投資

FX初心者におすすめの15口座を徹底比較!FXを始めるならコレ!

早速ですが、あなたは何のためにFXを始めますか?
元手が少ないけど少額で投資を始めたい!家事もあるし在宅で1日5000円稼ぐほどの利益が出るといいわ。
仕事をしながらお小遣いを稼ぎたい!失敗はしたくないけど、働いていると取引に時間も割けないんだよなあ。

このように人によってFX取引を始める理由も生活リズムもゴールも違います。
FXを始める際にまずやることは、自分のゴールと生活リズムに合った稼ぎ方知るために、取引方法や口座選びをする事です。

ここをしっかりと固めることでFX初心者が陥りやすい失敗を回避できたり、「FXなんてやめておけばよかった」なんてことを避けることが可能。

この記事ではFXを始めたいけど何から始めればいいのかわからない方のために、自分に合ったトレード方法や必要な資金のほか、初心者が選ぶべき通貨やおすすめのFX口座を紹介します。

項目別!初心者におすすめのFX口座

忙しくても相場を瞬時に確認→GMOクリック証券 FX
少額でメジャー通貨取引するなら→SBI FXトレード
高金利通貨のスワップ狙いに最適→LIGHT FX

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. そもそもFXってどうやって儲けを得るの?
  2. FXの投資方法は?自分に合ったパターンを見つけよう
  3. FXは少額でも取引可能?いくらあれば始められる?
  4. FX口座を15社徹底比較してみた
  5. おすすめのFX会社はどこ?初心者向けのFX口座15選を紹介
  6. 初心者におすすめできるFX会社・口座の選び方
  7. 初心者向け!FX取引までの流れを解説
  8. FX初心者のためのQ&Aを紹介
  9. 初心者は自分に合ったFX口座から始めるのがおすすめ

そもそもFXってどうやって儲けを得るの?

自分に合った取引方法を見つける前に、FXでの利益の得方を紹介します。
FXは主に2つの方法で利益を得ることが可能です。

  • キャピタルゲイン(為替差益)
  • インカムゲイン(スワップポイント)

キャピタルゲイン(為替差益)

キャピタルゲイン(為替差益)とは、簡単に言うと通貨が安い時に買って高く売る・通貨が高い時に売って安く買うことでその差分で利益を出すことです。FXの主な利益は為替差益によるものとなっています。
また、通貨を買うことをAsk、売ることをBidと呼びます。

価格の変化はなぜ起こるの?

通貨の価格はそれぞれの国の景気や物価の変化に取る金利の変化や、大統領の交代などの政治やテロや戦争の有無によって変動します。

インカムゲイン(スワップポイント)

高い金利の通貨を持っているとその分利息が付くという仕組みがインカムゲイン(スワップポイント)です。
金利とは、投資金額に対して支払われる年間利息の割合のことで、外貨預金や定期預金がわかりやすい例となります。
預け入れ金額に対して銀行から利息が預金者に支払われるのと同様の仕組みで、FXの場合は日割りで金利の差であるスワップポイントを受け取ることが可能です。

高い金利の通貨を1万枚買えば、年間1~3万円得られる場合も!

FXの投資方法は?自分に合ったパターンを見つけよう

FXは主に通貨の差額による利益で儲けを得ることがわかりました。続いてFXの基本的な投資方法を紹介します。

FXの投資方法には大きく分けて4つの稼ぎ方があります。

  • ポジショントレード
    スワップ狙いの長期売買
  • スイングトレード
    ずっと画面を見ていられない人向けの中期売買
  • デイトレード
    ルール化してコツコツと積み上げる短期売買
  • スキャルピング
    画面に張り付き、少額の利益を永遠と積み重ねる超短期売買

    それぞれを取引時間やチャートを確認する頻度などで比較すると以下の通りです。

    チャートとは、過去の値動きをグラフ化したもの
    取引期間
    (取引回数)
    チャート
    確認頻度
    チャート
    分析練度
    スワップ
    ポイント
    ビジネス
    マン
    専業主婦
    ポジショントレード
    (長期売買)
    1週間以上
    (1回以下/週)
    週に数回 ×
    スイングトレード
    (中期売買)
    2日~1週間
    (1~3回/週)
    1日1回
    デイトレード
    (短期売買)
    数分~1日
    (1~数回/日)
    1日3回 ×
    スキャルピング
    (超短期売買)
    数秒~数分
    (30回以上/日)
    常に × ×

    4種類の投資方法を紹介しましたが、本サイトでは初心者にはデイトレードやスイングトレードをおすすめしています。

    スキャルピングはチャートの分析やパターンを熟知する必要があり、最初のトレードには向きません。FXは運で勝てるほど甘くはなく、一瞬で資金を溶かす可能性もあります。
    また、ポジショントレードは投資できる資金が多い場合に、FXの手数料の安さを活かして外資預金の代わりに利用するのがおすすめのため、初心者には不向きです。
    勉強と経験を積むためにもまずはデイトレードやスイングトレードでFXを始めましょう。

    それぞれの取引方法の特徴を比較してみると、主婦の方や在宅勤務の方でFX取引に時間を割ける場合はスキャルピングやデイトレード、スイングトレードがおすすめです。

    一方で長時間働いているビジネスマンの方はスキャルピングのように常にチャートに張り付く必要がある取引には向いていません。FX取引に時間をかけたくない人はチャートの確認頻度が少ないデイトレードやスイングトレードにチャレンジしましょう。
    自分の生活リズムや取引できる時間を考え、投資方法を選んでください。

    生活リズム別!初心者におすすめの投資方法
    FX取引に時間が取れる人:デイトレード
    FX取引に時間をかけたくない人:デイトレード・スイングトレード

    悩んだらデイトレードで始めましょう!

