カードローン

PayPay銀行カードローンは在籍確認が必須?

カードローンを申し込むと、審査の過程で「在籍確認」が必要になります。

これは、申込者が申告した通りの勤務先で働いていることを確認する作業で、通常は職場への電話連絡によって行われます。

PayPay銀行カードローンの場合も、電話で在籍確認を実施することになっており、回避はほぼ不可能です。

このページではPayPay銀行カードローンの在籍確認について分かりやすく解説しています。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

PayPay銀行カードローンの在籍確認の基本仕様

在籍確認は保証会社が実施する

銀行のカードローンの審査で在籍確認の連絡をするのは、融資する銀行と考えられがちですが、実情は若干異なります。

審査を行い、さらに申込者の在籍確認をするのは「保証会社」と呼ばれる会社です。

カードローンは担保も保証人も不要ですが、もし借りた側が返済できない状況になった場合に、代わりに返済をする存在が必要となります。

そのときに返済するのが保証会社と呼ばれる会社です。

PayPay銀行の保証会社はSMBCコンシューマー・ファイナンス

PayPay銀行の保証会社はSMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社です。

これはプロミスを消費者金融ブランドとして営業している会社で、事実上プロミスそのものです。
PayPay銀行カードローンに申し込むと、この保証会社が審査を実施します。

プロミスで借入したことがある人は、それと審査の流れはほぼ同じようなものと考えていいでしょう。
在籍確認の電話もSMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社が実施します。

保証会社と代位弁済

借り主に成り代わって返済することを「代位弁済」と呼んでおり、保証会社が銀行に借入金を全額返済します。

そのため、銀行は一切損失が出ることがありません。

代位弁済が実行されると、銀行は利用者との関係がなくなり、保証会社が利用者に返済を求めます。
債務整理の話し合いを持つというのが一般的ですが、このときに銀行は一切タッチしません。

在籍確認で銀行名を名乗る?

PayPay銀行カードローンの審査は事実上、SMBCコンシューマー・ファイナンスが実施し、在籍確認の電話もこの会社の担当者が行います。

とはいえ、まずは担当者の個人名で電話を掛けてきます。
電話を受け取った人から所属を訊かれた場合に、PayPay銀行の名前を出すことがあります。

カードローンの申し込みによる在籍の確認であるという要件は伝えません。

カードローンは借金ですので、借金は金融機関と利用者本人にだけ属するものであって、他人に不用意にその事実を漏らしてはいけないと法律上も定められているからです。

このことから、在籍確認の電話連絡だけでカードローンの利用を知られる可能性は非常に低く、PayPay銀行はしっかりと利用者の個人情報保護の配慮をしています。

もし、職場に在籍確認の電話連絡があったときに自分が外出などで席を外しているとき、本人以外が電話に出ることになりますが、そのときも「PayPay銀行から電話があった」という事実しか知られません。

そのため、たとえば「銀行口座を開設した」などの言い訳ができます。

電話はどこにかかるか?

1.正社員

PayPay銀行カードローンの在籍確認の電話は、どのような雇用形態の人にも掛かってきます。
たとえば正社員の場合には、所属する部署に電話をします。

申込者本人を知っている人がいるところに掛けるというのが本来ですので、申し込みのときに本社や人事部などを連絡先にしてしまうと、自分を知らない人が電話に出てしまう可能性があります。

あくまで、自分が所属している支店・部署を連絡先に指定しましょう。

2.派遣社員

派遣社員の場合には、派遣社員だから派遣元を連絡先になると考えがちです。

確かにカードローンによっては派遣元を連絡先にしたほうが良いケースもありますが、派遣元が大きな会社であるとき、派遣社員一人ひとりを把握していないことがあります。

そのため、本人が在籍確認の電話に出ることができないばかりか、「そのような人はいません」などと答えられてしまうリスクがあります。

そのため、派遣社員の場合には「雇用契約をしている派遣先の電話番号」を連絡先として登録しましょう。

3.個人事業主

申込者が個人事業主というケースでは、申し込みフォームに記入する電話番号は自宅や事務所になります。

どちらを記入しても問題はありませんが、在籍確認の目的は「きちんと仕事をしている実態があり、それによって返済能力を確認する」ということですので、

記入する電話番号は事務所であるほうが望ましいでしょう。

自宅で仕事をしているSOHO事業者の場合には、勤務先も自宅となりますので、そちらを連絡先にしましょう。

自分が不在の場合にはどうなる?

