アイフル

アイフルの借り入れで初回限度額はどう決まる?借入限度額を左右するポイント

アイフルを利用する際はまず審査を受け、その審査で決まった限度額の範囲内でお金を借りることができます。

限度額とは「いくらまで借りることができるか」の利用可能額で、申し込み者の年収や勤続年数など信用度に基づいて決定されます。

また、アイフルのような消費者金融では、総量規制という法律に準じた限度額内で設定されます。

このページでは、アイフルではどのように初回契約額を決めているか、また限度額が上がることや下がることがないのかを解説しています。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. アイフルの限度額の決定に関わるポイント
  2. アイフルで契約した人の限度額の実例
  3. アイフルと他社カードローンの限度額を比較
  4. アイフルの利用限度額が下がることはある?
  5. 限度額を下げることはできる?
  6. アイフルの限度額を確認する方法は?
  7. アイフルで限度額を増枠するには
  8. アイフルの審査落ちや限度額増額できなかったらどうすればいい?
  9. アイフルのおまとめローンの限度額
  10. まとめ

アイフルの限度額の決定に関わるポイント

アイフルでの限度額は、審査の際にいくつかのポイントによって決定されます。

借りたいと希望した額だけが借りられるわけではないので、申し込み前に限度額の決まり方を知っておきましょう。

総量規制の金額

総量規制と限度額の関係

総量規制は限度額を決定する上で重要な法律です。

総量規制とは貸金業者からの借入を「利用者の年収の3分の1まで」に制限して、借り過ぎや多重債務者を防止するための法律です。

お金を借りる人を守る法律として厳格に適用されるので「総量規制の金額を超えた借り入れ」は絶対にできません。

年収の3分の1までということは、年収が300万円の人が、貸金業者から借入できるのは最大100万円までです。

なので、すでに別の消費者金融から50万円借りているときには、100万円の残りとなる最大50万円までしか借りられません。

すでに他社から総量規制の金額ギリギリまで借入している場合は、最大でも総量規制いっぱいまでの少額融資か、これ以上の貸付はできないと判断されて審査落ちになる可能性があります。

総量規制に違反すると、利用者ではなく貸金業者に罰が与えられます。
そのためお金を貸す側は、現在の貸金業者からのローン利用額と収入を厳密に審査するのです。
もちろん申し込む方は審査に通ろうとして、実際とは違う額を書くのは絶対に止めておきましょう。

50万円借りるためには

アイフルから50万円を借りたい場合、契約者の年収150万円が最低のラインです。
とはいえ、初回から総量規制いっぱいの融資をアイフルから受けるのは困難でしょう。

あるアンケートによると、最初からアイフルで50万円以上の借入をしている人は年収300万円以上だったという結果が出ています。

50万円借りる、30万円借りると決めるよりは、自分に必要な金額がいくらなのかをよく考えましょう。
そして、月々の返済額や返済期間をシミュレーションし、返済可能な金額の分だけを借り入れるとよいでしょう。

総量規制の金額いっぱいに借りるには

もし、年収の3分の1ギリギリまで融資を受けたいなら、アイフルだけでなくもう1社別のカードローンに申し込むことで融資を受けられる可能性があります。

アイフルでの初回契約額で少額だった場合は、別の業者と契約することで融資額を増やす方法を試してみましょう。

年収300万円の人なら、総量規制の額ギリギリは100万円ですが、一社から大きな額を借りるのは簡単ではありません。

たとえばアイフルから30万円、アコムから30万円、SMBCモビットから40万円というように借りれば、一社当たりの借入額は低くなるため合計で総量規制目一杯まで融資を受ける可能性が高まります。

たくさんの消費者金融に申し込むことは、メリットばかりではありません。
複数申し込みは「お金に困っている人」と審査時に思われることがあるためです。申し込みの記録も、個人信用情報機関に残っているので、審査をすればすぐにわかってしまいます。

個人属性のチェック

個人属性とは

利用限度額を高めに設定してもらうには、属性が大切です。

属性とは、その人の個人情報のことで「どういう人間なのか」を表し、信用度に直結しています。

たとえば以下のようなものが属性条件としてチェックされます。

年齢、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数年収、収入形態、居住年数、居住形態、
収入に対する家賃の割合、家族構成、健康保険の種類

