永久脱毛のデメリットを知って後悔のない脱毛を!メリットも合わせて紹介

2021/04/13
2021/06/21
22,652views

永久脱毛はした方がいい?後悔する前に読むべき永久脱毛のメリット・デメリット

永久脱毛をした方の中には後悔している方と満足している方がいますが、永久脱毛にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

永久脱毛のメリット・デメリットを詳しくまとめて解説しているので、これから永久脱毛をしようと検討している方はぜひ参考にしてください。

永久脱毛で後悔!永久脱毛のデメリット

永久脱毛で後悔!永久脱毛のデメリット

永久脱毛した方の中には後悔している方もいるようですが、永久脱毛には具体的にどんなデメリットがあるのでしょうか?詳しく解説していきます。

永久脱毛は痛みが強い

永久脱毛にはレーザーを照射して脱毛する医療レーザー脱毛、そして毛穴に針を刺し電気を流すことで脱毛するニードル脱毛の2つがありますが、どちらも痛みが強く出るというデメリットがあります。

医療レーザー脱毛は大きく「熱破壊式」「蓄熱式」の2種類に分けられ、熱破壊式は蓄熱式より痛む傾向にあります。そしてニードル脱毛は、この医療レーザー脱毛よりもかなり強い痛みがあるとされています。

また永久脱毛の痛みは部位によっても違いがあり、脇やVIOなど毛の濃い部位は特に強い痛みが出る傾向があります。

基本的にクリニックには麻酔クリームや笑気ガス麻酔が用意してあるので、強い痛みに耐えられない方は利用するようにしましょう。麻酔は有料となりますが、中にはレジーナクリニックフレイアクリニックのように麻酔を無料で提供してくれるところもあります。

また大体のクリニックには無料カウンセリングがあり、テスト照射もできます。契約の前にまずテスト照射を受けて痛みの程度を確認しておきましょう。

もし痛みに耐えられなさそうであれば、光脱毛を採用している脱毛サロンの方が向いているかもしれません。永久脱毛ではなくなってしまいますが、脱毛サロンの光脱毛も検討してみましょう。

レーザー脱毛で肌が荒れることも

レーザー脱毛は肌への刺激も大きいため、施術後に肌が荒れてしまう可能性もあります。軽い赤みを帯びる程度であればそれほど心配する必要はありませんが、酷い場合では火傷を負ってしまうケースもあります。

最近では脱毛施術後は保湿や冷却といったアフターケアをしっかりと行うようにしてください。

エミナルクリニックリゼクリニックのようにアフターケア用の薬や軟膏を無料で処方してくれるクリニックもあるので、永久脱毛をするときは処方薬も上手く利用して肌のケアをするように心がけましょう。

永久脱毛は必ずしも永久ではない

永久脱毛は名前に「永久」と入っているものの、脱毛後も永久に毛が生えてこないとは言い切れません。もちろん生えてこなくなることがほとんどですが、永久脱毛後も数本毛が生えてきてしまうこともあります。

永久脱毛の定義は、米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって以下のように決められています。

  • 最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である状態
  • 3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態

永久脱毛といっても二度と毛が生えてこなくなるというわけではないということをよく理解しておきましょう。

永久脱毛は元には戻せない

永久脱毛をしても毛が生えてくることはありますが、毛が元通りに生え揃うことはありません。そして、逆にそれが理由で後悔している方もいます。

最近ではヒゲを全て永久脱毛してしまう方が増えていますが、一度永久脱毛をしてしまうと後々「やっぱりヒゲを生やしたい」と心境が変化しても元に戻すことはできません。

VIOも同様です。全ての毛を脱毛してしまうか、デザインを決めて脱毛するか、もともとの生え方を活かした残し方にするかなど考え方は色々。元には戻せないというデメリットを念頭において、どのように永久脱毛をするか考えるようにしましょう。

VIOのデザイン要望を聞いてくれる医療脱毛クリニック
医療脱毛クリニック VIOで可能なデザイン
レジーナクリニック 好きなデザイン
リゼクリニック 好きなデザイン
アリシアクリニック 好きなデザイン
フレイアクリニック ナチュラル・トライアングル・オーバル・スクエア・ハイジニーナ

