クレジットカード

【2022年最新】クレジットカード入会特典キャンペーン一覧

クレジットカードを新規申込する際、選択の参考にしたいのがキャンペーンです。

クレジットカードのキャンペーンには、ポイントが獲得できるものや現金がキャッシュバックされるもの、商品プレゼント等いろいろな特典があります。

キャンペーンの対象や期間は様々ですが、どのクレジットカードのキャンペーンでもメリットであることは変わりません。

クレジットカードによってある程度キャンペーンの傾向があり、その傾向を知ることで新規入会時だけでなく、発行後もお得に活用することができます。

今回は、お得なキャンペーンを実施しているクレジットカードを紹介すると共に、キャンペーンの選び方などを解説します。

クレジットカード入会特典キャンペーン一覧
カード名 キャンペーン内容 年会費(税込) 還元率 国際ブランド
JCB CARD W キャンペーンAmazon.co.jpでの利用分20%キャッシュバック 永年無料 1.0%~5.5% JCB
三井住友カート゛ (NL) 最大8,000円相当プレゼント 永年無料 0.50%~5.00% Visa/Mastercard
JCB一般カード Amazon.co.jpでの利用分20%キャッシュバック 1,375円
※オンライン入会で初年度無料
※2年目以降無料条件あり
0.50%~5.00% JCB
三菱UFJカード VIASOカード 最大10,000円キャッシュバック 永年無料 0.5%~10.0% MasterCard
ライフカード 最大10,000円相当プレゼント 永年無料 0.50%~1.00% Visa/Mastercard/JCB
イオンカードセレクト Web入会すると最大5,000円相当進呈 永年無料 0.50%~1.50% Visa/Mastercard/JCB
エポスカード 2,000円相当プレゼント 永年無料 0.50%~1.00% VISA
ソラチカカード 最大17,800マイル相当プレゼント 2,200円
※初年度無料
0.50%~1.00% JCB
リクルートカード 最大6,000円相当ポイントプレゼント 永年無料 1.20%~4.20% Visa/Mastercard/JCB
楽天カード 最大5,000ポイントプレゼント 永年無料 1.00%~4.00% Visa/Mastercard/JCB/AMEX
au PAYカード 新規入会&利用で最大10,000ポイントプレゼント 無料
※auIDに紐づく契約がない場合、かつ1年間利用がない場合1,375円
1.00%~2.50% Visa/Mastercard
セブンカードプラス 最大3,400nanacoポイントプレゼント 永年無料 0.50%~1.00% Visa/JCB
dカード 最大5,000ポイントプレゼント 永年無料 1.00%~4.00% Visa/Mastercard
アメリカン・エキスプレス®・カード 最大15,000ポイントプレゼント 13,200円 0.50% AMEX
FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

クレジットカードのキャンペーンとは?

クレジットカードのキャンペーンは、条件を満たすことでお得な特典を受け取ることができるものを言います。

キャンペーンの条件は様々ですが、その多くは新規入会や家族カードの発行、一定額以上のカード利用などが多いです。

この条件からわかるようにキャンペーンはクレジットカード会社による入会や利用の促進として使われています。

特典として受け取れるものは、数千円~数万円相当のポイントや現金キャッシュバックが主流ですが、その他にも商品プレゼントやギフトカードプレゼントなどもあります。

申込するクレジットカードに悩んでいる場合は、このキャンペーン内容をクレジットカード選びのポイントとして注目しても良いでしょう。

お得なキャンペーンの選び方

クレジットカードのキャンペーンは、一見するとどれもお得に見えるでしょう。
しかし、そのお得の裏にはいろいろな条件があります。

そもそもクレジットカードのキャンペーンに限らず広告はプラス要素を目立つように記載し、細かい条件などは目立たないように作られていることが多いですよね。

そこで本当にお得なキャンペーンを選ぶためのポイントを4つご紹介します。

  1. キャンペーン期間の有無
  2. キャンペーン条件と特典内容
  3. クレジットカードの基本サービスに不足がないか
  4. 会員向けのキャンペーンが充実しているか

①キャンペーン期間の有無

まずは、キャンペーン期間内に提示されている条件をクリアできるかを確認しましょう。

この確認を怠るとせっかく条件をクリアしたのに終了日に間に合わず、結果特典を受けられなかったということになるからです。

キャンペーンには期間限定のものと終了日未定という実質無期限のものがあります。
無期限のキャンペーンは問題ありませんが、期間が限定されているキャンペーンの場合は少々注意が必要になります。

確認する点は1つ。
そのキャンペーン期間内に何を達成すればよいかだけです。

昨今のキャンペーンには下記のような期間と条件が多くあります。

  • 期間内に申し込みを完了すること
  • 期間内にクレジットカードが発行されること
  • 期間内に○○円以上の利用をすること
  • 期間内に特定サービスに登録すること

