お金

おすすめの学生ローンはどこ?【9社一覧】徹底解析

学生ローンおすすめ一覧

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

学生ローンで気になる点は、次の3つではないでしょうか。

  1. 18歳・19歳でも借りられるか?
    →借りられるところもあります!
  2. バイトしてなくても借りれるか?
    →アルバイトなど安定収入が必要!
  3. 親に借金していることがバレないのか?
    →使い方次第だがバレることも!

学生ローンは高校を卒業したばかりの18歳や19歳の学生から利用できるサービスもあります。消費者金融よりも金利が低い学生ローンが多く、学生がお金を借りやすいのが特徴です。

しかし、注意点がいくつかあります。

学生ローンは新宿北側の高田馬場に6店舗と集中していますが、申し込みはネットで行えても、契約には来店が必要になる会社もあります。

また、金利が低くても注意が必要です。

学生ローンで多い自由返済方式は、毎月利息分のみの返済でOKで元金については自由に返済できます。
しかし、そうなるといつまで経っても肝心の元金が減らずに、返済期間だけが長引いて利息だけが大きくなります。

学生ローンの審査は難しいものではありませんが、返済方法が手数料のかかる「銀行振り込み」と「現金書留」のみの学生ローンは少なくありません。

この記事では、上記のような注意点について詳しく解説しながら、オススメの学生ローンを紹介しています。

学生ローンの4コマ漫画1 学生ローンの4コマ漫画2 学生ローンの4コマ漫画3 学生ローンの4コマ漫画4

18歳以上の学生でアルバイトによる安定した収入がある場合は「プロミス」がおすすめプロミスの公式サイト

著者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)・CFP認定者・ 貸金業取扱主任者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. おすすめ学生ローン一覧
  2. 18歳19歳の学生が借りられる学生ローンは?
  3. 学生でも利用できる銀行カードローン
  4. お金を借りられる学生の条件
  5. 学生ローンのメリット
  6. 学生ローンのデメリット
  7. 学生ローンはやばいの?その理由は?
  8. 学生ローンの審査は甘い?
  9. 学生ローンの必要書類
  10. 学生ローンの審査で重要になる4つのこと
  11. 学生でも即日お金を借りる方法
  12. 学生ローンの借り方と返し方
  13. 学生ローンでよくある質問Q&A

おすすめ学生ローン一覧

学生ローン 実質年率 利用限度額 即日融資 来店不要 おすすめする理由
カレッヂ 15.0%~17.0% 1千円~50万円 創業46年の老舗学生ローン。全国対応で最短即日融資可能。セブン銀行ATMでキャッシングや返済ができるカードが発行される
フレンド田(デン) 12.0%~17.0% 1万円~50万円 18歳以上の学生を対象。最短即日融資可能。
イー・キャンパス 14.5%~16.5% 1万円~80万円 来店不要で即日融資も可能な低金利学生ローン。無利息サービスも始まりお得
アミーゴ 14.4%~16.8% 50万円以内 来店不要で即日融資対応。融資決定後最短10分振込と早いが振込融資は銀行営業時間に順ずるため平日に限られる。
マルイ 12.0%~17.0% 1万円~100万円まで 16時30分までに契約で即日振込。来店契約なら17時まで即日対応
学協 16.40% 1万円~40万円 東京と神奈川に4店舗ある低金利の学生ローン。
友林堂 12.0%~16.8% 1万円~30万円 低金利で即日融資に対応している学生ローン。本人承諾なしで在籍確認や自宅確認はしないので安心。
阪神クレジット 15.0%~20.0% 50万円まで 大阪に会社があるが全国どこでも対応している。18歳・19歳も申し込み可
AZ 15.0%~17.0% 1万円~50万円 京都にある金融業者。学生ローン以外にフリーローンやおまとめローンも扱っている
大手消費者金融と比較すると学生ローンは金利が低くてよいのですが、実際にビルの入り口まで行ってみると、怪しい感じがして少し怖い印象受けました。安全で安心感を重視するなら大手の消費者金融がおすすめです。

