アイフル

アイフルの金利は高いか徹底比較!金利を下げて利息を抑える方法はある?

アイフルのカードローンって金利が高いの?
高額の利息を払うならアイフルで借りないほうがいい?

アイフルの金利が高いのか?安いのか?が分からなくて、申し込みをためらっている方もいるでしょう。

そもそも「消費者金融は金利が高い」というイメージが強く持たれています。

この記事ではアイフルと他の消費者金融や銀行のローンとの金利を比較。
また、金利の引き下げ方法や利息を抑えて無駄な出費を減らす、お得に利用する方法について分かりやすく解説しています。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

アイフルの金利は高いの?

キャッシングやカードローンを利用する際に気になるのは「金利の高さ」ですよね。

金利が高いか低いかで利息の金額が変わるので、最終的な総返済額も変わります。

先に結論をお伝え留守と、アイフルのキャッシングローンの金利は3.0%~18.0%で、他の消費者金融の金利と比較しても標準的です。

他のカードローンと比べてもアイフルの金利は、消費者金融の中でとくに高いわけではありません。

アイフルと他消費者金融の金利比較表
消費者金融 金利 限度額
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円まで
SMBCモビット 3.0%~18.0 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0 1万円~500万円

初めて消費者金融に申し込んだときには、ほとんどのケースで最高金利が適用されます。
最高金利は「3.0%~18.0%」の数字の「18%」と高いほうの数字です。

法律で融資限度額に応じた上限金利が決まっていることや、初めて借りる場合には返済実績がなく信用度がないことなどから、まずはもっとも高い金利でのスタートとなります。

そのため初めてお金を借りる際のローン金利は、最高金利で比較しておきましょう。

上記の表で最高金利を比べてみると、プロミスのみ「17.8%」と少し低いものの、アイフルも含めて他はいずれも「18.0%」です。

利息は借入金額や利用期間により左右されるため、実際にどれくらいの利息がかかるのかはシミュレーションで確認しておきましょう。

アイフルとプロミスの金利は、10万円を30日間借りた場合にはアイフルが1,479円、プロミスは1,463円となり、その違いは「16円」だけです。
アイフルの金利が特別に高くはないことがわかります。

アイフルと銀行カードローンの金利を比較

「銀行カードローン」と「アイフル」の金利を比較してみましょう。

銀行カードローンは低金利と考えられていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

金融機関 金利 限度額
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
バンクイック
(三菱UFJ銀行カードローン)
1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.5%~17.8% 10~800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円

銀行カードローンでは最高金利が14.5%前後のところが多く、やはり消費者金融のカードローンに比較すると低金利といえます。

金利だけを優先してローンを利用するなら、まずは銀行カードローンに申し込みたくなる方も多いでしょう。

しかし、銀行カードローンはどんなに急いでいても、絶対に即日融資できないデメリットがあります。

銀行カードローンは即日融資ができない

銀行カードローンは審査に要する日程が決まっているため、申し込んだその日のうちにお金が借りられません。

また、銀行カードローンは消費者金融のような総量規制という法律に従わなくてもよいため、大きな限度額を借りられる可能性があると考えている方は多いです。

しかし、実際には銀行で自主的な規制を設けているので、総量規制と変わらない限度額が設定されるケースがほとんどと思っておきましょう。

利息だけを重視して、借入のタイミングはいつでもよいのなら、銀行カードローンもよいでしょう。
しかし、「何日までにお金が必要」、「すぐにお金を借りたい」などの場合、消費者金融で借りてから、利息を抑える方法を取ることをおすすめします。

アイフルの金利はどう決まる?

アイフルの金利を確認すると「3.0%~18.0%」とあります。

金利に幅がありますが、自分にどの金利が適用されるのか、どうやって決まるのか気になりますよね。

3.0%と18.0%ではかなり大きな違いで、金利を決めるのは与信審査です。

金利は審査で決定される

通常、ローンでは金利の低さは「信用度」によって決められます。

信用度とは、確実に返済する見込みがあるかどうかで判断され、信用度が高い人は金利が低くなるのです。

アイフルでは保証人や担保が不要で、申し込み者のこれまでのローン利用や返済履歴、収入、勤続年数などの属性を元に信用度が決まります。

ローンを利用した実績がない人は、確実に返済するかどうかわからない状態なので、いきなり低金利では利用できないわけです。

「継続してアイフルを利用している」「毎月きちんと返済している」、といった信用が高まる使い方をしている場合には、一定期間後に限度額アップや金利引き下げが可能になることもあります。

誰もができるだけ低い金利で借りたいと考えますが、カードローンは初めて申し込む方は最高金利が適用されると考えておいたほうがよいでしょう。

アイフルの金利計算方法

アイフルのような実質年率が決まっているローンは、どのように金利計算をして利息を計算するとよいのでしょうか。

実質年率は借入金額に諸費用をプラスして計算した、事実上の金利のことです。

カードローンによっては、金利に利息だけでなく保証料、手数料など諸経費も加わっていることがあります。

カードローンならローンの金利表示に「実質年率」と記載してある場合にも、金利計算と同様に行い利息を算出します。

借入金額と金利、利用日数で利息がわかる

利息は借入額と適用された金利、そして借りていた期間で計算できます。

「利用残高×金利÷365日×利用日数=支払う利息」となります。

これは、1年間の利息から日割りの利息額を算出し、実際に利用した日数に基づいた利息となります。

借入金額と何日借りていたのかで、支払う利息額が変わります。

実際の利息がどのくらいになるのか、いくつかのパターンで見ておきましょう。
(いずれも最高金利での計算。小数点以下は切り捨て)

