アイフル

アイフルのカードレスでお金を借りる!カードなしで返済する方法

アイフルとの契約は「ローンカードを発行」または「発行せずにカードレス」で借入・返済する方法を選べます。

カードレスはカード発行の手間を省いてより早く借りられる点や、財布にカードを入れておく必要がない点がメリットです。

この記事では、アイフルを「カードなし」で利用するメリットやデメリットを解説しています。

アイフルへ申し込み前でカードを発行するかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

アイフルのカードレス契約のメリット

カードレスは借入・返済が簡単

アイフルにはカードを発行しない「カードレス契約」というスタイルの契約方法があります。

公式アプリをスマートフォンにインストールして、スマホをカード代わりに使うサービスです。

情報入力の手間を省いて新規契約できるという特徴があり、スマホだけでアイフルの契約や借り入れをしたい人におすすめです。

通常、消費者金融や銀行のカードローンでは、ATMにカードを差し込んで暗証番号を入力して使用します。

しかし、アイフルのアプリはカードレスATM取引に対応しているので、カードなしでセブン銀行、ローソン銀行のATMでお金を借入・返済できます。

アイフルのアプリをセブン銀行ATMで借入・返済する手順
  1. アプリにログインする。
  2. 融資または返済を選択する。
  3. セブン銀行ATMで「スマートフォンの取引」を選択する。
  4. 取引画面に表示されたQRコードをアプリで読み取る。
  5. アプリに表示された「企業番号」をセブン銀行ATMに入力する。
  6. セブン銀行ATMの取引画面に暗証番号と取引金額を入力する。

一見すると複雑なようですが、QRコードの読み取りと表示された番号を入力することで、ATMを起動させるだけです。

カードを差し込む代わりに、QRコードでログインするイメージです。

アイフルアプリの便利な機能

簡単申込

アイフルのアプリには「簡単申込」という機能があります。

スマートフォンのカメラで運転免許証を読み取って送信すると、生年月日などの入力を自動で行ってくれる機能です。

アプリの簡単申込を利用すると、必要情報の入力の手間が省けてミスもなくなります。

運転免許証を持っていない場合は、通常の入力フォームから申し込みます。

利用状況を簡単確認

アイフルのアプリを起動させると、自分が借入している金額や次回の返済金額など、ローンの利用状況を確認できます。

取引残高を忘れてしまったときや、次回の返済日を確認したいときに、アプリを開けば簡単に確かめられます。

返済シミュレーション

アイフルのアプリには、返済シミュレーション機能があります。

借入金額や返済回数、金利を入力すると、毎月いくら返済すればいいのか瞬時に算出されます。

申込前でも使えるので、「借りたい金額は決まっているが、返済計画が立てられない」場合に便利です。

アプリアイフルに申し込みできる

アイフルではスマホにアプリをインストールしておけば、申し込みから借入までをネット上で手間なく簡単に済ませられます。

まずはアイフルの公式サイトにアクセスしてアプリをインストールしましょう。

アプリからの申し込みは運転免許証をカメラで撮影すると、手間を大きく減らせます。
申し込み、審査、在籍確認が完了したら、カード発行契約を選択します。

アイフルのカードは契約ルームで受け取るほうが時間も手間もかかりません。

カードを受け取ったら、カード番号をアプリに入力するとアプリで借入・返済ができるようになります。

申込時に必要書類はすべてアプリで写真を撮って提出できます。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード(表のみ)
収入証明書
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

アイフルの公式サイトには、借入金額が50万円以上の場合には収入証明書の提出が求められると記載されています。

また、アイフルの審査担当者が、申込者の返済能力をもっと詳しく確認したいと考えた場合にも提出を求められます。

すぐに対応できるように事前に用意しておきましょう。

カードレス契約の思わぬデメリット

アイフルのアプリから申し込むと、契約するときに「カードレス契約」か「アイフルカードを発行する契約」かを選択することが可能です。

カードを発行するかどうか多少悩むところですが、アプリで借入や返済をする方も、アイフルカードを発行しておいたほうが無難です。

というのも、カードレス取引はセブン銀行とローソン銀行のATMでしか利用できないからです。

カードがあれば、セブン銀行だけでなく、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのATM、ファミリーマートなどのイーネットATMも利用できます。

また、多くの人が利用している「App Store」「Google Play」のアプリの不具合があることが、アイフルのスマホアプリ利用者から口コミ情報として多く寄せられています。

まだ導入して間もないため、エラーに対応しきれていない事情がうかがえます。

アプリの不具合に関する口コミ情報
  • 通信エラーでまったくアプリが開けない。
  • QRコード返済をしたのに、アプリでは次の返済期日がで更新されず、以前のままの状態になっている。
  • タップするとすぐに落ちる。

