仮想通貨(暗号資産)

DMMビットコインの評判や口コミはどう?手数料やレバレッジとキャンペーンを紹介

DMMビットコインは動画配信などで有名なDMMグループを親会社に持つ大手国内取引所です。
FXサービスなども長年にわたって提供しており、
万全のセキュリティ体制に定評があります。

高いセキュリティ体制以外にも、BitMatchと呼ばれる独自のサービスを展開していることでも有名な取引所です。

本記事ではDMMビットコインの基本的な情報やメリットデメリットを併せて紹介しています。

ネット上の口コミだけでは分からない、DMMビットコインの実際の評判を紹介しています。

DMMビットコインの基本情報を理解して、安心して暗号資産取引を始めましょう。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

DMMビットコインの評判を読む前に知っておきたい基本情報

ネット上で見られるDMMビットコインの口コミや評判が正しいのかを判断する為に、実際にどのようなサービスが提供されているかを知っておきましょう。

特に暗号資産を取り扱っている取引所では、過去にハッキングなどの事件が発生しているため、セキュリティ面に対しては事前に確認しておかなければならない重要な要素です。

DMMビットコインの基本情報や親会社についてまとめましたので紹介します。

DMMビットコインはDMMのグループ会社

DMMビットコインは動画配信事業など国内で様々なデジタルサービスを提供しているDMMを親会社に持つ国内大手の取引所です。

DMMグループでは動画配信業以外にもオンライン証券会社であるDMM FXなども運営しているため、万全のセキュリティ体制を備えており安心して取引を行えるのが特徴です。

DMMビットコインもDMMグループの1つであり暗号資産の取引を目的とした国内取引所になっています。
DMMビットコインの基本情報は以下の通りになっています。

DMMビットコインの基本情報
取引所名称 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
取引方法 現物取引
レバレッジ取引

最大レバレッジ 2倍
取引手数料 販売所:無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料
最小取引単位 0.0001BTC
セキュリティシステム 2段階認証・コールドウォレット・生体認証・SSL暗号化通信・顧客資産の分別管理

動画配信業で有名なDMMグループではDMM FXなどのオンライン証券も運営しており、DMMビットコインも2段階認証やコールドウォレットなどの万全のセキュリティ体制の基で暗号資産取引が初めての方でも安心して取引が行えます。

DMMビットコインの評判・口コミ

実際にDMMビットコインを利用しているユーザーが投稿しているネット上の評判や口コミを紹介していきます。

毎週行われているメンテナンスやDMMビットコインのセキュリティ体制などに関して実際にDMMビットコインを利用しているユーザーの評判をいいものと悪いものどちらも確認していきます。

悪い評判・口コミ

全体評価 2点

カダヤシ 30

メンテナンスが長い

DMMビットコインでは毎週水曜日に定期メンテナンスを実施しているのですが、これがとにかく長く感じます。
昔は6時間くらいかけていたということで今はマシになっているようですが、それでも毎週2時間はメンテナンスに取られてしまいます。
絶好の買い場だと思っても取引できないのは、やはりもどかしいと感じてしまいますね。
他の機能性に大きな問題はないので、その点を改善してもらえるともっと使ってみたくなると思います。

全体評価 2点

とらりん 40

ロスカットの証拠金維持率水準が低い

レバレッジ取引をひんぱんに行うので、DMMビットコインはよく利用します。ただ、「ロスカットの証拠金維持率水準が低い」のがデメリットに感じます。
ロスカットの証拠金維持率水準が低いとすぐに水準に到達してしまい、自動で売却されてしまいます。もう少し待ってくれれば、価格が上がっていたのにと思うことが多々あるので、ロスカットの証拠金維持率水準をもう少し上げてほしいなと感じています。文

全体評価 2点

UCHIYAMA 50

臨時メンテナンスがある

毎週2時間ほどメンテナンスに時間を使っている点が気になります。もちろん、メンテナンスをすることでセキュリティ対策にもなることは分かりますが、2時間のメンテナンスは長いですね。。。
また定期メンテナンス以外にも臨時メンテナンスもあります。
多い時には毎日のようにメンテナンスがあり、まともに取引できないタイミングもありました。
メンテナンス時間をユーザーに影響が小さい夜間にしてもらうとか、何か対策してくれたら嬉しいと思います。

