FX

FX初心者におすすめの15社を比較【2022年】人気の口座ランキング

FXの口座選びは、取引で得られる利益に関わる重要なポイントです。

それぞれのFX会社では、最低取引単位や通貨ペア、スプレッド、取引ツールを独自に設定しています。

ですので、自分が行うトレードスタイルに合わせたFX会社を選ぶことが必要です。

この記事ではこれからFXを始める初心者の方におすすめのFX会社や、FX会社を選ぶときのポイントを解説します。

また、比較基準を元に人気のFX会社をランキング形式で紹介。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. FX15社を比較!初心者におすすめ口座は?
  2. 初心者におすすめのFX口座15選ランキング
  3. 初心者におすすめのFX口座の選び方
  4. 初心者におすすめのFXの投資方法は?
  5. FX初心者におすすめの通貨ペアは?
  6. FX取引までの流れと初心者におすすめの分析方法
  7. FXで取引する前に知っておきたい損益計算方法
  8. FX利益を出した時の税金はどうなる?
  9. FX初心者のためのQ&Aを紹介
  10. FX初心者にはGMOクリック証券がおすすめ!

FX15社を比較!初心者におすすめ口座は?

数あるFX口座の中から、初心者の方におすすめしたいFX口座をピックアップし比較表にまとめました。

ここでは、初心者の方にとってFX口座を選ぶ時にポイントとなる最低取引単位・スプレッド・通貨ペア数・キャンペーンについて比較しています。

GMO
クリック証券
DMM FX SBI FX
トレード
LINE FX LIGHT FX みんなのFX 松井証券FX ヒロセ通商 FXプライム
byGMO
トライオートFX セントラル短資FX auカブコムFX FXブロードネット 外貨ex byGMO 楽天FX
最低
取引単位
10,000通貨 10,000通貨 1通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
スプレッド
(米ドル円)
0.2銭
原則固定
0.2銭 0.09銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.3銭※ 0.3銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭
原則固定
0.2銭
通貨ペア 20 21 34 23 29 28 20 50 20 17 25 19 24 24 26
取引ツール
トレード記録
サポート ・電話
・問い合わせフォーム
・電話
・問い合わせフォーム
・LINE
・電話
・問い合わせフォーム
・AIチャット
・問い合わせフォーム
・AIチャット
・電話
・問い合わせフォーム
・電話
・問い合わせフォーム
・電話
・AIチャット
・電話
・メール
・FAX
・問い合わせフォーム
・メール
・AIチャット
・電話
・問い合わせフォーム
・問い合わせフォーム ・電話
・メール
・AIチャット
・電話
・問い合わせフォーム
・電話
・問い合わせフォーム
・電話
・AIチャット
特典 最大
300,000円
キャッシュバック
最大
200,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
最大
5,000円
プレゼント
最大
50,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
対象通貨ペアで上限なし
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
最大
110,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
キャッシュバック
最大
500,000円
キャッシュバック
最大
50,000円
プレゼント
最大
20,000円
キャッシュバック
新規口座開設&取引で最大150,000円キャッシュバック 対象通貨ペアで上限なし
キャッシュバック

※1shot 50万ドル以下の場合

初心者におすすめのFX口座15選ランキング

同じ通貨ペアの取引であっても、FX会社によって取引にかかるコストや、実際の機能性などは大きく異なり、それによって得られる利益が変わる場合もあります。

初めてFX口座を開設する際には、下記の3つの点を確認するのがおすすめです。

初心者向け!FX口座の3つの選び方

  • 取引ツールの優秀さ
  • 実質的な取引コストになるスプレッドの狭さ
  • 過去のトレード記録の充実度

3つの選び方を踏まえて、編集部おすすめのFX口座を紹介します。

GMOクリック証券

  • スプレッドが業界最狭水準
  • 取引ツールが初心者でも使いやすい
  • PC・スマートフォン対応のデモトレード
  • 株式やCFD、投資信託も一つのアカウントで利用可能
  • 各種手数料が無料
  • トレード日記から過去の取引の詳細が見れる
通貨ペア 20
基準スプレッド(原則固定) ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.4pips
ポンド/ドル:1.0pips
最低取引単位 10,000通貨
取引ツール 5種類(PC/スマートフォン/スマートウォッチ対応)
デモトレード あり(PC/スマートフォン)
トレード記録の情報量
特典 条件達成で最大30万円キャッシュバック
公式サイト https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/

GMOクリック証券は、月間取引高世界ナンバー1の実績をもつFX会社です。
スプレッドが業界最狭クラスであり、取引コストを抑えながらトレードができます。

またGMOクリック証券は、PC・スマートフォンに対応しているデモトレードや、幅広いデバイスに対応のFXアプリ、ウィジェット機能への対応など、ツール周りの開発力がトップクラスです。

生活スタイルにあわせて柔軟かつ便利にトレードをしていきたいなら、GMOクリック証券は特におすすめできる会社と言えます。

また過去のトレード記録の情報量も多く、自己分析をしっかり行いながらFXを学んでいくことができます。

取引手数料無料や取り扱い通貨など、他のFX会社が押さえているポイントもしっかり押さえているので、総合して安定しているFX会社だと言えます。

※ ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

FXの取引高世界№1

GMOクリック証券のFXネオは、FX取引高で世界№1を獲得したこともある業界トップクラスのFX会社です。

取引高が多いということは資金量が豊富かつ、多くのトレーダーに愛されている証といえます。
取引が活発なので、約定しやすいということにもつながります。

東証プライム上場のGMOインターネットグループが提供していることもあり、安心して取引できるでしょう。

各種手数料が無料

GMOクリック証券のFXネオは各種取引手数料が無料というメリットもあります。

  • 取引手数料
  • 口座維持手数料
  • 口座開設手数料
  • 即時入金手数料
  • 出金手数料

    これらの手数料がかからないうえに、スプレッドも業界最狭水準です。
    米ドル円なら0.2銭のスプレッドで取引できます。

    コストの心配なく取引に集中したいなら、GMOクリック証券はおすすめです。

    GMOクリック証券には、投資信託・CFDなどFX以外の商品もそろっており、同一アカウントでの運用や資金振り替えも可能。長く使い続けることができるので、これから本格的に投資を始めたい人なら、まずは作っておきたい口座です。

    最大30万円キャッシュバック!
    GMOクリック証券の
    公式サイトはこちら

    DMM FX

    • 最短1時間でトレード開始
    • シンプルで分かりやすい取引ツール
    • LINEで24時間相談できる
    通貨ペア 21
    基準スプレッド ドル/円:0.2銭
    ユーロ/ドル:0.4pips
    ポンド/ドル:1.0pips
    最低取引単位 10,000通貨
    取引ツール 5種類(PC/スマートフォン対応)
    デモトレード あり(PC/スマートフォン)
    トレード記録の情報量
    キャンペーン 条件達成で最大20万円キャッシュバック
    公式サイト https://fx.dmm.com/

