アコム

アコムで20万・30万・100万借りた時の金利と利息はいくら?

アコム金利
アコムで20万借りたいのですが金利は高いですか?
アコムで100万円借りたら金利は何%ですか?

消費者金融であるアコムは金利が高いというイメージがあります。

ところが実際には「30日間無利息のサービス」があったり、「少額キャッシング」を利用したりした場合には金利の影響が少ないということをご存知でしょうか?

20万~30万未満程度の少額キャッシングであれば、利息に大きく影響をするのは「金利よりも返済期間」です。

  • アコムで20万借りた金利は18.0%
  • アコムで30万借りた金利は18.0%
  • アコムで100万円借りた金利は15.0%
FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. アコムをはじめて利用する方は上限18.0%の高い金利が適用される
  2. アコムの金利は少額キャッシングなら高くない
  3. アコム金利の負担を軽くする返済方法
  4. アコムで20万円・30万円・100万円を借り入れた場合の金利と返済額をシミュレーション
  5. アコムで20万円・30万円・100万円を返済する場合の金利と返済額を銀行カードローンとの比較
  6. アコムで自分に適用されている金利の確認方法
  7. アコムの金利をゼロにできる30日間金利0円サービス
  8. アコムの金利に関するQ&A
  9. まとめ

アコムをはじめて利用する方は上限18.0%の高い金利が適用される

初めての利用の場合にはたいていの場合、その会社の設けた上限金利が適用されています。

口コミを見てみると稀に例外はあるようですが、ほぼ上限金利が適用されると考えてよいでしょう。

アコムの場合に金利の上限が18.0%となっています。

アコムの契約極度額ごとの金利
契約極度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

アコム利用が初めてだと金利が18.0%になる理由

必ずしも上限金利が適用されると決まっているわけではありません。
しかしほとんどの方が初めての利用では上限金利である18.0%が適用されているのが事実。

上限金利が適用される一番の理由は「金利の高さ=アコムにとってのリスク回避」であること。

初めて利用する方に審査を行いますが、これは融資可能かどうかを判断する大事な材料でありながら、「その利用者がアコムで借りてしっかりと返済できる」という実績はない状態です。

つまり返済能力があるかどうかは審査だけではわからないということ。

確実に返済をするという実績があって初めて、金利が下がる可能性が出てきます。

初回利用は上限金利が適用になります。大手5社における消費者金融の金利を比べてみました。

大手消費者金融の上限金利比較
消費者金融 上限金利
アコム 18.0%
プロミス 17.8%
アイフル 18.0%
SMBCモビット 18.0%
レイクALSA 18.0%

こうしてみるとプロミスが最も低い金利になることがわかります。
果たして0.2%の金利はどれだけの違いが出るのでしょうか。

10万円借入時のプロミスとアコムの金利による利息の違い
消費者金融 金利 利息
プロミス 17.80% 1463円
アコム 18.00% 1479円
差額 16円
30万円借入時のプロミスとアコムの金利による利息の違い
消費者金融 金利 利息
プロミス 17.80% 4389円
アコム 18.00% 4438円
差額 49円

上記のように、30万円までの比較的少額の借り入れでは、0.2%の金利の違いは利息に大きく影響するものではありません。

アコムの金利は少額キャッシングなら高くない

銀行カードローンに比べると金利は高く、中小消費者金融に比べると金利が低い、それがアコムの金利です。

金利が18.0%ということでどんなことに気を付けたらいいのかをみていきましょう。

アコムの返済額と利息をシミュレーション

返済のための利息の計算方法です。

「利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数」

 

