消費者金融

消費者金融では利用限度額をどうやって決めているの?増額する方法も解説

利用限度額とは、消費者金融で借入れできる上限金額のことです。

例えば「利用限度額が30万円」であれば、30万円までなら消費者金融から借入れ可能という意味です。また30万円の範囲内であれば、借入れや返済を自由に繰り返せることを言っています。

利用限度額は、毎月借り入れ可能なお金の上限ではないことにも注意しましょう。

例えば利用限度額30万円のカードも持つ人が、5万円を借りたとします。
そのまま返済をしなかった場合は、翌月に消費者金融から借りられる金額は30万円から5万円を引いた25万円です。

利用限度額は返済した分だけ枠が増える仕組みです。
そのため5万円を借りて3万円を返済すれば、借りられるお金が28万円に増えます。

消費者金融を賢く利用するには、借入れと返済のバランスを知ることが大切です。限度額を超えてから気付くのではなく、日ごろからしっかりと把握しておきましょう。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

消費者金融の利用限度額が決まる 3つのポイント

消費者金融の利用限度額がどのように決まるのか、気になりませんか?

利用限度額は、利用者の信用や返済能力を加味して決定されます。ここでは利用限度額が決まる3つの条件を解説します。

消費者金融によって最大借入限度額は違う

最大限度額は、消費者金融によって大きく異なります。大手消費者金融の借入限度額は以下のとおりです。

消費者金融 借入限度額
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
アコム 800万円
アイフル 800万円

消費者金融によって異なるものの、おおよそ500万円~800万円が利用限度額です。
しかし、いきなり最大限度額まで借りられることはあまりありません。

初回利用であれば、利用限度額50万円以下が一般的です。
利用限度額100万円でも、初回の場合、レアなケースといえます。

消費者金融の利用限度額は年収で決まる

消費者金融の利用限度額は総量規制によって決定されます。
総量規制とは「年収の3分の1までしか借入れができない」という貸金業法上の決まりです。

例えば年収300万円の人であれば、最大限度額は100万円となります。
総量規制は、消費者金融それぞれから100万円づつ借りられるという意味ではないことに注意しましょう。

仮に、年収300万円の人がA社から30万円・B社から70万円を借入れていたとします。
総量規制に当てはめると、B社から借りた時点で100万円を超えるためC社からの借入はできません。

ただし、借入れの一部でも返済した場合は、限度額の枠が開くため、新たな借入れが可能となります。

総量規制とは?

総量規制は、過度な貸し付けから利用者を守るため、年収を基準に3分の1以上の貸し付けを禁止した制度です。

2010年、多重債務者の自殺や破産が社会問題となったことをきっかけに施行されました。
ただし住宅ローンやマイカーローンなど、利用者の利益に反さないとされる貸し付けについては対象外です。

消費者金融の限度額は審査によって決まる

消費者金融は、申込者からの情報をもとに、まずはスコアリング審査を行います。
スコアリングとは、過去の膨大な申込者データをもとに申込者を精査し、個人属性に点数をつけることです。

点数が高いほど、返済能力の高い顧客であるという目安になります。
スコアリングの基準は消費者金融によって異なり、明確な答えは公開されていません。

しかし消費者金融としても、お金を貸す以上、必ず行わなければならない重要な作業です。

スコアリングで点数をつける基準は業者によって異なり、A社で審査に落ちたとしても、B社の審査に通ることは十分にありえる話です。

スコアリング審査をパスすれば、次は人の手で審査が行われます。

消費者金融の審査はスコアリングと人の手によるものの二段階になっているとイメージするとよいでしょう。具体的な審査のポイントにつていは、次章で解説します。

消費者金融が限度額を決める際に見る審査のポイント 3つ

消費者金融が限度額を決める際、一体なにを見ているのでしょうか。借入先によって若干違いはあるものの、主に以下の3つです。

申込者の属性

属性とは、申込者の勤務先や勤続年数・家族構成・持ち家の有無など、基本情報以外の部分を差します。
勤務先や雇用形態などが分かれば、滞納や遅延のリスクは低いと判断されるためです。