    \時間がなくてもウィジェットで即相場確認/GMOクリック証券で
    ディトレードを始める

    FXの取引時間は?日中働いていても取引できるの?


    画像引用:外為ドットコム公式サイト

    FXは土日は取引できませんが、株式投資など違って平日なら24時間取引が可能な点が特徴です。
    24時間取引可能な理由は、FXは各国の通貨で取引を行うため、時差により市場がクローズする時間がないことが挙げられます。
    働いている間に日本市場がクローズしたとしても、夜にはロンドン市場やニューヨーク市場がオープンし、21時から1時くらいまでゴールデンタイムとなります。

    そのためFXは、日中に仕事をしている方にも手を出しやすい投資方法となっています。
    日本円を絡めた通貨取引もおすすめですが、ロンドン市場やニューヨーク市場がピークの時間帯に取引できるので、米ドルやポンドはもちろん、それらの変動で動く通貨取引もおすすめです。

    日中しか取引できない場合でも日本市場がオープンしている時間なので、戦争や紛争危機が少なく「安全資産」と呼ばれる日本円での取引が活発です。
    日本円をベースとした通貨で取引することで、普段ニュースで耳にする日本の情勢を加味して取引が可能なので、外資同士の取引よりも変動が読みやすく、比較的情勢の勉強が少なくとも取引が始められます。

    取引時間別おすすめの通貨
    日中に時間が取れる人:日本円を絡めた通貨取引
    深夜に時間が取れる人:米ドルやポンド、それらの変動で動く通貨取引

    時間による有利不利はありませんが、時間に合わせて動きやすい通貨で取引するとリターンも大きくなります。

    FXは少額でも取引可能?いくらあれば始められる?

    FXは様々な通貨で取引をするため、外国通貨の1単位を基準に自国の通貨でいくらに相当するかを表示する様式を取っています。ドル=100円、1ユーロ=110円のように呼ぶのはそのためです。また、取引する2つの通貨を通貨ペアと呼びます。

    1米ドルと日本円でFX取引するときは取引画面上で「米ドル/円」と記載されています。

    FX会社によりますが1通貨・1000通貨・1万通貨から取引可能な会社が主流。
    個人口座で取引を行うとき、保証金として取引通貨の4%分を口座に入金しておく必要があり、足りないと取引ができません
    この保証金を、金利が低く値動きが小さい米ドル/円と、金利が高く値動きが大きい南アフリカランド/円で必要資金を算出すると以下になります。

    1通貨 1000通貨 1万通貨
    米ドル/円
    (1ドル=100円換算)
     400円 4,000円 40,000円
    ランド/円
    (1ランド=8円換算)
    0.32円 320円 3,200円
    代表的なFX会社 SBI FX
    MATUI FX
    LINE FX
    みんなのFX
    GMO FXneo
    DMM FX

    米ドル/円を1万通貨から取引できるFX会社で取引すると、1回の取引に4万円口座に入れないといけません。最初から4万円かかるとなると資金を用意するのもためらいますが、1000通貨から取引が可能なFX会社だと4,000円でよいため、お酒ありの外食1回分程度で始めることができます。
    さらに南アフリカランド/円の場合は1万通貨のFX会社だとしても3,200円で始めることが可能となっています。

    また、FX会社によって取引できる通貨も変わってきます。少額から始めたい場合は自分の取引したい通貨と投資の予算の兼ね合いで、何通貨から取引できるか確認してからFX会社を選ぶといいでしょう。

    1000通貨以下で始められるFX会社については次の記事で紹介しています。

    FXの少額取引におすすめの口座8選!手数料や最小通貨を徹底比較!FXは外国為替取引を利用した投資で、取引通貨単位がFX会社ごとで異なる特徴があります。 一般的なFX会社では1万通貨を採用しているとこ...

    取引できる通貨の種類は?初心者はどの通貨を選ぶべき?