10万円の借り入れを金利18.0%で30日間借りたとすると、利息は1479円です。

10万円×18.0%÷365日×30日=1479円

利息は、借入残高・金利・利用日数によって決まります。
金利だけが重要になるわけではありません。

利息1479円は、返済額の中から差し引かれます。

アコムの10万円借入時の最低返済額が5000円なので、
「返済額5000円-利息1479円=元金充当額は残りの3521円」となります。

利息が決まっている以上、元金充当額(返済できている額)を考えていかなくてはなりません。

  • 1万円を返済すると、利息1479円で元金への充当額は8521円
  • 2万円を返済すると、利息1479円で元金への充当額は18521円

返済額を変えると、「返済額の中の元金充当率の割合」が変わってくることがわかります。より大きな割合で元金に充当されたほうが返済の進みがよいことになります。

キャッシングをするときには返済額の内訳を知ることで賢い返済計画が立てられるでしょう。

アコムの返済を続けると、利息はだんだん少なくなる

利息の計算は「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」です。
そのため返済をして借入残高が減るたびに利息は少なくなっていきます。

10万円借り入れ時の返済計画表をご覧ください。

10万円の返済表
回数 返済金額 元金 利息 残高
累計 109,158円 100,000円 9,158円
1 10,000円 8,500円 1,500円 91,500円
2 10,000円 8,628円 1,372円 82,872円
3 10,000円 8,757円 1,243円 74,115円
4 10,000円 8,889円 1,111円 65,226円
5 10,000円 9,022円 978円 56,204円
6 10,000円 9,157円 843円 47,047円
7 10,000円 9,295円 705円 37,752円
8 10,000円 9,434円 566円 28,318円
9 10,000円 9,576円 424円 18,742円
10 10,000円 9,719円 281円 9,023円
11 9,158円 9,023円 135円 0円
返済を続けていくと、借入残高が減るにつれ利息が下がっていくことがわかります。借入残高が少なくなったら一気に返済をして利息の負担を軽くするのもひとつの方法です。

アコムの最低返済額以上を返済するべき理由

毎月、最低限返済しなければならない額は決められていますが、それ以上の返済は自由です。

返済額をいくらにするのかは、いかに早く返済し利息を抑えられるのかにかかわる非常に重要な項目です。

アコムの最低返済額は契約極度額、つまり融資限度額を基準として借入残高に一定の割合をかけることで計算されています。

アコムの最低返済額の計算方法
契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上
借入額別最低返済額早見表
借入残高 最低返済額
5万円 3000円
10万円 5000円
15万円 7000円
20万円 9000円
25万円 11000円
30万円 13000円

最低返済額は高いものではありません。ただしこの金額で払い続ければ返済期間は長くなり、利息の支払いも多くなります。

借入残高が10万円の場合、返済額の調整でどのように返済期間と利息総額が変わるのかをみてみましょう。

10万円借入時の、返済額の違いによる比較
借入額 金利 返済額 返済期間 利息総額
10万円 18.00% 20000円 6ヶ月 4750円
15000円 8ヶ月 6153円
10000円 11ヶ月 9158円
5000円 24ヶ月 19772円

10万円を2年かけて返済しようとすると2万円近くの利息を払うことになってしまいます。返済額の調整がいかに重要になってくるかがわかります。

最低返済額以上であれば毎月自由に返済額を変えることができます。

先月は2万円返済したけれども今月は1万円にしておこう、来月は出費の予定があるから最低返済額にしようということもできます。臨機応変に返済額を変えていきましょう。

アコム金利の負担を軽くする返済方法

利息を節約するためには金利以上に重要になるのが「利用日数を減らすこと」です。

※利用日数とは借り入れをした翌日から返済をするまでの日数です。

利息の計算方法は「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」ですが、利用日数によってどれだけ利息に違いがあるのかを見てみましょう。