    DMM FXは取引スタートまでが早いことが特徴。スマホでスピード本人確認を使えば申し込み後最短1時間で取引を開始することも可能です。

    また、取引ツールが充実しているのもDMM FXの強み。
    パッと見て分かりやすいデザインと多くの機能を持ち、ファンも多いです。

    取引アプリの使い勝手が秀逸

    DMM FXでは、PC/WEB版の取引ツールとスマホアプリの取引ツールが利用できます。

    いずれも高性能で、初心者でも使いやすい機能性の高さが魅力です。

    特にスマホアプリは横画面にも対応しており、外出先でも横に画面を広げて見やすくなるのが大きなメリットです。

    デモ取引もできるので、本格的に始めるまでに使い勝手を確かめられます。

    条件を満たせば最短1時間で取引を開始できる

    DMM FXでは口座開設申し込みから取引開始まで最短即日で完了させることも可能です。

    しかも本人確認で「スマホでスピード本人確認」を利用した場合、最短1時間で取引開始できる可能性もあります。

    スマホで本人確認書類と本人の顔を撮影するだけで簡単に手続きできることで実現できているのです。

    個人番号カード(マイナンバーカード)を持っていれば、表面・裏面と本人の顔を撮影するだけで手続きが終わるので非常にカンタンです。

    取引や操作のやり方で迷った時に頼りになるのがLINEでのサポート。もちろん電話でも問い合わせができます。

    DMM FXの公式サイトを見る

    SBI FXトレード

    • 1通貨から取引可能
    • スプレッドが狭い
    • 手数料無料
    通貨ペア 34
    基準スプレッド ドル/円:0.09銭
    ユーロ/ドル:0.19pips
    ポンド/ドル:0.69pips
    最低取引単位 1通貨
    取引ツール 2種類(PC/スマートフォン対応)
    デモトレード なし
    トレード記録の情報量
    キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
    公式サイト https://www.sbifxt.co.jp/

    SBI FXトレードは「とにかく少額で取引をしたい!」という方におすすめのFX口座です。最低取引単位が1通貨なので、米ドル円の場合1ドルで取引を始められます。

    さらに、1,000通貨までのスプレッドが他のFX会社に比べて特に狭いというのもポイント。

    このような理由から、初心者だからあまり大きな額でFXを始めるのは怖い、という方にSBI FXトレードは適していると言えます。

    最低取引単位が1通貨単位!

    SBI FXトレードの最大のメリットは1通貨単位で取引が可能なところです。

    米ドル/円の通貨ペアの場合は、レバレッジを最大(25倍)まで利かせれば4円程度の証拠金で利用可能です。
    また、取引できる上限も大きく、業界最大の1取引1,000万通貨まで取引できます。

    1通貨単位なら少額取引でFXに慣れてから徐々に大きな資金を投入することも可能です。

    積立FXにも対応している

    SBI FXトレードでは、少額の資金で投資ができる「FX積立」が利用できます。

    FXといえば売買でキャピタルゲインを狙うトレードをイメージがありますが、積立FXではコツコツと通貨ペアを増やしていくことができます。

    • 毎日、毎週、毎月の3パターンを選べる
    • レバレッジを3倍までかけられる
    • 途中の増額や全額換金も可能

      通常の取引と同じく1通貨単位での取引にも対応しており、少額から積立が可能です。

      米ドル/円、英ポンド/円、豪ドル/円をはじめ、9種類の通貨で積立できるので、好きな通貨ペアを選択する余地もあります。

      デモ口座が無いのは一見不便に感じますが、最初は少額から実際の取引をしてみることでチャートを読む感覚が身につきやすいというメリットもあります。

      SBI FXトレードの公式サイトを見る

      LINE FX

      • FXの相場などの情報がLINEで通知される
      • 取引ツールが使いやすい
      • 1,000通貨から取引可能
      通貨ペア 23
      基準スプレッド ドル/円:0.2銭
      ユーロ/ドル:0.4 ~ 9.0pips
      ポンド/ドル:1.0 ~12.0pips
      最低取引単位 1,000通貨
      取引ツール 2種類(PC/スマートフォン対応)
      デモトレード なし
      トレード記録の情報量
      キャンペーン 条件達成で最大5000円プレゼント
      公式サイト https://line-fx.com/logout

      LINE FXは取引ツールが直感的に利用でき見やすいので、初心者でも扱いやすいのが特徴です。

      公式アカウントをLINEで友達登録しておくことで通貨ペアの相場急変通知やキャンペーン情報などをメッセージで受け取ることができるため、為替情報をいち早く入手したい人に適しています。

      また、2021年1月16日からは高機能なPC版取引ツールLINE FX Proが登場し、スマホで簡単取引・PCで詳細取引と使い分けることが可能です。

      LINE通知からトレードにアクセスできる

      LINE FXではLINEアプリと連携することで、経済指標の発表など急変動が起きた際も LINE通知からすぐにアクセスできます。

      普段利用するLINEで通知されるので、大きくレートが動いたチャンスのタイミングを見逃すことがありません。

      LINEアプリと連携できるLINE FXならではのメリットといえるでしょう。

      スマホ専用のアプリが優秀

      LINE FXはスマホ専用のアプリを提供していて、パソコンと同等クラスの高機能チャートが搭載されています。

      移動平均線やボリンジャーバンドをはじめとした11種類のテクニカル指標を利用できるのが魅力です。

      • 1画面で4チャート表示できる
      • クイック注文メニューではチャートを表示しながら注文できる

      日常の取引はもちろん、相場が急変した瞬間を狙った売買がやりやすくなっています。

      現在では1,000通貨単位での取引が可能になり、ますます初心者やライトユーザーに優しくなっています。

      LINE FXの公式サイトを見る

      LIGHT FX

      • スワップポイントが業界最高水準
      • スプレッドが業界最狭水準
      • 1,000通貨から取引可能
      通貨ペア 29
      基準スプレッド ドル/円:0.2銭
      ユーロ/ドル:0.3pips
      ポンド/ドル:0.8pips
      最低取引単位 1,000通貨
      取引ツール 3種類(PC/スマートフォン対応)
      デモトレード なし
      トレード記録の情報量
      キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
      公式サイト https://lightfx.jp/

      LIGHT FXの強みとしてまず挙げられるのが、スワップポイントの高さです。

      例えば南アフリカランド円の買いスワップが10万通貨あたり71円など、業界でも高い水準を誇ります。
      スワップポイントに興味のある初心者の方におすすめできます。

      ※2021年12月1日、LIGHT FXの公式サイトを参考にしました。

      スプレッドも業界最狭水準なので、取引コストをおさえながらトレードすることが可能。

      99.9%の脅威の約定率

      LIGHT FXの約定力は自社調査で99.9%と、業界でも最高水準を記録しています。

      「買いたいタイミングだけど買えなかった……」「売りたくても売れなくて大損してしまった……」ということが、ほとんどないということです。

      これによって自分が売買したい価格で注文できます。

      短期トレードを行う場合、瞬間的な売買で約定しないと損失に直結してしまいます。

      デイトレードをしているトレーダーにはおすすめできます。

      スワップポイントも高水準

      LIGHT FXは、高金利通貨に付与されるスワップポイントが大きいというメリットもあります。

      一例として「トルコリラ/円」「南アフリカランド/円」「メキシコペソ/円」のスワップポイントは以下のとおりです。

      スワップポイント
      通貨ペア LIGHT FX DMM FX GMOクリック証券
      トルコリラ/円 36 28
      南アフリカランド/円 16.1 9 10
      メキシコペソ/円 16.1 12 12

      (※)2022年6月3日時点 1万通貨単位

      長期的にポジションを保有してスワップポイント狙いで投資したい人にも、LIGHT FXはおすすめできます。

      1,000通貨から取引可能な点も初心者に優しいと言えます。

      LIGHT FXの公式サイトを見る

      みんなのFX

      • 無料でデモトレードができる
      • スプレッドが業界最狭水準
      • 高水準のスワップポイント
      通貨ペア 28
      基準スプレッド ドル/円:0.2銭
      ユーロ/ドル:0.3pips
      ポンド/ドル:0.8pips
      最低取引単位 1,000通貨
      取引ツール 4種類(PC/スマートフォン対応)
      デモトレード あり(PCのみ)
      トレード記録の情報量
      キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
      公式サイト https://min-fx.jp/

