アコム

アコムの無利息期間を利用して金利0で借入する「30日間金利0円サービス」活用法

アコムのカードローンでは「30日間金利0円サービス」と銘打って無利息期間が提供されています。

無利息期間とは、定められた期間内なら利息が一切かからずに借入できるサービスです。

お金を借りているのに利息がかからないのは利用者にとって大変お得です。
ただし、無利息期間を利用するには条件があります。

今回は、アコムの無利息期間で利息をかけずに借入できる日数や無利息となる適用条件、利用で気を付けておきたい点などを徹底解説します。

これからアコムで借りたい方にとって、無利息期間は大変有用なサービスなので、上手に活用していきましょう。

FP監修者
森本 陽子
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)AFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

アコムの無利息期間なら30日間は金利が発生しない

アコムの無利息期間は、どんな条件で利用できるのでしょうか。
また注意点はあるのでしょうか。

無利息とは文字通りローンを利用してお金を借りても利息がかかりませんが、無利息となる期間や適用されるための条件が決まっているのです。

アコムで利息がかからない日数

アコムの無利息期間は最長で30日間です。

アコムで契約した翌日から金利がかからない期間がスタートし、30日間で終了します。

詳しくは後述しますが、この「契約の翌日」からというのが利用者にとっても注意ポイントです。

フルで30日間の無利息を利用するには、契約後にできるだけ早く借入する必要があります。

どんな条件で無利息が適用される?

無利息サービスが適用されるのは、下記の2つの条件を満たした場合です。

  • アコムでの契約が初めての方
  • 無担保カードローンを利用する方

アコムでの契約が初めての方

アコムの30日間金利0円サービスは、初めてアコムと契約する人だけに行われるサービスです。

一度でもアコムと契約して、お金を借りた過去がある方には無利息期間は対応されません。
また、アコムを一旦解約して再契約しても、初めての契約にはなりません。

無担保カードローンを利用する方

アコムの無利息サービスは「無担保カードローン」のみが対象となっています。

「クレジットカード(ACマスターカード)」「ビジネスサポートカードローン」「借換えローン(貸金業法に基づく借換え専用ローン)」はアコムの無利息サービスの対象外なので注意しましょう。

契約日の翌日から無利息期間がスタート

アコムの無利息期間は、アコムで契約した翌日からスタートします。

アコムのカードローンは、契約で決まった限度額の範囲内なら何度でも借入が可能です。

つまり、契約だけしておいてお金は必要な時に借りる利用方法も選べるため、お金のピンチになりやすい方には安心感が高いといえるでしょう。

しかし、アコムは契約の翌日から無利息期間がスタートするので、契約後すぐに借りないと無利息期間をフルで利用できません。

契約してから借入の日が遅くなるほど、無利息期間が短くなってしまうわけです。

できるだけお得にアコムのカードローンを活用したいなら、申し込みのタイミングに気をつけましょう。

契約の翌日から30日を経過後は利息発生がスタート

無利息期間が終了するのは、契約の翌日から30日が経過した日です。

終了した翌日からは、通常の金利(一般的に年18.0%)が適用されます。

たとえば10万円を借入して30日後の無利息期間中に8万円までは返済した場合、残った2万円について返済期日までの通常金利がかかる計算です。

無利息期間を使って金利0円となる利用方法

無利息期間を上手に使えば、利息を全く支払うことなくアコムのカードローンで借りられます。

返済のタイミング

契約の翌日から30日以内に完済してしまえば、金利0円で利用可能です。

30日以内に借入や返済を繰り返しても、最終的に借入残高が0円になっていればその期間は利息がかかりません。

アコムで初めて契約する方に無利息期間が適用されるものですから、初回借入時にはお得になる返済のタイミングを意識しましょう。

利息を0円にしたいなら無利息期間の終了までに一括返済

アコムでは無利息期間の適用の条件として、35日間の返済を定めています。
つまり、何もしない場合は無利息期間内に初回の返済日が訪れないことになります。

無利息期間の終了後は利息が発生するので、返済するときは無利息期間を除いた日数に相当する利息が発生します。

もし1円も利息を支払いたくないのであれば、無利息期間の終了までに一括返済をしましょう。

無利息期間を超えずに全額を完済すれば、余計な利息は1円も発生しません。

借入額が大きいときにも無利息期間はお得に使える

「30日間で全部返済してしまわないと、アコムの無利息期間はお得にならない?」

と気になりますよね。

その場合も安心してください。30日で完済できなかったとしても、30日分の利息に関してはしっかり0円になります。

30日間の無利息期間に残高が0円とできない場合でも、できるかぎり無利息期間に残高を減らすことでお得に活用できます。

なお、アコムの無利息期間の適用期間終了後は、通常金利で利息が計算されます。

アコムでは随時返済、完済を受け付けていますので、自分に都合のよいタイミングを選んで返してしまえます。
借入額が大きい場合でも、30日間の無利息期間はお得に活用できるわけですね。

30日間金利0円サービスはどのぐらいお得?