これで金利以上に利用日数を抑えることが重要です。

10万円を金利18.0%で借り入れ
  • 30日で返済した場合の利息・・・1479円
  • 10日で返済した場合の利息・・・493円

借入残高も金利も同じ状態で、利用日数の違いがこれだけの利息の違いになります。
1日いくらの利息として考えると早い完済が重要になることがわかります。

それでは利息の負担を軽くする返済をご紹介します。

①いつでも返済ができるアコムの35日ごとの返済

アコム独自の返済日システムを設けているのもアコムの特徴の一つ。ごく一般的な「毎月一度の指定日に返済をする」ものと、「35日ごとの返済」があります。

【毎月一度の指定日返済】

契約時に返済日を指定し、その日までに返済をします。
返済日から14日以上前に返済をすると前月分の追加返済として扱われます。

【35日ごとの返済】

返済をした翌日から数えて35日目が返済日です。
その間いつ返済をしてもかまいませんが、またその返済をした翌日から数えて35日目が返済日になります。

つまり、35日以内であればいつでも返済ができるというもの。

月に一度自分で決めた日に返済をしてもよし、返済ができるときに積極的に返済ができるのは35日ごとの返済のメリットです。

※アコムの30日間無利息を利用するためには、返済日「35日ごと」を選択する必要があります。

②一括返済でアコムの利息を最低限に抑える

借入残高の残りを一括で返済をすると利息を最低限に抑えることができます。

10万円の借入を金利18.0%で最小返済額の5千円ずつ返済した場合
回数 返済金額 元金 利息 残高
累計 119,772 100,000 19,772
1 5,000 3,500 1,500 96,500
2 5,000 3,553 1,447 92,947
(中略)
23 5,000 4,857 143 4,702
24 4,772 4,702 70 0

24回(2年)返済で利息は19,772円ですが、30日(1ヶ月)一括返済で利息は1,479円におさえられます。
さらに、契約翌日から適用される30日間無利息を使うと利息は0円になります。

一括返済をする日までの利息を計算する必要があります。

一括返済をいつするのか日程が明確になったらアコムに連絡をして利息総額も含めた返済額も確認しましょう。

返済を続けて残高が減ったときに一括返済をする方法もあります。

③アコムで利息を抑えるために返済しやすい仕組みを活用

アコムの特徴は金利が18.0%だけではありません。
返済しやすい環境が充実しています。

手間なし!手数料無し!インターネット返済

  • 24時間対応
  • 土日祝日ok
  • 手数料無料

24時間いつでも、スマホ、ケータイ、パソコンからネット銀行を使って振込みで返済ができます。

振り込み手数料はアコムが負担、そのため手数料をかけずに返済ができます。

アコムでネット返済に対応しているインターネットバンキングは非常に豊富、消費者金融業界でもトップクラスです。

銀行、信用組合、信用金庫、ほとんどのインターネットバンキングに対応しています。

※通常のネットではない銀行振り込みにも対応していますが振り込み手数料は自己負担になります。

手数料はかかるが24時間コンビニOK!アコムカードを使ってATMから返済

  • アコムATMなら利用手数料無料
  • コンビニにあるATMはアコムの提携ATM
  • 24時間利用可能

コンビニATMだけではなくアコムのATMも24時間稼動しています。
提携ATMは利用手数料がかかりますがコンビニによったついでの返済ができます。

提携ATMは1万円以下の取り扱いで108円、1万円超の返済で216円の利用手数料がかかります。

返済を忘れないために口座引き落としは必須の返済方法

毎月6日に口座から引き落としになります。指定の銀行はなくどこの銀行口座でも利用ができます。

振込み人名義としてアコムの名前では表記されません。

  • ゆうちょ銀行を引き落とし口座にするなら名義は「SMBC自払」
  • ゆうちょ銀行以外を引き落とし口座にするなら名義は「SMBC(ACサービス)

毎月自動的に引き落としされることで返済忘れを防ぐことができます。

ただし、口座引き落としだけでは最低返済額となることもあり、返済に無理がないよう、口座引き落としではあらかじめ最低返済額を指定して確実に返済できるようにしておきます。

少し余裕ができたタイミングで、インターネットバンキングやATMから追加返済を行って返済利用日数を減らしていくのが、確実で安心な方法です。

口座引き落としを基本の返済にし、余裕ができたらカードを使ってATMやインターネットバンキングでつい以下返済を行うことで、利用日数を減らして効率よく返済を進めることができます。

アコムの返済が遅れると遅延損害金利20.0%に!