    先ほど保証金の例で金利が低く値動きが小さい米ドル/円と、金利が高く値動きが大きい南アフリカランド/円を例に出しましたが、FX会社によっては50種類もの通貨ペアから取引を選ぶことができます。
    通貨ペアはメジャーな低金利通貨ペアとマイナーな高金利通貨ペアに分けることができます。それぞれの特徴を比較してみましょう。

    低金利通貨ペア 高金利通貨ペア
    ペア例 米ドル/円
    ユーロ/円
    南アフリカランド/円
    トルコリラ/円
    取引コスト
    (スプレット)
    割安 割高
    値動き 比較的安定している 急変する可能性有
    情報 入手しやすい 入手しにくい
    必要資金 高い 安い
    おすすめトレード方法 スキャルピング
    デイトレード
    (超短期~短期)
    スイングトレード
    ポジショントレード
    (中期~長期)

    低金利通貨ペアは必要資金は多いですが、情報の入手しやすさと相場の安定感が魅力です。
    さらにどこのFX会社でも取引コストが割安なため、取引回数の多い超短期~短期的なトレードをする人は低金利ペアを選びましょう。

    一方で高金利通貨ペアは必要資金が安いため、少額でFXを始めて実戦で勉強したい人におすすめ。
    取引コストが高いため、比較的取引回数が少ない中期~長期的なトレードでスワップポイントも狙っていくのがいいでしょう。

    本サイトでは初心者にはデイトレードをおすすめしています。迷ったら低金利通貨ペアで始めましょう

    続いて低金利・高金利の通貨ペアの詳細を紹介していきます。

    主流の低金利通貨ペア

    値動き
    (小⇔大)
    金利
    (低⇔高)
    相場が動く要因 取引可能な
    代表的FX会社
    米ドル/円

    0.00~0.25%
    ・米国の金利動向
    ・戦争やテロ
    LIGHT FX
    みんなのFX
    ユーロ/円

    0.00%
    ・欧州中央銀行の動向
    ドイツの経済指標
    GMO FXneo
    SBI FX
    豪ドル/円

    0.10%
    ・政策金利
    ・インフレ率
    ・中国の景気動向
    GMO FXneo
    LINE FX
    ポンド/円

    0.10%
    ・英国の金利動向
    ・インフレ率
    ・ユーロ相場
    LIGHT FX
    みんなのFX

    低金利通貨ペアは基本的にどこのFX会社でも取り扱いはありますが、スワップポイントを考えるとGMO FXやLIGHT FX、みんなのFXが有力候補となります。
    米ドルは基準通貨のため他国の戦争やテロでも値動きしやすい点に注意です。

    高金利通貨ペア

    値動き
    (小⇔大)
    金利
    (低⇔高)
    相場が動く要因 取引可能な
    代表的FX会社
    ランド/円

    3.50%
    ・世界景気
    ・金相場
    LIGHT FX
    LINE FX
    ペソ/円

    4.75%
    ・資源価格
    米国景気
    LIGHT FX
    トライオートFX
    リラ/円

    16.00%
    ・欧米諸国関係
    ・地政学リスク
    MATUI FX
    FXプライム

    高金利通貨ペアは取り扱いのないFXもあるため注意。また、世界情勢によって値動きも多くハイリスクハイリターンな点が特徴です。
    FX会社によっては取引のない通貨ペアが合ったり、高金利通貨ペアのみ最低取引単位が変わる場合もあります。

    トレードスタイル別おすすめ通貨
    超短期~短期的なトレード:低金利通貨
    中期~長期的トレード:高金利通貨

    FX口座を15社徹底比較してみた

    数あるFX口座の中から、初心者の方におすすめしたいFX口座をピックアップし比較表にまとめました。

    ここでは、初心者の方にとってFX口座を選ぶ時にポイントとなる最低取引単位・スプレッド・通貨ペア数・カスタマーサポートの有無・キャンペーンについて比較しています。

    FXネオ(GMO
    クリック証券)
    DMM FX(DMM.com証券) SBI FXTRADE(SBI FX
    トレード)
    LINE FX(LINE証券) LIGHT FX(トレイダーズ証券) みんなのFX(トレイダーズ証券) MATSUI FX(松井証券) LION FX
    (ヒロセ通商)
    選べる外貨(FXプライム
    byGMO)
    トライオートFX(インヴァスト証券) FXダイレクトプラス(セントラル短資FX) auカブコムFX(auカブコム証券) トラッキングトレード(FXブロードネット) 外貨ex(外貨ex
    byGMO)
    楽天FX(楽天証券)
    最低
    取引単位
    10,000通貨 10,000通貨 1通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
    スプレッド
    (米ドル円)
    0.2銭※ 0.2銭※ 0.09銭※ 0.2銭 0.2銭※ 0.2銭※ 0.2銭※ 0.2銭※ 0.3銭 0.3銭※ 0.2銭※ 0.2銭※ 0.2銭※ 0.2銭※ 0.2銭※
    通貨ペア 20 21 34 23 29 28 20 50 20 17 25 13 24 24 26
    サポート ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・LINE
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・AIチャット
    ・問い合わせフォーム
    ・AIチャット
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・電話
    ・AIチャット
    ・電話
    ・メール
    ・FAX
    ・問い合わせフォーム
    ・電話
    ・メール
    ・AIチャット
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・問い合わせフォーム ・電話
    ・メール
    ・AIチャット
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・電話
    ・問い合わせフォーム
    ・電話
    ・AIチャット
    キャンペーン 最大
    300,000円
    キャッシュバック
    最大
    200,000円
    キャッシュバック
    最大
    50,000円
    キャッシュバック
    最大
    5,000円
    プレゼント
    最大
    50,000円
    キャッシュバック
    最大
    50,000円
    キャッシュバック
    対象通貨ペアで上限なし
    キャッシュバック
    最大
    50,000円
    キャッシュバック
    最大
    110,000円
    キャッシュバック
    最大
    50,000円
    キャッシュバック
    最大
    500,000円
    キャッシュバック
    最大
    50,000円
    プレゼント
    最大
    20,000円
    キャッシュバック
    最大
    39,000円
    キャッシュバック
    対象通貨ペアで上限なし
    キャッシュバック