アコムの無利息サービスを活用すると、具体的にどの位の金額がお得になるのでしょうか?

金額別で表にしてみました。

借り入れ金額 金利0円の利息 金利18%の利息
10万円 0円 1,500円
20万円 0円 3,000円
30万円 0円 4,500円
40万円 0円 6,000円
50万円 0円 7,500円

当然ですが、融資額が大きければ大きいほど利息が高くなるので、無利息サービスは有効に活用したいものです。

アコムで1年間借りると無利息サービスでどのくらい利息が変わる?

前項では無利息期間を活用することでお得になる金額を、借入金額ごとに紹介しました。

それでは、実際にもっと具体的なケースでシミュレーションしてみましょう。

  • 借入動機:新型スマートフォンが欲しくなり、アコムを使って借入
  • 返済期間:1年間
  • 適用金利:年18.0%
  • 条件:借入日から30日ごとに返済
無利息期間あり
回数 返済金額 元金 利息 残高
1 17,048 14,048 3,000
→無利息期間ではココが0になる
185,592
2 17,048 14,259 2,789 171,693
3 17,048 14,473 2,575 157,220
4 17,048 14,690 2,358 142,530
5 17,048 14,911 2,137 127,619
6 17,048 15,134 1,914 112,485
7 17,048 15,361 1,687 97,124
8 17,048 15,592 1,456 81,532
9 17,048 15,826 1,222 65,706
10 17,048 16,063 985 49,643
11 17,048 16,304 744 33,339
12 17,048 16,548 500 16,791
13 17,048 16,791 251 0
累計 221,618 200,000 21,618

前項で紹介したとおり、20万円の借入では初回に支払う3,000円の利息が0になります。

本来であれば「21,618円」を支払うはずだった利息が「18,618円」に減少しているので、利息全体から14%割引になっている計算ですね。

こうして具体的にシミュレーションしてみると、どれだけ無利息期間がお得なのかが一目瞭然で分かりますよ。

アコムの無利息期間と他社無利息期間の比較

アコムだけでなく、他社消費者金融でも無利息期間が適用されているところがあります。

消費者金融によって無利息サービスを受けられる条件、適用期間が異なるため、お得さを比較してみましょう。

消費者金融 無利息期間 無利息が始まる日 無利息適用条件 通常金利
アコム 30日間 契約の翌日から 初めての契約の方 3.0%~18.0%
プロミス 30日間 初回出金日の翌日から はじめて利用する方のうちメールアドレスを登録し、Web明細を利用できる方
(Web明細を利用すると利用明細書の郵送なし)
4.5%~17.8%
レイクALSA 60日間(Web申し込み限定) 契約の翌日から 初めての契約の方
(5万円まで180日間無利息サービスもあり)
4.5%~18.0%
アイフル 30日間 契約の翌日から 初めての契約の方 3.0%~18.0%
SMBCモビット なし

アコムの無利息サービス

無利息期間は最長30日、契約の翌日から適用されます。

他社のような「出金日の翌日からカウント」「無利息期間が長い」など特筆した点は見受けられませんが、条件もシンプルで分かりやすいですね。

プロミスの無利息サービス

プロミスは大手消費者金融のなかで唯一、無利息が適用されるスタート地点が異なります。

ほかの消費者金融は契約の翌日からカウントがスタートしますが、プロミスでは初回出金日(借入)の翌日から無利息です。

たとえば契約から10日が経過してから初めて借入した場合、他社では残りの無利息期間が20日になってしまいますが、プロミスなら30日間をフルで活用できます。

プロミスの審査の流れは?申込から審査時間や在籍確認の電話などを徹底解説 プロミスに初めて申し込む方や、一度審査に落ちて再申し込みする方が気になるのは、やはりカードローンの審査基準でしょう。 ...