返済が遅れると、返済日の翌日から「通常金利」が「遅延損害金利」に切り替わります。

アコムの遅延損害金利は20.0%です。

通常金利と遅延損害金利が合算されるのではなく、切り替えになりますので2重に利息を支払うことはありません。

アコムで20万円・30万円・100万円を借り入れた場合の金利と返済額をシミュレーション

アコムで借入を行った場合、具体的にどのように返済を進めていくのでしょうか?

ここでは「20万円」「30万円」「100万円」の3パターンに分けて、金利と利息、返済額をシミュレーションしてみましょう。

前提として、借入限度額(契約極度額)ごとに適用される金利は以下のとおりです。

アコムの契約極度額ごとの金利
契約極度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

アコムで20万円を借りた場合

返済プラン

20万円を借入して「最低返済額」で返済する場合、返済の条件・プランは以下のようになります。

  • 返済方法:毎月1回払い
  • 借入利率:18.0%
  • 最低返済額:4,000円
  • 今回設定した毎月返済額:20,000円

返済方法は「35日ごと」「毎月1回」の2つから選択できますが、基本的に返済日数が短くなる「毎月1回」がおすすめです。

今回のシミュレーションでは毎月1回を選択しています。

返済金額シミュレーション

上記の条件で返済を進めた場合、「毎月の返済額に占める元金・利息の割合」「返済総額」は以下のとおりです。

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 20,000 17,000 3,000 183,000
2 20,000 17,255 2,745 165,745
3 20,000 17,514 2,486 148,231
中略
9 20,000 19,151 849 37,488
10 20,000 19,438 562 18,050
11 18,320 18,050 270 0
累計 218,320 200,000 18,320 0

アコムで30万円を借りた場合

返済プラン

30万円を借入して「最低返済額」で返済する場合、返済の条件・プランは以下のようになります。

  • 返済方法:毎月1回払い
  • 借入利率:18.0%
  • 最低返済額:6,000円
  • 今回設定した毎月返済額:20,000円

返済金額シミュレーション

上記の条件で返済を進めた場合、「毎月の返済額に占める元金・利息の割合」「返済総額」は以下のとおりです。

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 20,000 15,500 4,500 284,500
2 20,000 15,733 4,267 268,767
3 20,000 15,969 4,031 252,798
4 20,000 16,209 3,791 236,589
中略
16 20,000 19,379 621 22,039
17 20,000 19,670 330 2,369
18 2,404 2,369 35 0
累計 342,404 300,000 42,404 0

アコムで100万円を借りた場合

返済プラン

100万円を借入して「最低返済額」で返済する場合、返済の条件・プランは以下のようになります。

  • 返済方法:毎月1回払い
  • 借入利率:15.0%
  • 最低返済額:20,000円
  • 今回設定した毎月返済額:50,000円

借入限度額が100万円以上の場合は、法律に従って借入利率が15.0%まで引き下げられます。

返済金額シミュレーション

上記の条件で返済を進めた場合、「毎月の返済額に占める元金・利息の割合」「返済総額」は以下のとおりです。

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 50,000 37,500 12,500 962,500
2 50,000 37,969 12,031 924,531
3 50,000 38,444 11,556 886,087
中略
22 50,000 48,678 1,322 57,125
23 50,000 49,286 714 7,839
24 7,936 7,839 97 0
累計 1,157,936 1,000,000 157,936 0