  • メンテナンス時間が長すぎる
  • メンテナンスの経過報告もない
  • スプレッドが広い

DMMビットコインの悪い評判を調べてみたところ、メンテナンスの時間が長すぎることに関して不満を持っているユーザーが多く見受けられました。

実際に調べてみたところDMMビットコインでは定期メンテナンスと称して毎週水曜日に定期メンテナンスを実施しているのがわかりました。

メンテナンス実施中は暗号資産取引が行えないだけでなく新規口座の開設も行えないなど、DMMビットコインの様々な機能が利用できなくなります。

そのため頻繁に暗号資産取引を行うユーザーにとってはメンテナンス中に取引を行えないため不満を持っているユーザーも多くいるのが現状です。

いい評判・口コミ

全体評価 5点

GAFA 30

セキュリティが安心

私はビットコインの取引をするための取引所を選ぶ際に「セキュリティ面で安心できること」を最優先しました。過去にはコインチェックでNEMが流出した件がありましたが、自分が同じ目に遭うのは避けたいですからね。
その点、DMMビットコインは名前を知っている大手のDMMグループが親会社ですから、安心して利用できると思います。
実際にセキュリティ対策も万全に行われているようですし、ひんぱんにメンテナンスが入るのも(イラっとする時もありますが)セキュリティ対策として考えれば安心できます。文

全体評価 4点

レイ 30

口座開設が簡単

DMMビットコインは、とにかく簡単に開設できるところが良かったです。ガイドに沿って手続きをすれば、誰でも開設まで進めると思いますよ。
口座開設もすぐに完了したので、すぐに取引してみたい人にもおすすめできますよ。一方で、チャート画面に出てくる単語は最初は難解で、ネットで調べながら手続きしました。でも、やっていくうちにすぐに慣れるので心配ありません。

全体評価 4点

なつみ 30

アルトコインでレバレッジ取引ができる

DMMビットコインではビットコインだけでなく、14種類のアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。 国内取引所の場合は、レバレッジ取引に対応している暗号資産は「ビットコインのみ」という場合がほとんどだと記憶しています。
DMMビットコインは様々なアルトコインにレバレッジをかけることができるので、短期間に大きな利益を狙えるのが魅力的ですね。 円建てだけではなく「ビットコイン建て」にも対応していますので、非常に便利です。取引の幅が広がるので、今後もちょくちょく利用したいと思います。

  • セキュリティ体制が整ってる
  • DMMが親会社で安心

DMMビットコインの良い評判を調べてみたところセキュリティ体制が万全で安心して取引ができるといった評価をしている口コミが多く見受けられました。

過去に暗号資産を扱う取引所がハッキング被害にあってしまった事件が実際に起きているため、暗号資産を取り扱う取引所のセキュリティ体制はユーザーにとって重要視しなければならない要素です。

DMMビットコインはオンライン証券を運営しているDMMグループを親会社に持っているため非常に高いセキュリティレベルを有していることで有名です。

DMMビットコインでは多くの証券会社が採用しているセキュリティシステムのコールドウォレットを採用しています。

コールドウォレットによってユーザーの資産を保管するため、ユーザーは安心して取引を行えます。

公式サイトを見る

DMMビットコインのメリット・デメリット

DMMビットコインではメリットデメリットとしてそれぞれ以下の点が挙げられます。

  • アルトコインのレバレッジ取引ができる
  • セキュリティに自信あり
  • スマホアプリが使いやすい
  • 問い合わせが簡単で丁寧
  • BitMatchを使うことで取引コストを削減できる
  • 販売所形式の取引のみでスプレッドが広くなりがち
  • 現物取引できる銘柄が11銘柄のみ
  • 出金完了までに時間がかかる