高田馬場にある学生でも借りられる大手消費者金融

大手消費者金融は、テレビCMで人気タレントも起用しているので知名度も抜群です。

学生の方もアルバイトなどで安定した収入があればスマホアプリで借りられます。大変便利なので学生にも人気が高いです。

消費者金融 実質年率 限度額
プロミス
プロミス
4.5~17.8% 500万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ アコム
アコム
3.0~18.0% 800万円

レイク
4.5%~18.0% 500万円
アイフル
アイフル
3.0~18.0% 800万円※
SMBCモビット
SMBCモビット
3.0~18.0% 800万円

※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

成年年齢引き下げにより、18歳、19歳の学生の方もアコム、プロミスには申し込めるようになりました。ただし学生でも高校生は申し込めません。

また申し込み時年齢が19歳以下の場合は、収入証明書の提出が必須になります。

※18歳・19歳の方、ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。
※店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報は公式サイトをご確認いただけます様お願いいたします。

18歳19歳の学生が借りられる学生ローンは?

成年年齢引き下げにより大手消費者金融では、アコムとアイフルの2社は18歳以上の安定した収入がある方が申し込めます。

レイク、アイフル、SMBCモビットは20歳以上でないと申し込めません。

学生ローンでは成年年齢引き下げ以前から、18歳から申し込めるところがありました。

成年年齢引き下げ後も、すべての学生ローンが18歳以上から申し込めるようになったわけではありません。

それでは各学生ローンのスペックや申込・借入・返済方法を見ていきましょう。

カレッヂ

学生ローンのカレッジ

高田馬場に店舗を持つカレッヂは、ネット申込と郵送契約で全国対応をしています。

セブン銀行ATMが利用できるカードの発行があり、返済をATMから行うことも可能です。

18歳、19歳の学生の方も申し込めますが、限度額は10万円以内となります。

融資限度額 1千円~50万円
金利 15.0%~17.0%
必要書類 学生証、保険証か免許証、キャッシュカード、公共料金の領収書(来店なら不要)、収入証明書(18歳、19歳の方)
親権者の同意書 不要
返済方法 銀行振り込み・ATM・現金書留・店頭窓口
融資対象 日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。安定した収入のある方

フレンド田

学生ローンのフレンド田

学生ローンの老舗であるフレンド田は、ネット申し込みで最短即日融資も可能です。

18歳・19歳の方も申し込めますが、1ヶ月分の収入証明書が必要になります。

融資限度額 1万円~50万円
金利 12.0%~17.0%
必要書類 学生証、免許証、保険証等。18歳、19歳は収入証明書必須
親権者の同意書 不要
返済方法 銀行振り込み・現金書留・店頭窓口
融資対象 高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方で、必要書類をご提示いただける方、安定した収入のある方
学生ローンは18歳から申し込めるところと、20歳から申し込めるところがあります。ネット情報と異なる場合があるため、公式サイトで確認したり直接問い合わせたりしましょう。

学生でも利用できる銀行カードローン

2つの条件がクリアできていれば、学生でも銀行カードローンの利用ができます。

  • 20歳以上であること
  • アルバイトなどで毎月安定した収入があること

実際にメガバンクやネット銀行に学生が利用できるのか確認すると、20歳以上で安定した収入があっても学生は利用ができないという銀行もありました。

成年年齢引き下げで、18歳や19歳の方も一部の大手消費者金融に申し込めるようになりましたが、銀行カードローンはいずれも19歳以下は申し込めません。

詳しくは、「カードローンおすすめ」の記事をご覧ください。

【学生が利用できるか銀行に電話で確認しました】

銀行カードローン 学生でも借りれるか?
三井住友銀行カードローン ○ 三井住友銀行に確認済み
みずほ銀行カードローン ○ みずほ銀行に確認済み
楽天銀行スーパーローン ○ 公式サイトに明記
オリックス銀行カードローン ○ オリックス銀行に確認済み
住信SBIネット銀行カードローン × 公式サイトに明記

学生が銀行カードローンを利用した時の限度額は?