    調査日:2021年10月4日
    ※原則固定

    おすすめのFX会社はどこ?初心者向けのFX口座15選を紹介

    編集部が厳選したFX初心者におすすめの15口座をご紹介します。比較表だけでは分からない、それぞれの口座のおすすめポイントも併せてお届けします。

    FXネオ(GMOクリック証券)

    • スプレッドが業界最狭水準
    • 取引ツールが初心者でも使いやすい
    • デモトレードで練習できる
    • 24時間電話サポートが無料
    • 各種手数料が無料
    • ニュースベンダー3社の経済ニュースを無料提供
    通貨ペア 20
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最低取引単位 10,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短2営業日後
    キャンペーン 条件達成で最大30万円キャッシュバック
    公式サイト https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/

    GMOクリック証券は、月間取引高世界ナンバー1の実績をもつFX会社です。

    スプレッドが業界最狭クラスであり、パソコンやスマホアプリによる取引ツールが充実していることで取引チャンスを逃しません。

    投資信託・CFDなどFX以外の商品もそろっており、他の投資カテゴリへの移行がしやすくFX以外にも興味があるという方にもおすすめです。

    GMOクリック証券の公式サイトを見る

    DMM FX(DMM.com証券)

    • 最短1時間でトレード開始
    • シンプルで分かりやすい取引ツール
    • LINEで24時間相談できる
    通貨ペア 21
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最低取引単位 10,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短1時間
    キャンペーン 条件達成で最大20万円キャッシュバック
    公式サイト https://fx.dmm.com/

    DMM FXは取引スタートまでが早いことが特徴。スマホでスピード本人確認を使えば申し込み後最短1時間で取引を開始することも可能です。

    また、取引ツールが充実しているのもDMM FXの強み。パッと見て分かりやすいデザインと多くの機能を持ち、ファンも多いです。

    取引や操作のやり方で迷った時に頼りになるのがLINEでのサポート。もちろん電話でも問い合わせができます。

    DMM FXの公式サイトを見る

    SBI FXTRADE(SBI FXトレード)

    • 1通貨から取引可能
    • スプレッドが狭い
    • 手数料無料
    通貨ペア 34
    基準スプレッド ドル/円:0.09銭
    ユーロ/ドル:0.19pips
    ポンド/ドル:0.69pips
    最低取引単位 1通貨
    デモトレード なし
    取引開始日数 HPに記載なし
    キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
    公式サイト https://www.sbifxt.co.jp/

    SBI FXトレードは「とにかく少額で取引をしたい!」という方におすすめのFX口座です。最低取引単位が1通貨なので、米ドル円の場合1ドルで取引を始められます。

    さらに、1,000通貨までのスプレッドが他のFX会社に比べて特に狭いというのもポイント。このような理由から、初心者だからあまり大きな額でFXを始めるのは怖い、という方にSBI FXトレードは適していると言えます。

    FX会社でスプレッドが狭いのはどこ?ユーロ円など通貨ペア別に比較スプレッドって何?といった疑問にお答え!また、スプレッドでFX会社を比較して選びたい方向けにおすすめ5選をご紹介します。...
    デモ口座が無いのは一見不便に感じますが、最初は少額から実際の取引をしてみることでチャートを読む感覚が身につきやすいというメリットもあります。

    SBI FXトレードの公式サイトを見る

    LINE FX(LINE証券)

    • FXの相場などの情報がLINEで通知される
    • 取引ツールが使いやすい
    • 1,000通貨から取引可能
    通貨ペア 23
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4 ~ 9.0pips
    ポンド/ドル:1.0 ~12.0pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード なし
    取引開始日数 最短当日中
    キャンペーン 条件達成で最大5000円プレゼント
    公式サイト https://line-fx.com/logout

    LINE FXは取引ツールが直感的に利用でき見やすいので、初心者でも扱いやすいのが特徴です。公式アカウントをLINEで友達登録しておくことで通貨ペアの相場急変通知やキャンペーン情報などをメッセージで受け取ることができるため、為替情報をいち早く入手したい人に適しています。

    また、2021年1月16日からは高機能なPC版取引ツールLINE FX Proが登場し、スマホで簡単取引・PCで詳細取引と使い分けることが可能です。

    現在では1,000通貨単位での取引が可能になり、ますます初心者やライトユーザーに優しくなっています。

    LINE FXの公式サイトを見る

    LIGHT FX(トレイダーズ証券)

