お金のトラブル

個人間融資掲示板に安全なところなし!評判の個人間融資も危険

今、個人間融資がSNS等を通じて拡散されています。個人間融資掲示板まで定着しつつあり、未だにそれらを安全なところと考えている方がいることに恐怖を感じます。

金融機関、正規の貸金業者以外に個人情報を伝えることは危険極まりないことです。

そもそも個人間融資や、個人融資掲示板とはどんなシステムなのでしょう。個人間の貸し借りの危険性を知っておくと、間違っても「個人掲示板で借りてしまおう!」とは思わないはずです。

個人間融資のシステム、どれほど危険なのか、なぜちょっとの利用さえダメなのかを知っておきましょう。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

個人間融資とは?個人融資掲示板とは?

ツイッターや掲示板で見かける「個人間融資」の意味は、もともとは知人ではない者同士が、お金の貸借をする行為です。

個人間融資を利用したいときに、書き込んだり閲覧したりするのが個人融資掲示板と呼ばれます。

個人間融資では、個人的にお金を貸したい人と、お金に困っている人が、SNSを通じてつながっていくわけです。家族や、友人などの貸し借りも個人間融資です。

しかし、トラブルが起こる可能性はあるものの、知らない人同士での貸借のような危険性は低くなります。

個人融資の利用例
  1. 借りたい希望を掲示板にあげる。または掲示板やツイッターを検索
  2. 掲示板やツイッターで条件面があう相手を見つける
  3. 連絡をとってやり取り

    この流れを見ると、「売ります・買います」と同じように思ってしまうかもしれません。

    しかし、個人間融資の掲示板ではそのほとんどがヤミ金、詐欺などが目的と思ったほうがよいでしょう。

    最初からお金を貸す気がない相手、どうやってお金をだましとるかを考えている相手です。

    お金以外にもiPhoneの買取、バンドルカードを使って先振り込み(借りる前に保証金としてお金を振り込む)、ヤフオクやメルカリなどのIDやパスワードの買取、携帯電話の決済IDとパスワードを担保に貸付など、一見「それで借りられるなら、まあいいか」と思ってしまう内容が掲示板でよくあります。

    いずれも冷静になってみれば怪しく不自然な条件ばかりです。実際に連絡を取ってみると、いかにも社会常識がありそう、きちんとしている、嘘じゃなさそうと思わせる詐欺師も少なくありません。

    そこで、やっぱりお金を借りようと思ってしまうと、危険な状況に陥ってしまうでしょう。最初に条件面でさえ検索しないのが最善策です。

    SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!:金融庁

    絶対利用してはダメ!個人間融資や個人融資掲示板

    個人融資掲示板では「評判」「大手」「優良サイト」などといった言葉が躍っています。

    こういったサイトや個人融資ランキング上位のサイトは、困っているときなら「大丈夫かも」と思ってしまいますが、絶対に利用してはいけません。

    また、「ブラック融資」「ブラック即日掲示板」というのも多数見つかります。ブラックの状態の方なら「自分でも借りられるんだ!」と期待してしまいます。

    しかし、借りられない状態だからブラックと呼ばれているのであって、そこを崩して借りられるというのは、法律を犯している確率は言うまでもなく高いものでしょう。

    お金を借りることだけに気持ちが向きすぎて、自分の身に起こる危険を度外視しているのではないでしょうか。

    個人間融資の危険性

    個人間融資は、最近では「SNSヤミ金」とさえ呼ばれています。具体的にどんな危険な事例があったかを見てみましょう。

    • 15万円を借り50万円以上返済。さらに返済を要求される
    • 保証金として5万円を支払ったが、連絡が途絶える
    • 利息免除の約束で女性に下着姿や裸の写真を送信させる。お金は借りられず連絡が途絶える
    • 3万円を借り1週間に3割の利息を請求
    • 5万円借りて10万円以上返済後、これ以上返済できないというと会社に連絡すると脅す
    • 月数回の男女関係を融資の条件とする。断ると利息を上乗せ

      お金がないのに保証金として5万円と聞くと、不思議ですよね。しかし「大口融資の場合なら保証金が高くなる」といわれると、「そんなものかな」と思ってしまう人が少なくありません。

      年に数件しか起きていなかったこういったトラブルが、18年度には20件以上に急増しています。「まさか自分が」と思っている人も、お金に困った状態なら危険を承知で利用してしまうことがあるので要注意です。

      どんな事情があろうとも、絶対に個人間融資を利用しようとしてはいけません。「実際には借りないかもしれないけど、連絡だけ」というのもやめましょう。自分の連絡先を含めた個人情報を知られてしまうと、借りなくてもトラブルにしかなりません。

      話題の個人間融資なら大丈夫?

      話題の#個人間融資 ヤマザキ

      Twitterのタグ検索
      #個人間融資

      で発信をしている個人間融資のヤマザキ、その人物は優良な貸主なのかと話題になることは少なくありません。

      「ツイッター見ました!」というメッセージをいただいて、その方のアカウントを見てみると明らかに重度のギャンブル依存かな、と感じられることが多々あります。アイコンが馬だったり、過去のツイートがほぼパチンコ関連だったり。

      別に構いませんけどそっと閉じます。
      #個人間融資

      -個人間融資ヤマザキ (@noguard3100)
      2017年5月4日

      もともと行っていたTwitterは闇金と混同されて凍結されたようで、現在は新たにTwitterとブログを開設しています。その内容を見てみると個人間融資でも対面融資が基本の形としているようであり、先振り込みや利息制限法以上の暴利はないことが見て取れます。

      場所は東京新宿のため対面融資が厳しい方も多いでしょう。最後の砦として名前が挙げられることが多いヤマザキですが、安全な借入先と断定するには情報量が少ないように感じられます。