銀行カードローンを利用した学生の口コミを見てみると、限度額は高く設定されることはないようです。

三井住友銀行カードローンを利用した学生の多くは限度額5万円~10万円で、楽天銀行スーパーローンも同程度の限度額になっていました。

学生ローンも最大限度額は30万円や50万円となっていますが、実際に審査で決まるのは10万円以内におさまることが多いです。

また銀行カードローンでも同じ程度の限度額が設定されるケースが大半でしょう。

学生が銀行カードローンを利用するときに在籍確認はある?

結論から言うと、銀行カードローンの審査では、在籍確認の電話がアルバイト先に必ずかかってきます。

しかし審査担当者は個人名で電話をするため、銀行カードローンの審査であると伝えることはありません。

学生が利用するなら地方銀行のカードローンも

地方銀行のカードローンでは「学生不可」というところが少なくありませんが、中には学生が利用できるものもあります。

また、カードローンではありませんが学生向けローン商品を提供している地方銀行もあります。

ただし注意点として、地方銀行の場合は銀行の営業地域内に居住または勤めている方しか利用できません。

そのためお住まいの地域の銀行で利用できるローン商品があるか探す必要があります。

銀行 ローン商品名 学生の利用 利用可能な地域
筑波銀行 つくばカードローン 茨城県内をはじめ、
栃木・埼玉・千葉・東京の
一部地域
十六銀行 Q-LOAN(キューローン) 居住地が十六銀行の支店の近く
でない場合は申し込みできない
場合も
香川銀行 PaPaっとカード 香川県内をはじめ、
四国各県の一部、
岡山・広島・大阪の一部地域
佐賀共栄銀行 スピード王MAX 佐賀県、福岡県、長崎県に
居住している方
琉球銀行 学生応援ローン ガクワリ君 沖縄県内

お金を借りられる学生の条件

18歳以上または20歳以上でアルバイトなどによる安定した収入がある学生であることが必要条件です。

年齢条件はローンによって異なります。

高卒以上の学生

大手消費者金融では学生でなくとも、18歳または20歳以上で安定した収入があれば申し込みができます。

学生ローンも、年齢条件である18歳または20歳以上で安定収入がある点は同様ですが、学生でないと申し込めません。

この「学生」とは一般的に、大学生、大学院生、短大生、専門学校生などが該当します。
また、学生ローンでは予備校生も利用可能とするところも少なくありません。

基本的には「高卒以上の学生」が対象であり、高校生は不可です。

安定したアルバイト収入がある学生

気になるのは「安定した収入」の基準です。

借りたお金を毎月返済していけるだけの収入が今後も続くことが求められるため、審査に通るためには安定した収入が必要になります。

例えば「アルバイトで月に5万円は最低稼げている」という場合、融資限度額は高くならないものの毎月という点で十分に安定収入と言えます。

一方で短期アルバイトなどは、来月以降の収入が見込めるか未定のため、安定していない収入となります。

現役学生を対象とした学生ローンは審査が柔軟なため、アルバイトを始めたばかりの学生でも審査に通る可能性はあります。

ですが、やはりバイト先での勤務年数が長ければ長いほど安定しているとみなされ審査には有利です。

無職や17歳以下の学生はお金を借りられない

学生ローンは18歳以上または20歳以上であること、安定した収入があることが条件です。

大手消費者金融ならアコムとプロミス、学生ローンならカレッヂやフレンド田などが18歳から申込対象になります。

無職の方、17歳以下の学生は申し込みができません。

また18歳以上でも高校生なら申し込めないので注意しましょう。

学生ローンの資金使途は?

学生ローンで借りたお金は自分で自由に使いみちを決められます。

  • 学費
  • 教科書などの購入費
  • 就職活動のための費用
  • 生活費
  • 旅行資金
  • 免許取得費用

さまざまな使い方をされている学生ローンです。
注意点としては「完済までの目処が立っている金額」を借入額として考えましょう。

例えば毎月1万円ずつ返済をして10ヶ月で完済ができる、毎月5000円ずつ返済をすれば半年で完済ができるなど、借金の返済計画が必要です。

資金使途が学費なら金利が優遇される学生ローンがある

使い道が学費を目的としたものであれば、金利が優遇される学生ローンもあります。

契約申込の際には本人確認書類と学生証のほか、学費の請求書等が必要です。

学生ローン 実質年率 学費優遇金利
イー・キャンパス 14.5%~16.5% 15.5%
アミーゴ 14.4%~16.8% 15.60%

学生ローンのメリット

学生ローンのメリット

学生ローンは高田馬場を中心にさまざまな場所で広く学生に利用されています。

そのメリットは「学生にとって使いやすいこと」
詳しくみていきましょう!