    • スワップポイントが業界最高水準
    • スプレッドが業界最狭水準
    • 1,000通貨から取引可能
    通貨ペア 29
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.3pips
    ポンド/ドル:0.8pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード なし
    取引開始日数 最短翌日
    キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
    公式サイト https://lightfx.jp/

    LIGHT FXの強みとしてまず挙げられるのが、スワップポイントの高さです。例えば南アフリカランド円の買いスワップが10万通貨あたり71円など、業界でも高い水準を誇ります。スワップポイントに興味のある初心者の方におすすめできます。

    ※2021年12月1日、LIGHT FXの公式サイトを参考にしました。

    スワップポイントを徹底比較!通貨ペア別に15社で比べた結果スワップポイントを比較しながらFX会社を選択したい方へ。ピックアップした15のFX会社の間でスワップポイントを比較し、どこが一番スワップポイントに向いているかを検証しました。...

    スプレッドも業界最狭水準なので、取引コストをおさえながらトレードすることが可能。

    1,000通貨から取引可能な点も初心者に優しいと言えます。

    LIGHT FXの公式サイトを見る

    みんなのFX(トレイダーズ証券)

    • 無料でデモトレードができる
    • スプレッドが業界最狭水準
    • 高水準のスワップポイント
    通貨ペア 28
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.3pips
    ポンド/ドル:0.8pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短1時間後
    キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
    公式サイト https://min-fx.jp/

    みんなのFXでは、無料で仮想の資金100万円を使ってデモトレードを利用できます。使う画面は実際の取引画面と同じなので、本番に向けた練習ができて便利です。

    スプレッドが狭く、取引コストがおさえられるのも魅力。変動制ではなく原則固定なのも嬉しいポイントです。

    スワップポイントも高水準なので、スワップポイントで利益を出したい初心者の方にもおすすめできます。

    みんなのシストレではリピート系とストラテジー選択型の自動売買ツールがあり、初心者にも分かりやすく自動売買を始めることができます。
    FX自動売買ツールのあるおすすめ口座は?方法を比較した結果を発表自動売買ツールのあるFX口座はどれ?方法を比較して検討したい!そんな方に向けておすすめの自動売買ツール7つをご紹介します。自動売買とは、裁量取引との違い、やり方始め方も解説します。...

    みんなのFXの公式サイトを見る

    MATSUI FX(松井証券)

    通貨ペア 20
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最小取引単位 1通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短当日中
    キャンペーン 条件達成で上限なしキャッシュバック
    公式サイト https://fx.matsui.co.jp/

    松井証券の特徴は、1通貨単位で取引できるので、少額で始めることができる点です。
    1,000通貨単位あるいは1万通貨単位の取引がほとんどであることを考えると、1単位で取引できるのは、松井証券ならではの優位性といえます。

    100円程度から取引に参加できるため、「最初は慣れるまで少額で様子を見たい」と感じている初心者には特におすすめです。

    FXの少額取引におすすめの口座8選!手数料や最小通貨を徹底比較!FXは外国為替取引を利用した投資で、取引通貨単位がFX会社ごとで異なる特徴があります。 一般的なFX会社では1万通貨を採用しているとこ...
    スマホアプリも優秀で、全通貨の為替レートとチャートを同時に表示する機能によって、ひと目で為替の状況が分かるようになっています。

    松井証券の公式サイトを見る

    LION FX(ヒロセ通商)

    • 通貨ペア数が多い
    • ひと味違ったユニークな情報コンテンツ
    • 取引ツールの数が多い
    通貨ペア 50
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.3pips
    ポンド/ドル:0.6pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短当日中
    キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
    公式サイト https://hirose-fx.co.jp/

    上記の比較表でも分かる通り、LION FX(ヒロセ通商)は他のFX口座に比べて通貨ペア数が多い(50通貨ペア)ことがメリットと言えます。LION FX(ヒロセ通商)のみ取引がある通貨ペアもあるので公式サイトでチェックしてみましょう。

    公式サイトを見ると分かるのですが、LION FX(ヒロセ通商)は提供してくれる情報コンテンツがユニークで、他の口座とはひと味違った視点でのFXの情報を集めることができます。

    また、取引ツールの種類と数が豊富なのも特徴。Windows用やMac用など自分の環境に合ったツールを使えます。

    ヒロセ通商の公式サイトを見る

    選べる外貨(FXプライムbyGMO)

    • 1,000通貨から取引可能
    • スキャルピングOK
    • スプレッドが広く、条件によっては手数料が有料になることも
    通貨ペア 20
    基準スプレッド ドル/円:0.3銭
    ユーロ/ドル:0.6pips
    ポンド/ドル:1.8pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 HPに記載なし
    キャンペーン 条件達成で最大110,000円キャッシュバック
    公式サイト https://www.fxprime.com/

    FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券と同じGMOインターネットのグループ会社です。FXプライムbyGMOはFXに特化しているのが特徴。GMOクリック証券は最低取引単位が1万通貨なのに対しFXプライムbyGMOは1,000通貨から取引可能です。