    申し込みや登録はほとんどの場合、ネットでリアルタイム受け付けができるので申込者本人のタイミングでコントロールできます。

    しかし、クレジットカードの発行となると申込は期間内にできても、審査にどれだけの時間がかかるかわかりません。

    キャンペーン期間ギリギリに申込しても実際クレジットカードが発行されるまでに時間がかかり、キャンペーン期間を過ぎてしまうという結果になりかねないのです。

    また指定金額以上の利用などの場合も、実際の利用日ではなくカード会社の締め日や請求日で判定されることがあります。

    これらを確認し、確実に期間内に条件を達成できるキャンペーンを選ぶようにしましょう。

    余談ですが、キャンペーンの中には上記に挙げた条件が複合しているものもあります。
    いろいろなパターンがありますが、多くは「期間内にカードを発行し、〇〇円以上利用する」や「期間①内にカードに申し込み、期間②内に〇〇円以上利用する」などです。

    ②キャンペーン条件と特典内容

    何をすればどのような特典を受けることができるのかを細かくチェックしましょう。

    特典内容は目に付きやすいですし、そもそもの目的なので見逃すことはないですが、細かい条件を見落とすことが多いからです。

    大々的に「〇〇カード入会で最大10,000円相当のポイントプレゼント」と記載があると、カードに申し込みすれば10,000円分のポイントを獲得できると思う人が多いでしょう。

    しかし、よくよく詳細を確認すると条件や特典が段階的に分割されており、実際手にできたのは数千円相当のポイントだったということがあるのです。

    段階的条件・特典の一例
    1. カード発行で1,000円相当のポイントプレゼント
    2. 10,000円以上のカード利用で2,000円相当のポイントプレゼント
    3. 携帯電話の支払い方法にカードを設定すると3,000円相当のポイントプレゼント
    4. 支払い方法をすべてリボ払いに登録すると4,000円相当のポイントプレゼント

      更に特典で付与されるポイントは利用可能期間や用途が限定されていることもあります。

      カード発行やカード決済は簡単にクリアできますし、メインカードとして申込するのであれば携帯や公共料金の支払いに設定することも可能な範囲でしょう。

      しかし、リボ払い登録のハードルは非常に高いですよね。
      更にほとんどの場合、カード利用分のすべてがリボ払いとなる設定にするだけでなく、その後数か月はその設定を変更せずにカードの利用も必要になります。

      結局、リボ払いの手数料をカード会社に支払う人にはより高額なポイントを進呈しますということです。

      一見、高額な特典を受けられそうなキャンペーンでもよくよく確認すると条件クリアが難しいこともありますので、注意してくださいね。

      ③クレジットカードの基本サービスに不足がないか

      キャンペーン内容の善し悪しに関係なく、対象のクレジットカードの還元率や年会費、サービス内容が自分のライフスタイルに合っているかを確認しましょう。

      キャンペーンはあくまでも一時的なものであり、今後長期的に利用するクレジットカードの内容が自分に合っていなければお得とはいえなくなるからです。

      入会することで1万円もらえるクレジットカードのキャンペーンがあったとします。
      しかし、そのクレジットカードの還元率は0%で利用してもポイントはつかず、特定の店舗での割引サービスなどもなく、年会費は有料だったらどう思いますか?

      これなら申込時のプレゼントがなくても通常還元率1.0%のクレジットカードや特定店舗で毎回割引を受けられるクレジットカードの方が何倍もお得ですよね。

      もちろんこれは還元率に限ったことではありません。
      頻繁に旅行へ行く人なら旅行傷害保険が付帯されていることで保険料の支払いが不要になります。
      また、電子マネーの利用頻度が高い人はオートチャージに対応したクレジットカードを利用することで残高確認や都度チャージの手間がなくなります。

      たった一度のキャンペーンがどんなに魅力的でもその後、長期的に継続利用するクレジットカードの基本サービスにはかないません。

      キャンペーンは、クレジットカード選びの参考程度に考え、クレジットカード本来のサービスを重視して選ぶことをおすすめします。

      ④会員向けのキャンペーンが充実しているか

      カード会員向けのキャンペーンが充実しているかを確認しましょう。

      カード会員向けのキャンペーンが充実していると入会後もお得に使い続けることができるからです。

      クレジットカードのキャンペーンというと新規入会時のキャンペーンが目立っていますが、実はカード会員向けのキャンペーンも多数実施されています。

      ゴールデンウイークや年末年始などクレジットカードの利用を促進できそうな時期に、利用額に応じた商品券やポイントのプレゼントがあったり、抽選でテーマパーク貸し切りに招待やレア商品プレゼントがあったり、新規入会よりも幅広い内容があります。

      JCB CARD WのJCBカードや三井住友カードナンバーレスの三井住友カードなどは、カード会員向けのキャンペーンが非常に充実しています。

      JCBカードは東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーなので、ディズニー系のキャンペーンが多いことでも有名ですね。

      また、キャンペーンはポイントや商品のプレゼントとは限りません。
      カード会員限定のセールが開催されるなどもキャンペーンの1つと考えてよいでしょう。

      新規入会時のキャンペーンも魅力的ですが、入会後もお得なキャンペーンが多数開催されるクレジットカードを選べるとよりお得を実感できますよ!