20歳以上の学生が利用できる

学生ローンは20歳以上の学生が利用でき、一部の学生ローンは18歳以上から申込対象です。

※高校生は18歳でも利用ができません。

例えば学生ローンのカレッヂは創業46年の老舗学生ローンで、自宅やアルバイト先に電話してくることは一切ありません。

プライバシーの配慮がしっかりしている安心して利用できる学生ローンです。

学生ローンの友林堂が18歳から申し込みできる情報が様々なサイトで紹介されていますが、実際には申し込みは20歳以上となっています。申し込みフォームで年齢をプルダウンで選択しますが、19歳以下は表示されません。

金利が低い学生ローンも

学生ローン一覧の表でもご紹介していますが、比較的に金利が低くなっています。

  • 一般的な銀行カードローンの上限金利が14.5%前後
  • 大手消費者金融の上限金利が18.0%

これらと比べても金利が低く、学生の利息の負担が少ないことがわかります。

金利は下限が適用されるのではなく、基本的には上限金利が適用されます。消費者金融の金利を比較する際は、下限ではなく上限金利をチェックしましょう。

自由返済が可能

毎月の返済に負担がないように、在学中は利息だけの返済を行い、卒業後からの元金の返済を求める「自由返済」を行えるのも学生ローンの特徴です。

しかし、自由返済は同時にデメリットでもあるので、詳しくはデメリットの項目をご覧ください。

学生ローンのデメリット

学生ローンのデメリット

学生ローンの欠点は「キャッシング初心者にとってわからないことが多い」こと。
実は学生ローンは、テレビのCMでよく見る大手消費者金融とは利用方法が異なります。
詳しくみていきましょう!

学生証の提示

申し込みをするときには学生であることを証明しなくてはなりませんので、学生証が必要です。

またその他に免許証や健康保険証などの本人確認書類も必要で、大手消費者金融と比べると必要書類が多くなっています。

必要書類については、この記事の後半で詳しく解説します。

返済が不便

さまざまな返済方法が用意されている大手消費者金融や銀行カードローンと比べて返済方法が少ないことは欠点です。

  • 銀行振り込みによる返済
  • 来店による返済
  • 現金書留による郵送

この3つが基本の返済方法で、来店以外は振込手数料や郵送代がかかってしまいます。

学生ローンでは唯一カレッヂがカード発行でき、セブン銀行での借入や返済に対応しています。

自由返済がある

メリットでもありデメリットでもあるのが自由返済です。

自由返済は、学生時代に返済利息だけを払い続け、社会人になってから元金の返済を開始できます。

しかし、毎月利息だけを返済しても元金はまったく返済されていません。
キャッシングの基本を理解していなければ、いつまでも借金が残っている状態が続きます。

学生ローンはやばいの?その理由は?

「学生ローンはやばい」といった話がネット上にありますが、なぜそのように言われるのか、どういった点がやばいのか気になりますよね。

学生ローンがやばいと言われる理由の一つは、知名度が低い点です。

聞いたことのない会社の学生ローンに申し込む際に、

「闇金じゃない?」
「聞いたことないけど大丈夫?」

と心配になるかもしれませんが、そもそも学生ローンは大手消費者金融と違って知名度が低いものです。

CMを打っているような大手と比べてしまうと不安に思うかもしれませんが、何十年という実績のある老舗の学生ローン業者も少なくありません。

またメリットのところでも紹介しましたが、大手消費者金融と比べると比較的金利も低めです。

ただし、学生ローンに闇金はないと言い切れないのも事実です。

金融庁のデータベースにもあるように毎日のように新しい闇金が見つかり、また誕生しています。

当サイトでは正規の貸金業者である学生ローンだけをご紹介していますので、参考にしてみてください。

またもう一つの理由として、「学生ローン」というよりもそれを利用する側の問題があります。

学生ローンは便利なため、つい安易な利用を繰り返してしまいがちです。しかし、こうした利用を続けていると借金は雪だるま式に増えていきます。

特に学生ローンの場合には先のデメリットでも挙げたように、自由返済のために学生のうちに元金がまったく減りません。

安易な利用を続ければ確かに「やばい」ですが、計画的に使っていけばとても便利なものです。

学生ローンの審査は甘い?