メリットの中には他の取引所には無いサービスや他の取引所よりも優れているサービスなどがあります。

しかし逆にデメリットの中には他の取引所よりも劣っている部分もあるのが現状です。

そのためメリット・デメリットは事前に把握しておくことで自分に向いている取引所なのかを判断する指標となります

これからDMMビットコインのメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

DMMビットコインのデメリット

販売所形式の取引のみでスプレッドが広くなりがち

DMMビットコインでは暗号資産取引が行えるのは販売所形式のみのためスプレッドが広くなってしまうデメリットがあります。

暗号資産取引を行うには取引所か販売所のどちらかで取引を行う必要があります。

取引所ではユーザー同士で暗号資産の売買を行うため、証券会社はユーザー同士の仲介役としての役割をになっており取引所では仲介料として取引手数料が発生するのが特徴です。

一方販売所ではユーザーと証券会社が直接売買を行うため、取引手数料は発生しないがスプレッドが広くなるのが特徴です。

販売所取引では取引手数料が発生しないためスプレッドが証券会社の利益になります。
そのためDMMビットコインでは販売所取引のみしか扱っていないため、取引所取引にくらべスプレッドが広くなってしまうのです。

現物取引できる銘柄が11銘柄のみ

DMMビットコインはDMMグループを親会社に持っている大手取引所なのですが、取り扱っている暗号資産が15銘柄しかなくその中で現物取引が行えるのが11銘柄のみになっています。
同じくマネックスグループを親会社に持つコインチェックは取り扱っている暗号資産が17銘柄で全ての銘柄が現物取引に対応しています。

以下はDMMビットコインとコインチェックの取り扱い銘柄の比較表です。

DMMビットコインとコインチェックの取り扱い銘柄比較表
取引所 DMMビットコイン コインチェック
取り扱い銘柄 ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・ステラ・ルーメン
・イーサラクラシック
・オーエムジー
・エンジンコイン
・アテンショントークン
・モナコイン
・ビットコイン
イーサリアム
・イーサリアムクラシック
リスク
・ファクトム
・リップル
・ネム
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン
・ステラルーメン
・クアンタム
・アテンショントークン
・アイオーエスティー
・エンジンコイン
・オーエムジー
・パレットトークン

上記のようにDMMビットコインで現物取引に対応している銘柄はコインチェックでも現物取引に対応しているのが現状です。

DMMビットコインは現物取引に対応している暗号資産が少ないため、多くの暗号資産(仮想通貨)で現物取引を行いたいのであればコインチェックなど他の取引所と併用する必要があります。

出金完了までに時間がかかる

DMMビットコインは出金まで原則として出金依頼を行った翌営業日から起算して3営業日と決められているため出金完了して口座に反映されるまで時間が掛かってしまいます。

しかし出金依頼を行ってから3営業日の間に土日祝日を間に挟んでしまうと、出金が完了し口座に反映されるまで3営業日以上掛かる場合もあるので注意が必要です。

他の大手国内取引所と比べてもDMMビットコインの出金反映時間は遅くなっています
主な国内取引所との出金反映時間は以下の通りです。

  • コインチェック:最短翌営業日
  • ビットフライヤー:最短当日
  • GMOコイン:最短翌営業日
  • ビットポイント:最短2営業日

出金依頼から口座への反映に3営業日掛かるのは他の取引所に比べとても時間がかかってしまうため、出金を行う際は余裕をもって出金依頼を行う必要があります。

DMMビットコインのメリット

アルトコインのレバレッジ取引ができる

DMMビットコインではビットコインはもちろんのこと14種類のアルトコインでもレバレッジ取引を行えるのが特徴です。

国内取引所はレバレッジ取引を行っていない所が多いだけでなく、レバレッジ取引を行えてもビットコインのみしか対応していない国内取引所が多くなっています

レバレッジ取引は少ない証拠金でも大きな利益を狙える取引手法ですが、同時に大きな損失が発生するリスクもあります。

DMMビットコインでレバレッジ取引に対応しているアルトコインは以下の通りです。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ステラルーメン
  • イーサクラシック
  • テゾス
  • オーエムジー
  • エンジンコイン
  • ベーシックアテンショントークン
  • モナコイン
  • ネム
  • クアンタム
  • シンボル