      キャンペーンの種類を知って使い分けよう

      クレジットカード会社が開催するキャンペーンは、大きく分けて2種類あります。

      1. クレジットカード新規申込者を対象としたキャンペーン
      2. 既存カード会員を対象としたキャンペーン

      ①新規申込者を対象としたキャンペーンは、その名の通り対象のクレジットカードを持っておらず新規に申込する人向けです。

      ②既存カード会員を対象としたキャンペーンは、カード会員やその家族・友人を対象としたキャンペーンとなります。

      ①はカード会社が会員を獲得するという大きな目的があると同時に、入会時1回きりのキャンペーンなので特典が豪華な傾向にあります。

      対する②の既存カード会員を対象としたキャンペーンは新規申込キャンペーンほどの豪華さはありません。

      しかし、②のキャンペーンが豊富なクレジットカードは、入会後も継続的にお得な利用ができると考えられます。

      尚、②のキャンペーン内容は概ね下記の4種類に分類されます。

      (1)本会員が保有する本カードを対象としたキャンペーン
      例:カードの支払い方法をリボ払いに変更すると商品券プレゼント

      (2)家族会員が保有する家族カードを対象としたキャンペーン
      例:キャンペーン期間内に家族カードを〇〇円以上利用で▲▲ポイントプレゼント

      (3)本会員家族の中で家族カード非会員を対象としたキャンペーン
      例:キャンペーン期間中に家族カードを発行、利用すると▲▲ポイントプレゼント

      (4)本会員、家族会員の知人・友人を対象としたキャンペーン
      例:会員が紹介した友達がカードを発行し、1万円以上利用すると会員・友達共に5,000円分の商品券プレゼント

      ①のキャンペーンばかりでなく、②の豊富さにも目を向けると良いでしょう。

      キャンペーン利用時の注意点

      キャンペーンを利用する時にいくつか注意をしてほしいポイントがあります。
      注意点に気を付けることで、自分にとって本当にお得なキャンペーンを見つけることができるでしょう。

      1. キャンペーン条件は詳細までチェック!
      2. ポイントの種類・有効期限・用途に注意
      3. キャッシングやリボ払いは安易に利用しない

      ①キャンペーン条件は詳細までチェック!

      キャンペーン参加の前には、必ず詳細までをチェックしましょう。実際にキャンペーンに参加したら思っていた特典が受けられなかったという結果を招く可能性があるからです。

      これは、キャンペーンの詳細までをしっかり確認していないために起こることです。

      クレジットカード会社が開催しているキャンペーンに嘘はありません。
      特典を受けられる条件や期間、注意事項などは目立たなくとも必ず関連ページに記載してあります。

      キャンペーンの選び方でも触れていますが、高額なポイントや商品券がもらえるキャンペーンはより注意が必要です。

      キャンペーン本来の内容をしっかりとチェックして、予想通りの特典を受けられるようにしてくださいね。

      ②ポイントの種類・有効期限・用途に注意

      キャンペーン特典がポイントの場合、もらえるポイントの種類や有効期限、用途に指定がないか確認しましょう。

      せっかく受け取ったポイントを持て余し、結局得をしなかったという結果になりかねないからです。

      最近のキャンペーンでは、ポイント還元を特典とするものが多くありますね。
      キャッシュレス決済が主流となった現在、ポイントは現金同様の価値があり嬉しい特典でしょう。

      しかし、キャンペーンなどのイベントで付与するポイントは、通常クレジットカードで貯まるポイントとは異なる条件の場合があります。

      まずは、もらえるポイントが自分にとって使いやすいポイントなのかが重要です。
      どんなに高額なポイントをもらっても使えないポイントでは意味がありません。

      次に注意したいのは、ポイントの有効期限です。

      通常、有効期限が最終獲得or利用日から1年のポイントであってもキャンペーンで付与されるポイントに限り有効期限が1か月、3か月など短期間の場合が多いです。

      有効期限があることさえ知っていれば、その期間内に使うことはさほど無理がないと思いますので、必ずチェックしてくださいね。

      最後にポイントの用途が限定されていないかを確認しましょう。

      共通ポイントが特典になっている場合に多いですが、「定められたサービスにのみ利用可能」と「定められたサービスには利用不可」の2種類があります。

      後者の場合は、さほど制限がないのでもらったポイントを持て余すことは少ないでしょう。

      しかし前者の場合、そのサービスに興味がなかったり、利用予定がなかったりすると利用することができないまま期限切れになってしまいます。

      ③キャッシングやリボ払いは安易に利用しない

      キャッシングやリボ払い登録をすることで特典を受けられるキャンペーンは、損をする可能性があります。どちらの場合も利用額に対して手数料や利息などの余計な支払が発生するからです。

