ
9:00~17:29 受付完了から1分程度
17:30~23:49 翌営業日9:30ごろ
土・日・祝 0:10~23:49 翌営業日9:30ごろ
その他金融機関
(コアタイム)
月曜~金曜 0:10~8:59 当日9:30ごろ
9:00~14:29 受付完了から1分程度
14:30~23:49 翌営業日9:30ごろ
土・日・祝 0:10~23:49 翌営業日9:30ごろ

楽天銀行は別格で、24時間365日(メンテナンス時間を除けば)いつでも利用できますね。

三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行なら、9:00~19:59までなら土日でも即日融資ができます。楽天銀行口座がない場合は選択肢になります。

もし上記の5銀行のいずれの口座も持っていないなら、次に候補になるのが「モアタイム」が採用された金融機関です。

通常の金融機関(コアタイム)が平日の9:00~14:29までしか即日振込みを受け付けていないのに対し、モアタイムなら17:29まで受け付けています。

少しでも便利に使いたいならご自身の持つ口座でモアタイムの口座を見つけましょう。

幸いにも、モアタイム採用の銀行は数多くあり、ここでは紹介しきれません。

公式サイトへのリンクを載せておくので、気になる方は覗いてみて下さい。

【リンク】アコム|振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関一覧

アコムではクレジットカードを利用しての借り入れも可能

アコムは他の消費者金融と違い、自前でクレジットカードを発行している点が特徴です。

ACマスターカードの名前通り、国際ブランドのMasterCardを使ってショッピングが可能です。

そのほか、ACマスターカードを利用したキャッシングにも対応しています。

それぞれで利用限度額が異なる点は覚えておきましょう。

キャッシングの限度額 最大800万円
ショッピングの限度額 最大300万円

アコムのATMのほか、提携先金融機関のATMや、コンビニのATMでも利用できます。

ローンカードと同じ使い勝手なので、普段からクレジットカードを使いたい人にはおすすめですね。

ローンカードと同じく最短即日で発行できるのも強みです。

アコムで借りた場合の利用明細の見方

アコムATM・セブン銀行ATMで借入した場合、その場で利用明細書が発行されます。

利用明細書の見方を知っておくと、確認するときに迷うことがありません。

アコム 利用明細書画像引用:アコム

いくつかある番号の中で、借り入れに関するものをピックアップして紹介します。

②お取引金額:今回借り入れした金額
③その他残高:無利息残高やATM手数料があった場合の残高
④残高:利息を含まない現在の借入残高
⑤利用限度額:借入できる金額

返済に関する情報も記載されているので、遅れを発生させないようにしっかりと確認しましょう。

初めてアコムで借りる前にはどうすればいいの?

アコムで融資を受けたい方は、まず申し込みからスタートする必要があります。
申込→審査→契約という流れの後で借りられるようになります。

申込は、スマホ・ケータイ、パソコンや、店頭窓口、さらに自動契約機(むじんくん)といった方法が利用可能です。電話や郵送でも申込は受け付けています。

即日融資はできる?