年収

個人属性で重要なのは年収です。

収入は高ければ高いほど審査では有利ですし、高額の融資も可能になります。

総量規制の枠だけで考えても、年収300万円の人は100万円までしか借りられませんが、年収が600万円の人は最大200万円まで借りられます。

雇用形態

雇用形態として有利なのは正社員です。

一方で、パート、アルバイト、派遣社員の人は収入が不安定とみなされますし、個人事業主や自営業、SOHOワーカーは評価が低い傾向があります。

しかし、パートやアルバイトの方ももちろん審査には通過しています。
できるだけ同じ会社などで継続して働いてから申し込みましょう。

勤続年数

勤続年数は長いほど有利です。

しかし、「カードローンでは年以上の勤続年数がないと申し込めない」といったことはありません。

収入証明書を提出する場合に必要な、直近2カ月勤続していれば申し込めるといわれています。

それでも、やはり年単位で継続して勤務している方に比較すると信用度の面ではやはり低くなります。

勤続年数の基準として、6ヶ月・1年・3年・5年という目安があります。
5年以上勤務している人は審査では有利でしょう。

同じ職場に10年以上勤めている人の転職・離職の割合は非常に低いというデータもあり、10年以上勤続しているなら信用力があると思ってよいでしょう。

在籍確認が可能か

利用限度額を高く契約したいなら、アイフルで在籍確認ができることも重要です。

ここで不安を感じた方もいるかもしれませんが、アイフルは電話での在籍確認を原則として行っていません。
つまり、勤務先に電話はかからず、書類での在籍確認で完了となります。

在籍確認のための書類をきちんと提出できるなら、審査通過の可能性が高いです。

職場への在籍確認がローン審査の最難関と考える方が多い中、アイフルの原則電話連絡なしはかなり安心感があるものです。
ただし、審査過程で必要となれば電話による在籍確認が行われます。

収入証明書が提出できるか

アイフルからの借入が50万円を超えるとき、または他社借入との合計が100万円を超えるときには、次のような収入証明書の提出を求められますので、あらかじめ準備しておきましょう。

収入証明書
  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 市民税県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書(最新年度のもの)