他にも情報更新の不具合やアプリが起動しないケースも見られます。

返済日にアプリが起動しないと、返済できなくなり、延滞として扱われる恐れもあります。

トラブルに備えてカードを発行しておけば、アプリに不具合が起こってもカードを使って借入や返済ができます。

カードなしで振込融資を受ける方法【事前登録が必須】

振込融資を利用するメリット

アイフルの振込融資でのメリットをご紹介します。

1.手数料がかからない

自分の金融機関口座へ振り込まれますが、手数料はかかりません。

2.いつでも利用できる

インターネットからの振込依頼は、都市銀行や地方銀行など約1,200の金融機関で24時間365日いつでも利用可能です。

また、振込は最短10秒で実行されるので、急なお金のピンチにも対応しやすいでしょう。

振込可能時間拡大(モアタイム)を導入していない金融機関では、平日15:30までが振込可能時間です。

3.会員サイトにログインして簡単に借りられる

振込融資をWEBで行うなら、会員サイトにログインして簡単に手続きできます。

急いでいるときにも手間がかかりません。

アプリを利用してカードレスで振込融資を受ける場合には、振込口座を事前登録が必要です。
銀行口座の登録方法を解説します。

振込口座の登録は電話・来店・WEBで登録

振込融資を受けるための口座は、電話、来店、WEBのいずれかで登録を受け付けています。

来店での登録

本人確認書類(運転免許証など)と通帳・キャッシュカードを持参してアイフルの店舗で手続きします。

電話での登録

平日9:00~18:00に、0120-109-437へ連絡します。

電話をかけた際に通帳やキャッシュカードの情報が必要になるので準備しておきましょう。

WEBでの登録

本人確認書類、通帳、キャッシュカードを準備して「書類提出サービス」から提出します。

通帳・キャッシュカードの「金融機関名」「支店名」「口座番号」「口座名義人」が分かる部分を撮影して提出します。

振込名義人は選択可能

振込融資の際の通帳に記帳される振込名義人は「アイフル株式会社」「AIセンター」から選べます。
しかし、WEBで登録すると振込名義人は「アイフル株式会社」のみで選択できません。

アイフルの名称が記帳されると困る場合には、WEB以外方法で来店または電話で口座登録しましょう。

また、普通預金口座以外の預金へも振込できますが、登録は電話か来店で行います。

アイフルカードなしで返済する方法

アイフルカードがない状態でも3通りの方法で返済ができます。

スマホアプリでの返済

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMならカード無しでも返済可能です。
返済の流れは下記の通りです。

  1. スマホアプリにログイン
  2. スマホATMで「返済」を選択
  3. ATMでスマートフォンの取引を選択
  4. QRコードがATMの取引画面に表示
  5. QRコードをアプリで読み取る
  6. 企業番号が表示される
  7. ATMの取引画面に企業番号を入力
  8. ATM画面に暗証番号を入力
  9. 返済額を入力

スマホATMでの返済は、提携ATM利用と同様に利用額に応じて所定の手数料110円または220円がかかります。

口座振替(自動引落)での返済

毎月自動で返済額が引き落としされるので、返済の忘れを防げますし手数料もかかりません。

口座振替には「口座振替依頼書」をアイフルへ郵送し手続きを行うか、会員ページから登録するか、どちらかの方法で手続きが必要です。

振込での返済

自分が普段利用している金融機関から、銀行振込で返済する方法も利用可能です。

アイフルへの振込先は会員ページから確認できます。

振込返済は端数も返済できますが、都度振込手数料がかかる点に注意が必要です。

金融機関によっては、振込手数料が数百円となることもあるため、複数回返済で利用すると大きな金額になってしまいます。

何度も利用するのではなく、借入残高をゼロにするときに利用しましょう。

借入残高をゼロにするのは、解約希望のときで問題ありません。
通常の利用時なら1,000円以下の借入残高は、無利息残高といって請求されず利息もかからないためです。

アイフルをカードレスで利用するQ&A

アイフルをカードレスで利用していた場合の解約方法は?

カードを発行しないまま利用していた方も、電話で解約希望を伝えます。

会員専用ダイヤル0120-109-437(平日9:00~18:00)

カードありなら、契約書の返却を希望するかどうか、カードの処分が必要です。

一方カードレスで契約した方(WEB完結での契約)の場合は、そもそも書面での契約書がありませんから、返却もできません。
また、カードもないので裁断して捨てる処理もしなくてOKです。

注意しておきたいのは完済証明書が必要かどうかです。

解約後に住宅ローンやおまとめローンを利用する予定がある方は、完済証明書が必要になるため発行を依頼し郵送または来店で受け取りましょう。

解約時以降でも完済証明書の発行はできますが、解約と同時に行うほうがスムーズですね。

カードレスは暗証番号はどうなる?

カードレスでのログインは、8文字以上32文字以下で設定したパスワードを使います。

暗証番号やパスワードは忘れないように注意しておき、忘れてしまった場合には営業時間内に会員専用ダイヤルに連絡を入れましょう。

暗証番号は何回間違ったら使えなくなる?

アイフルのカードは暗証番号を6回の入力を間違いをすると、カードが利用不能になります。
使用不能になった場合は、カードの再発行が必要になるので注意しましょう。

スマホアプリのログイン方法は?

スマホアプリへログインしたい場合には、カード番号またはIDのいずれかで行います。

カード番号は、半角数字10桁~11桁のもので、ログイン時にはハイフンを入力する必要はありません。

カード番号でログインする際の暗証番号は、申込時に決めた半角数字4桁です。

IDなら事前に設定した8文字以上32文字以下の半角英数、半角英字のみ、半角数字のみのIDとパスワードでログインできます。

またIDでログインする時のパスワードは、設定済みの半角英数字混合8文字以上32文字以下のものです。

ログインの都度入力するのが面倒な場合は、アプリロック設定がオンの場合に、自動ログイン設定ができますので設定しておきましょう。
次回起動時からログインの手間が省略できます。

まとめ

アイフルはスマホアプリを利用することで、カードなしでもお金が借りられます。

カードレス契約は、カード発行の手間を省いて借入できる、紛失や盗難の心配がない点がメリットです。

カードなしで利用できるのはとても便利ですが、万が一アプリが使えないときのためにアイフルカードを発行しておくほうが安心です。

アイフルカードは、郵送または無人店舗(契約ルーム)のいずれかの方法で発行できます。

郵送はどこにも行かなくてよいのですが、自宅に郵便物が届くと家族に借入が分かってしまう可能性があります。

アイフルのカードは契約ルームで発行してもらうほうが無難でしょう。

RELATED POST