アコムは様々な申し込み方法を受け付けており、即日審査を行っています。
つまりアコムは即日融資も可能ということです。

アコムでは「お急ぎのお客さま」に対応をしていて、審査時間は最短で30分、土日祝も申し込みが可能です。

お急ぎの方は、まずインターネットか電話で手続きを開始しましょう。

その後契約はそのままインターネットで行うか、来店で行うかを選択します。

自動契約機(むじんくん)や来店契約では、事前に申し込みをネットや電話で済ませておくと、来店後の時間が短縮できるのでおすすめです。

即日振込みも可能

インターネットで契約すると、振込融資で自分の銀行口座へ必要額が振り込まれて借入が完了します。

振込が実行される時間帯は融資を依頼する時間帯によって、当日融資になる場合と翌営業日なってしまうことがあるので、必ず対応時間を確かめておきましょう。

来店契約すると、その場でカードが発行されますので、併設のATMや提携ATMなどですぐに借りられるようになります。

ただし、来店では平日のみ、9:30~18:00と営業時間が限定されていますので注意が必要です。

自動契約機(むじんくん)は誰にも会わずに契約できますが、営業時間は9:00~21:00※年中無休(年末年始は除く)となっています。

アコムで借りる前には審査がある

アコムへ申し込むと、必ず審査が行われます。
お金を借りるためには、審査を通過しないといけません。

アコムの審査では、年収だけを確かめているのではなく、勤続年数、勤務先、住居、これまでのローン利用履歴や返済履歴等をトータルで審査しています。

審査と聞くと「借りられないかもしれない」と不安になってしまいますが、実は審査基準やどのような審査を行っているのかはどんなローンも公表していません。

独自の審査が行われているため、絶対に審査通過をする方法は正確にはないのです。

ただし、通常どんなローンでも確実に返済するかどうかを確かめたいわけですから、下記のポイントから大きく外れていなければ審査に通過する可能性は高いといえます。

  • 借入希望額は年収3分の1以下
  • 借入希望額を最小限にして申し込む
  • 借入件数は増やさない

以上の3点をチェックしてから申し込むと、審査の通過率が上がると考えられます。

借入希望額は年収3分の1以下

アコムで初めて申し込みをする方は、年収の3分の1以下の額を希望限度額としましょう。

もしも、アコム以外の貸金業者ですでに借入をして借入残高があるなら、その額も含めて年収の3分の1以下でないといけません。

これは総量規制というもので、法律で決まっているので「年収の3分の1をちょっとくらい超えても大丈夫」というわけにはいかないのです。

見過ごされやすいのですが、実はクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となります。

アコムの審査に確実に通りたいなら、クレジットカードのキャッシングの利用額を含めて希望限度額を決めましょう。

(参考:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について))

借入希望額を最小限にして申し込む

借入希望額は年収の3分の1以下でよいのですが、さらに確実に審査に通りたいなら、最小限の額にするほうがよいでしょう。

必要な額ぎりぎりを限度額に決定するのです。

返済実績がない申込者は、返済能力を審査することができません。

あまり大きな額を借りたいと申し込むと、審査に通らないこともあります。

アコムは限度額増額も契約後にできますから、限度額はできるだけ低い額で申し込んでおくほうが確実です。

借入件数を増やさない

カードローンは信用度というものを重視して審査を行います。
ローンは、限度額が大きいほど信用度が高いと考えてよいでしょう。

ここで例をあげてみます。

Aさん:1社から100万円の限度額でローン契約

Bさん:限度額それぞれ50万円、30万円、15万円、5万円で4社とローン契約

どちらも借りられる額は100万円です。
しかし、BさんよりはAさんのほうが信用度は高くなります。

「一社で大きな額を借りられる貸し倒れのリスクが低い」と判断されることが理由です。

お金が必要なときに少額ずつ色々な借入先から借りていると、大きな額が借りられないのでは?返済に困るほどお金がないのでは?と疑われてしまう可能性が高いです。

ローン申込時に関わらず、借入先は最小限にしておきましょう。

また、借入残高がなくても別のローンの契約がある場合も「いつでも借りられる状態」と判断されて審査に通りにくくなることがあります。

個人がどのようなローンを利用しているのかは、信用情報機関で管理されています。

使わないローンは速やかに解約してしまったほうがよいでしょう。

個人信用情報を管理しているのは、JICC(日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つで、主に消費者金融が加盟しているのはJICCはです。

審査時の在籍確認は個人名で行われる

アコムの審査では、在籍確認といって勤務先にアコムが電話連絡を入れて実際に働いているかどうかを確かめます。

「勤務先にアコムから電話がきたら、お金を借りようとしていることがわかってしまう。。」と不安になるかと思いますが、アコムの在籍確認は担当者の個人名で行われます。

担当者はアコムの社名や、カードローンのことは電話口に申し込み者本人が出ない限り一切伝えません。

同僚や上司など、勤務先の人にはたとえばクレジットカードの申し込み、生命保険の契約などと理由を説明しておけば、普段あまり電話のかかってこない職場でも安心でしょう。

在籍確認は本人が電話で応対しなくても、○○は席を外しています、というだけで働いていることはわかるので完了となります。

アコムはWebでの申し込み手続きができますが、本人確認や在籍確認は電話でかかってきます。

アコムの審査で必要なものは?