アコムで20万円・30万円・100万円を返済する場合の金利と返済額を銀行カードローンとの比較

消費者金融のほかにカードローンを借入する選択肢としては、「銀行カードローン」があります。

銀行の金利は消費者金融と比較して低めに設定されているのがメリットです。

消費者金融 銀行
金利(実質年率) 3.0~18.0%程度 2.0~14.5%程度

アコムと銀行カードローンで返済額を比較すると、利息額にはどれくらいの差が生じるものでしょうか。

20万円・30万円・100万円の3パターンでそれぞれ比較してみました。
なお、銀行の金利は「14.5%」で比較してみます。

20万円を借りて返済する場合

前項で解説したアコムの返済シミュレーション結果は以下の通りです。

適用金利 18.0%
返済回数 11回
毎月返済額 20,000円
支払い利息の合計 18,320円
返済総額 218,320円

金利と返済回数をアコムとそろえた場合、銀行カードローンのシミュレーション結果は以下のようになりました。

銀行で10万円を14.5%借りて返済
回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000 17,584 2,416 182,416
2 20,000 17,796 2,204 164,620
3 20,000 18,011 1,989 146,609
中略
9 20,000 19,357 643 33,878
10 20,000 19,591 463 14,287
11 14,459 14,287 233 0
累計 214,459 200,000 14,784 0

引用元:三井住友銀行カードローン|返済シミュレーション

20万円を借りて返済する場合のアコムと銀行の比較

20万円をアコム、または銀行で借りた場合の差額は「3,861円」銀行が安くなりました。

支払い利息の合計
アコム 18,320円
銀行 14,459
差額 3,861円

30万円を借りて返済する場合

前項で解説したアコムの返済シミュレーション結果は以下の通りです。

適用金利 18.0%
返済回数 18回
毎月返済額 20,000円
支払い利息の合計 42,404円
返済総額 342,404円

金利と返済回数をアコムとそろえた場合、銀行カードローンのシミュレーション結果は以下のようになりました。

銀行で30万円を14.5%借りて返済
回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000 16,375 3,625 284,981
2 20,000 16,573 3,427 267,052
3 20,000 16,774 3,226 250,278
中略
15 20,000 19,374 626 36,631
16 20,000 19,608 392 18,429
17 13,012 12,857 155 0
累計 333,012 300,000 33,012 0

30万円を借りて返済する場合のアコムと銀行の比較

30万円をアコム、または銀行で借りた場合の差額は「9,392円」銀行が安くなりました。

支払い利息の合計
アコム 42,404円
銀行 33,012円
差額 9,392円

100万円を借りて返済する場合

前項で解説したアコムの返済シミュレーション結果は以下の通りです。

適用金利 15.0%
返済回数 24回
毎月返済額 50,000円
支払い利息の合計 157,936円
返済総額 1,157,936円

金利と返済回数をアコムとそろえた場合、銀行カードローンのシミュレーション結果は以下のようになりました。

銀行で100万円を14.5%借りて返済
回数 返済額 元金 利息 残高
1 50,000 37,917 12,083 963,834
2 50,000 38,375 11,625 923,708
3 50,000 38,839 11,161 884,869
中略
22 50,000 48,795 1,205 94,776
23 50,000 49,385 615 47,672
24 1,583 1,565 18 0
累計 1,151,583 1,000,000 151,583 0

100万円を借りて返済する場合のアコムと銀行の比較

100万円をアコム、または銀行で借りた場合の差額は「6,353円」銀行の方が安くなりました。

支払い利息の合計
アコム 157,936円
銀行 151,583
差額 6,363円

アコムで自分に適用されている金利の確認方法

現在アコムを利用中であれば適用されている金利を確認する方法は2種類あります。

①会員ログインメニューの「明細の確認」

アコムの会員ログインメニューでは電磁明細書を確認できます。
ネット上で確認できる明細書です。

このサービスを利用するためには初回のみ手続きが必要ですが、本来であれば毎月自宅に送られる利用明細書がネット上で確認ができるため自宅送付がありません。

初めての契約時にはアコムから送信される「契約手続きのお願い」のメール内に登録手順があり手続きが行えます。

すでに契約が完了しており現在利用中の方は会員メニューに「交付書面の受取方法登録・変更」から手続きができます。

②アコムATM、セブン銀行ATMから借り入れをするときに発行される利用明細書

提携ATMの中でもセブン銀行での借り入れ時には詳細な明細書が発行されます。

※返済時の利用明細書には適用金利が記載されていません。

「貸付利率」と記載されている項目をチェックしましょう。現在適用されている金利が記されています。

アコムの金利をゼロにできる30日間金利0円サービス

アコムでは契約翌日から30日間の無利息期間が開始されます。初めて借り入れをした日からではありません。

例えば、契約当日に借り入れをするとそこから30日間無利息となりますが、契約日から日数がたってからいざ借り入れをしたときには無利息期間は終わっていたということにもなり得ます。