50万円を超える金額を希望しなくても、年収や他社からの借入に不安要素がある場合は収入証明書の提出を求められるケースがあります。

また、収入証明書を提出できれば「本当にこれだけの年収を得ている」と証明できるので信用が上がります。

スムーズに契約をすすめる為には、限度額50万円以下の希望でも、審査の際に収入証明書の提出が求められることを想定して、書類を準備しておくとよいでしょう。

初回契約額が高くなるのはこんな人

契約額、つまり限度額は、審査の段階で様々な要素から決定します。
どんな属性の人が大きな限度額が設定されるのかを確認してみましょう。

年収が高い

消費者金融業者であるアイフルは総量規制という法律の対象です。

年収の3分の1までが貸金業者から借りられる最高額となるので、初回契約額を高くできるのは、当然のことながら年収が高い人となります。

これは貸金業法の規制を受ける消費者金融業者に限ったことではなく、銀行のカードローンでも同様です。

高い年収があれば、それに見合った限度額が設定されます。

収入が安定している

年収が高くても収入の金額が月によって異なる場合、収入が不安定と判断され限度額は低めに設定される可能性があります。

アイフルでは契約時に決められた最小返済額以上を、毎月必ず返済する必要があります。

そこで「今月は給料が少なく支払いが難しいので、返済額を減らしてほしい」と思ってもアイフルには通用しません。

毎月のコンスタントな返済が必須なので、申し込み条件の「安定した収入」が重要になるのです。

直近2カ月分の給与明細を提出した時に、1ヶ月は大きな月収で、次の月に少なくなっているといったように差異が大きいと、限度額の設定が低めになる可能性が高いです。

信用情報に延滞や金融事故の記録がない

収入の金額や安定性に問題がなくても、他の消費者金融での返済でトラブルがあれば、信用が一気に下がります。

61日以上の長期延滞をした場合は、個人信用情報機関に延滞の履歴が記録され、消費者金融の審査には通らない可能性が高まります。

延滞や債務整理の記録は金融事故と呼ばれ、少なくとも5年間は個人信用情報機関にデータが記録されます。

しかし、他の消費者金融から借入があっても、総量規制の金額以内の借り入れで、返済も遅れていなければ問題ありません。

アイフルで契約した人の限度額の実例

実際にアイフルで契約した人の限度額について、口コミを調査してみました。

近い属性や、借入希望額のケースを参考にしましょう。

年収50万円の学生

インターネットの専門サイトで行われたアンケートでも、アイフルは多くのユーザーに選ばれています。

たとえば、20代の学生でアルバイト収入が年収50万円というケースでも、アイフルの審査には通っています。

全体評価 5点

学生 20

アイフルでの契約限度額は10万円となりました。
学生の限度額は10万円が一般的と聞いていたので金額には納得しています。

申し込みは電話で、契約はインターネット上で行いました。
土曜日の午後1時くらいに申し込みをして、その日のうちに審査結果が出て借入でき大変スピーディーでした。

アイフルへの申込時には他社借入はなかったです。

アイフルを選んだのは、たまたまバイト先の近くに無人契約機があったためです。

申し込みのときに、借入金の用途、家賃の有無、仕送り額などを訊かれたのですが仕送り額はバラバラなのでちょっと戸惑いました。

多分余裕を持って返済できるかどうかを確認されたのだと思いますので、実家から仕送りしてもらっているなら額はもちろん正直に答えたほうがいいと思います。

とにかく、最終的に必要な金額を借りることができたので良かったです。

この実例から、返済能力があるなら決して年収は高くなくても審査通過はできますが、学生であること、本人の収入に基づいて限度額は低めに設定されることが分かります。

年収300万円の正社員

アイフルユーザーとして、20.6%を占める30代の方の口コミです。

全体評価 5点

女性 会社員 30

中小企業の正社員で、年収は300万円あります。
契約はアイフルの無人契約機で行って審査には2時間程度かかりました。

申し込みをしたのが日曜日の午後6時くらいで、審査が混み合っていたのかなかなか審査結果が出ず少し不安になりました。

他社からの借り入れはなく、アイフルを選んだのは家の近くに店舗があったからです。

家賃を滞納してしまって強制的に契約を解除されそうになったため緊急にお金が必要になり、ふと近くのアイフルを思い出したんです。

申し込みの後にかかってきた電話では、仕事の内容や家族構成、他に借金があるか、借り入れしたらどのように返済していくかを訊かれました。

最終的に限度額20万円で契約となり、確かに借りられた額は低いですが家賃をすぐに払えたので満足しています。

年収と比較した限度額の低さに関して気になった方も多いでしょう。

賃貸契約を解除されそうになったということは、少なくとも2ヶ月か3ヶ月は滞納していたと考えられます。

返済能力に多少の疑問を持たれた可能性があり、必要最低限の額だけを貸付したと考えられます。

この正社員は、審査時にかなりプライベートにまで踏み込んだ質問をされたとのことですが、確実に返済できるかどうかの判断材料となったといえます。

借り入れ目的や、別のローン利用状況などによって、審査での質問事項が異なる可能性があるわけですね。

予想外の質問をされると、焦ってしまうかもしれませんが、嘘をついたり適当に答えたりせずに正しく誠実に回答しましょう。

年収250万円の派遣社員

一般的に、派遣社員や契約社員は、申し込みはできるものの正社員に比較して審査は厳しめになりがちです。

アイフルユーザーである30代の女性の契約社員は、年収250万円をアイフルに申告して限度額15万円で契約しています。