      みんなのFXでは、無料で仮想の資金100万円を使ってデモトレードを利用できます。使う画面は実際の取引画面と同じなので、本番に向けた練習ができて便利です。

      スプレッドが狭く、取引コストがおさえられるのも魅力。変動制ではなく原則固定なのも嬉しいポイントです。

      スワップポイントも高水準なので、スワップポイントで利益を出したい初心者の方にもおすすめできます。

      システムトレードが利用できる

      みんなのFXでは「みんなのシストレ」というシステムトレード(自動売買)が利用できます。

      FXの専門的な知識がない人でもトレードができるうえ、24時間いつでも取引を行なってくれるのがメリットです、

      感情に左右されることもないため、損失を出したときに機械的に損切りしてくれる強みがあります。

      人間であれば感情的に「ここから上がってくれるかもしれない」と思って損切りできない場面でも機械的に対応してくれるので、結果的に大損せずに済むことになるでしょう。

      初心者は機械的な損切りが難しいので、自信がない人はみんなのシストレを利用してみる価値があるでしょう。

      みんなのシストレではリピート系とストラテジー選択型の自動売買ツールがあり、初心者にも分かりやすく自動売買を始めることができます。

      みんなのFXの公式サイトを見る

      松井証券FX

      通貨ペア 20
      基準スプレッド ドル/円:0.2銭
      ユーロ/ドル:0.4pips
      ポンド/ドル:1.0pips
      最小取引単位 1通貨
      取引ツール 4種類(PC/スマートフォン対応)
      デモトレード あり(PCのみ)
      トレード記録の情報量
      キャンペーン 条件達成で上限なしキャッシュバック
      公式サイト https://fx.matsui.co.jp/

      松井証券FXの特徴は、1通貨単位で取引できるので、少額で始めることができる点です。

      FXを1,000通貨単位あるいは1万通貨単位の取引がほとんどであることを考えると、1単位で取引できるのは、松井証券FXならではといえます。

      100円程度から取引に参加できるため、「最初は慣れるまで少額で様子を見たい」と感じている初心者には特におすすめです。

      最低取引単位が1通貨

      松井証券FXではSBI FXトレードと同じように、1通貨単位での取引が可能です。

      「スタンダード25倍コース」でレバレッジ25倍をかけた場合、証拠金4%の個人口座の場合は、約5円の証拠金で取引できます。

      1,000通貨単位で取引できる一般的なFXでは、レバレッジを25倍まで利かせても約4,000円の自己資金が必要です。

      いかに松井証券FXが少額で取引できるかが分かるでしょう。

      公式LINEでサポートを受けられる

      公式ラインによるサポートが受けられる点も見逃せません。

      無料登録するだけで、以下から通知する内容を選んで受け取ることができます。

      • 経済指標通知
      • レート通知
      • 急変動通知
      • 売買シグナル通知

        特に「急変動通知」は大損する前にポジションを解消するためのツールとしても優秀です。

        普段の生活が忙しく、チャートを見る暇がない人は、相場の急落に対応できないことも多いです。

        そんな時に知らせてくれるLINEのサポート機能はありがたい存在といえます。

        スマホアプリも優秀で、全通貨の為替レートとチャートを同時に表示する機能によって、ひと目で為替の状況が分かるようになっています。

        松井証券FXの公式サイトを見る

        ヒロセ通商(LION FX)

        • 通貨ペア数が多い
        • ひと味違ったユニークな情報コンテンツ
        • 取引ツールの数が多い
        通貨ペア 50
        基準スプレッド ドル/円:0.2銭
        ユーロ/ドル:0.3pips
        ポンド/ドル:0.6pips
        最低取引単位 1,000通貨
        取引ツール 4種類以上(PC/スマートフォン対応)
        デモトレード あり(PC/スマートフォン)
        トレード記録の情報量
        キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
        公式サイト https://hirose-fx.co.jp/

        ヒロセ通商のLION FXは他のFX口座に比べて通貨ペア数が多い(50通貨ペア)ことがメリットと言えます。

        ヒロセ通商のみ取引できる通貨ペアもあるので、公式サイトでチェックしてみましょう。

        公式サイトを見ると分かるのですが、ヒロセ通商は提供してくれる情報コンテンツがユニークで、他の口座とはひと味違った視点でのFXの情報を集めることができます。

        また、取引ツールの種類と数が豊富なのも特徴。Windows用やMac用など自分の環境に合ったツールを使えます。

        スキャルピング取引に対応

        ヒロセ通商LION FXではスキャルピングを公認しており、この点が他社にはない大きなメリットです。

        スキャルピング取引はサーバへの負担が大きいことから禁止されているFX会社も珍しくありません。
        そんなFX会社でスキャルピングすると口座凍結・取引制限を受けるリスクもあります。

        LION FXではむしろスキャルピングを推奨しているので、何も気にせずに自分の好きなタイミングで売買できるでしょう。

        情報収集が簡単

        ヒロセ通商の公式ホームページでは、初心者でも分かりやすいように「ボラリティ表」や経済カレンダーなどFX取引に必要な情報がまとめられています。

        1つのサイトでニュースを確認しながら注文もできるので、いちいち他のサイトを見に行くことがないのは大きなメリットです。

        約定スピードも最速0.001秒とスピーディなので、経済指標を見て相場の急変を感じとった直後に取引して利益を狙うことも、損失を最小限に抑えることも可能です。

        ヒロセ通商の公式サイトを見る

        FXプライム by GMO

        • 1,000通貨から取引可能
        • スキャルピングOK
        • スプレッドが広く、条件によっては手数料が有料になることも
        通貨ペア 20
        基準スプレッド
        ※例外あり
        ドル/円:0.3銭※
        ユーロ/ドル:0.6pips
        ポンド/ドル:1.8pips
        最低取引単位 1,000通貨
        取引ツール 3種類(PC/スマートフォン対応)
        デモトレード あり(PCのみ)
        トレード記録の情報量
        キャンペーン 条件達成で最大110,000円キャッシュバック
        公式サイト https://www.fxprime.com/

        ※ 1shot 50万ドル以下の場合

        FXプライムbyGMOは、GMOクリック証券と同じGMOインターネットのグループ会社です。
        FXプライムbyGMOはFXに特化しているのが特徴。

        GMOクリック証券は最低取引単位が1万通貨なのに対しFXプライムbyGMOは1,000通貨から取引可能です。

        スキャルピングが禁止のFX会社が多い中でFXプライムbyGMOはスキャルピングOKと公式サイトで謳っています。
        約定力が99%と高いのも嬉しいポイントです。