PayPay銀行カードローンの在籍確認は、基本的に勤務先の会社に担当者が個人名で電話を掛けることで実行されます。

申込者本人がいないときに在籍確認の電話が掛かってきた場合には、電話に出た人の対応によって流れが変わります。

一般的には本人がいないときに電話が掛かってきた場合には以下のような対応になるでしょう。

  • 「ただいま席を外しております」
  • 「本日不在でございます」
  • 「ただいま外出しておりまして、午後には戻ると思いますが」

上記のような回答が得られた場合、このやり取りだけで「今は会社に不在だが、勤めていることは確実である」と判断できるので、PayPay銀行の在籍確認は通過できたことになります。

気の利く人なら、「折返しご連絡差し上げましょうか?」などと言ってくれることもあるでしょう。

そういったケースでは、保証会社の担当者は「またこちらからご連絡いたします」などと言って断ります。この時点で在籍確認は通過しているので、再度掛かってくることはありません。

ただし、「当社にはどのような者はおりません」などと、本人が勤務していないような回答をされてしまうと在籍確認は失敗という扱いになります。

たとえば派遣社員の場合、派遣元となる会社は多くのスタッフと契約しているので、一人ひとりを把握しているとは限らないため、こういったことが起こりやすくなります。

そのため、事前に自社に在籍確認があるとか、派遣先に連絡してくれるよう依頼するといった対処が必要になります。

PayPay銀行が在籍確認の電話をするタイミング

仮審査のとき

多くのカードローンは、在籍確認の電話をするタイミングは本審査の最終段階です。

本人確認や借入状況の把握、個人情報を元にした審査などを経て、仮審査が終わって後は本人が確実に申告した通りに働いているかどうかを確認するだけという状態になってから、職場に連絡して在籍を確認して審査が終了するというのが通常のカードローン審査です。

ところが、PayPay銀行の在籍確認の電話は本審査の最中ではなく、仮審査のときに行われます。
他の金融機関に比較すると、少しタイミングが早くなっています。

仮審査を受ける際にPayPay銀行からメールが届きます。

もし在籍確認で依頼したいことがあったら、その時点で審査を担当する部署に連絡して在籍確認について質問したり、要望を出したりする必要があります。

PayPay銀行カードローンの仮審査は、最短で1時間もあれば終了します。

かなりのスピード審査ですので、在籍確認についての相談は早めにしておきましょう。

申し込み前に「今から申し込もうと思っているが、在籍確認については相談したい」と伝えておくと確実です。

時間指定は可能?

在籍確認の電話は自分が働いている現場・職場に直接連絡が来ます。

そのため、自分がどうしても在籍確認の電話を取りたいと考える人もいるでしょう。
後から同僚に「不審な電話が来たが何だったのか」などと訊かれるのも面倒です。

また、在籍確認の電話を掛けてもらうにしても、職場が不規則な営業時間になっている会社もありますし、何かの事情で職場を閉じて従業員がテレワークをしていることもあり得ます。

その場合には、仮審査で受け取るメールに記載された審査担当部署に連絡しておきましょう。

様々な相談や希望を伝えることができます。
ある程度ですが、希望の時間帯に電話を掛けてもらうことができます。

PayPay銀行は、在籍確認の電話については柔軟に対応してくれる銀行です。

こういう要望は聞いてくれる?

1.別の会社名を使う

PayPay銀行は在籍確認の電話連絡について様々な要望を聞き入れてもらえます。
時間指定はそれほど無理なく要望が通るでしょう。

ただ、「いつも連絡をくれる会社の名前を使ってほしい」「PayPay銀行ではなく、何か別の会社名で掛けてほしい」といった要望は通りません。

在籍確認の電話連絡については、「虚偽の名前を使ってはならない」と法律で定められています。個人名で掛けてくるときも、担当者が本名を名乗ります。

2.電話の日にちをずらす

時間指定だけでなく、在籍確認の電話を掛ける日にちも指定できます。

PayPay銀行の審査そのものはスピーディですが、「申し込みのときに会社にいないので、自分が会社で電話が取れるときに連絡してほしい」という要望は通ります。

3.性別を指定したい

在籍確認の電話を職場に掛けてくる場合、誰が掛けてくるかの指定については、性別の希望は対応してもらえます。

異性が職場に個人名で連絡するのは困るという人も多いでしょう。
職場によっては警戒されてしまう可能性もあります。

申込者が男性なら男性の担当者、女性なら女性の担当者に在籍確認の電話を依頼することは充分に可能です。

PayPay銀行は在籍確認は必須?