1万円を10日間借りた場合 10,000×0.18÷365×10=49円
5万円を30日間借りた場合 50,000×0.18÷365×30=739円
30万円を30日間借りた場合 300,000×0.18÷365×30=4,438円

アイフルの返済日は2つのパターンがあり、毎月一定の日(毎月15日ならずっとその日)に返済する約定日制と、35日ごとに返済するサイクル制があります。

この表からわかるように少額を短期間借りた場合なら、利息はあまり大きな負担とならないことがわかります。

つまり、アイフルのようなカードローンはうまく利用すれば、利息は最小限でお金のピンチを乗り切る方法の一つとなってくれるでしょう。

アイフルの返済金額は決まっている

アイフルでは返済額は月々一定額で、最小返済額が決まっているので、必ずその額以上は返済しなければなりません。

約定日制とサイクル制では最小返済額は異なります。

アイフルでは返済額は元金と利息の合計となっている返済方式(借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式)が採用されています。

毎月同じ額を返済する方式のため、お金の計画を立てやすい点がメリットです。

ただし、この借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式では、返済期間が長くなるほど利息が高くなってしまう点に注意が必要でしょう。

お金を借りるときにはしっかりシミュレーションを行って、返済計画を立てることが重要になってきます。

アイフルの遅延損害金はどうなっている?

消費者金融などのカードローンの返済に遅れてしまった場合、ペナルティとして「遅延損害金」が発生してしまいます。

アイフルでは返済に遅れた場合の遅延損害金は「年率20.0%」で算出されます。

遅延損害金は「借入残高×20.0%÷365日×延滞した日数」で金額が計算されます。

アイフルで金利を下げる方法

増額されると金利が下がる

アイフルで金利引き下げ、利息をできるだけ少なく支払うという方法はあるのでしょうか?

限度額の増額が可能になれば、金利も引き下げになるケースはあります。

金融機関の金利は利息制限法で決められており「借入金額と上限金利」は下記の様になっています。

例えば50万円を年18.0%で借りていた人が、増額して100万円を借りれるようになった場合、金利は最大で年15.0%に引き下げられます。

借入金額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

しかし、融資限度額を増額をしてもらうには、申込時と同様に審査が行われます。

過去の利用状況、他の消費者金融からの借入状態といった要素で、増額の可否が審査されます。

誰でも希望すれば「限度額アップ金利引き下げ」となるわけではありません。

アイフルのファーストプレミアム・カードローンは低金利

アイフルでは、通常のカードローンであるキャッシングローン以外に、ファーストプレミアム・カードローン、女性のためのSuLaLi、おまとめローン、不動産担保ローン、無担保ローン、法人用のアイフルビジネス・ファイナンスがあります。

それぞれ、金利設定が異なりますが、特に低金利なのはファーストプレミアム・カードローンです。

アイフルのファーストプレミアム・カードローンは利用条件が限定されていますが、条件を満たせば、金利が「3.0%~9.5%」なので、他のキャッシングと比較しても最高金利はかなりお得な金利です。

ファーストプレミアム・カードローンを利用できる条件は、
・初めてアイフルを利用する満23歳~59歳で一定の年収がある方
・利用限度額は100万円以上
となっています。