        スキャルピングを公認している

        FXプライムbyGMOではヒロセ通商と同じく、スキャルピングを推奨しています。

        スキャルピングを推奨しているFX業者は思いのほか数が少ないものです。

        スキャルピングを公認しているFXプライムbyGMOは、国内では貴重な選択肢といえます。

        簡単に自動取引が可能

        FXプライムでは、ちょいトレFXというサービスで自動売買が利用可能です。

        プログラミング知識がなくてもマウス操作だけの簡単操作でストラテジーを作成でき、簡単に自動取引が実現します。

        【ストラテジーとは】
        「自動売買の取引を提供するプログラムのこと」

        初心者でも簡単に始められるよう、ガイド付きのテクニカル指標やバックテストなどサポート機能も充実しています。

        「できるだけ簡単に自動売買を始めてみたい!」と思っている人にはおすすめです。

        ただ、GMOクリック証券と比べるとスプレッドが広く、条件によっては手数料が有料になることもあるので注意が必要です。

        FXプライムbyGMOの公式サイトを見る

        トライオートFX

        • 独自のサービス自動売買セレクト
        • マニュアルと自動売買を選べる
        通貨ペア 17
        基準スプレッド ドル/円:0.3銭
        ユーロ/ドル:0.3pips
        ポンド/ドル:1.4pips
        最低取引単位 1,000通貨
        取引ツール 2種類(PC/スマートフォン対応)
        デモトレード なし
        トレード記録の情報量
        キャンペーン 条件達成で最大5万円キャッシュバック
        公式サイト https://www.invast.jp/triauto/

        インヴァスト証券のトライオートFXには独自のサービス自動売買セレクトがあります。ランキングからプログラムを1つ選ぶだけで、システムが自動売買をしてくれます。

        収益率が高い自動売買を提供

        トライオートFでXは、高い収益率を誇るプログラムを利用したFX自動売買ツールを利用できます。

        2021年1月〜12月に行われた期間収益シミュレーションでは、12戦中9勝という高い実績を記録しました。

        設定済みの好成績のプログラムを選択すれば、ほったらかし状態で利益を出せるので、右も左も分からない初心者にも向いています。

        業界でも屈指の狭さのスプレッド

        トライオートFXのスプレッドは業界最狭水準のスプレッドになっており、実質的な手数料を抑えて取引ができます。

        米ドル/円 0.3銭
        ユーロ/円 0.5銭
        ポンド/円 1.0銭
        ユーロ/米ドル 0.3pips

        原則固定スプレッドなのも嬉しいポイントです。早朝時間帯や相場急変時などの例外時を除けば、ほぼ決まったスプレッドで取引できてコスト管理がしやすいです。

        もちろん、一般的なマニュアル注文を選ぶこともできるので、自分に合う方法を見つけましょう。

        インヴァスト証券の公式サイトを見る

        セントラル短資FX

        • 米ドル円のスプレッドが狭く魅力的
        • 短期売買がしやすいツール
        通貨ペア 25
        基準スプレッド ドル/円:0.1銭(午後4:00~翌日午前1:00・原則固定・例外あり)
        ユーロ/ドル:0.3pips
        ポンド/ドル:0.6pips
        取引ツール 4種類(PC/スマートフォン対応)
        最低取引単位 1,000通貨
        トレード記録の情報量
        デモトレード あり(システムトレードのみ)
        キャンペーン 条件達成で最大50万円キャッシュバック
        公式サイト https://www.central-tanshifx.com/campaign/

        セントラル短資FXの特徴としてパッと目を引くのは米ドル円のスプレッドが0.1銭(午後4:00~翌日午前1:00・原則固定・例外あり)という点です。

        米ドル円は日本での取引量が他の通貨と比べても多いので、取引コストであるスプレッドが狭いのは魅力的。

        新興国通貨のスワップポイントが高い

        「新興国通貨のスワップポイントが高い」のが、セントラル短資FXのメリットです。

        特に高金利通貨として人気が高いメキシコペソ/円は業界最高クラスのスワップポイントを誇ります。

        メキシコペソ/円のスワップポイント
        セントラル短資FX 13
        DMM FX 12
        GMOコイン 12

        ※2022年6月2日現在 1万通貨単位

        大手と比較してもスワップポイントが高く、長期投資で有利です。
        メキシコペソ/円を長期的に保有するなら候補に入れたいFX会社といえます。

        経済ニュースが豊富に提供される

        セントラル短資FXでは口座開設者限定で「FXライブ!」というサービスを提供しています。

        FXライブ!では各国の経済指標やマーケットの最新情報、レポートやコラムなどのマーケットニュースを1日に約200~300本も配信しています。

        ニュースの検索機能もありますので、豊富な情報から効率よく目的の情報に辿り着けるでしょう。

        1日に何回も取引をするスキャルピングなどの短期売買にもおすすめです。ツールにはスキャルピング向けに、1クリックで取引できる機能もついています。

        セントラル短資FXの公式サイトを見る

        auカブコムFX

        • 自動売買のツールでシストレも!
        • シストレでもスプレッドが同一レート
        通貨ペア 19
        基準スプレッド ユーロ/ドル:0.4pips
        ポンド/ドル:1.0pips
        最低取引単位 1,000通貨
        取引ツール 2種類(PC/スマートフォン対応)
        デモトレード あり
        トレード記録の情報量
        キャンペーン 条件達成で最大5万円プレゼント
        公式サイト https://kabu.com/sp/default.html

        auカブコム証券のauカブコムFXは、通常の取引(裁量取引)と自動売買を選ぶことができます。

        今なら当サイト限定キャンペーンとして新規FX口座開設と1万通貨以上の取引で、現金3,000円をプレゼント!

        更に取引額に応じて現金最大50,000円プレゼントも行っています。

        株式・投資信託を証拠金にできる

        auカブコムFXの特色として、株式や投資信託をFXの証拠金にできる点が挙げられます。

        株式や投資信託で資産を持っていれば、現金なしでもFXができてしまいます。

        分散投資によってリスクの集中を防ぐためにも、投資を1つのジャンルに絞らないことは大切です。

        株式や投資信託で資産運用をしてきた方も新たにFXという投資先を増やすことでリスクの分散になります。

        デモトレードにも対応

        auカブコムFXでは「FXデモ取引」を提供しており、無料で気軽にFXのデモトレードが可能です。

        口座を持っていない人でも利用できるので、自分のお金をかけずにじっくりとトレードを体験し、納得してから始められます。

        FX会社の使い勝手が分からない初心者にとって大きなメリットでしょう。

        本番と同様の画面で取引できるため、いざ本番取引を始めるときに「デモトレードと内容が違う……」ということも起こりません。

        シストレの場合、裁量取引よりもスプレッドが広くなることが一般的。しかし、auカブコムFXはシストレでも同一レートのスプレッドで取引できます。

        auカブコムFXの公式サイトを見る

        FXブロードネット

        • シストレ可能
        • デモトレードでしっかり練習できる
        通貨ペア 24
        基準スプレッド ドル/円:0.2銭
        ユーロ/ドル:0.3pips
        ポンド/ドル:2.9pips
        最低取引単位 1,000通貨(ライトコース)
        取引ツール 3種類以上(PC/スマートフォン対応)
        デモトレード あり
        トレード記録の情報量
        キャンペーン 条件達成で最大2万円キャッシュバック
        公式サイト https://www.fxbroadnet.com/

        FXブロードネットは、トラッキングトレードという自動売買を選択できます。

        トラッキングトレードが使える

        FXブロードネットでは、自動売買の「トラッキングトレード」が利用できます。

        トラッキングトレードでは「リピート型自動売買」という手法が使われていて、想定する変動幅の中で「どれくらい値動きしたら注文を出すか」を指定できます。

        小さな値動きで注文を出すよう指定した場合は大きな利益は得られませんが、少しずつ利益を重ねることが可能です。

        想定する変動幅を超えた値動きになった場合は、自動的に損切り注文も行われます。

        取引スタイルに合わせてコース選択できる

        FXブロードネットでは、自分の取引スタイルに合わせてコースを自由に選択できます。

        コース名 特徴
        ブロードコース 取引単位が10,000通貨
        ブロードライトコース 取引単位が1,000通貨

        レバレッジも1倍から25倍まで自分の取引スタイルに合わせて設定できます。

        柔軟な設定で自身のリスク許容度に合わせた投資環境が作れるのはブロードネットならではのメリットといえるでしょう。

        シストレってどうやるの?という方におすすめなのがFXブロードネットのデモトレードです。本番口座と同じ環境でFX取引体験ができるので、まずは練習してみたい!というシストレ初心者にも向いています。