国内取引所の多くはレバレッジ取引自体が行えないところも多い中で、DMMビットコインはビットコインだけでなく14種類のアルトコインでレバレッジ取引を行えるのが特徴です。

 セキュリティが高い

DMMビットコインはDMMグループを親会社に持っているためセキュリティ体制にとても大きな自信を持っています

DMMグループの中にはオンライン証券会社であるDMM FXも含まれており、DMMビットコインではDMM FXの運営で培った経験を基にしたセキュリティ体制を取っているため非常に高いレベルのセキュリティを保持しています。

DMMビットコインが採用しているセキュリティシステムは以下の通りです。

  • 顧客資産の分別管理
  • コールドウォレット
  • 不正ログイン防止
  • 2段階認証
  • SSL暗号化通信
  • 生体認証

コールドウォレット2段階認証は多くの取引所で採用されているセキュリティシステムですが、生体認証を採用している国内取引所はまだ少ないのが現状です。

生体認証は指紋や顔だけでなく声の3種類の方法で認証を行うため、不正ログインのリスクを抑えられるのが大きな特徴になります。

DMMビットコインはDMM FXで培った経験と生体認証などのレベルの高いセキュリティシステムを採用しているため、ユーザーが安心して取引を行える環境を提供しています。

スマホアプリが使いやすい

DMMビットコインはスマホアプリも配信しており、コインチェックと同様にスマホアプリの使いやすさに定評があることで有名です。

DMMビットコインのスマホアプリは白色を基調とした整理されたシンプルなデザインで作成されており、暗号資産取引初心者のユーザーでも直感的に操作ができるように設計されています。

画面分割機能も搭載しており複数のチャート画面を同時に表示させられるため、チャートの動きを比較しながら取引が行えます。

またチャート上にテクニカル指標をユーザーの好きに表示させられたりと、ユーザー毎に使いやすいようにカスタマイズできるのも大きな特徴の一つです。

DMMビットコインのスマホアプリはシンプルで直感的に操作が行えるだけでなく、ユーザーが使いやすいようにカスタマイズもできるため非常に使いやすく好評です。

 問い合わせが簡単で丁寧

DMMビットコインはサポートが充実しており、簡単に問い合わせが行えるだけでなく対応も丁寧なのが特徴です。

DMMビットコインのお客様サポートの種類は以下の通りです。

  • お問い合わせ専用フォーム
  • LINE

DMMビットコインではLINEからでも365日いつでも簡単に問い合わせが行えます。

LINEからの問い合わせ方法はとても簡単で、DMMビットコインを友達追加した後問い合わせたい内容を入力するだけで問い合わせが完了します。

また問い合わせ対応時間も7:00~22:00時の間であれば365日いつでも対応してくれるため、ユーザーの疑問にすぐ対応できるのでとても便利です。

問い合わせフォームを利用し慣れていない方にもラインや電話といった日常的に使うツールを使うことができるのはDMMビットコインの優れた点です。

BitMatchを使うことで取引コストを削減できる

DMMビットコインではBitMachと呼ばれる国内取引所唯一の注文方法を利用することで取引の際のコストを抑えて取引が行えます。

【BitMach注文とは】

「DMMビットコインが買い手と売り手の仲値を示し、「自分と同じスプレッド幅の逆注文があればその仲値で注文が確定する方式」

通常、仮想通貨の取引には「取引所方式」「販売所」が利用できますが、BitMatch注文はどちらとも違う特長があります。表にまとめると以下の通りです。

特長 注意点
取引所 手数料がほぼかからない 売買が成立しない場合がある
販売所 いつでも売買ができて、注文が簡単 スプレッドが他の方法よりも広い
BitMatch注文 1.仲値で取引できるのでコストが抑えられる
2.売買相手が見つからない場合はDMMビットコインと取引できるので売買できないことがない
取引相手が見つかった場合は手数料が、取引相手が見つからなかった場合にはスプレッドが発生する