契約翌日から適用になることは注意しましょう。

アコムの無利息期間とは、通常金利18.0%のところ、契約日翌日からの30日という期間内限定で0%になる期間です。

そのため利息を節約をするためには、契約翌日から30日以内にどれだけ返済ができるのかを考えた計画が必要になります。

借り入れ返済額を大きく減らすことができれば、無利息期間終了後も「借入残高と利用日数によって決まる利息」を大きく減らすことができます。例えば、契約をした30日以内に一括返済をすればもちろん利息は0円です。

利用するための条件

アコムの30日間無利息は誰でも利用ができますが、条件があります。

  • アコムでの契約が初めての方
  • 返済期日を35日ごとで契約した方
  • 無担保ローンを利用に限る

3つも条件がある、と感じますが、実は非常に簡単なものです。わかりやすくご説明しましょう。

①アコムでの契約が始めての方

アコムを利用するのが始めたの方に向けたサービスです。

過去にアコムを利用していたことがあって、いったん解約をして再契約だとしても利用はできません。通常金利が適用されます。

②返済期日を35日ごとで契約した方

カードローン業界の中では珍しい返済期日設定ですが、非常に便利な方法なのでぜひ利用したい返済方法です。さらにいえば他のカードローンでも35日ごとの返済が一般的になって欲しいという声も多いほどです。

一般的な「月に一度の指定日返済」もありますが、その場合には返済期日15日前以前に返済をすると前の月の追加返済として扱われます。余裕があるときにいつでも返済ができるのではなく、前月の返済にならないように気をつけながら返済をすることになります。

一方35日ごとの返済は、いつ返済をしてもよいというもの。返済をした日から35日以内に返済をするため決められた返済日はありません。自分の都合に合わせて返済をしていくことができます。

返済を忘れないように月に一度自分で返済日を考えていくこともできますし、余裕があるときに追加返済をすることもまた自由です。

③無担保ローンの利用に限る

アコムには4種類のローンの種類があります。

  • カードローン
  • クレジットカード
  • ビジネスサポートカードローン
  • 貸金業法に基づく借り換え専用ローン

この中で、無担保ローンにあたるのはカードローンのみです。通常のキャッシングとして利用するカードローンで無利息期間が利用できます。

上手に活用できればアコムの30日間無利息は「利息を大きく減らして負担を抑える」効果が絶大です。

アコムの金利に関するQ&A

最後に、アコムの金利について皆さんが疑問に感じやすい点を、Q&A形式でまとめました。
「金利を少しでも低く抑えたい」「金利と利息のことをもっと詳しく知っておきたい」という方は、ぜひご覧ください。

アコムの金利は他社と比べて高いですか?

結論からいって、
•アコムの金利は大手消費者金融としては平均的
•中小消費者金融よりは低め
といえます。

消費者金融 金利(実質年率)
大手消費者金融 アコム 3.0~18.0
プロミス 4.5~17.8
アイフル 3.0~18.0
レイクALSA 4.5~18.0
SMBCモビット 3.0~18.0
中小消費者金融 フクホー 7.3~20.0
ダイレクトワン 4.9~18.0
セントラル 4.8~18.0
フタバ 14.959%~17.950
ライフティ 8.0~20.0

大手消費者金融はプロミスの上限金利が17.8%と若干低いながらも、ほぼ横並びであることが分かります。

一方の中小消費者金融では「上限が20.0%」「下限で4.5%超」と、大手消費者金融よりも適用金利が高めの業者も見つかります。

よってアコムの金利は、消費者金融の中では平均的といえます。

100万円と20万円・30万円で金利が違うのはなぜですか?