学生ローンという名前ではありますが、学生ローンも貸金業であり消費者金融と同じ業種です。

しくみやサービスは貸金業法に則った内容となっており、その点では消費者金融と変わりありません。

消費者金融が「安定した収入がある方対象のキャッシング会社」とすれば、学生ローンは「安定した収入がある学生対象のキャッシング会社」です。

申し込みの際は下記の2点の条件を絶対に満たしておく必要があります。

  • 年齢条件(18歳以上または20歳以上)
  • 安定した収入がある

借りたお金を返済をするためには、収入がなければなりません。

親からもらうお小遣いや仕送りは収入に含まれず、自分でアルバイトなどで働いて得るものが収入として見なされます。

学生ローンのイー・キャンパスでは融資の対象者についてこのように明記しています。

ご新規でのご融資は20歳から29歳までの学生の方のみとなります。ただし、追加・再契約の場合は年齢制限は設けてません。安定した収入のある学生さん・社会人の方がご融資の対象となります。未成年の方は20歳の誕生日を迎えてからご相談ください。
引用:イー・キャンパス よくある質問「融資の対象になるのはどんな人ですか?

また学生ローンは総量規制の対象であり、年収の3分の1が貸金業者からの総借入額の上限になります。

学生ローンの必要書類

大手消費者金融では本人確認書類があれば申し込み可能ですが、学生ローンの場合は提出書類は異なるのでしょうか。

学生の方が学生ローンに申し込む際に必須になるのは下記の書類です。

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 学生証

    また成年年齢引き下げにより、18歳・19歳の方は申し込み時に収入証明書の提出が必須となっています。

    学生ローンによって提出書類は少しずつ異なり、カレッヂのように必要書類が多いところもあります。

    本人確認書類で運転免許証を持っていない場合は、保険証で対応ができます。

    カレッヂ 学生証、保険証か免許証、キャッシュカード、公共料金の領収書(来店なら不要)、収入証明書(18歳、19歳の方)
    フレンド田(デン) 学生証、免許証、保険証等。18歳、19歳は収入証明書必須
    イー・キャンパス 学生証、免許証、健康保険証、銀行のキャッシュカード等
    給与明細などを提示する場合も
    友林堂 運転免許証・保険証・(パスポート+住民票)のいずれか1点
    アミーゴ 学生証・運転免許証・健康保険証・キャッシュカード・新規申込者は収入証明の有無によって年利決定
    マルイ 学生証・免許証・保険証などの本人確認書類
    学協 顔写真入りの学生証・身分証明書(免許証・保険証・パスポート・住基カードなど)
    AZ 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートいずれか)、収入証明書
    阪神クレジット 印鑑・身分証明書3点(学生証、免許証、保険証)
    顔写真付の公的身分証でなければ認められない学生ローンもあります。運転免許証がなければマイナンバーカードも利用ができます。

    学生ローンの審査で重要になる4つのこと

    学生ローンの審査のポイント

    大きなポイントをクリアできているのか、まずは自分でチェックをしてみましょう。

    ①学生であること

    学生ローンというだけに、大学生や大学院生などの「学生」が対象となります。

    また学生ローンによっては学生時代から利用を始めていれば卒業後も利用できるところもありますが、「初回申し込み時には学生であること」が必要です。

    そのため学生ローンの申し込みには「学生証」が必要書類に加えられています。

    ②安定した収入があること

    審査に通るためにはアルバイトなどによる定期的な安定収入が必要です。

    では、勤続月数がどのくらいであれば、安定収入とみなされ審査に通るのでしょうか?