レイクALSAの無利息サービス

レイクALSAの無利息期間のメリットは、Webで申し込むと他社の2倍(60日の無利息期間になることです。

また「5万円まで最長180日」の2つの期間からご自身の借入からお得な方を選ぶこともできます。

いずれにしても、他社と比較して圧倒的に長い無利息期間を利用できるのは魅力的ですね。

Webでの申し込みは、本人確認はスマホでできて手軽かつスピーディーな点もおすすめできます。

レイクALSAでお金を借りる
レイクALSA(レイクアルサ)の審査は厳しい?レイクアルサ申し込みや審査の流れと使い方を解説レイクALSA(レイクアルサ)は、2018年4月に誕生した新生フィナンシャルのカードローンです。 など利便性の高い消費...

アイフルの無利息サービス

アイフルは最大30日間無利息サービスが適用されます。

カウントが始まるのは「契約の翌日」から。アコムと同様、シンプルなサービスです。

郵送物のないWEB完結申し込みも選べます。

アイフルでお金を借りる
アイフルは審査が厳しい?申し込み審査の流れや審査時間・在籍確認を詳細に解説 どんな人が審査に通るのか、審査の流れや審査内容を申し込む前に知っておきたいものです。 アイフルなどの消費者金融の審査では、申し...

SMBCモビットの無利息サービス

SMBCモビットには無利息期間はありません

その代わり、SMBCモビットでは電話がけによる在籍確認から書類による在籍確認に切り替えられるサービスがあります。

メリット・デメリットがはっきりした消費者金融ですね。

SMBCモビットでお金を借りる
SMBCモビットの審査は甘い?モビット審査の流れや審査時間と審査結果がこないときの対策SMBCグループのSMBCモビットは、インターネットだけで申し込みや借り入れができる、人気の消費者金融です。 ローンカードを持たな...

無利息期間は、便利でお得なサービスです。
利息がかからないだけでなく、返済総額を抑えることができる点にも注目したいところですね。

アコムの無利息期間と無利息残高の違い

今まで紹介したとおり、アコムには初回の契約の翌日から30日間にわたって無利息になる「30日間金利0円サービス」いわゆる「無利息期間」があります。

実はもう1つ、アコムには「無利息残高」という言葉もあります。
それぞれの言葉の違いを理解しておきましょう。

無利息残高とは「利息や手数料はつけず、返済期限も設定されない利用残高」のことです。

具体的には「1,000円未満の利用残高」のことですね。

ATMは1,000円単位の取引になるため、ATMで返済した結果1,000円未満の端数が残った場合は無利息残高になります。
そのまま残しておいても、利息が加わることはありません。

ただし、完済しないといつまでも信用情報としては「返済中」のままです。

  • アコムを解約できない
  • 他社からアコムで借入中と見られてローン審査に影響がある

「ずっと返済途中で完済できない人」という評価になると、ローン審査に悪影響が出ることも否定できません。

そこで、無利息残高はさっさと完済するのがおすすめです。

無利息残高の払い方には、インターネット返済、店頭窓口、銀行振り込みがあります。
1円単位からの返済ができるので、無利息残高を丸ごと返済して0円にできますよ。

アコムカードローンを選ぶメリット

アコムのカードローンは、無利息だけでなく使いやすいメリットが豊富です。

なぜアコムのカードローンがオススメなのかご紹介します。

即日融資が可能

アコムは、「審査時間が最短30分」「申し込みから融資まで最短1時間」とスピーディーな審査手続きが行われます。

アコムでは、申し込み当日に借入までできる即日融資も可能です。

申し込み、審査、借入の手続きをその日のうちに済ませることができるため、お金を借りることを急いでいる方にもピッタリの方法と言えるでしょう。

振込みを選べば最短1分で振込みが可能

アコムでは、さまざまな銀行口座に振込依頼が可能です。

融資までのスピードも非常に早く、最短1分程度で振り込まれます。
とくに楽天銀行であれば24時間365日、いつ依頼しても振込が可能です。

そのほかの金融機関では時間帯によっては翌営業日以降の振込みになることもあるため、事前に確認しておきましょう。

以下に金融機関ごとの振込時間帯を表にまとめました。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 ~ 日曜・祝日 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
月曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 23:49 受付完了から1分程度
火曜~金曜 0:10 ~ 23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 19:59 受付完了から1分程度
20:00 ~ 23:49 翌日 9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 17:29 受付完了から1分程度
17:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃
その他金融機関
(コアタイム)
月曜 ~ 金曜 0:10 ~ 8:59 当日 9:30頃
9:00 ~ 14:29 受付完了から1分程度
14:30 ~ 23:49 翌営業日 9:30頃