「利息制限法」によって、100万円以上かそれ未満かで上限金利に違いがあるからです。
利息制限法では金利の上限を以下のように定めています。
20~30万円では法律の上限は年18.0%であり、アコムでの適用金利も18.0%になります。
ただ、100万円以上の借入額では上限金利が15.0%と法律で決まっているため、限度額が100万円に達した時点で間違いなく金利は15.0%に下がります。
もしアコムで50万円、B社で30万円、C社で20万円のように分散して借入している場合、アコムで集中して借入することで金利が下がり、返済総額を抑えることも可能です。

どうやったらアコムの金利は下がりますか?

アコムの金利を下げる方法を改めて箇条書きで紹介します。
•30日間金利0円サービスを使う
•アコムと交渉して金利を引き下げる
•一括返済・繰り上げ返済を利用する
•利用限度額を100万円以上に増額させる
なかでも確実性が高い方法は、「30日間無利息サービス」でしょう。
ほかの方法はアコムの審査があったりお金をかき集めたりする必要がありますが、30日間金利0円サービスは以下の条件を満たせば確実に適用されます。
•アコムの利用が初めて
•無担保のカードローンを利用する
契約の翌日から30日以内に完済すれば、何度借入してもいくら借入しても金利が0円のままになる強力なサービスです。
はじめてアコムを利用する際は、フル活用して利息負担を最小限にしましょう。

アコムのACマスターカードの金利はどうなってますか?

アコムのACマスターカードは、リボ払い専用のクレジットカードです。ショッピングリボの金利と利用限度額は以下の通りです。

利用限度額 300万円
金利(ショッピング) 10.014.6
ブランド MasterCardのみ

なお、カードローンの機能としてキャッシングを利用した場合の金利は通常と同じく年3.018.0%です。

学生でもアコムで20万円を借入できますか?

アコムの利用限度額は、学生か社会人かで区別されることはありません。
ただ、学生は社会人よりも年収が低いことで、基本的に利用限度額が少なくなります。
また総量規制も関係します。
「年収の3分の1までしか融資できない」というルールのため、たとえばアルバイト年収が60万円以上はないと20万円を借入することはできません。
総量規制に問題がない場合でも、学生は年収が低いため「10万円程度」の限度額になることも多いようです。

アコムでは初回の利用でも30万円を借入できますか?

アコムの利用限度額が800万円ですが、いくらの限度額が設定されるかは利用者の信用や返済能力、総量規制によって変わります。
まず総量規制のルール上、30万円の融資限度額がほしいなら年収は3倍の90万円以上が必要になります。
扶養の範囲内で働いているパートやアルバイトでは厳しい数字でしょう。
年収に問題がない場合、以下のような点を総合して利用限度額が決定されます。
•勤続年数
•職業
•雇用形態
•他社借り入れ件数
•過去の返済状況
限度額が大きくなりやすいのは「高年収」「勤続年数が長い」「他社借り入れが少ない」「過去に返済の遅れがない」といった特徴を備えた人です。
上記のような条件を満たした会社員であれば、30~50万円の借入限度額が設定されることが多いようです。
ただし、信用情報に過去の金融商品の履歴が全く掲載されない、いわゆる「スーパーホワイト」の人の場合は別です。返済能力の高さを証明できないことで、限度額が低めに設定されるといった可能性も否定できません。

まとめ

消費者金融全般に言えることですが大口融資に向いているカードローンではありません。

金利が高いことは10万円以下のいわゆる「少額キャッシング」で短期間に返済する場合には大きく影響するものではないことがわかりました。

金利だけで利息が決まるのではなく、借入残高も利用日数も、そして返済額も関係してきます。しっかりと事前に返済のための計画を立てましょう。

RELATED POST