BitMatch注文は取引所と販売所の両方の「良いとこどり」を実現できる画期的な注文方法といえます。

Bitmatch注文に魅力を感じるなら、DMMビットコインは有力な選択肢といえるでしょう。

なお、BitMachで発生するBitMach手数料は以下の式で求められます。

BitMach注文手数料=約定数量/取引単位×手数料額

出典:DMMビットコイン公式サイト

上記の画像のケースで1BTCの取引を行った場合、買い値が111万円、売値が110万9,200円です。
つまり通常であれば800円のスプレッドが発生します。

BitMachであれば仲値である111万9,600が適用され、300円のBitMach注文手数料だけで済みます。


そのためBitMachで取引が成立するとスプレッドよりも低いBitMach注文手数料が発生するため、取引の際に発生するコストを抑えた取引が行えるのです。

公式サイトを見る

DMMビットコインのキャンペーン一覧

2,000円プレゼントキャンペーン

概要 新規口座開設完了で、全員にもれなく2,000円を即時プレゼント!
期間 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
プレゼント対象 期間中に、新規に口座開設が完了したお客様

ツイッターキャンペーン

概要 毎日参加可能!その場で当たる!Twitterフォロー&リツイートキャンペーン
期間 2022年5月24日(火)12時00分~2022年6月30日(木)23時59分
プレゼント対象 DMM Bitcoin公式Twitterアカウントをフォローして、対象ツイートをリツイートの上、所定の抽選ページにアクセスされた方の中から抽選で400名様に「500円分のデジタルギフト」をプレゼント。

最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン

概要 キャンペーン期間中に20,000円以上の日本円入金を行い、かつ一定額以上の暗号資産取引を行った方から抽選で400名様に2,000円または10,000円をプレゼント
期間 2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分
プレゼントの抽選条件と当選者数 以下の1.と2.の両方に該当するお客様が抽選の対象。
1.キャンペーン期間中に20,000円以上の日本円入金を行ったお客様2.以下の表に記載された金額の暗号資産取引を行ったお客様

公式サイトを見る

DMMビットコインの各種手数料について

DMMビットコインを利用する上で発生する各種手数料をまとめていきます。

  • 入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引所手数料

各種手数料がいくら発生するか把握しないまま取引を行ってしまうと、獲得した利益が手数料によって想像よりも減ってしまう可能性もあります。
そのため暗号資産取引を行う上で各種手数料を把握しておくことは重要です。

入金手数料

DMMビットコインでは口座への入金の際に発生する手数料は全て無料です。銀行振込だけでなくクイック入金で口座に入金を行っても無料のため、入金した証拠金を減らさずに取引が行えます。

出金手数料

DMMビットコインでは出金手数料も無料です。そのため口座への出金の際の手数料もDMMビットコイン側が負担してくれるため無料で出金を行えます。

取引所手数料

DMMビットコインでは取引手法によって発生する取引手数料が異なるので注意が必要です。

取引手法ごとに発生する取引手数料は以下の通りです。

取引手法ごとの手数料
取引手法    現物取引 レバレッジ取引 BitMach
取引手数料    無料 建玉金額の0.04% 約定数量/取引単位×手数料額

レバレッジ取引とBitMachではそれぞれに手数料が発生するのに条件があります。レバレッジ取引の際に発生する手数料はレバレッジ取引で保有している暗号資産を翌日に持ち越した場合に発生する手数料になっているため、翌日に持ち越さなかった場合は手数料は発生しません。

またBitMachは注文が約定した場合のみ手数料が発生するので注意が必要です。

DMMビットコインのスマホアプリは高性能!