振込実施時間拡大(モアタイム)に対応しているのか、していないのかで即時振込みに対応している時間帯がまったく変わりますね。

モアタイムに対応した金融機関は、アコムの公式ホームページで確認できます。

借入や返済方法が多い

アコムのカードローンでは、借入や返済方法がいくつかあるため便利なものを選べます。

インターネット、ATM、店頭窓口など自分の都合や、手数料などのコストから利用方法を決定できますよ。

大手消費者金融で安心

アコムは大手消費者金融で知名度も高く、安心して利用できますね。

やはり店舗やATM、利用できる提携ATMが多いことで、全国どこからでもアコムカードローンを使えます。

アコムの無利息期間が終了後の金利は?

アコムの無利息期間中に借入残高が0円になり、もう二度と借りないケースならまったく利息を支払う必要はありません。

しかし、利用中に無利息期間が完了し、まだ借入残高がある場合や再度利用する場合などには、決められた金利に基づいて利息が計算されます。

アコムの金利は審査で決まる

アコムのカードローン金利は、3.0%~18.0%、限度額に基づいて審査で決定します。

無利息期間はアコムでの契約が初めての方が利用できますが、初めてアコムを利用する場合には最高金利が適用されることがほとんどです。

金利は、申し込む方のローン利用や返済の履歴に基づいて審査で決まり、初めての申し込みではローン利用履歴がないので最も高い金利での利息計算となります。

つまり「年18.0%」ですね。

限度額も、初めて申し込む方はいきなり大きな額の設定とはなりません。

アコムでの利用が継続されれば、限度額が大きくなり金利が低くなる可能性が高いでしょう。

アコムの金利から利息を計算する

それでは、無利息期間が終了してもアコムを利用する場合、どれくらいの利息がかかるのか計算してみましょう。

利息の計算方法は「利用額×金利÷365日×利用日数」で決まります。

5万円を借りて、10日間で返済した場合、30日間で返済した場合を計算してみます。

金利は最高金利の18.0%です。

・10日間で返済した場合

5万円×0.18÷365日×10日=246円

・30日間で返済した場合

5万円×0.18÷365日×30日=739円

利用額が同じでも借入期間が短いほど利息額は低くなります。

アコムでは随時返済を受け付けていますので、上手に活用して利息を抑えましょう。

アコム無利息期間を利用した口コミ

アコムの無利息期間を実際に利用した方の口コミをご紹介します。

全体評価 5.0点

男性 20

アルバイト

「急にお金が要ることがあり、慌てましたがアコムを見つけ大急ぎで申し込みました。

アコムはすぐに借りられるだけでなく、最初の30日間は利息がかかりません。

お給料が入り次第すぐに全額返済してしまったので、利息がまったく必要なくお得でした」

全体評価 3.0点

男性 30

会社員

「30日無利息サービスがお得と聞いて、とりあえずアコムに申し込んでおこうと思いました。

審査も通って契約ができたのですが、すぐにはお金を借りることがなかったのです。

契約してから2週間ほどたって、急な飲み会のために借りたのですが、後から見ると利息がかかっています。

無利息なんじゃないの?と思ったのですが、契約の翌日から無利息期間は始まってたんですね。

無利息期間は半分になってしまったので、もったいないことをしました」

全体評価 3.5点

男性 20

会社員

「アコムの無利息期間を利用しました。

借りた額が大きかったので、30日間で一括返済はできず今も返済は続けています。

自分の場合は、全額返済は難しかったものの、無利息期間中にできるだけ随時返済をするようにしていたので、かなり元金が減っていました。

無利息期間は少し借りるときだけでなく、まとまった金額を借りた場合でもお得にできてよかったです!」

アコムの返済期日に注意しよう

アコムでは、返済サイクルを以下の2つのパターンから選べます。

毎月同じ日(27日に返済なら毎月27日など自分で期日を指定)に返済する「毎月指定期日」と、35日ごとに返済する「35日ごと返済」のいずれかです。

口座引き落としでの返済は、毎月同じ日ですが6日のみと決まっています。

無利息期間終了後もアコムを利用するなら、計画的な利用が大切です。

返済方法も重要ですが、返済サイクルの選び方で使いやすさも変わってきますので、ご注意ください。

アコムでお金を借りた場合の返済日や支払い日|アコムの返し方アコムでキャッシングした場合の返済方法は6種類あります。 返済期日の間隔も「35日ごと」または「毎月一定日」から自分で決めることも...
RELATED POST