背中の医療脱毛でおすすめのクリニックは?プラン料金も紹介!

2021/07/14
50views

背中の医療脱毛の料金は?クリニックごとの特徴も詳しく解説

背中脱毛は、範囲や料金などプランの内容がクリニックによって大きく違います。

自分にあった背中脱毛プランはどのよう選べば良いのか、さらに編集部がピックアップしたクリニックもご紹介します。

また、背中脱毛を始める前に知っておきたい注意点についても解説しているため要チェックです。

背中を医療脱毛したい人へ!クリニックの選び方

コースの施術範囲が希望通りか

背中脱毛は、各クリニックのコース内容によって施術範囲が異なります。

基本的にはうなじの下から腰のラインまでが背中脱毛プランの施術範囲となる場合が多いですが、プランによってはうなじがセットになっていることや、腰まで含まれることもあります。

また、クリニックによっては全身脱毛プランのみの場合もあるため、自分がどの程度の範囲を脱毛したいのかを考えた上で、クリニックを選択してください。

シェービングは無料で行ってもらえるか

基本的に脱毛施術前は、自分でシェービングを行う必要があります

しかし、背中は手が届きにくくシェービングが難しい部位です。

そのため、背中を無料でシェービングしてくれるクリニックや、剃り残しがあった場合に無料のシェービングサービスがあるクリニックを選ぶとよいでしょう。

脱毛機器が産毛に対応しているか

細くて色素が薄い産毛のような毛が生えることが多い背中は、蓄熱式脱毛機器を導入しているクリニックを選ぶとよいでしょう。

医療レーザー脱毛は、主に熱破壊式蓄熱式の2種類の照射方法に分類されます。

熱破壊式はレーザーが毛のメラニン色素(黒い部分)に反応し、毛根にある毛母細胞や毛乳頭に含まれるタンパク質が熱変性によって破壊されることで、毛が抜け落ちる仕組みです。

そのため熱破壊式の医療レーザー脱毛では、背中などのメラニン色素が薄い産毛にはレーザーが反応しにくい場合があります。

一方で蓄熱式は、毛の生成に必要な発毛因子を作り出すバルジ領域をターゲットに照射する仕組みです。

そのため、蓄熱式の医療レーザー脱毛は毛の濃さや太さにも影響されにくい場合が多く、背中に多い産毛の脱毛施術にも向いています。

背中の脱毛施術が受けられる医療脱毛クリニックを紹介

?
2種類の脱毛機器で背中に対応! レジーナクリニック
脱毛料金 背中脱毛 全5回コース
59,400円(税込)
施術範囲 首の付け根から腰骨ラインまで
シェービング 手の届かない範囲は無料

レジーナクリニックの背中脱毛は首下から腰までが照射範囲なっており、コース完了後は1回単位で追加照射も可能です。

また、レジーナクリニックでは蓄熱式と熱破壊式の2種類の脱毛機器を導入しており、医師が背中の肌状態や毛質に合わせて脱毛機器を選択します。

なお、背中脱毛後に硬毛化や増毛化、毛嚢炎などの症状が出た場合は、医師による診察が無料となっており、照射出力の調整や薬の処方などの対応をしてもらうことが可能です。

?
1回・5回・8回から選べる! フレイアクリニック
脱毛料金 背中 5回
63,800円(税込)
(※8回の場合は101,200円 税込)
施術範囲 首の下から腰骨あたりまで(うなじは別料金)
シェービング 手の届かない範囲は無料

フレイアクリニックの背中脱毛は、1回・5回・8回から希望の回数を選択することができます。

また、うなじまで脱毛したい場合は1回あたり13,200円で追加することも可能です。

なお、フレイアクリニックは蓄熱式の脱毛機器を導入しているため、背中の産毛にも対応しており、日焼け肌でも施術を受けられる場合があります。

?
背中を含む5部位を選べる! リゼクリニック
脱毛料金 わがまま全身脱毛 3回
139,800円(税込)
施術範囲 全身から5部位を選択
シェービング 剃り残しがあった場合のシェービングは無料