    その点については、各社で審査基準を公表していないため一概には言えません。

    学生ローンが借りやすいローンとは言っても、アルバイト期間が1ヶ月にも満たないという場合には審査に通らない可能性が高いでしょう。

    また仕送りやお小遣い、これまでの貯金で返済しようと思っていても、安定した収入として見なされず、審査を通ることができません。

    ③他社からの借り入れがない、もしくは少ないこと

    これは借入額と収入のバランスにもよるのですが、現時点で他社から借り入れがある場合、新たな融資を受けてもしも返済が滞った時に「どちらを優先して返済するか」を選択する必要が出てきます。

    その場合、新たに貸し出す立場の学生ローン側としては、確実に返済される確証が得られません。

    そのため、複数の借入を利用している方は審査で不利になる可能性があるのです。

    他社からの借り入れがあると、審査が厳しくなるのは学生ローンに限ったことではありません。

    総量規制では年収の3分の1が、個人が貸金業者から借り入れができる上限となっています。
    例えば、毎月のアルバイト収入が5万円前後であれば年収は60万円です。
    その3分の1は20万円です。

    つまり、総量規制という法律で決められた消費者金融や学生ローンなどの貸金業者から借り入れができる上限は20万円になります。

    他社からの借り入れがあればその分、新たに借りられる額は少なくなりますし、既に上限いっぱいまで借りている場合には審査に通りません。

    ④現在・過去に他社の借り入れで返済の遅れがないこと

    審査が行われる理由は、それは「確実に返済ができるかを調査するため」です。

    学生ローン会社はお金を貸して利息収益を得ることを生業とした貸金業者ですので、貸したお金を返して貰わなければ経営が成り立ちません。

    そのため過去や現在の債務で返済の遅れや踏み倒しなどがあれば、もしお金を貸したとしても「返済しない可能性大」と判断されるため審査通過は厳しくなります。

    学生でも即日お金を借りる方法

    学生ローンでも、最短即日で借入可能なケースもあります。

    しかし、来店が必須であったり、借り入れ方法が銀行振り込みだけで銀行の営業時間内でしか対応ができなかったりするので、急ぎの融資には向いていません。

    学生=学生ローンしか申し込めない、ではないので借入先が他にもあることをご紹介しましょう。

    学生ローンと消費者金融の違いは?

    それでは学生ローンと大手消費者金融の違いを比較してみましょう!

    学生ローン 大手消費者金融
    申込書類 本人確認書類、学生証、18歳・19歳は収入証明書 本人確認書類、18歳・19歳は収入証明書
    申込方法 店頭窓口、電話、
    インターネット
    店頭窓口、インターネット、
    アプリ、自動契約機、電話、郵送
    融資までの期間 最短即日 最短即日
    申込年齢 18歳からも可(一部) 18歳からも可(一部)
    上限金利 17.0%が多数 18.0%が多数
    融資限度額の範囲 一括渡し 自由に利用
    借入方法 店頭窓口、銀行振り込み 店頭窓口、専用ATM、
    提携ATM、スマホATM、銀行振り込み
    返済方法 店頭窓口、銀行振り込み
    現金書留
    店頭窓口、インターネット返済
    専用ATM、提携ATM
    銀行振り込み、口座引き落とし

    学生証を提示しても、自分の通っている学校に在籍確認をされることはありません。ただし、収入を見込まれているアルバイト先には在籍確認が行われます。

    この在籍確認のやり方は学生ローンも消費者金融も共通です。

    しかし、債務に不慣れな「学生」が初めてお金を借りるなら、返済方法が充実している大手消費者金融が安心です。

    金利や借り入れ・返済方法などを比較する際は、学生ローンだけではなく大手も比較対象にいれましょう。

    手続きや申込み方法は、大手ならスマホからスピーディーにできるため、すぐに借りたいなら大手消費者金融のプロミスやアコム、SMBCモビットがおすすめです。

    学生ローンの借り方と返し方

    大手消費者金融ではキャッシングをするためのカードが発行され、決められた融資限度額の範囲内で自由に借り入れができます。

    またスマホで融資を依頼して、自分の銀行口座に振込してもらう振込キャッシング、ネットバンキングを利用した返済など利用方法も多彩です。

    最近はスマホを利用してカードレスでATMでの借入・返済もできるようになり、利便性はますます高まっているといえるでしょう。

    しかし、学生ローンはそうではありません。
    カードローンのように決められた融資限度額の範囲を自由に借り入れができるものではなく、証書貸付といって1回の借り入れ毎に契約が必要です。