永久脱毛は時間がかかる

永久脱毛は一度だけの脱毛では行えず、何回か繰り返す必要があります。そのため、自己処理の回数を軽減できる様になるまでには時間が掛かるというデメリットもあります。

永久脱毛は1~2ヶ月に1回程度を目安に通うので、5回コースの場合では半年から1年程度の期間は必要です。

永久脱毛は硬毛化することがある

毛を薄く、生えにくくしていく永久脱毛ですが、まれに産毛を硬い毛に変えてしまうこともあります。これを硬毛化といいます。

硬毛化の原因は明らかにされていませんが、照射の刺激によって逆に毛母細胞が活性化し、毛が太く硬くなってしまうのではないかと考えられています。

永久脱毛にはこのようなデメリットもありますが、硬毛化した毛に対して無料で追加のレーザー照射をしてくれるクリニックもあります。

硬毛化については、こちらの記事で詳しく解説しています。
脱毛による硬毛化とは?硬毛化の原因や対策方法を調査!

これもデメリット?知っておきたい永久脱毛の噂

これもデメリット?知っておきたい永久脱毛の噂

永久脱毛のデメリットに関して、本当かどうか怪しい噂もあります。ここでは、永久脱毛のデメリットの噂が本当なのかウソなのかについて解説していきます。

永久脱毛をすると汗が増える?

永久脱毛には「脇を永久脱毛すると汗が増える」という噂があります。もし本当であれば大きなデメリットですが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、この噂に科学的根拠はありません

しかし脇を永久脱毛した方の中には、実際に汗が増えたように感じる方も多いようです。

おそらく、脇から出る汗をキャッチする毛が毛穴からなくなることで汗を意識しやすくなり、汗が増えたように感じてしまっているのでしょう。

また「永久脱毛をしたせいで汗が増えていたらどうしよう」と不安になることで、ストレスによる発汗が起きてしまっている可能性もあります。

永久脱毛をするとワキガになる?

永久脱毛には「永久脱毛をするとワキガになる」という噂もあります。これも本当であれば大きなデメリットですが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、永久脱毛でワキガになることはありません

ワキガの原因はアポクリン腺と呼ばれる汗腺ですが、永久脱毛をしてこのアポクリン腺が増えたり、活発になったりすることはありません。

このような噂が出た原因としては、汗が増えるのと同様、神経質になりすぎることでストレスによる発汗が起きてしまうことが挙げられます。

ストレスによる発汗で出た汗は粘りもニオイも強くなりやすいため、ワキガになったと勘違いしてしまうのでしょう。

永久脱毛によって汗が増えたり、ワキガになったりすることはありませんので心配いりません。

永久脱毛してよかった!永久脱毛のメリット

永久脱毛してよかった!永久脱毛のメリット

永久脱毛にはデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。永久脱毛には具体的にどんなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

永久脱毛で自己処理の時間が浮く

永久脱毛により自己処理の回数が減れば、今まで自己処理に費やしてきた時間や手間を別のことに充てることができます。

永久脱毛は衛生面にもメリットあり

VIOの脱毛をすると、衛生面でも大きなメリットがあります。

毛が減ることで、毛があることで起きる蒸れ・痒み・かぶれが起こりにくくなります。

するべき?永久脱毛のデメリットとメリット -まとめ-

永久脱毛にはデメリットもありますが、自己処理の回数が減ったり肌を清潔に保てたり、とメリットもたくさんあります。

痛みや費用などのデメリットを考えると躊躇してしまう方も多いかもしれませんが、あらかじめどのようなデメリットがあるかを理解しておけば対策も立てやすくなります。

クリニックには無料カウンセリングもあるので、もし体毛に悩みを持っている方はまず無料カウンセリングに行ってスタッフに話を聞いてみましょう。

エピリノ医療脱毛の回数と料金永久脱毛のデメリットを知って後悔のない脱毛を!メリットも合わせて紹介