アコムの審査に申し込むにあたって、必要なものは本人確認書類と収入証明書です。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード等指定の書類を提出します。

また、アプリやインターネット、FAX、郵送といった提出方法があるので、都合のよいものを選びましょう。

収入証明書は原則としてアコムでの借入が50万円以下の場合には必要ありません。

ただし、他社貸金業者ですでに借入がある場合で、アコムの借入希望額を合計して100万円を超える場合にはアコムでの借入希望額が50万円以下であっても収入証明書が必要です。

アコムの返し方や返済方法

アコムで借入後には、もちろん返済しないといけません。

アコムの返済方法は、借入方法と同様に多彩な方法から自分の都合のよいものを選べます。

  • アコムATM
  • アコム会員ページ(インターネット)
  • 提携ATM
  • 口座引き落とし
  • 銀行振込

インターネットやアコムATMは手数料がかからず24時間利用可能です。

アコム店頭窓口は平日9301800、相談しながら返済できるメリットがあります。

提携ATMはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート等のセブン銀行ATM、ローソン銀行ATME-netなどのATMが利用可能です。

また提携ATMでの返済は、手数料がかかります。

口座引き落とし(自動振替)は、毎月の返済日に自動的に返済額が引き落とされます。

銀行振込は、アコムが指定する銀行口座へ振込で行う返済方法です。

銀行振込での返済は、端数も返済できるので最終返済回に利用するのに適していますが、振込手数料が必要な点にご注意ください。

おすすめは、手間なくできて手数料がかからないアコム会員ページからインターネットでの返済です。

また、アコムカードを使って返済したい場合には、アコムATMなら手数料もかかりません。

アコムの返済方法も便利で、借り方同様にわかりやすく簡単です。

借入前に、返済シミュレーションを行うことをおすすめしますが、その際に返済方法も併せて考えておきましょう。

アコムでお金を借りるメリット&デメリット

アコムの借り方はわかりやすいため、初めて利用する方も安心な点は大きなメリットでしょう。

しかし、お金を借りるにあたってメリットばかりではありません。
十分にメリットとデメリットを理解した上で申し込みを検討しましょう。

メリットをまとめると、借入までのスピードが短いことや利便性が高いこと、またお得なサービスもあることがあげられます。

アコムの自動契約機(むじんくん)は全国に設置してあるため、誰でも申し込みやすいといえるでしょう。

デメリットを見ると、提携ATMを利用する際の手数料があげられます。
しかし、アコムATMやインターネットなど手数料がかからない借入や返済方法もあるのでコストは抑えることができます。

銀行カードローンの上限金利が15%前後が多いことと比較すると、アコムの金利18.0%は高めと感じるでしょうか。

しかし、アコム、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAいずれも最高金利は18.0%で、実はアコムは消費者金融の金利としては平均的なことがわかります。

金利が高めの場合に、支払う利息を抑えたいときには利用日数を短くするのがポイントです。

返済日まで待たずに、お金に余裕ができたらどんどん返済しましょう。

他の消費者金融とアコムの借り方の比較

アコムとアコム以外の大手消費者金融では借り方は違うのでしょうか。

消費者金融 利用できる借り方
アコム インターネット・アコムATM・提携ATM・電話
プロミス インターネット・プロミスATM・提携ATM・電話・店頭窓口
アイフル インターネット・アイフルATM・提携ATM・電話
レイクALSA インターネット・新生銀行カードローンATM・提携ATM・電話
SMBCモビット インターネット・提携ATM・電話