    スキャルピングが禁止のFX会社が多い中でFXプライムbyGMOはスキャルピングOKと公式サイトで謳っています。約定力が99%と高いのも嬉しいポイントです。

    ただ、GMOクリック証券と比べるとスプレッドが広く、条件によっては手数料が有料になることもあるので注意が必要です。

    FXプライムbyGMOの公式サイトを見る

    トライオートFX(インヴァスト証券)

    • 独自のサービス自動売買セレクト
    • マニュアルと自動売買を選べる
    通貨ペア 17
    基準スプレッド ドル/円:0.3銭
    ユーロ/ドル:0.3pips
    ポンド/ドル:1.4pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード なし
    取引開始日数 HPに記載なし
    キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
    公式サイト https://www.invast.jp/triauto/

    インヴァスト証券のトライオートFXには独自のサービス自動売買セレクトがあります。ランキングからプログラムを1つ選ぶだけで、システムが自動売買をしてくれます。

    もちろん、一般的なマニュアル注文を選ぶこともできるので、自分に合う方法を見つけましょう。

    インヴァスト証券の公式サイトを見る

    FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)

    • 米ドル円のスプレッドが狭く魅力的
    • 短期売買がしやすいツール
    通貨ペア 25
    基準スプレッド ドル/円:0.1銭(午後4:00~翌日午前1:00・原則固定・例外あり)
    ユーロ/ドル:0.3pips
    ポンド/ドル:0.6pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 HPに記載なし
    キャンペーン 条件達成で最大50万円キャッシュバック
    公式サイト https://www.central-tanshifx.com/campaign/

    セントラル短資FXの特徴としてパッと目を引くのは米ドル円のスプレッドが0.1銭(午後4:00~翌日午前1:00・原則固定・例外あり)という点です。米ドル円は日本での取引量が他の通貨と比べても多いので、取引コストであるスプレッドが狭いのは魅力的。

    1日に何回も取引をするスキャルピングなどの短期売買にもおすすめです。ツールにはスキャルピング向けに、1クリックで取引できる機能もついています。

    セントラル短資FXの公式サイトを見る

    auカブコムFX(auカブコム証券)

    • 自動売買のツールでシストレも!
    • シストレでもスプレッドが同一レート
    通貨ペア 13
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード なし
    取引開始日数 HPに記載なし
    キャンペーン 条件達成で最大5万円プレゼント
    公式サイト https://kabu.com/sp/default.html

    auカブコム証券のauカブコムFXは、通常の取引(裁量取引)と自動売買を選ぶことができます。

    シストレの場合、裁量取引よりもスプレッドが広くなることが一般的。しかし、auカブコムFXはシストレでも同一レートのスプレッドで取引できます。

    auカブコムFXの公式サイトを見る

    トラッキングトレード(FXブロードネット)

    • シストレ可能
    • デモトレードでしっかり練習できる
    通貨ペア 24
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.3pips
    ポンド/ドル:2.9pips
    最低取引単位 1,000通貨(ライトコース)
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短即日
    キャンペーン 条件達成で最大2万円キャッシュバック
    公式サイト https://www.fxbroadnet.com/

    FXブロードネットは、トラッキングトレードという自動売買を選択できます。

    シストレってどうやるの?という方におすすめなのがFXブロードネットのデモトレードです。本番口座と同じ環境でFX取引体験ができるので、まずは練習してみたい!というシストレ初心者にも向いています。

    FXブロードネットの公式サイトを見る

    外貨ex(外貨ex byGMO)

    • 1,000通貨から取引可能
    • スマホ向けのアプリ外貨exが使いやすい
    通貨ペア 24
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 最短即日
    キャンペーン 条件達成で最大39,000円キャッシュバック
    公式サイト https://www.gaikaex.com/

    外貨ex byGMOは1,000通貨から取引可能のため、最低取引単位が10,000通貨の場合と比べて少額からでもFXが始められます。

    また、iPhoneやAndroid向け専用アプリ外貨exが用意されていることが特徴のひとつ。リアルタイムの相場を確認しながらワンタップで注文できる機能など注文機能にこだわって作られています。そのため、パソコンよりはスマホで取引する機会が多いという人にもおすすめです。

    外貨ex byGMOの公式サイトを見る

    楽天FX(楽天証券)

    • 楽天ポイントが貯まる・使える
    • 取引ツールが使いやすい
    通貨ペア 26
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最低取引単位 1,000通貨
    デモトレード 可能
    取引開始日数 HPに記載なし
    キャンペーン 条件達成で上限なしキャッシュバック
    公式サイト https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/

    楽天FXは、取引するたびに楽天スーパーポイントがもらえるので、楽天ユーザーにおすすめできるFX口座です。

    楽天FXには初心者から上級者の方まで使いやすい取引ツールがあります。パソコン版(マーケットスピードFX)では画面を自分なりにカスタマイズできたり、スマホ版(iSPEED FX)では9種類のテクニカル分析を3分割画面で同時表示ができたりと嬉しい機能が付いていて、その人に合ったやり方で便利に使えます。