公務員や大手企業の社員などは、比較的評価が高くなる傾向にあります。
逆に収入があっても、パートやアルバイト・自営業主などの評価は低くなるかもしれません。

また勤続年数も評価のポイントとして挙げられます。
同じ職場で長く働いているほどに評価は高くなり、働き始めたばかりであるほどに審査には通りづらくなるでしょう。

転職を検討している場合は、退職前に申し込みを済ませておくか、転職先で半年程度働いた後に申し込むのがベストです。

年収

消費者金融の利用限度額は、年収が高くなるほど有利になりやすいです。
総量規制も大きく影響してきますが、一番重要なポイントは返済能力でしょう。

消費者金融としても、貸した以上は返してもらう必要があります。
そのため高収入かつ、安定した職に就いている人ほど高評価となるのです。

ただし、例外があります。
いくら年収が高く安定した職業についていても、借金まみれという人はいます…。必ずしも高収入=消費者金融での評価に繋がるわけではないため注意が必要です。

信用情報

消費者金融に申し込むと、利用者の情報は信用情報機関に照会されます。
信用情報機関とは、利用者の借入れ状況が記録されたデータバンクのことです。

借入れの状況はもちろん遅延や滞納・破産などの情報も事細かに記録されています。
最近では携帯電話料金や奨学金の滞納まで記録されるようになりました。

信用情報は消費者金融間で共有されているため、A社で起こした金融事故であってもB社にバレる仕組みになっています。隠すことはまず不可能であると考えましょう。

もし信用情報に遅延や滞納といった「金融事故情報」ある場合、審査に通ることはありません。いくら年収が高くても、大手企業に勤めていても、返済能力がなければアウトなのです。

消費者金融は貸し倒れのリスクを回避するため、利用者の信用情報には一番注意しています。

信用情報とは?

利用者の住所や氏名・生年月日などの基本情報はもちろん、勤務先や勤続年数・年収などが記録された巨大なデータバンク。

現在のみならず過去の借入れ状況や、遅延・滞納も記録されているため、返済能力が一目瞭然です。信用情報に事故履歴がある場合、消費者金融の審査に通ることはまずありません。

ただし、事故情報は永遠に残るわけではなく、おおよそ5年程度で削除されます。

消費者金融では、初回契約時の融資額は50万円以下になる

消費者金融で初めてお金を借りる場合、初回は利用限度額50万円以下とされることが多いです。

消費者金融のホームページなどで借入れ最大限度額を確認すると500万円~800万円と記載されているのをよく見かけます。

しかし初回で500万円~800万円も借りるのは、かなり難しいと考えましょう。
理由は、消費者金融との信用に関係があります。

消費者金融からすれば、初めての利用者がどのような人であるかは、まだわかりません。
人間関係でも最初はどんな相手かと不安になりますよね。似たような感じであるとイメージしてみましょう。

消費者金融はまだ利用者が「計画的に返済をしてくれるのか」「何かあった時相談してくれるのか」と不安に思っています。

そのため初回は少額の貸し付けを行い、しばらく様子を見た後、増額の打診をするか否かを検討するのです。

最初のうちはしっかりと返済をし、消費者金融との信頼関係を作るよう努力すると、増額審査などにも通りやすくなります。

希望融資額によっては収入証明の提出が必要

消費者金融から借入れをする際、収入証明による年収確認が必要なケースがあります。貸金業法に基づき、収入証明が必要な場合は以下の通りです。

  • 消費者金融の利用限度額が50万円の場合
  • 消費者金融複数社から借入れをしている合計額が100万円を超えている場合
  • 前回収入証明書を提出してから3年以上経過している場合

収入証明書の提出条件は消費者金融によって異なるため、必要に応じて指示に従いましょう。

例えばSMBCモビットであれば、借入金額に関係なく提出が必要です。

収入証明書は市区町村の役場や職場・税務署で発行できます。直近の分を用意しましょう。

消費者金融の限度額を上げるための 4つのポイント

限度額を上げてもらうためには、自分から増額を申し出る必要があります。

しかし増額にも審査があり、受かるためにはちょっとしたコツが必要です。ここでは、消費者金融で限度額を上げるためのポイントについて解説します。

滞納や遅延をしない

増額をしてもらうためには、消費者金融からの信頼を勝ち取るのが一番の近道です。
そのため、遅延や滞納はせず、返済日には必ず返済しましょう。

返済をきっちりとすれば、消費者金融からの信頼も高まり、限度額を上げるための審査に通りやすくなります。

返済方法はいくつかありますが、うっかり忘れてしまいそうな人は口座振替にしておくのがおすすめ。
ただし、お金が足りなくて引き落とせないことのないよう、残高は常にチェックしておきましょう。

