アイフル

アイフルはコンビニATMで借入&返済できる?借り入れのやり方や返済方法

アイフルでは提携しているATMで、現金の借り入れと返済の入金が利用できます。

コンビニATM設置場所が多くいので、便利に利用できることがメリットでしょう。
また、コンビニATMでは銀行口座からの引き出しなどもできるため、お金を借りているかどうかは周囲の人にバレないことも利点です。

一方、手数料がかかることや、コンビニごとに営業時間が異なるなど気を付けておきたい点もあります。

さらに、アイフルカードなしでも利用できる「スマホアプリ」での借入・返済は対象コンビニが決まっています。

コンビニATMでの借入や返済も、利用でのポイントを押さえておく必要がありますね。

スムーズにコンビニATMを利用するための注意点を把握しておきましょう。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

アイフルの提携コンビニATMはどこ?

アイフルが提携している、借入や返済ができるコンビニは下記になります。

  • セブンイレブン(セブン銀行)
  • ファミリーマート(Enet、Famiポート)
  • ローソン(ローソン銀行)

他にも、ファミリーマートと同様にEnet(イーネット)が設置されているコンビニも利用可能です。

セイコーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ポプラなどイーネットATMが設置されているお近くのコンビニでアイフルの借入や返済ができます。

Famiポートはチケット発行の上レジで返済のみ可能で、借入はできないのでご注意ください。

アイフルの提携コンビニATMの使い方

提携コンビニATMで、アイフルのローンカードを利用した借入や返済はとてもスムーズです。

WEB完結での契約をした方は、ローンカードは発行されないので、アプリや振込融資での借入となります。

アプリの不具合の可能性を考えたり、振込融資の依頼の手間を省いてサッと借りたい場合を想定したりすると、WEB完結契約の場合もカードを発行しておくことをおすすめします。WEB完結ではカードが発行されない消費者金融もありますが、アイフルなら後日アイフルカードを発行することも可能です。

提携コンビニATMでの借り方

銀行ATMと使い方は大きく変わりません。

ATM端末にカード挿入して暗証番号を入力、必要金額を入力して現金を借入という流れで完了します。

各コンビニに設置してあるATMによって利用方法が異なるため、画面表示の指示に従って行いましょう。

アイフルでの借り入れのやり方
  1. ATMにアイフルカードを挿入
  2. 画面に表示された「出金(借入)」ボタンを押す
  3. 暗証番号と必要額を入力
  4.  確認画面で「確認」を押す
  5.  アイフルカードと借入額を受け取って借入完了

アイフルの提携コンビニATMでの返済方法

アイフルのカードを利用した返済もスムーズに行えます。

借入と同様に、ATM端末にカード挿入して返済を選択、入金して返済が完了という流れです。

利用時には取引明細書が発行されますので、きちんと受け取って保管しておきましょう。

返済のやり方
  1. ATMにアイフルカードを挿入する
  2. 画面に表示される「入金(返済)」ボタンを押す
  3. 返済額をATMに入金
  4. 画面に入金した額が表示されるので、間違いがなければ「確認」ボタンを押す
  5. 返済完了

返済も借入同様、簡単な手順で利用可能です。

ファミマはマルチメディア端末も使える

アイフルでは、ファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」を使った返済が可能です。

Famiポートでの返済は、端末で「Famiポート申込券」を発券しレジで精算するという返済方法です。

しかし、Famiポートでは借入はできず、返済しかできません。

対応時間は発券が7:00~23:00、レジでの返済は23:30までとなっています。
土日祝も利用できます。

またファミリーマート設置のATMの営業時間とは異なりますので、返済のタイミングにご注意ください。

Famiポートでの返済の流れ

  1. Famiポートトップメニューの「金融サービス」を選択
  2. 「借入金のご返済」を選択
  3. 貸付金返済メニューで「アイフル」の企業ロゴを選択
  4. 会員カードをスリット
  5. 返済金額を入力
  6. 申込券が出力される
  7. 申込券をレジに持参して返済
  8. お客様控が発行されるので受け取って完了

参考:https://www.family.co.jp/services/application/finance.html

※コンビニを利用した返済は所定の手数料がかかります

Famiポートでの返済のメリットは、100円単位での返済もできることです。ATM返済はセブン銀行なら1,000円単位、それ以外の提携ATMは10,000円単位となるため、完済時の端数が出るときにも使いやすいでしょう。

提携コンビニATMの営業時間

提携しているコンビニによって利用できる営業時間は異なります。

セブンイレブン

カードレスでアプリを使って借入や返済ができるセブン銀行ATMも設置されているため、アイフル利用者にとって最も便利なコンビニといってよいでしょう。

平日 24時間
土曜日 0:00~23:00
日曜日 7:00~24:00
祝日 24時間
(2:00~3:00はメンテナンスのため利用不可)