        FXブロードネットの公式サイトを見る

        外貨ex byGMO

        • 1,000通貨から取引可能
        • スマホ向けのアプリ外貨exが使いやすい
        通貨ペア 24
        基準スプレッド ドル/円:0.2銭 原則固定
        ユーロ/ドル:0.4pips 原則固定
        ポンド/ドル:1.0pips 原則固定
        最低取引単位 1,000通貨
        取引ツール 2種類(PC/スマートフォン対応)
        デモトレード あり(スマートフォンのみ)
        トレード記録の情報量
        キャンペーン 条件達成で最大150,000円キャッシュバック
        公式サイト https://www.gaikaex.com/

        外貨ex byGMOは1,000通貨から取引可能のため、最低取引単位が10,000通貨の場合と比べて少額からでもFXが始められます。

        特徴的な2種類の取引方法

        外貨ex byGMOには、特徴的な2つの取引方法があります。

        • 為替差益を狙う一般的なFX取引「外貨ex」
        • 目標レートに到達できるか予測する「オプション取引」

          オプション取引では業界最多の8通貨ペアで「ラダー取引」「レンジ取引」の2つのオプションタイプから選択できます。

          【ラダー取引】

          「判定時間の原資産価格が、はしご(ラダー)状に6本設定されている権利行使価格のうち、利用者が選択した権利行使価格以上となるか、下回るかを予測する取引」

          【レンジ取引】

          「判定時の為替レートが、2つの目標レートによって作られる目標レンジの内に入るか外に出るかを予測する取引」

          分析ツール「MT4」を利用できる

          「MT4(メタトレーダー4)」は、ロシアのメタクオーツ・ソフトウェア社が提供する分析ツールです。

          移動平均やボリンジャーバンドなど約50種類と、豊富なテクニカル指標が搭載されています。

          画面表示のカスタマイズ性も高く、自分の好みの画面で直感的な取引が可能です。

          MT4は注文機能もありますが、外貨exは注文機能はなく、分析機能に絞って提供されています。

          また、iPhoneやAndroid向け専用アプリ外貨exが用意されていることが特徴のひとつ。リアルタイムの相場を確認しながらワンタップで注文できる機能など注文機能にこだわって作られています。そのため、パソコンよりはスマホで取引する機会が多いという人にもおすすめです。

          外貨ex byGMOの公式サイトを見る

          楽天FX

          • 楽天ポイントが貯まる・使える
          • 取引ツールが使いやすい
          通貨ペア 26
          基準スプレッド ドル/円:0.2銭
          ユーロ/ドル:0.4pips
          ポンド/ドル:1.0pips
          最低取引単位 1,000通貨
          取引ツール 3種類(PC/スマートフォン対応)
          デモトレード あり(PC/スマートフォン)
          トレード記録の情報量
          キャンペーン 条件達成で上限なしキャッシュバック
          公式サイト https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/

          楽天FXは、取引するたびに楽天スーパーポイントがもらえるので、楽天ユーザーにおすすめできるFX口座です。

          豊富な取引ツールが利用できる

          楽天FXでは以下のようにFXツールが充実しています。

          • マーケットスピードFX(PC)
          • 楽天FX-WEB(PC)
          • iSPEED FX(スマートフォン)
          • MT4

            楽天FXでは楽天証券が提供する投資家からの評価が高い「マーケットスピード」のFX特化版となる「マーケットスピードFX」を提供しています。

            マーケットスピードFXは約40種類のテクニカル指標が搭載された高機能ツールです。

            チャート画面からダイレクトに取引に参加でき、チャート分析~発注~決済までスピーディーな取引に臨めます。

            楽天スーパーポイントが貯まる

            楽天FXでは10万通貨を取引する度に、1楽天スーパーポイントが貯まります。

            ポイントで株式や投資信託などの取引も可能です。

            10万通貨とは、例えば米ドルなど10万ドルです。1ドル=100円としたら、1000万円ですから、一見するとレートは良くありません。

            ただFXでは25倍のレバレッジを使えるので、その場合なら40万円からポイントが付与されます。
            大きな金額を取引できる人なら、ついでにポイ活もできてしまいますね。

            楽天FXには初心者から上級者の方まで使いやすい取引ツールがあります。パソコン版(マーケットスピードFX)では画面を自分なりにカスタマイズできたり、スマホ版(iSPEED FX)では9種類のテクニカル分析を3分割画面で同時表示ができたりと嬉しい機能が付いていて、その人に合ったやり方で便利に使えます。

            楽天FXの公式サイトを見る

            初心者におすすめのFX口座の選び方

            これからFXを始める初心者が口座を選ぶ際には、下記の3つのポイントをチェックするのがおすすめです。

            初心者向け!FX口座の7つの選び方
            1. 取引ツールの利便性
            2. 取引にかかるコストの低さ
            3. 過去のトレード記録の充実度
            4. 最低取引単位
            5. 通貨ペア数
            6. 会社の信用度
            7. 口座開設キャンペーン

            1.取引ツールの利便性

            FX取引を行う際に重要になってくるのが、各社で用意している取引ツールです。
            ツールの使いやすさは、FXチャートの分析の精度やスムーズな取引にも関わってきます。

            また常にPCでチャートを追うことができない人は、予想外の為替変動や、取引タイミングの見逃しが思わぬ損失に繋がることも多いです。

            日中は仕事や家事などで忙しいという人は、スマートフォンアプリなどの使い勝手も押さえておきたいポイントです。

            自分の生活スタイルに合わせて取引ができるかどうかは、取引を続けていくにあたり重要なポイントなので、取引ツールについては必ずチェックしましょう。

            デモトレードを利用して、取引ツールの使い勝手やトレードを実際に体験してみるのもおすすめ。
            デモトレードに対応していないFX会社や、PCツールのみ対応のFX会社もあるので、まずはPC・スマートフォン共に試せるところを選ぶと良いでしょう。

            2.取引にかかるコストの低さ

            FX取引を行う際には、各種手数料が生じることがあります。

            取引自体で利益を出すことができても、取引にかかるコストが高いと利益が相殺されてしまいます。

            FX取引でかかる各種手数料

            • 口座開設・維持費用
            • 取引手数料
            • 入金・出金手数料
            • ロスカット手数料
            • スプレッド

            国内のFX会社は基本的に口座の開設・維持費用や取引手数料、出金手数料は無料になっている場合が多いです。

            またほとんどの場合、クイック入金サービスを使用することで、入金手数料も無料になります。

            この中でも特に重要なのは、取引時の実質的なコストになるスプレッドです。

            スプレッドとは売値と買値の価格差のことで、スプレッドが狭いほど毎回の取引にかかるコストが安くなります。

            スプレッドは取引のたびに毎回生じるコストとも言えるので、スプレッドが狭いFX会社を選ぶことがコストを抑えるポイントです。

            FXのスプレッドが狭い会社を比較【2022年版】最小の通貨ペアを紹介スプレッドって何?といった疑問にお答え!また、スプレッドでFX会社を比較して選びたい方向けにおすすめ5選をご紹介します。...