全体評価 4点

女性 契約社員 30

金曜日の夜に申し込みをして審査に1時間、契約までに2時間かかりました。

最短30分は難しいと思っていたので、予想の範囲内の審査時間でしたね。

アイフルに申し込んだ理由は収入が低いために生活が困難になったからです。

申し込みした直後に仕事や家庭環境などについて詳しく訊かれました。

アイフルではユーザーの返済能力を様々な観点から探り、審査時に判断しています。

派遣社員の場合も、生活困難になったから借りたいという理由で、しかも返済能力に余力があったわけではありません。

契約社員という立場ですので、審査では不利になりそうですが、実際にはしっかり契約できています。

ただし、契約額少なめとなっています。

多重債務はあるが年収は高い正社員

安定した収入がありながら、多重債務になっている方もアイフルの審査に通っています。

全体評価 5点

女性 会社員 30

ある一流企業の正社員で年収は700万円です。
現在、プロミスから200万円、アコムから100万円を借入している状態でアイフルに申し込みました。

すでに総量規制を超える借入があるため、申し込んだのはアイフルのおまとめローン「かりかえMAX」です。

有人店舗に出向いて申し込みをしました。

提出書類に不足があったため、そのときにすぐに契約できず後日提出することになってしまい時間がかかったものの、借り入れの金利も低くなり大変満足しています。

もっと早く申し込みすれば良かったです。
自分のような多重債務者であっても、会社勤めをしていればおまとめローンの審査には通ると思います」

アイフルと他社カードローンの限度額を比較

カードローンの限度額は各社設定が異なります。
できるだけ大きな額を利用したい方は、最高限度額を比較しておきましょう。

ただし、限度額は総量規制額を含めて審査によって決定するため、誰でも最高限度額まで利用できるわけではありません。

カードローンを比較する際に、たとえば100万円の限度額にしたければ少なくとも年収は300万円必要な点を踏まえておきましょう。

消費者金融カードローンとアイフルの比較

消費者金融 最高限度額 金利(実質年率)
アイフル 800万円 3.0%~18.0%
アコム 800万円 3.0%~18.0%
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
SMBCモビット 800万円 3.0%~18.0%
レイクALSA 500万円 4.5%~18.0%

消費者金融では、プロミスとレイクALSAの最高限度額は500万円、アイフル、アコム、SMBCモビットの最高限度額は800万円です。

銀行カードローンとの比較

最高限度額 金利(実質年率)
アイフル 800万円 3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン 800万円 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 800万円 1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 500万円 1.8%~14.6%
楽天銀行カードローン 800万円 1.9%~14.5%
オリックス銀行カードローン 800万円 1.7%~17.8%

銀行カードローンも最高限度額が500万円または800万円のものが多いです。

銀行は貸金業法の規制を受けないので、総量規制額を気にせず借りられると考える人もいますが、銀行も自主的な規制を設けています。

銀行カードローンの審査結果で決まる貸付上限は、実際のところ消費者金融と同様の年収の3分の1程度の額となるケースが多数を占めています。

銀行カードローンを選ぶとよいのは、借入したい日まで余裕があり(消費者金融よりも審査時間が長い)、金利を優先したい場合になります。

アイフルの利用限度額が下がることはある?

最初に審査で決まった限度額から下がることはあるのでしょうか?

限度額を左右するのは、収入であることから年収の変化によっては限度額が下がる可能性は十分あります。

転職などで給料が下がった

年収が転職により下がった場合は、総量規制に基づき限度額も下がることがあります。

総量規制額を正確にアイフルが把握するために、契約後一定期間が経過してから収入証明書の提出を求められる可能性も想定しておきましょう。

また、限度額を下げられたら困ると思って、勤務先や年収の変更をしないでおくことは避けましょう。

変更事項を放置することは、アイフルの「届出事項の変更」の規約違反になります。
限度額が下がるどころか利用停止になってしまう恐れもあるので注意しましょう。

他社借り入れが増えた

総量規制額は、貸金業者からの借り入れ額をすべて合計して年収の3分の1以下とする法律です。

つまり、他社借入額が増えているとアイフルでの限度額は低くなります。

アイフルに限らずすべてのローンは、一度審査したら二度と審査をしないわけではありません。
利用中に途上与信と呼ばれる、申込者の状況を確認する審査に近いことが行われているのです。

他社借り入れは、個人信用情報機関に記録されていますので、随時照会することで総量規制額に到達していないかを確かめることができます。

限度額を下げることはできる?

アイフルでは借り過ぎを防ぎたい場合などに、限度額を自分で引き下げすることができます。

アイフルの限度額の引き下げは、下記の4つから選択可能です。

  • 会員専用ダイヤルへの電話手続き(0120-109-437)
  • アイフル公式サイトからインターネットで手続き
  • 店頭窓口で手続き
  • 無人契約機で手続き

アイフルの限度額を確認する方法は?