アイフルへ直接金利引き下げを頼む

常に受け入れられるわけではないのですが、アイフルへ直接金利の引き下げを頼む方法があります。

確実に金利が下がる方法ではなく、アイフルへの相談が可能になっているだけです。

利用実績や返済の状況などから、可能なら金利が引き下げになることもあります。
金利引き下げを直接依頼するのは、必ず契約後にしましょう。

申し込み前にいきなり金利を低くしてくださいといっても、相談は受け付けられません。

アイフルの限度額アップ&金利引き下げは難しい

大半のカードローンでは利用や返済をきちんと行っていると、限度額が上がり金利引き下げとなることが多いです。

アイフルでも金利の幅があるので、利用していくうちに金利が下がる可能性はあるでしょう。

しかし、実際には限度額アップや金利引き下げは、簡単ではないといわれています。

利用限度額アップには継続利用が必要

利用限度額をアップさせるには、アイフルを継続して少なくとも6か月以上使っていることが第一の条件です。

それくらいの期間があれば、きちんと返済しているかどうかが明確にわかります。

返済が遅れている場合には話になりませんが、契約したのに一切借りていない場合も限度額アップは難しいでしょう。

利用しているという実績も必要だからです。

実は増額の重要ポイント!総量規制にも注意

利用限度額をアップを考えたときに、忘れていけないのは「総量規制」です。

いくら限度額アップして金利を引き下げたいと思っても、年収の3分の1以上の額は借りられません。

例えば、年収300万円なら最高でも100万円の限度額になります。

年収300万円の方が、限度額を150万円にアップしたいと思っても、総量規制以上は借りられないのです。

利息制限法に基づき限度額に応じた金利が適用される

上限金利は、利息制限法により10万円未満20.0%、10万円以上100万円未満18.0%、100万円以上は15.0%と決まっています。

上限金利よりも下げてはいけないわけではないのですが、実勢には限度額に応じた上限金利が設定されている消費者金融などの貸金業者が多いです。

アイフルのキャッシングローンでは、最高金利は18.0%なのでそれ以上は上がることはありません。

ですが、15.0%までに下がった金利で利用したい場合には、100万円以上の限度額に設定する必要があるというわけです。

限度額増額や金利引き下げの実状は?

通常は、最高でも50万円の利用限度額から利用が始まります。

増額を申し込んでもいきなり数十万円限度額をアップできるわけではなく、5万円から10万円といった小刻みに限度額が上がっていくことが多いのです。

より低い金利で利用するためには、かなり長い期間を要すると考えておきましょう。

始めから金利引き下げ後の借入を想定するよりは、より利息を抑える方法を実践したほうが現実的といえます。

アイフルで支払う利息を減らす方法

「利用限度額のアップ」や「金利引き下げ」以外にアイフルの利息をしっかり抑える方法を紹介します。

繰り上げ返済や一括返済を積極的に行う

利息は金利と借入額に応じて日割りで計算されるので、借入期間が長くなるほど利息は多くなってしまうのです。

そのため、できるだけ短期間で完済することが、利息を抑えるベストの方法です。

毎月の約定返済日以外にも、いつでも返済が可能です。
(アイフルATMや提携ATMでは営業時間や利用可能時間が決まっています。)

決まった返済日以外にも、お金に余裕があればどんどん返済してしまいましょう。

無利息期間を利用する

アイフルでは初めて申し込む方を対象に、30日間無利息サービスを行っています。

無利息サービスですから、決められた期間に借りたお金には利息がかかりません。
無利息期間中に返済してしまえば、利息0円での利用も可能というわけです。

大変お得なサービスですが、繰り返して利用できません。

また、初めて借入した日ではなく、アイフルで契約した翌日から無利息期間がスタートするので、契約して借入までに期間があいてしまうと無利息期間が無駄になります。

無利息サービスの利用には、借入のタイミングに注意しましょう。

アイフルで多めに返済する方法と金利や利息の変化

アイフルの返済は毎月決まった額を返済する方式です。

一定額を返済すればよいのですが、その額以上多く返済することもできます。
決められた返済額より多く返済するとどうなるのでしょうか。

返済額を増やすメリット

月々の返済額を増やせると、完済が早くなります。

また、借入残高が減ることで、月々の利息は借入残高を元に算出しているため利息の軽減にもつながります。

借入残高が少ないほど、利息も少なくなる効果があります。

借入残高を減らす方法としては「月々の返済額よりも多めに返す」または「返済日以外にも返済する」方法を取り入れましょう。

多く返済したからといって、金利が下がったり、高くなったりすることはありません。

多めに返済する方法は?

アイフルで多めに返済したい場合は、月々の決められた約定返済額以外に、ATMや振込での返済額を増やせばOKです。

とくにアイフルへ連絡を入れる必要もなく、自由なタイミングで返済できます。

約定返済が銀行口座から引き落としの場合、引き落とし額をアップできないので、ATMや振込での返済で随時返済していきましょう。

金利引き下げにならなくても、借入金額を少しでも早く減らすのが得策です。

アイフルで利息だけ返済はできる?

利息だけ返済する方法も実は可能ですが、これはどうしても返済が難しいときのみの最後の解決策と考えておきましょう。

本来は金利に基づいた利息+元金の合算で返済していくものです。

利息だけ返済を行っていると結局元金が減らないので返済期間が長くなる、そして利息が大きくなり総返済額が多くなってしまいます。

利息だけ返済を利用しなくてもよいように、返済計画をきちんと立てておきましょう。

利息の返済が難しい場合は返済日を変えてしのぐ

どうしても返済額を準備するのが難しい、返済に遅れそうというときには、返済日の変更ができます。

返済日の変更は、アイフル会員ページにログインして行えます。

また、フリーダイヤル(0120-109-437)に連絡を入れても返済日の変更に対応してもらえます。

フリーダイヤルは平日9:00~18:00のみ受付となるので、返済期日には十分にご注意ください。

まとめ

アイフルの金利は消費者金融のカードローンとしては標準的といえます。

消費者金融の中で比較してとくに高い金利ではなくても、支払う利息の負担をできるだけ減らしたいものです。

半年以上利用していれば増額により金利の引き下げが可能なケースもあります。
借りすぎに注意できるなら申請してみてもよいでしょう。

条件を満たすならさらに低金利のファーストプレミアム・カードローンに申し込むのもよい方法でしょう。

RELATED POST