    楽天FXの公式サイトを見る

    初心者におすすめできるFX会社・口座の選び方

    ここでは初心者におすすめのFX口座を、選び方の項目別にご紹介します。自分が気になったFX口座があったらまずは口座開設から始めてみましょう。

    初心者向け!FX口座の7つの選び方

    • スプレッドの狭さ
    • スワップポイントの高さ
    • 取引ツールの使いやすさ
    • サポートが手厚いかどうか
    • デモトレードはあるか
    • 低額から始められるか
    • 自動売買ができるか

    スプレッドの狭さ

    スプレッドとは売値と買値の価格差のことです。広い・狭いで表現されます。スプレッドが狭ければ狭いほど毎回の取引にかかる取引コストが安くなるので、実質的な手数料と呼ぶこともあります。

    特に取引の多くなる米ドル円などでは、できるだけスプレッドが狭い会社を選ぶべきです。

    おすすめ口座はSBI FX TRADE

    SBI FXトレードのFX口座 SBI FX TRADEは、1000通貨までのスプレッドが特に狭いのが特徴です。例えば米ドル円だと0.09銭という狭さ。少額で取引を始める初心者の方には、毎回かかる手数料とも言えるスプレッドが狭いSBI FX TRADEがおすすめです。

    SBI FXトレードの公式サイトを見る

    FX会社でスプレッドが狭いのはどこ?ユーロ円など通貨ペア別に比較スプレッドって何?といった疑問にお答え!また、スプレッドでFX会社を比較して選びたい方向けにおすすめ5選をご紹介します。...

    スワップポイントの高さ

    もし頻繁に売買をくり返すのではなく、長期でポジションを保有したいのであればスワップポイントの高さも重要です。

    FXでは通貨を保有している期間中、毎日スワップポイントがもらえるため、長期トレードでは有効な投資方法といえます。

    しかし高金利通貨を売って低金利通貨を買う場合は、マイナスのスワップが発生して毎日スワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

    おすすめ口座はLIGHT FX

    トレイダーズ証券のFX口座 LIGHT FXは、米ドル円などの主要通貨ペア、南アフリカランド円などの高金利通貨ペアなどにおいて全体的にスワップポイントが高いFX口座です。2国間の金利差による利益であるスワップポイントで稼ぎたい方は、LIGHT FXをチェックしてみてください。

    LIGHT FXの公式サイトを見る

    スワップポイントを徹底比較!通貨ペア別に15社で比べた結果スワップポイントを比較しながらFX会社を選択したい方へ。ピックアップした15のFX会社の間でスワップポイントを比較し、どこが一番スワップポイントに向いているかを検証しました。...

    取引ツールの使いやすさ

    いまやスプレッドなどのコストやスワップポイントなどのリターンは競争が過熱しており、なかなかFX会社同士の差がみつからないことがあります。

    そんなときに注目したいのが、各社で用意している取引ツールの使いやすさです。

    ツールが使いにくいと分析が十分にできずにチャンスロスにつながるほか、新規注文が間に合わないなどの弊害が起こることもあります。

    そのツールが、ある人にとっては使いやすくても、違う人にとっては使いにくいということがあり得るので、口座開設は複数のFX会社で行って自分に合っているのはどのツールなのかを検証してみるのがおすすめです。

    おすすめ口座はLINE FX

    LINE証券のFX口座 LINE FXは、相場の急変動などをLINEで通知してくれるので、取引チャンスを逃しません。通知からそのままアプリに移動して取引もできるから使いやすく、一連の流れがスムーズです。

    LINE FXの公式サイトを見る

    カスタマーサポートの充実度

    FX初心者の方は、取引をする上で分からないことが出てくることも多々あります。

    そんな時、電話やメールで相談に乗ってくれるカスタマーサポートは強い味方。

    中には平日24時間対応可能なFX会社もあるので、取引に不安がある方はチェックしてみることをおすすめします。

    おすすめ口座はDMM FX

    DMM.com証券のFX口座 DMM FXは、サポートが手厚いのが嬉しいポイント。LINEから友だち追加を行い、カスタマーサポートへ問い合わせることが可能なので、メールよりも気軽です。もちろん営業日24時間、電話やメールでの問い合わせにも対応しています。

    DMM FXの公式サイトを見る

    デモトレードの有無

    デモトレードとは仮想のお金でFX取引の練習ができる無料のサービスです。

    実際のお金を使うわけではないので、利益が出ることもなければ損失が出ることもありません。

    本番のような緊張感は無いものの、デモトレードで練習してFX取引に慣れておくことは大切です。

    おすすめ口座はGMOクリック証券のFXネオ

    まずはデモトレードで操作感を試してみたい方には、登録不要・無料で利用できるGMOクリック証券のFX口座 FXネオのデモ取引がおすすめです。デモトレードで設定した情報を、そのまま本番にも利用できるという点も良いです。

    GMOクリック証券の公式サイトを見る

    低額から始められる

    FX口座では、最低取引単位と言って取引するのに最低限必要な金額が決められています。

    FX口座で多いのが、最低取引単位が1,000通貨または1万通貨というもの。

    この数字が小さければ小さいほど、少額から取引を始めることができます。

    おすすめ口座は松井証券のMATSUI FX

    松井証券のFX口座 MATSUI FXは1通貨から取引を始めることが可能です。詳しく言うと、米ドル円のレートが100円の場合、レバレッジなしで100円から始められる、という気軽さ。低額からFXを始めたい、という初心者の方におすすめできます。

    松井証券の公式サイトを見る

    FXの少額取引におすすめの口座8選!手数料や最小通貨を徹底比較!FXは外国為替取引を利用した投資で、取引通貨単位がFX会社ごとで異なる特徴があります。 一般的なFX会社では1万通貨を採用しているとこ...