手っ取り早く限度額を確認したいなら、アイフル会員ページを利用しましょう。

また、限度額のうち、どれだけお金を借りる余裕があるかも会員ページから確認できます。

他にも、アプリや電話、利用明細書でも限度額を確かめることができるので、都合のよい方法で行いましょう。

借入残高なら会員専用ダイヤルでも確認できます。(0120-109-437)
平日9:00~18:00に問い合わせましょう。
自動音声による回答で、利用残高以外に振込口座、次回期日や金額等の案内が可能です。

限度額をこまめに見直したほうがよい理由

アイフルの限度額は手軽な方法で確認できるので、こまめに限度額を見直すことをおすすめします。

いくらまで借りられるのか知りたいときに限度額を確認することが多いですが、他にも限度額をきちんと把握しておくとよい点があります。

借り過ぎを防げる

収入が減った場合には、毎月の返済額が同じでも返済が難しくなる可能性もあります。

限度額と収入のバランスをきちんととるためにも、限度額を確認しておくとよいでしょう。

どれくらい増額するとよいかがわかる

増額したいときにも、利用限度額を把握しておくとどれくらいアップすればよいかがわかりやすいです。

無理なく返済できる額を検討する際に、最適な限度額を見つけやすいでしょう。

場合によっては限度額減額も

限度額を見直し限度額を減額し、使い過ぎないようにする方法もあります。

ついつい借り過ぎてしまう、返済が難しいときがある人は、限度額を見直しましょう。

アイフルで限度額を増枠するには

増額までの流れ

アイフルでは、いったん決められた利用限度額をアップさせる「増額」も、審査で可決になれば可能になります。

契約当初の限度額からアップできますが、数十万円などを一度に上げることはできないようです。

通常では10万円前後、あるいはもっと低い額での増額となるでしょう。

増額は以下のような流れで行われます。

  1. 増額の申し込みをする。
  2. 申込内容を確認する連絡を受ける。
  3. 増額の審査を受ける。
  4. 利用限度額の再設定がされる。
  5. 再設定された利用限度額に従って借入を行う。

利用限度額の増額申請を行うと、契約者がアイフルに登録している電話番号に増額の申し込みをしたことを確認する連絡が入ります。

契約者本人が増額申請をしたことを確認するための電話で、数分もあれば終わります。

電話連絡の後、アイフルで増額審査が始まります。
審査に通過して限度額が増額されると、新たな利用限度額の範囲内ならアイフルから自由に融資を受けることができるようになります。

増枠の申込方法

増額の申し込みをする方法は以下の2つです。

  • インターネット(24時間可能)
  • 電話(午前9時~午後9時)

電話での申し込みは営業時間が限られていますが、インターネットなら24時間可能です。

アイフル会員ページから増額を簡単に申し込むことができますので、WEBでの増額申し込みをおすすめします。

増額審査で在籍確認はある?

増額の審査でも通常の審査と同様、勤務先への電話連絡は行われません。
ただし、申込者次第では在籍確認が行われることがあります。

すべての人に電話による在籍確認が行われるわけではなく、基本的に変更事項がなければ行われないと考えておいてよいでしょう。

しかし、以下の場合では在籍確認が行われる可能性もあります。

  • カードローンの契約から2年以上が経っている。
  • カードローン契約時と増額申請時の勤務先が異なる。

アイフルの会員規約では、引っ越しや転職などがあった場合には変更届を提出することが義務づけられています。

そのため、アイフルに増額審査を申し込んだときに、個人情報が初回契約時と変わっていないときには、通常は在籍確認を行うことはありません。

とはいえ、個人情報が初回契約時と同じであったとしても、カードローンを利用してから2年以上が経過していると、増額審査のときに在籍確認をされる可能性があります。

というのも、届け出るのを忘れている人もいるからです。

もし、初回契約時から増額申請までで転職している人は、まずは古い情報を訂正してから申し込みましょう。

収入証明書の提出が必要?