ローソン

システムメンテナンスなどにより、毎月第二土曜日21時~翌朝7時の間はローソン銀行ATMが利用できませんので注意しましょう。

平日 7:00~23:00
火~金曜日 0:00~24:00
土曜日 0:00~23:50
日曜日・祝日 7:00~23:50

イーネット

全日 7:00~23:00

ATMを設置しているコンビニによっても、利用可能時間が違います。

また、アイフルでは振込融資での借入も可能で原則24時間いつでもWebまたはアプリで振込を行えます。

振込融資の依頼は会員ログイン後に行えます。

振込融資では自分の銀行口座に必要額が入金されるので、現金が必要な場合はキャッシュカードで出金するという流れです。

キャッシュカードで現金を引き出す場合アイフルカードは必要ないのですが、銀行キャッシュカードは持ち歩く必要がありますね。

ローンカードを忘れてもコンビニで借りれる?

セブン銀行ATMそしてローソン銀行ATMなら、カード不要でスマホアプリを利用した借入が可能です。

アイフルアプリをスマホにダウンロードしておくだけで、カードなしでの借入が可能です。

アプリを利用した借入は1000円単位で借りられるので、必要な額だけ借りることができます。

スマホアプリでの借入の流れ

  1. スマホアプリにログイン(カード番号・パスワードを入力)
  2. 「スマホATMで融資」を選択
  3. セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択
  4. QRコードがATMの画面に表示されるので、スマホアプリで読み取り
  5. 企業番号がアプリに表示される
  6. 表示された企業番号をATMで入力して「確認」を押す
  7. ATMで暗証番号を入力
  8. 取引金額を入力して「確認」を押す
  9. 出金
アイフルアプリの借り入れや返済の使い方、ログインできない理由と対処法アイフルではスマートフォンアプリを使って、より便利にカードローンを利用できます。 インターネットに繋いだスマートフォンを使って、申...

コンビニATMとその他の借入や返済方法との比較

コンビニATMはとても便利なサービスがあり、アイフルでは借入や返済以外も利用可能です。

利用方法によって手数料などが異なるので、比較して自分に最適な利用方法を選びましょう。

借入 返済 土日利用 カードなし 深夜利用 1,000円単位の出金 利用手数料
コンビニATM × × 110円~220円
スマホアプリ(セブン銀行ATM) 110円~220円
マルチメディア端末(Famiポート) × × (23:00まで) 110円~220円
アイフルATM × × 0円
振込融資 × × × 0円(自分の銀行口座から時間外で引き出す場合などは手数料がかかる)
自動引き落とし返済 × × × 0円

コンビニATMとアイフルATMの最大の違いは手数料です。

アイフルATMなら何度利用しても手数料がかかりませんが、コンビニATMなら借入と返済を月に1度ずつしただけでも220円から440円かかってしまいます。

1回だけの利用なら気にならない手数料ですが、回数が増えると大きな金額になりますので、コンビ二ATMの利用回数には気を付けた方がよいですね。

何度も借入や返済を利用するなら、手数料が抑えられるアイフルATMや振込融資を選ぶほうがよいでしょう。

現在アイフルの有人店舗では、借入できません。
有人店舗で申し込み後契約した場合も、アイフルATMまたは提携ATMでの借入となります。
有人店舗での返済は、手数料無料で利用できますが営業時間は平日10:00~18:00と限定的なので気を付けましょう。

アイフルの借入・返済はどの方法を選ぶ?

アイフルでの借入方法は、振込融資、アイフルATM、コンビニATM、スマホアプリがあります。

返済方法では、口座振替、アイフルATM、コンビニATM、スマホアプリ、コンビニFamiポート、振込が利用可能です。

多彩な借入・返済方法から、自分の希望で最も優先したいものに応じた利便性の高いものを選びましょう。

たとえば「手数料を抑えたい」ならアイフルATMや振込融資、口座振替は利用手数料がかかりません。

「バレにくい方法にしたい」ときには、コンビニATMならアイフルの利用かどうかがわかりにくいですし、カードレスで利用できるスマホアプリもおすすめです。

また、返済では口座残高に注意しておけば、返済遅れが起こりにくい口座振替が安心ですね。

手数料を抑えて借りたい

手数料が無料のアイフルATMがベストです。

振込融資のサービスは手数料がかかりませんが、現金を引き出すならATMを選ばないと手数料が必要になります。

手数料を抑えたい場合には、コンビニATMは最も不向きな利用方法となってしまうでしょう。

ATMに行かずに利用したい

コンビニATM、アイフルATMにわざわざ行くのはやっぱり面倒、行く時間がないという場合には、振込融資&自動引き落とし返済がおすすめです。

振込融資はネットから申し込めば、24時間自分の金融機関口座への振り込みを受けられる便利な方法です。
現金が必要な場合は結局ATMへ行って引き出す必要が出てきます。