借り入れを先・在籍確認を後にできる

PayPay銀行カードローンの申し込みで、職場に在籍確認の連絡をもらっても誰も出られない状態が続いているとき、早くお金を借入したいので在籍確認を後回しにできないだろうかということも発生するでしょう。

テレワーク中心の会社なら、ずっと誰も電話に出られないケースもあり得ます。

こうした場合に、PayPay銀行では在籍確認に関する希望は聞いてくれる可能性があります。

通常、PayPay銀行の審査では在籍確認の連絡は仮審査のときですが、多くのカードローンでは本審査の最終段階です。

そのため、PayPay銀行カードローンでも他の審査を終えておき、在籍確認を後にしてもらえる可能性があります。

ただし、これも審査の内容次第のところがあり、誰にでも適用されるとは限りません。

在籍確認の後日にできるカードローンと比較

ネットで寄せられている情報によると、プロミスやアコムといった消費者金融と三井住友銀行カードローンでは、在籍確認をスライドさせて先に融資を受けることが可能と言われています。

在籍確認を後日にできるカードローン
銀行・業者名 後日での在籍確認が可能か
プロミス 審査次第で後日でも可能
アコム 審査次第で後日でも可能
アイフル 後日でも可能
三井住友銀行カードローン 審査次第だが後日でも可能
三菱UFJ銀行「バンクイック」 状況次第で可能

在籍確認の電話なしにできる?

PayPay銀行カードローンの審査での在籍確認は、希望すれば時間帯を調整してくれますし、電話の掛け方も工夫してもらえます。

それでも、どうしても回避したいと考える人はいるでしょう。
在籍確認の電話そのものをキャンセルできたら、かなりの懸念が払拭されます。

PayPay銀行では、在籍確認の電話については可能な限り要望に応えてくれます。

仮審査のときに送られてくるメールに記載された電話番号に連絡すると、在籍確認のやり方も調整してくれる可能性があります。

審査の内容次第ですが、電話をキャンセルして書類の提出で在籍確認としてくれる可能性もあるでしょう。

たとえば、会社から支給される給与明細や社員証といった「会社に所属していることが証明できる書類」を提示することで在籍が確認できたとみなしてもらえる可能性はあります。

とはいえ、これは特殊なケースでのみ該当するものであって、誰にでも可能性があるとは限りません。

どうしても在籍確認の電話連絡が困るという場合には、相談する必要もありますし、心配なら消費者金融のアコムやアイフルなどに申し込むことも検討しましょう。

しっかり働いていれば心配ない

PayPay銀行の公式サイトにはユニークなQ&Aコーナーが設けられています。

そこには、審査について心配する「かりいれ君」の質問に「ネットキャット」というキャラクターが答えるというシーンがあります。

それによると、PayPay銀行の審査では個人情報に基づく属性の審査と信用情報に基づく審査の2つの面があるとされています。

公式サイトでQ&Aを設けている銀行の公式サイトも数多くありますが、ここまではっきりと明確に答えていることは珍しく、PayPay銀行の「借りたい人にしっかり貸したい」という意思が感じられます。

ネットキャットの答えには、「コツコツ真面目に働き続けている人なら、心配しなくていい」といものもあります。

年収が高いとか、一流企業に勤めているとか、独身だとか、そういった事柄は審査に関係なく、「真面目に通勤している」ならあまり心配する必要はなく、安定感と信頼感があると銀行側は思うはずだとネットキャットは答えています。

在籍確認も同様で、あくまで審査の一環として行われますが、何か事情のある人には考慮する余地があることが感じられます。

ちゃんと働いていること、収入があることが証明できることが肝心で、絶対に在籍確認の電話連絡なしでは貸せないとは書いてありません。

事情のある人は相談してみる価値はあるでしょう。

連絡が取れない人は審査に落ちる可能性もある

また、公式サイトのQ&Aに登場する「ネットキャット」は「連絡がとれない人は審査に落ちる可能性がある」ともはっきり言っています。

審査では会社に確かに勤めていて、きちんと働いていることが確認できないと、審査には通らないとを質問役の「かりいれ君」に答えています。

会社に勤めているなら、電話を何度も掛けてもつながらないとか、ネット上でも働いていることが確認できないような場合では、いくら自分から信用してくれと言っても審査に通るのは難しいとも言っており、在籍確認の重要さを感じさせます。

銀行側もできるだけニーズに応えたいと思っており、申し込んで「働いている」と書いてあり、「安定した収入があって、返済能力がある」と判断できるなら、なるべく否決したくないとも、ネットキャットは答えています。

この後もネットキャットとかりいれ君の会話は続きますが、PayPay銀行の「なんとか貸してあげたいという気持ちを持って審査している」という姿勢がはっきりと感じられます。

もし在籍確認の電話連絡は困るという事情があるなら、申し込み時にしっかりと相談してみましょう。

まとめ

PayPay銀行の在籍確認は、通常は職場への電話連絡で行われます。

申込者の要望にはなるべく応えるという姿勢があり、この点では高く評価できます。

電話で連絡されるのは困るという人は、申し込みのときに相談してみましょう。

RELATED POST
カードローン

カードローンおすすめ比較ランキング!初めての方に人気の低金利カードローンはどこがいい?

2022年8月11日
マネープランニング
カードローンは「今すぐお金を借りたい」というとき、保証人や担保がいらずに気軽にお金を借りることができるため非常に便利です。 しかし、様 …