増額審査で収入証明書の提出を求められることがあります。
そのため、いつでも提出できるように準備しておきましょう。

収入証明書として認められる書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(2ヶ月分+1年分の賞与明細書)
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 確定申告書

収入証明書は運転免許証などのように常に携帯するものではないため、手元に用意するのに時間がかかることがあります。

増額をスムーズに行うためにも、書類はしっかり準備しておきましょう。

増枠審査に通るのはこんな人

増額審査では、初回の申し込み審査の場合と異なり、過去のアイフル利用実績が重視されます。

利用実績が良好

アイフルの増額審査に通るのは、アイフルで良好な利用実績がある人です。

カードローンを契約してから増額申請するまでの返済履歴で、借入金を指定された期日までに必ず返済している人は実績は良好と判断され、遅延の記録のある人は悪いと判断されます。

個人信用情報に記録されるほどの延滞ではなく短期延滞であっても、繰り返していると審査では不利に働きます。

限度額増額を前提にアイフルを利用するなら、返済期日はきちんと守りましょう。

他社借入が少ない

他社からの借入が少ないことも、増額審査では有利に働きます。

借入している件数と金額が少ないとき、利用限度額を増やしても貸し倒れを起こすリスクが少ないからです。

複数の金融機関からお金を借りるのは、手持ちの現金に困っていると推測されます。

お金に困っている人に増額を認めると、融資したお金を回収できないいわゆる貸し倒れのリスクがあります。

そのため、アイフルでは他社借入の多い人の増額はしません。

信用情報に問題がない

信用情報は増額審査でも重要です。

クレジットカードやキャッシングなど、すべての金融商品の利用履歴をまとめた個人信用情報で傷があると、増額は認められにくくなります。

信用情報に傷がある状態というのは、たとえば返済の遅延・延滞、強制解約などです。

こういった履歴なく、個人信用情報がキレイな状態の人がアイフルで増額が認められます。

アイフルの増額方法と増額審査にかかる時間は?土日は増額できない? すでにアイフルのカードローンを利用している方が、もっと借りたくなった場合に新しい借入先を探すのではなく、アイフルの限度額を引き上...

アイフルの審査落ちや限度額増額できなかったらどうすればいい?

アイフルに申し込みをしても審査落ちしてしまうことがあります。

また、アイフル利用中に限度額増額を申し込んでも増額審査に通らない可能性もあるでしょう。

もっと借りたい場合に審査に通らなかったらどう対応すればよいのでしょうか。

他社申し込みをしてもよい?

どうしてもお金が必要な場合には、審査に落ちるとすぐに他社申し込みをしたくなります。

しかし、ローンへの申し込みはすべて信用情報として記録され、たくさん申し込みをしている人はお金に困っていると判断される可能性があります。

増額申し込みも減額や利用停止となる可能性を含めて、審査を受けるのは慎重に行いたいものです。

申し込みブラックとなる可能性

ローンへの申し込みは、信用情報機関に半年間残ります。
その間は同じローンに再申し込みをしても、審査結果に変化はでません。

また4社を超える複数申し込みは、申し込みブラックとも呼ばれ審査に通りにくい状態を作り出してしまうといわれています。

他社申し込みは厳禁ではありませんが、アイフルで審査否決となったら、次々に申し込むのではなくあと2社程度への申し込みに留めておきましょう。

アイフルのおまとめローンの限度額

アイフルのおまとめローンには「おまとめMAX」と「かりかえMAX」があります。

その違いは、おまとめMAXはこれまでアイフルを利用したことがある方が対象、かりかえMAXははじめてアイフルを利用する方が対象となっている点です。

おまとめローンの限度額

アイフルのおまとめMAXの限度額は、最高800万円、金利は3.0%~17.5%です。

かりかえMAXの限度額も同じく最高で800万円、金利は3.0%~17.5%となっています。

おまとめMAXとかりかえMAXの申し込み条件は、アイフルの利用履歴だけが異なるので、自分に敵したおまとめローンを選択して申し込みましょう。

また、おまとめローンは総量規制の例外のため、他社借入とのおまとめやかりかえとして利用するなら、年収の3分の1を超えた額も借りられます。

さらにアイフルでは銀行ローンやショッピングリボもまとめることができます。(要書類提出)

とにかく一本化して返済の負担を軽くしたい場合に最適でしょう。

まとめ

アイフルの利用限度額は、審査時に総合的な判断で決まります。
限度額が決まる最も大きな要素は総量規制で、これを超えて借入することはできません。

他にも、年収や勤続年数などの属性ももちろん審査では大変重要です。

契約当初は限度額が少ない設定でも、後から増額することも可能です。
増額では、もちろん審査が行われますので、誰でも増額できるわけではありません。

収入がどんなに高くても、他社借入が多かったりこれまでのローン利用状況で問題があったりすると高い限度額は望めません。

RELATED POST