自動引き落とし返済は、口座残高に注意しておけば返済忘れがない安心感のある方法です。

バレずに借入や返済をしたい

アイフルATMに行くと、もちろんアイフルでお金を借りていることが簡単にわかってしまいます。

外部から見えない曇りガラスがある部屋にアイフルATMが設置してあることが多いのですが、入店の際などは気になる方もいるでしょう。

そんな場合は、コンビニATMの利用がおすすめです。
コンビニの端末であらば、アイフルを利用しているのか、銀行口座から引き出しているのかなど、ATMの画面を見られない限りはバレません。

また、借入なら振込融資、返済なら口座引き落としも、アイフルの利用かどうかはわからないのでおすすめです。

バレたくない場合には有人店舗の利用はあまり適していません。

アイフル以外のお店等が入っているビルでも、入るところを誰かに見られたらと気になる方は別の方法を利用しましょう。

また、有人店舗は借入はできず返済のみの利用となる点にも注意が必要です。

コンビニATMを利用する場合の注意点

コンビニATMを利用する場合には、どんな点に気を付けるとよいのでしょうか。

コンビニATMは10,000円単位しか使えない

コンビニATMを利用すると、千円・5千円や小銭の取引はできずに、10,000円単位の取引となります。(セブン銀行ATMは1,000円単位)

ただしマルチメディア端末での返済は、百円単位も入金(正確には端末で発券してレジで入金)が可能です。

細かい単位で利用したい場合は、ファミリーマートのFamiポートを利用しましょう。

手数料が発生する場合がある

提携ATMを利用する場合は、取引金額に応じた手数料が必要です。
入金(返済)、出金(借入)どちらも手数料がかかります。

取引金額が1万円以下なら110円、1万円を超える場合には220円の手数料が発生します。借入時の手数料は、次回の返済時に清算となります。

利用の都度手数料がかかると、回数が多くなればやはり負担は大きく感じるでしょう。

少額をこまめに借りたい方、随時返済を積極的にしたい方は、手数料のかからないアイフルATMでの借入や返済がおすすめです。

使えないこともある

アイフルは多くのコンビニATMと提携していますが、規模の小さなコンビニなどは提携してない店も多く存在します。

また、メンテナスや時間外の場合はATMは利用ができません。

急にお金が必要な場合に借りられない場合は、別のATMや振込融資などでの借入に切り替える必要があります。

アイフルカードがコンビニATMで使えないのはどんなとき?

「いざお金を借りよう」、または「返済日が近いので入金しよう」とコンビニATMに行ってアイフルカードを入れたのに「お取り扱いできません」と表示されたらどうすればよいのでしょうか。

コンビニATMが利用できない場合、カード自体に問題があるケースやATMやアイフル側に問題があるケースが想定できます。

カード自体の破損や磁気不良

カードを使っているうちに、磁気不良や破損が起こってしまうことがあります。

この場合は、カードの再発行が必要になるので素早く会員専用ダイヤル(0120-109-437)へ連絡を入れましょう。

受付は平日9:00~18:00です。

暗証番号の間違い

他のカード等の暗証番号と混同してしまって、数字を間違えていることがあります。

暗証番号の入力間違いを6回してしまうと、セキュリティーロックがかかり利用停止となります。
借入や返済したい場合には、カードの再発行が必要になります。

暗証番号を忘れてしまった場合も、カード再発行となるため暗証番号の管理には注意しましょう。

ATMが原因の場合

ATMのメンテナンスは、指定している時間以外でも作業が行われている可能性もあります。

また、提携ATMとアイフルのサイトに記載されていても、実際の店舗ではアイフルと提携していないATMを設置してある場合もある可能性があります。

利用前に提携ATMに貼ってあるステッカー等を確認しましょう。

借入しようと思っても借りられないとやはり焦ってしまいますね。

アイフルカード以外での借入方法もできるようにしておくと、いざというときに安心です。

まとめ

アイフルのコンビニ提携ATMは、コンビニらしい便利さがあります。

カードを使った借入に加えて、セブン銀行やローソン銀行のような提携ATMならスマホアプリを使った借入や返済が可能です。

もちろんアプリならカードレスで借入ができますので、カードを忘れた場合にお金が必要になっても安心でしょう。

また、提携ATM以外にファミリーマートならFamiポートで発券して返済するという方法も使えます。

アイフルで、コンビニを活用した借入・返済は設置場所の多さや利便性の高さがやはりおすすめです。

ただし、アイフルの自社ATMとは違って、コンビニATMは利用の都度手数料が必要になります。

利用頻度などによっては、手数料が高額になってしまう可能性もあるでしょう。
上手に他の借入や返済方法と組み合わせるとよいでしょう。

RELATED POST