定期的に利用する

消費者金融を定期的に利用することも増額を受けるために大切です。
たまに借りては完済を繰り返すだけでは、消費者金融も利用者の状況をなかなか掴めません。

そのため、なるべく定期的に借入れと返済を繰り返すようにしましょう。
普段からよく利用することで、消費者金融に優良顧客であると認識されやすくなり、増額審査に通りやすくなります。

利用状況によっては減額もありえるので注意

増額審査に申し込みをする場合、タイミングに注意しましょう。
もし初回申し込み時よりも属性が変わっていた場合、審査に通らない可能性があります。

属性の変化とは、増額の審査をする上で大切なポイントが変わったことを指します。例えば、収入の減少や転職などです。

前回より条件が低下した場合、増額どころか減額も十分考えられます。
もし不安を感じるのであれば、今は増額申し込みを少し待ち、体制が整ってからチャレンジしましょう。

消費者金融からの案内を待つ

消費者金融を利用していると、増額の案内を受けることがあります。
消費者金融に優良顧客と認められた証拠でもあるため、必要に応じてOKを出しましょう。

ただし案内があったとしも、増額の審査は都度行われます。
自身で増額の申し込みを行った場合より可能性は高いものの、確実ではありません。

また、増額の打診を断ったからといって今後の借入れ状況が不利になることもないので安心してください。

転職などで年収が増えると、増額に有利になるのか

転職で年収が増えても、増額に有利になるとは言い切れません。

消費者金融で借りるにあたり、気になるのは年収ではないでしょうか。
現在は、総量規制によって年収の3分の1までしか借りることはできません。

そのため収入が多いほど、たくさんお金を借りられるような気がするかもしれませんね。
しかし消費者金融の審査には、勤続年数も大きく関係しています。収入が増えても、転職によって勤続年数が下がれば、消費者金融の審査には不利になるため注意しましょう。

消費者金融は勤続年数について明確な基準を公開していないため、曖昧な部分も多くあります。
しかし勤続年数は長いに越したことはありません。転職をしたら、半年から一年程度働き、その後消費者金融への申込を行うのがよいでしょう。

消費者金融の借入初回で限度額いっぱいまで借りるとどうなる?

消費者金融の初回で限度額いっぱいまで借りるのは、なるべく控えましょう。

消費者金融の審査に通ると、利用者に借入限度額が知らされます。
限度額の範囲であれば自由に使えるため、初回借入で限度額いっぱいまで借りること自体に問題はありません。

しかし、借りるほどに月々の返済負担は大きくなります。
そのため、返済がしっかりできるのかを考えていかなければなりません。どうしても不安から「少し多めに借りておこう」という心理が働きがちです。

しかし返済金額には利息が上乗せされるため、借りた分だけ返せばいいという、シンプルな方法ではありません。
一度でも返済が滞ってしまうと、カードの利用停止や信用情報に傷がつく可能性もあります。

信用情報に傷がつくと、他のローンにも影響が出るため、将来住宅ローンやカーローンを組めなくなるかもしれません。

消費者金融での借入れは、必要最低限にとどめるのが賢い使い方です。シミュレーションを行うなどして、返済状況の把握を行いましょう。

消費者金融の利用限度額決定のポイントは総量規制と審査

消費者金融の上限額は、総量規制によって決まっており、年収の3分の1以上の借入はできません。
また、初回限度額は属性や信用情報によっても異なりますが、おおよそ50万円以下であるとイメージしておくとよいでしょう。

もし希望の金額に届かなくても、将来的に増額も可能なので、安心してください。
消費者金融に遅れずに返済をし、利用実績を積むことで、増額の打診がくるかもしれません。限度額を上げるためには、消費者金融との信頼関係が必要不可欠なのです。

RELATED POST
消費者金融で借りる6つのデメリット 消費者金融

消費者金融で借りる6つのデメリット!消費者金融は一度でも借りると終わりなのか「やばい」と言われる原因

2021年11月10日
マネープランニング
「消費者金融でお金を借りたい」思っても、いざ借りた場合にどんなデメリットがあるのか心配になる方も多いでしょう。 どんなローンでも、メリ …
消費者金融

消費者金融における上限金利の相場は高い?消費者金融の金利から利息を計算する方法

2021年11月10日
マネープランニング
消費者金融で借入をするときには欠かすことができない比較項目は、「金利」「申し込み方法」「返済方法」「他にはないサービス」の4つがあります。  …