    ATMでの借り入れや返済ができない

    申し込みをして審査に通ると、融資限度額が決まります。

    一般の消費者金融のカードローンであれば、ここでカードが発行されて消費者金融専用ATMや提携ATMから自由に借り入れができますが学生ローンは違います。

    カードが発行されないためATMからの借入や返済はできません。

    学生ローンではカレッヂならカードが発行されますが、セブン銀行ATMのみ利用できます。

    学生ローンの借り入れ方法

    学生ローンで融資してもらったお金は「来店して現金受け取り」、もしくは「銀行振り込みで受け取り」になります。

    しかし、多くの学生ローンは土日祝日が休業で平日のみの営業。

    また、銀行振り込みは、振込業務が銀行の営業時間に順ずるため、平日9時から1430分までの取り扱いです。

    つまり、融資が受けられるのは平日の限られた時間だけで、土日祝日は借り入れができません。

    さらにお金を借り入れたい場合には追加申し込みが必要で、その度に改めて審査も必要になります。

    学生ローンの返済方法

    上記のようにほとんどの学生ローンではキャッシング用のカードが発行されないため、ATMから返済できません。

    • 銀行振り込み
    • 来店
    • 現金書留で郵送

    この3つが学生ローンの基本的な返済方法です。

    以上のように、学生ローンはあまり使い勝手がよいものではなく、消費者金融の方が利便性が高いと言えるでしょう。

    学生ローンでよくある質問Q&A

    学生証を提示するのは学校に連絡をするため?

    学生証の提示は、学生であることを確認するためです。学生ローンの会社から、学校に連絡をして本人在籍を確認されるものではありません。

    親にバレることはありますか?

    学生ローンは親バレすることがありますが、使い方次第です。親にバレる一番の理由には「学生ローン会社から送られてくる自宅への郵送物」が挙げられます。業者が自宅に訪ねてくることはありませんが、自宅への郵送物が届くことがあります。

    • 申し込み時の契約書類の郵送
    • 返済が遅れたときの督促のはがき

    ネット申し込みであれば契約書類が自宅へ郵送されますが、来店申し込みならその場で受け取りとなるため自宅への郵送はありません。また返済が滞ることがあれば、この場合も自宅へ督促状が届きます。

    バイト先に連絡されるの?

    本人が在籍しているのか確認するため、アルバイト先へは連絡がいくと思っておいてください。学生ローンの中には「在籍確認なし!」と紹介しているサイトが数多くありますが、実際には在籍確認が行われるケースと行われないケースは半々程度です。申し込み内容によるものと推測されますが、「ない」と決めてかかるのは危険でしょう。

    就職活動に不利になるって本当?

    就職活動に影響はありません。学生ローンを利用しているかどうかは本人が申告するか、個人信用情報期間に照会するかしか方法はありません。

    しかし、企業が就職の判断材料として、個人信用情報機関に照会することは禁止されていますので、就職活動に影響が及ぶことはほとんどないといえるでしょう。

    また、仮に個人信用情報機関に照会されたとすれば「誰がいつ照会したのか」を自分で確認することができます。

    学生の間しか利用ができないの?

    学生の間に利用を開始すれば、卒業後でも引き続き利用ができるのが一般的です。また学生期間中に完済をしなければならないということはありません。

    社会人は学生ローンを借りられる?

    卒業後、社会人になっても引き続き利用できる学生ローンがあります。利用の条件は学生の間に、学生ローンを利用しておき同じ会社に申し込むことです。

    社会人になってから初めて学生ローンには申し込めません。また成年年齢引き下げにより18歳や19歳の方が利用できる大手消費者金融も登場しました。ほかにはクレジットカードのキャッシング枠も利用可能です。

    詳しくは「18歳・19歳から即日借りれる金融はどこ?成年年齢引き下げで未成年者の社会人でも借りられる」をご覧ください。