            3.過去のトレード記録の充実度

            どんなに取引のルールを決めて運用しようとしても、最初は思ったようにはいかないものです。

            また考えてトレードしているようでも、無意識に自分の癖が出てしまっている場合もあります。

            投資初めのうちは自分のトレードをこまめに見返し、自分の癖や初心者がやりがちな失敗を分析しながら、トレードを身に着けていくのがおすすめ。

            FX会社によっては、過去の売買結果だけではなく、ポジションを保有していた時間や決済数に対する平均損益額などを細かく記録してくれるところもあります。

            最初のうちはトレードの記録が詳細に残るFX会社で、自己分析を行いながら取引スタイルを確立させていきましょう。

            4.最低取引単位

            FX会社を選ぶうえで、最低取引単位について調べておくことも必要です。

            FX会社ごとに設定されている最低取引単位は、大きく分けて3つのパターンに分かれます。

            • 1万通貨単位
            • 1,000通貨単位
            • 1通貨単位

              1ドル100円の時に米ドル円の取引をした場合、1,000通貨単位なら4,000円、1万通貨なら4万円から取引が可能です。

              ただ、FX会社によっては1通貨から取引できることもあります。
              初期投資額が少ない初心者の方でも利用しやすいです。

              同じ金額で、より多くの通貨ペアに分散できるメリットもあります。

              他のサービス内容の比較で決められない場合、できるだけ最低取引単位が小さいFX会社がおすすめです。

              FXを1000通貨取引できるおすすめ口座8選!FX少額取引の始め方FXを少額で始めたい初心者の方へ。1,000通貨で取引できるFX口座はもちろんのこと、なんと1通貨から始められるFX会社もあるのです。1,000通貨で取引可能なおすすめのFX会社を8つご紹介します。...

              5.通貨ペア数

              通貨ペアの数はFX会社によってさまざまです。

              「米ドル円」「ユーロ円」「ユーロ/米ドル」などの有名な組み合わせなら、どのFX会社でも取扱いがあるので心配いりません。

              通貨ペア数が多い方が有利なのは、マイナー通貨を取引する時です。

              たとえば「スウェーデンクローネ」「ハンガリーフォリント」などのマイナーな通貨は取扱いがないことも珍しくありません。

              将来的にマイナーな通貨ペアにも手を出してみたいと考えている人は、できるだけ通貨ペアの多いFX会社を選択しましょう。

              6.会社の信用度

              選択した口座でずっと安心して取引できるのかを基準にして決める方法もあります。

              たとえばSBI FXトレードは業界最大手のSBI証券も含むSBIグループの一員であり、安心感はバツグンです。

              信用度の比較が難しくて決められない場合は、「口座開設数」を判断材料にする方法もあります。

              7.口座開設キャンペーン

              FXは各社で顧客の争奪戦が激しく行われており、サービスは日々拡充されています。

              どれだけ比較してみてもサービスに大きな違いがなく、決められないこともあるでしょう。

              そんな場合に最後の決め手になるのが口座開設ボーナスの有無です。

              多くのFX会社では口座開設時にキャッシュバックキャンペーンや取引回数に応じたボーナスを提供しています。

              もっとも大きな恩恵を得られそうなFX会社が候補になるでしょう。

              初心者におすすめのFXの投資方法は?

              FXの取引スタイルには4つの種類があり、自分の生活スタイルや向き不向きに合わせた方法を選択するのがおすすめです。

              FX取引の4つのスタイル
              • ポジショントレード
                1週間以上の長期間でポジションを保有することで、スワップポイントによる収益や、より大きな利益を狙う。
              • スイングトレード
                2日~1週間の中期でポジションの売買を行う。チャートのチェック頻度の少なさと、得られる利益のバランスが良い取引手法。
              • デイトレード
                1日の間に注文から決済までを行う取引手法。日を跨ぐことによる相場の変動リスクがなく、短期的に利益を積み上げられる。
              • スキャルピング
                数秒~数分の間で売買を繰り返す。短期間で集中して取引を行うため、大きな利益は出にくいが、損失が大きくなるリスクも少ない。

                4種類の取引方法がある中で、初心者におすすめなのはデイトレードやスイングトレードです。

                それぞれの方法を取引時間やチャートを確認する頻度などで比較すると以下になります。

                取引期間
                (取引回数)
                チャート
                確認頻度
                スワップ
                ポイント
                相場変動リスク
                ポジショントレード
                (長期売買)
                1週間以上
                (1回以下/週)
                週に数回
                スイングトレード
                (中期売買)
                2日~1週間
                (1~3回/週)
                1日1回
                デイトレード
                (短期売買)
                数分~1日
                (1~数回/日)
                1日3回 ×
                スキャルピング
                (超短期売買)
                数秒~数分
                (30回以上/日)
                常に ×
                取引手法別の向いている人
                • ポジショントレード:トレード経験があり、資金をじっくり運用したい人
                • スイングトレード:リスクはあっても短時間で大きな利益を出したい人
                • デイトレード:変動リスクやコストを抑えながら、利益を出していきたい人
                • スキャルピング:集中力があり、小さな利益をコツコツ積み上げたい人

                デイトレードスイングトレードは、利益と損失リスクとのバランスが良く、短期~中期の取引で経験を積んでいくことができるため、FX取引を学ぶにはうってつけの取引手法です。

                チャートの確認や取引が隙間時間で複数回できるならデイトレードを、仕事や家事に忙しく、FXに割ける時間が少ない人はスイングトレードを選択すると良いでしょう。

                ポジショントレードは大きなトレンドを読み、長期的に運用していく形になるため、短期では利益が得られません

                相場変動による損失も大きくなりやすいため、トレード経験があり、まとまった資金をじっくり運用したい人向きです。

                スキャルピングは、変動リスクを抑えて着実に利益を積み上げられますが、取引回数が多くなるため、スプレッドによってコストがかさんでしまう傾向があります。

                またスキャルピングを禁止しているFX会社も多いため、そもそも手法として選択ができない場合もあるのが注意点です。

                悩んだらまずはデイトレードで始めてみて、慣れてきたら他の取引手法にチャレンジしてみましょう!

                \時間がなくてもウィジェットで即相場確認/GMOクリック証券で
                ディトレードを始める

                デイトレードにチャレンジするときにおすすめのFX会社は?

                デイトレードにチャレンジする場合は、できるだけスプレッドの狭いFX会社がおすすめです。

                1日に何度も取引を重ねるので、スプレッドが0.1銭の違いでも将来的には大きな差になってしまいます。

                たとえば以下のようなFX会社なら、スプレッドが狭くておすすめできます。

                • GMOクリック証券
                • SBI FXトレード
                • DMM FX
                • 外為どっとコム
                • 外貨ex byGMO

                  いずれのFX会社も業界最狭水準のスプレッドとされていて、コストを抑えた取引が可能です。

                  スイングトレードにチャレンジするときにおすすめのFX会社は?

                  スイングトレードはデイトレードと比較すれば1回の取引のスパンが長く、スプレッドの重要性は相対的に低くなります。

                  一方、1回の取引で長くポジションを持つので、長い時間軸で相場を見極める必要があります。

                  間違ったポジションを保有すると、長く取引する分だけ損失が膨らむ可能性もあるからです。

                  情報収集や優れた分析ツールを提供する、以下のようなFX会社が候補になるでしょう。

                    GMOクリックはテクニカル分析ツールにトレンド系とオシレーター系どちらも搭載されていて、スマホ版でも高スペックです。

                    日をまたいで取引するスイングトレードではスワップポイントも利益に直結するため、業界トップクラスのスワップポイントを誇るGMOクリック証券はおすすめです。

                    「SBI FXトレード」では1通貨単位から取引可能で、細かい取引ができることでスイングトレードの自由度が高まります。

                    豊富な情報量でFXに関する知識を増やしながら取引が進められる点でもおすすめです。

                    「DMM FX」チャートソフトが秀逸なことに定評があります。

                    「プレミアチャート」はシンプルな操作性と多機能性でテクニカル分析がしやすく、中長期のスイングトレードでもおすすめです。

                    スキャルピングにチャレンジするときにおすすめのFX会社は?