アコムとプロミスが借り方が一番豊富ですね。

実際にカードローンを使ってみると「銀行口座に早くお金が欲しい」「近くのATMで借りられないかな」といったようにお金が必要になるシーンも様々です。

借り方が多く選択できるカードローンは、やはり利便性が高いといえるでしょう。

アコムでは借り換え専用ローンでも借りられる

アコムでは通常のカードローン以外に、借換え専用のローンも利用できます。

正式名称は「貸金業法に基づく借換え専用ローン」とよばれ、総量規制の対象外となる商品です。

利用使途 貸金業者の債務借り換え
契約極度額 1~300万円
貸付利率 年率7.70~18.0%
返済方式 元利均等返済
返済期間
  • 返済金額2.0%以上の場合
    借入日から最長8年0ヵ月・1~95回
  • 返済金額1.5%以上の場合
    借入日から最長12年3ヵ月・1~146回
貸付対象者
  • 18歳以上69歳以下
  • 安定した収入と返済能力を有する方
  • アコム基準を満たす方。
担保・返済保証人 不要

複数のローンを1つにまとめることで、返済回数を2回以上から1回に減らすことができます。

まとめた金額によっては金利も下がりますから、毎月の返済負担を大きく引き下げることも可能です。

加えて「返済専用」のローンですから、返済を進めれば確実に借入残高を減少させられます。

アコムで無職が利用できる借り方はある?

結論からいって、アコムでは無職の人は借入できません。

利用条件が以下の通り決まっているためです。

18歳以上69歳以下の、安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。

引用元:アコム|貸付条件

無職の人は「安定した収入と返済能力を有する」という条件を満たさないため、借入できません。

一部の銀行と違って「配偶者貸付」の制度もないので、配偶者が会社員で高収入でも専業主婦が借りることもできません。

借入したい場合、少なくともアルバイトやパートで働いていることが必要です。

ただし、逆に言えば安定収入さえあれば職業に関係なく借り入れが可能ということです。

次の見出しでは、学生が借り入れするときの注意点を解説します。

アコムを学生が利用した場合の借り方

アコムでは満18歳以上であれば、アルバイト学生でも利用できます。

ただし、いくつかの注意すべきことがある点は覚えておきましょう。

利用限度額は最低限で設定される

いくら学生が借りられるといっても、社会人と同じように大金を借りられるわけではありません。

アコムは貸金業者として「総量規制」を守る必要があるからですね。

多くても年収の3分の1までしか融資できません。

年収120万円(月10万円を稼ぐ学生)でも、利用限度額はマックス40万円です。

月5万円を得る人ではマックス20万円しか借入できません。

返済を遅らせると今後の審査通過は厳しい

学生に限った話ではありませんが、もし利用したあとに返済の延滞を発生させた場合、今後のローン利用が厳しくなります。

61日以上の返済遅延では最長で5年間は個人信用情報機関に記録されます。

卒業後すぐにマイカーローンを組みたいような場合、カードローンの返済を遅らせたせいでローンが組めないこともありますね。

もちろん、住宅ローンも同様に審査が厳しくなります。

お金が必要なタイミングでローンを組めなくなると、人生設計が大きく狂うかもしれませよ?

学生は18歳以上から借りられる

アコムは学生でも借りられるとはいえ、まず年齢要件を満たすことが必要です。

現状では満18歳を迎えていない人の場合、仮にアルバイトでたくさんお金を稼いでいても利用できません。

アコムで借りるための手続きをできる場所が減っている

アコムでは有人店舗・自動契約機での申込・契約手続きを行っています。

ただ、最近では店舗の閉店も相次いでいるので注意が必要です。

2021年12月には「自動契約機(むじんくん)」コーナーがいくつか閉店するようです。
自動契約機(むじんくん)や実店舗で申込する場合、最新の情報を確認しておきましょう。

あるいはWEBでの申込であれば、場所を選ばずに24時間いつでも申込できます。

まとめ

アコムでの借り方は3種類あって、自分の都合に応じて便利なものが選べます。

借入方法がたくさんあるとどれがよいのか迷ってしまうかもしれませんが、アコムカードあり・なし、現金が手元に必要・銀行口座に必要といったシーンに応じて借り方を決定しましょう。

初めての借入の場合には申し込み~審査のステップを経てお金を借りられるようになります。

早く借りたい方は、申し込み方法と即日融資に対応している時間帯を、借入方法別に比較したほうがよいでしょう。

RELATED POST