      特にリボ払いは、安易に契約・登録してしまう人が多い傾向があるように感じます。恐らくは、一旦登録してもすぐに解除すれば問題ないと思っているからでしょう。

      しかし、リボ払いに関するキャンペーンの多くは、クレジットカード利用分すべてが自動的にリボ払いになるコースに登録し、数か月間解除せず、更にカードを利用し、手数料を支払うことすべてが条件になっています。

      親切なカード会社では注意事項や条件欄に「リボ払い手数料の支払が発生すること」とまで記載しているのです。結局、キャンペーンの特典相応の支払が発生すると思った方が良いです。

      キャンペーンはクレジットカードについてくる「おまけ」程度に考え、キャンペーンのために自分が出費することのないように注意しましょう。

      クレジットカードキャンペーンに関するQ&A

      ポイントプレゼントは実際お得なのでしょうか?

      条件ともらえるポイントにより損得は分かれますが、新規入会するだけでポイントがもらえるキャンペーンに関してはお得と考えてよいでしょう。
      但し、注意点で解説しているようにキャッシングやリボ払いなど利用予定のないものを無理に利用して特典を受けるような場合は、得とは考えられません。
      キャンペーン参加前に条件をよく確認しましょう。

      抽選系キャンペーンは本当に当たりますか?

      確率云々はわかりませんが、当選者は必ずいると思ってよいでしょう。
      キャンペーンなどの景品類の提供についてはきちんと法律があり、消費者庁や公正取引委員会が不正のないように管理しています。
      以前、抽選系のもので正当な抽選を実施していなかったことが発覚して問題になった例もあります。

      キャンペーン特典を受け取り後、すぐにカードを解約しても良いですか?

      クレジットカードの規約、キャンペーンの条件に触れていなければ問題ありません。
      実際に特典目当てで入会をしている人も少なからずいるはずです。

      但し、クレジットカードの入会や解約は個人情報機関に履歴が残りますので、繰り返すことでクレジットカードの審査に通りにくくなる可能性があります。

      また、クレジットカード会社も特典目当てでの入会・解約を防ぐため、入会から特典を受け取れるまでに数か月期間をあけるなどの対策をしています。

      キャンペーンがおすすめのクレジットカードは何ですか?

      新規入会キャンペーンに限っていえば、各社のゴールドカードやアメリカン・エキスプレス・カードでしょう。
      年会費が発生するクレジットカードはキャンペーンでもらえる額もそれなりに高額になります。

      また、JCB CARD Wやdカード、楽天カードは会員向けのキャンペーン開催が多く、入会後も様々なキャンペーンに期待できます。

      現在実施しているキャンペーンを確認する方法はありますか?

      一番確実なのは、各クレジットカード会社の公式サイトをチェックすることです。
      当サイトなどクレジットカードのキャンペーンをまとめているサイトも多数ありますが、急な変更、終了の情報が早期に確認できるのは公式サイトだからです。

      キャンペーンの特典目的で多数のカードに申し込みしても良いですか?

      特典目的で複数のクレジットカードに申し込みすることは可能です。
      但し、一気に複数枚のクレジットカードに申し込みすると「多重申込」という審査に落ちる要因になるため、ある程度期間を開けて申込することをおすすめします。

      既に保有しているカードを一旦解約して再度キャンペーン期間中に入会しても特典をもらえますか?

      一般的にはキャンペーン対象外となるでしょう。
      多くの新規入会キャンペーンの注意事項欄に既存会員の再入会や過去に契約していた方の入会は対象外との記載があります。

      還元率が低くても入会キャンペーンでたくさんのポイントがもらえれば、お得なクレジットカードといえるのでしょうか?

      クレジットカードの還元率や継続利用期間、毎月の利用額などにより異なります。
      しかし、新規入会キャンペーンは入会時1回きりの特典ですが、クレジットカード本来の還元率は、そのクレジットカードを利用している限り常に還元されます。
      このことからそのクレジットカードを長期間継続利用していれば、いつかはキャンペーンの付与ポイントを超えることになるでしょう。

      RELATED POST