リゼクリニックのわがまま全身脱毛は、全身の中から5部位を自由に選ぶことができます。

背中・うなじ・お尻・二の腕・ひじ~手首など、背中周りを組み合わせて施術を受けることも可能なため、背中を含む複数の部位の脱毛を検討している人は要チェックです。

またリゼクリニックでは、背中周りの肌質や毛質に合わせて、蓄熱式の脱毛機器メディオスターNeXT PROを含む3種類の脱毛機器を使い分けて施術を行ってもらえます。

なお、背中脱毛の施術後に硬毛化や増毛化の症状が出た場合は、1年間無料で追加照射を行ってもらえる保証もあります。

?
最低限の範囲で背中脱毛ができる! 湘南美容クリニック
脱毛料金 Lパーツ 3回コース
50,600円(税込)
施術範囲 背中上(肩甲骨より上)もしくは背中下(肩甲骨より下)
シェービング 剃り残しがあった場合10分間は無料でシェービング可能

湘南美容クリニックの背中脱毛は、Lパーツの中で肩甲骨より上、肩甲骨より下という範囲が別れているため、それぞれ脱毛したい部位を選択するプランです。

そのため、背中全体を脱毛したい場合はLパーツを2部位契約する形になります。

なお、湘南美容クリニックでは主にオリジナルのウルトラ美肌脱毛という機器と、熱破壊式のジェントルレーズという脱毛機器を使用しています。

中でもウルトラ美肌脱毛は、毛根のメラニン色素だけではなくバルジ領域もターゲットとするため、背中の産毛にも対応しています。

?
背中を含むセットプランが充実! アリシアクリニック
脱毛料金 背中全体えり足セットコース 3回
110,880円(税込)
施術範囲 えり足からウエスト部分まで
シェービング 背面は無料

アリシアクリニックの背中全体えり足セットコースは、えり足からウエスト部分までが施術範囲となっているため、背中周りを広く脱毛したい人は要チェックです。

なお、アリシアクリニックでは全身(VIOなし)のプランが4回で176,000円(税込)となっているため、背中を含めてまとめて複数部位の脱毛を検討している人は、全身脱毛プランも確認してみてください。

また、アリシアクリニックでは蓄熱式脱毛機器を含む、3種類の脱毛機器を導入しています。

背中の医療脱毛を始める前に知っておきたい注意点

背中の医療脱毛をスタートしてから後悔することを防ぐために、事前にリスクや注意点を確認しましょう。

硬毛化や増毛化が起きるリスクがある

背中の医療脱毛はレーザー照射後に毛が硬くなる硬毛化や、毛が多くなる増毛化が起きるリスクがあります。

硬毛化や増毛化が起きる原因は未だに解明されていませんが、背中のように<産毛が生えている部位に起きるリスクが高いとされています。

脱毛による硬毛化や増毛化の症状は、照射出力を調整や、照射を続けることで改善される可能性もあります。

そのため、万が一背中脱毛によって硬毛化や増毛化が起きた場合に、クリニック側でどのような対応をしてくれるかを施術前に確認しましょう。

背中脱毛の施術によって毛嚢炎が起きる可能性がある

医療レーザーを照射すると、多少なりとも肌にダメージが加わり敏感な状態となるため、毛穴に雑菌が入って炎症を起こす毛嚢炎が発生する場合があります。

背中のような、衣服による蒸れが起きやすく、汗や皮脂が分泌されやすい部位は、毛嚢炎が発生するリスクが高くなります。

そのため、背中脱毛をどこで行うか検討する際は、毛嚢炎など施術後の肌トラブルが起きた場合に、医師による診察や薬の処方などを行ってもらえるか確認しましょう。

背中にニキビやニキビ跡がある場合は施術を受けられない場合がある

背中にニキビやニキビ跡がある場合、症状によってはレーザーを照射することで悪化するリスクがあるため、施術を断られる場合や、患部を避けて施術される場合があります。

そのため、背中のニキビやニキビ跡の症状がある人は、契約前のカウンセリングの段階で施術ができるかどうかを医師やスタッフに確認しましょう。

背中以外の部位も脱毛したい場合は
全身脱毛プランも要検討!
医療脱毛による背中の脱毛プランは、クリニックによって施術範囲は回数など様々な違いがあります。
そのため、自分が背中を含めてどの程度の範囲を脱毛したいのかをしっかりと考えた上で、どこのクリニックで背中脱毛の施術を受けるのかを決定しましょう。
背中はうなじや腰と繋がっているため、最低限の範囲で脱毛施術を受けた場合、境目が気になってくることがあります。
後々部位を追加すると最終的に発生する金額が高くなる可能性があるため、複数部位の脱毛を視野に入れている人は、セットプランや全身脱毛プランも併せて検討するとよいでしょう。
エピリノ医療脱毛の回数と料金背中の医療脱毛でおすすめのクリニックは?プラン料金も紹介!