                    スキャルピングは分単位で細かく取引するので、スプレッドが狭いかどうかが重要です。

                    ただ、そもそもスキャルピングを公認しているFX会社でないと取引ができません。スキャルピングはサーバへの負担が大きいので、禁止するFX会社もあります。

                    公認しているなかでもおすすめなのは、ヒロセ通商の「LION FX」です。

                    スキャルピングを公認しており、それだけ短時間で取引しても口座凍結などの心配はありません。

                    さらに「業界最狭水準スプレッド」「約定スピードは最速0.001秒」と、スキャルピングにふさわしい環境が整っているのです。

                    FXの取引時間は?日中働いていても取引できるの?


                    画像引用:外為ドットコム公式サイト

                    FXは土日は取引できませんが、株式投資など違って平日なら24時間取引が可能な点が特徴です。

                    24時間取引可能な理由は、FXは各国の通貨で取引を行うため、時差により市場がクローズする時間がないことが挙げられます。

                    働いている間に日本市場がクローズしたとしても、夜にはロンドン市場やニューヨーク市場がオープンし、21時から1時くらいまでゴールデンタイムとなります。

                    そのためFXは、日中に仕事をしている方でも手を出しやすい投資方法となっています。

                    日本円を絡めた通貨取引もおすすめですが、ロンドン市場やニューヨーク市場がピークの時間帯に取引できるので、米ドルやポンドはもちろん、それらの変動で動く通貨取引もおすすめです。

                    日中しか取引できない場合でも、日本市場がオープンしている時間なので、戦争や紛争危機が少なく「安全資産」と呼ばれる日本円での取引が活発です。

                    日本円をベースとした通貨で取引することで、普段ニュースで耳にする日本の情勢を加味して取引が可能なので、外資同士の取引よりも変動が読みやすく、比較的情勢の勉強が少なくとも取引が始められます。

                    取引時間別おすすめの通貨
                    • 日中に時間が取れる人:日本円を絡めた通貨取引
                    • 深夜に時間が取れる人:米ドルやポンド、それらの変動で動く通貨取引
                    時間による有利不利はありませんが、時間に合わせて動きやすい通貨で取引するとリターンも大きくなります。

                    FX初心者におすすめの通貨ペアは?

                    FXで取引可能な通貨ペアは数十種類に及び、通貨ペアによって取引量や値動きの幅、変動する要因が異なります。

                    また、どの通貨ペアを選ぶかによって、トレードの難易度やおすすめの取引手法も変わってきます。

                    FXの取引を始める際はまず、各通貨の特徴を押さえておくことが必要です。

                    通貨は一般的に取引量などによって、メジャー通貨とマイナー通貨に分類することができます。

                    初心者であればまずはメジャー通貨を組み合わせた通貨ペアで取引を始めるのがおすすめです。

                    メジャー通貨 マイナー通貨
                    通貨の例 ・米ドル
                    ・日本円
                    ・ユーロ
                    ・英ポンド
                    ・メキシコペソ
                    ・南アフリカランド
                    ・トルコリラ
                    取引コスト
                    (スプレッド)
                    狭い 広い
                    値動き 比較的安定している 急変する可能性有
                    情報 入手しやすい 入手しにくい
                    取引量 多い 少ない

                    メジャー通貨は情報の入手しやすさと相場の安定感が魅力です。

                    さらにどこのFX会社でも取引コストが割安な場合が多いため、取引回数の多い超短期~短期的なトレードをする人に向いています。

                    一方でマイナー通貨は金利が高いため、スワップポイントを目的にトレードする人も多いです。

                    スプレッドが広くなりやすく、1回の取引のコストが高いため、比較的取引回数が少ない中期~長期的なトレードに向いています。

                    FX初心者におすすめの通貨ペア

                    金融先物取引業協会の発表によると、国内の店頭FX取引の通貨ペアのシェアは米ドル/円が5割以上を占めています。

                    米ドル/円の次に取引シェアの多いポンド/円と合わせると、8割以上がこの2つの通貨ペアになっています。

                    これからFXを始める初心者の方は、まずはシェアが高く取引に関する情報も多い、この2つの通貨ペアの取引から始めるのがおすすめです。

                    値動き
                    (小⇔大)
                    金利
                    (低⇔高)
                    相場が動く要因
                    米ドル/円

                    0.00~0.25%
                    ・米国の金利動向
                    ・戦争やテロ
                    ポンド/円

                    0.10%
                    ・英国の金利動向
                    ・インフレ率
                    ・ユーロ相場
                    ユーロ/円

                    0.00%
                    ・欧州中央銀行の動向
                    ドイツの経済指標
                    豪ドル/円

                    0.10%
                    ・政策金利
                    ・インフレ率
                    ・中国の景気動向

                    通貨ペアは基本的にどこのFX会社でも取り扱いはありますが、スワップポイントなども考えると、GMOクリック証券LIGHT FXみんなのFXが特におすすめです。

                    スワップポイント投資向きの高金利通貨ペア

                    スワップポイント目的で投資を行う場合は、比較的値動きが安定している南アフリカランド/円メキシコペソ/円を選択するのがおすすめです。

                    値動き
                    (小⇔大)
                    金利
                    (低⇔高)
                    相場が動く要因
                    ランド/円

                    3.50%
                    ・世界景気
                    ・金相場
                    ペソ/円

                    4.75%
                    ・資源価格
                    米国景気
                    リラ/円

                    16.00%
                    ・欧米諸国関係
                    ・地政学リスク

                    高金利通貨ペアは取り扱いのないFXもあるため注意。また、世界情勢によって値動きも多くハイリスクハイリターンな点が特徴です。

                    FX会社によっては取引のない通貨ペアが合ったり、高金利通貨ペアのみ最低取引単位が変わる場合もあります。

                    各社のスワップポイントの比較や、スワップポイント投資の方法については下記の記事で紹介しています。

                    スワップポイントを徹底比較!通貨ペア別に15社で比べた結果スワップポイントを比較しながらFX会社を選択したい方へ。ピックアップした15のFX会社の間でスワップポイントを比較し、どこが一番スワップポイントに向いているかを検証しました。...

                    FX取引までの流れと初心者におすすめの分析方法

                    FXを始めるには、口座の開設と口座への入金、使用するツールの準備が必要になります。

                    1. 口座を開設するFX会社を選ぶ
                    2. 口座開設の手続きをする
                    3. 必要なツールなどのダウンロード
                    4. 取引に使用するお金の入金
                    5. 通貨ペアや取引金額を決める
                    6. 取引を始める

                    FXの口座を開設する際に必要なものや手続きの流れ、取引のやり方については、以下の記事で詳しく紹介しています。

                    FXのやり方や始め方をわかりやすく解説!儲かる人の特徴や確率も紹介FXのやり方・始め方は?取引開始までの流れや、取引を行う際のやり方、注文方法の種類などを解説します。失敗しないための取引のやり方も紹介!...

                    相場の分析の仕方は?何を見ればいい?