DMM ビットコインではスマートフォン版取引システムアプリとPC版取引システムが用意されています、

特にスマホアプリは2つのモードを切り分けられる性能の高さでおすすめです。

初心者はカンタンシンプルなモード、本格的なトレードを考えているトレーダーは多機能なモードを選択することができます。

それぞれのモードを比較してみると、違いは以下のとおりです。

STモード EXモード
シンプルなUI
カンタン注文
シンプルなチャート
多機能チャート
レバレッジ取引
金額指定注文
多彩な注文方法 成行注文のみ

簡単でシンプルなSTモード

STモードはシンプルな管理画面のモードです。簡単に現物取引が行えるシンプルな画面構成なので、初心者でも簡単に売買できます。

暗号資産取引が初めての初心者の人に最適なモードといえるでしょう。

STモードの特長をまとめると以下のとおりです。

  • 直感的に操作できる
  • スワイプで注文が完了する
  • 少額取引に対応

    買いたい金額や数量の入力後、スワイプで注文すれば初心者でもカンタンに売買が完了します。

    ビットコインなら0.0001BTCから少額売買できるのもメリットです。
    2022年6月3日現在は1BTC約400万円なので、約400円で購入できます。

    総資産が日本円で表示されたり、取引履歴の確認も簡単にできたりと機能性が高く、暗号資産(仮想通貨)の取引に不安を感じている人でも容易に利用できるでしょう。

    高度な取引に使えるEXモード

    EXモードではSTモードで対応していない高度な注文に対応しています。

    たとえばレバレッジ取引。

    DMMビットコインではレバレッジ取引が可能で、少額の元手で大きな金額を取引することができます。
    ただ、STモードでは対応していません。

    EXモードなら最大2倍のレバレッジに対応しており、自宅の外にいながらいつでもレバレッジ取引を楽しめます。

    また成行注文しか対応していないSTモードと違い、EXモードでは中級者以上がよく使う多彩な注文方法に対応しているのもメリットです。

    たとえば「指値注文」「逆指値注文」

    指値注文では指定した値段以下の売り注文が出れば約定でき、売り注文は、指定した値段以上の買い注文が出れば約定します。

    逆指値は指値注文とは逆で、トリガー価格より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売り」の注文が可能です。

    保有しているポジションにあらかじめ逆指値を指定しておくことで、一定価格以下に価格が下落すると自動的に売りが入るのが逆指値のメリットです。
    暴落しても影響を最小限にして損切りできます。

    このような相場によって切り替える機動的な取引を行いたい場合、EXモードを利用しましょう。

    DMMビットコインの口座開設条件

    「コストが抑えられるBitMatch注文が使える」「レバレッジ取引に対応」と、ほかの取引所にはない独自の強みを持っているDMMビットコイン。

    この記事を読んでいて、「口座を開設してみたい!」と感じた方もいるのではないでしょうか。

    いざ口座開設に進みたいのですが、その前に口座開設の条件だけは確認しておきましょう。

    条件を満たしていない場合、そもそもDMMビットコインで口座を開設することができません。

    1~9まで多くの条件がありますが、主な条件は以下の通りです。

    1. 成年年齢以上満 75 歳未満の行為能力を有する個人であること。
    2. 日本国内に居住していること。
    3. 当社からの振込先口座は、日本国内に存する銀行のお客様の本人名義の金融機関口座を指定すること。
    4. 本サービスのリスク・商品の性格・仕組み・内容について十分理解していること。

    引用元:DMMビットコイン│サービス基本約款

    そのほかの条件を細かく知りたい場合は、公式サイトで確認してみて下さい。

    DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引を行いたい人は開設必須の取引所!

    ネット上では様々な評判が色々な人によって書かれていますが、ネットの評判だけでは情報の真偽がわからないため注意が必要です。

    ネット上で見られるDMMビットコインに関しての評判などは口座開設などを考える際に参考になりますが、実際のDMMビットコインの基本情報などを踏まえたうえでネットの評判を参考にする必要があります。

    そのためDMMビットコインの基本情報や提供されているサービスを事前に把握しておくことで、ネット上の評判の真偽を図ることができるようになります。

    またDMMビットコインのメリット・デメリットを把握することで自分にあった暗号資産取引所なのか判断ができるため重要です。

    ネットの評判だけでなくメリット・デメリットや基本情報を把握して自分にあった取引所だと判断できるのならば快適に取引を行えるため、DMMビットコインで口座開設を行い暗号資産取引を行うのがオススメです。

    公式サイトを見る

    RELATED POST