    自動売買が始めやすい

    自分の代わりに機械が24時間自動で取引をしてくれる自動売買。言葉だけ聞くと難しそう、と思われがちですが、知識が無い初心者の方でも意外と簡単に始めることができます。

    おすすめ口座はみんなのFX

    みんなのFXのみんなのシストレの始め方はとても簡単。
    1.プログラムを検索
    2.好きなプログラムを選ぶ
    3.取引数量を決めて取引開始
    もちろんスマホからもOKなので、初心者の方でも簡単に自動売買デビューができます。

    みんなのFXの公式サイトを見る

    FX自動売買ツールのあるおすすめ口座は?方法を比較した結果を発表自動売買ツールのあるFX口座はどれ?方法を比較して検討したい!そんな方に向けておすすめの自動売買ツール7つをご紹介します。自動売買とは、裁量取引との違い、やり方始め方も解説します。...

    初心者向け!FX取引までの流れを解説

    FX初心者の方は、何もかもが分からずに、何から始めればいいのか迷ってしまうことも多いでしょう。

    そこでここでは、初心者の方がFXを始める時のやり方について解説します。

    1. 口座を開設するFX会社を選ぶ
    2. 口座開設
    3. 通貨ペアを何にするか決める
    4. 取引金額を何ロットにするか決める
    5. 買い・売りのどちらから始めるかを決める
    6. 取引を始める

    始め方については次の記事で詳しく紹介しています。

    FXのやり方や始め方まとめ!初心者におすすめのFX会社も紹介初心者向けにFXのやり方・始め方をわかりやすく解説。初心者におすすめのFX会社も紹介しているので、この記事を読んでぜひFXを始めてみてください。...

    相場の分析の仕方は?何を見ればいい?

    レートがこれから上がるのか、下がるのか、それとも横ばいなのか。それは単に確率の問題ではありません。相場の分析の仕方にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類あり、投資家はこれらの2つの方法によりこれから先のことを予測しています。

    ここでは、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説します。どちらがより優れているということではないので、両方のやり方を取り入れて総合的に判断することが大切です。

    ファンダメンタルズ分析

    ファンダメンタルズ分析とは、景気の動向や各国の経済状況に注目し、これから先の相場を予測する方法です。

    政治や経済など様々な情報を自分の中に落とし込みながら分析することが必要になってきます。

    テクニカル分析

    テクニカル分析とは、過去の値動きのサイクルに注目し、チャートを使って未来の値動きのパターンを予測する方法です。

    歴史は繰り返すという言葉がありますが、過去の値動きのパターンを把握しておくとこれから先の予測が立てやすくなるので初心者にもおすすめできる分析の仕方です。

    チャートにはローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンドなど様々なテクニカル指標があります。

    最初はテクニカル分析のローソク足という指標を見れるようになれば取引はできます。

    FX初心者のためのQ&Aを紹介

    FXとは?

    FXはForeign exchangeの略で、外国為替証拠金取引のことです。

    初心者向けのFX口座の選び方は?

    初心者は初心者でもその人によってFX口座の選び方は違ってきます。この記事ではスプレッドの狭さやツールの使いやすさなど、7つの項目別におすすめできる口座を紹介しています。

    FX初心者におすすめの通貨ペアはどれ?

    米ドル円がおすすめです。理由は、取引量が多いだけでなくユーロやポンドなどに比べて値動きが安定している・アメリカの情報は入手しやすいという点が挙げられます。

    複数のFX口座を開設することは可能?

    1つのFX会社において1人の方が複数の口座を作ることはできませんが、それぞれの口座が別々の会社のものであれば1人の方が複数の口座を持つことが可能です。

    FX口座を開設するのにお金はかかる?

    この記事で紹介しているFX会社については、基本的に無料で口座を開設できます。

    FXをするなら初心者は何から始めればいい?

    初心者の方はデモトレードまたは少額から取引を始めるのがおすすめです。デモトレードとは仮想のお金を使ってFX取引の練習が無料でできるサービス。本番さながらの画面で操作に慣れることができるので、まずは練習から始めたいという初心者の方に向いています。
    デモトレードが無い場合は、少額からの取引が可能なFX口座を選んで練習するのも一つの手です。

    初心者は自分に合ったFX口座から始めるのがおすすめ

    初心者にはスプレッドの狭さやスワップポイントの高さのほか、取引ツールが使いやすい・少額から始められるなど自分に合ったFX会社を選ぶのがおすすめです。

    可能な限りデモトレードを重ねて取引ツールの使い勝手を確認し、自分に合うツールを提供しているFX会社を選んでいきましょう。

    RELATED POST