                    相場の分析の仕方にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類あり、投資家はこれらの2つの方法によりこれから先のことを予測しています。

                    ここでは、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について解説します。どちらがより優れているということではないので、両方のやり方を取り入れて総合的に判断することが大切です。

                    ファンダメンタルズ分析

                    ファンダメンタルズ分析とは、景気の動向や各国の経済状況に注目し、これから先の相場を予測する方法です。

                    政治や経済など様々な情報を自分の中に落とし込みながら分析することが必要になってきます。

                    テクニカル分析

                    テクニカル分析とは、過去の値動きのサイクルに注目し、チャートを使って未来の値動きのパターンを予測する方法です。過去の値動きのパターンを把握しておくと、これから先の予測が立てやすくなるので、初心者にもおすすめできる分析の仕方です。

                    チャートにはローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンドなど様々なテクニカル指標があります。

                    まずはテクニカル分析のローソク足という指標を見られるようになれば、基本的な分析ができます。テクニカル分析を中心にトレードを行いながら、少しずつファンダメンタルズ分析に必要な情報を追っていくのがおすすめです。
                    FXのテクニカル分析とは?種類やおすすめの組み合わせ手法を解説FXのテクニカル分析とは?FX初心者におすすめのテクニカル分析の方法やチャートの見方を解説!テクニカル分析のしやすいおすすめのFX口座もあわせて紹介します。...

                    FXで取引する前に知っておきたい損益計算方法

                    FXの損益計算は基本的には売却したレートから購入したレートを差し引く形で計算し、その数字に取引数量を掛け算すると損益が確定します。

                    損益計算の一例を見てみましょう。

                    • 購入時レート:120.0円
                    • 売却時レート:121.0円
                    • 取引数量:10,000通貨

                    この場合、(121-120)×10,000という計算式で計算されます。
                    この計算で算出される10,000円という金額が損益にあたります。

                    pipsとは?

                    FXでは取引単位として「pips」という単位が使われる場合があります。

                    pipsは世界共通で利用されている単位で、日本では日本円を利用しない通貨ペアでpips表記のスプレッドが利用されます。

                    ただし、1pipsがいくらなのかはFX会社によっても異なります。
                    円を使わない取引を始める前に、まずはpipsの単位がどうなっているかを確認しておきましょう。

                    FX利益を出した時の税金はどうなる?

                    FXを始めるにあたって、避けては通れない話題が税金です。

                    FXで得た利益が一定以上になった場合は、普段は確定申告をしない会社員でも確定申告が必要です。

                    国内のFX会社を利用した場合は一律で20.315%の税率になり、所得税や住民税を納める義務が発生します。

                    FXと確定申告の関係

                    確定申告は、1年間の所得(売上-経費)から、所得にかかる税金と納める税額を税務署に申告する手続きです。

                    FXの場合、為替差益やスワップポイントで得た利益から経費を引いた残りの金額が確定申告の対象です。

                    会社員の場合はFXで得た所得(利益から経費を差し引いた金額)が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

                    逆に言えばFXで1年間に20万円超の利益を出した場合は確定申告が必要ということです。

                    個人がFXで得た利益は先物取引に係る「雑所得」であり、所得税・復興特別所得税・住民税を合わせて20.315%が課税されます。

                    FXの税金は申告分離課税であり、他の所得(給料など)とは別に税額を計算して納税するのも特徴です。給与所得が高いかどうかは関係なく、20.315%で課されます。

                    また国内のFXの確定申告では「繰越控除」「損益通算」が利用できます。

                    1年で50万円の利益を出すと本来なら課税対象ですが、1年前に100万円の損失を出して確定申告をしてあったとします。すると「繰越控除」の仕組みで損失と利益が相殺されて課税対象ではなくなるのです。

                    確定申告額は3年間通算での損益になるため、税率を低く抑えることにつながります。

                    また課税所得を圧縮する手段には損益通算もあります。

                    A社では100万円の利益があり、B社では90万円の損失があるというような場合、「損益通算」をすれば合計の利益は10万になり、確定申告は不要になります。

                    海外のFX業者を利用した場合は?

                    紹介したように、FXでの利益は確定申告が必要です。

                    海外のFX業者を利用した場合でも同様ですが、最大の違いは「税金が雑所得として扱われること」「税率が異なること」の2点が挙げられます。

                    海外FXで得た所得は雑所得として総合課税という扱いになります。他の分野で得た所得も合算し、その総額に対して課税される仕組みです。

                    所得額 税率 控除額
                    195万円以下 5% 0円
                    195万円超~330万円以下 10% 9万7,500円
                    330万円超~695万円以下 20% 42万7,500円
                    695万円超~900万円以下 23% 63万6,000円
                    900万円超~1,800万円以下 33% 153万6,000円
                    1,800万円超~4,000万円以下 40% 279万6,000円
                    4,000万円超 45% 479万6,000円

                    FX初心者のためのQ&Aを紹介

                    FXとは?

                    FXはForeign exchangeの略で、外国為替証拠金取引のことです。詳しくはFXの仕組みについての記事で解説しています。

                    FXにかかる手数料には何がある?

                    多くのFX会社では取引に関する手数料は無料です。ただ、売値と買い値の差額であるスプレッドが実質的に必要になる手数料になります。
                    同じタイミングで米ドル/円をAさんが買って、Bさんが売った場合、FX会社ではAさんとBさんの注文を相殺します。その価格差(スプレッド)がFX会社の利益になるのです。

                    複数のFX口座を開設することは可能?

                    1つのFX会社において1人の方が複数の口座を作ることはできませんが、それぞれの口座が別々の会社のものであれば1人の方が複数の口座を持つことが可能です。

                    FX口座を開設するのにお金はかかる?

                    この記事で紹介しているFX会社については、基本的に無料で口座を開設できます。

                    FXの審査は難しい?初心者は落ちる?

                    FXの口座開設でも審査はあります。基準は非公開ですが、年収や投資経験、資金バランスが見られているようです。
                    カードローンやクレジットカードのように落ちることが多い審査とは違い、年収や資産額などFXが問題なくできるかを見られることになると予想されます。
                    「虚偽の申請をしない」「資金を用意する」などFXができる環境を整えれば、初心者でも十分に通過できるでしょう。

                    FXをするなら初心者は何から始めればいい?

                    初心者の方はデモトレードまたは少額から取引を始めるのがおすすめです。デモトレードとは仮想のお金を使ってFX取引の練習が無料でできるサービス。本番さながらの画面で操作に慣れることができるので、まずは練習から始めたいという初心者の方に向いています。
                    デモトレードが無い場合は、少額からの取引が可能なFX口座を選んで練習するのも一つの手です。

                    FX初心者にはGMOクリック証券がおすすめ!

                    自分の生活スタイルに合わせてFX取引を行い、今後は投資方法を身に着けていきたいと考えている初心者には、GMOクリック証券がおすすめです。

                    GMOクリック証券は、スプレッドの狭さや手数料などのサービスの総合力が高いだけでなく、各種取引ツールの利便性も抜群です。ツールを活用することで、自分の生活スタイルに合わせた手軽な取引が可能になっています。過去のトレード情報の記録も豊富で、自分の取引を分析しながら、より利益を出すための投資スタイルを確立していくことができます。

                    また他の金融商品も広く取り扱っており、FX以外での投資も視野に入れながら、長く活用していける点も魅力の一つです。

                    口座開設の特典を活用すると最大30万円のキャッシュバックもあるため、まずは実際にトレードを行いながら、取引を学んでいくのがおすすめです。

                    本格的にFXを始めるなら!
                    GMOクリック証券の
                    公式サイトを見る

                    RELATED POST