      ヤマザキ以外にも、

      • お金無償支援掲示板
      • 掲示板まとめのグッドエンジェル
      • はなまる個人融資掲示板
      • 個人融資サイトくじら
      • レンタルキャッシュ
      • プラチナム
      • コンタクト
      • パトロンブラザーズバンク

      など、個人融資やそれを仲介する掲示板は無限に出てきます。以前運営していたコロンビアなども有名な掲示板でした。

      個人融資とその掲示板に関しては、有名だから、サイトがあるから安全というわけでは絶対ありません。ここなら安心して利用できるというところはない、と思っておきましょう。個人間融資成功例を見つけたとしても、疑ってかかったほうがよいのです。

      また、現在の自分の債務情報が不安であり大手の審査に通らないと感じている方は独自審査を行い、過去にトラブルがあった方にも対応ができる消費者金融甘いところもあります。

      個人間融資の金利は?

      個人間の融資であれば貸し手の自由に金利をつけてよい、というものではありません。個人間であっても、たとえ親兄弟であっても「利息制限法」は守らなくてはなりません。

      利息制限法とは

      借りる額となる元本に対し、設定してもよい上限の金利を定めている法律です。

      • 法定上限金利以上の金利による利息は支払う必要がない
      • 利息制限法以上の金利を設定した債権者は民事訴訟の対象
      利息制限法で定める金利
      元本 上限金利
      10万円未満 20%まで
      10万円以上100万円未満 18%まで
      100万円以上 15%まで

      ところが個人間融資の「貸す側の書き込み」を見てみると金利が明確に記載されていることはほぼありません。

      利息制限法に従った貸付を行っている可能性はほぼ0と思ったほうがよいでしょう。

      例えば「10万円を1か月後に11万円にして返す」などとされています。
      これでは金利がわかりづらいものです。

      10万借りる場合、1か月(30日)で完済すると利息制限法の上限金利で計算をしても支払う利息は1479円です。

      10万円を11万円にして返済するならば利息が1万円となるため暴利であることはお分かりになるでしょう。

      つまり、足元を見られています。

      10万円を11万円にして返すことは額面上だけを見れば難しいことではないように感じられます。実際には暴利でありながら返せない額ではないと思わせるのは錯覚です。

      なぜ個人なのに貸す?利息目当てか犯罪か?

      個人から融資を受けたい方の気持ちはわからないことはありません。ブラックの状態になっている可能性があるのであれば正規の貸金業者からの借入は不可能です。そうなると個人間融資に逃げ込むことも推測ができる範囲です。

      それでは、個人で「貸す側」はどうでしょうか?
      考えられる理由を推測してみましょう。

      ①利息目当ての貸付

      利息目当ての貸付であれば考えることができますが、これも貸す側からしても危険な行為です。

      個人の信用度を知ることは難しく、それこそ金融業者、正規の貸金業者でも遅延、踏み倒しをされることもあり、返済を法的に減額・放棄する債務整理を使われることもあります。

      利息を目当てにするといってもその金利をいくらに設定しているのかも確認必須の項目です。

      ②お金の余裕があるボランティア精神

      お金に余裕がある方がボランティアの名目で個人間融資を行っているとすればそれはわざわざ掲示板を利用することなく知り合いに貸す、もしくはより安全な方法を使うことでしょう。

      信用度も確認しようがない赤の他人にボランティアをするなどよほど稀な行為です。

      全くいないとは言えませんが、お金に余裕があってボランティアで見知らぬ人にお金を貸す人は、普通はいません。

      ③闇金業者が個人を偽っている

      実はこれが最も多く、被害が後を絶たない個人間融資の闇です。

      闇金業者は現在、公式ホームページを出すほど堂々とした運営を行っていることでも問題視されていますが、もちろんそれだけで顧客となるカモを捕まえられるわけではありません。

      費用の掛からない方法(無料サイトや2chなどの掲示板、ブログなど)を使ってあちこちに罠を張り巡らせています。

      ④女性客に対してわいせつ行為

      個人間融資の希望者が女性だった場合、お金を貸すことと引き換えのわいせつ行為の強要、写真の要求なども被害の報告が後を絶ちません。

      女性のお金を貸してという書き込みには、確かに反応は多いです。しかし、わいせつ行為を目的とした融資は、「ひととき融資」ともよばれています。

      お金に困った女性を陥れるために、個人融資掲示板を見ているとしか思えない相手が大半なのです。

      ⑤手数料前払いの小銭稼ぎ詐欺

      善意に付け込んでいるわけではありませんが「寸借詐欺」とも呼べる個人間融資の代表的な闇の一つです。

      例えば「手数料として5千円を振り込むように」「信用を見たいので4千円を振り込むように」など、この程度の金額ならと思わせる少額を振り込ませて連絡を絶つ小銭稼ぎの詐欺です。

      先振り込みは、信用度を見るためと言われてしまえば、やむを得ないと感じるかもしれませんが、取り返すことはほぼ不可能な詐欺です。

      ⑥個人情報をだまし取る

      今の時代、個人情報ほど高値が付くものはありません。特に個人間とはいえ金銭賃借の契約となれば申告しなければならない個人情報は非常に詳細です。

      正規の貸金業者に申し込みをするのと同等に、氏名、住所、電話番号はもちろんのこと、勤務先住所や電話番号、さらに実家の連絡先も伝えることが一般的です。

      もう一人を容易に作り上げられるほどの個人情報を赤の他人に提供する恐怖を深刻に考えなくてはなりません。

      ⑦口座買取などの犯罪行為

      一度通帳と印鑑を郵送すれば、そこに融資金を入金して返送する。

      全く持って信用ならない話ではありますが、実際にそのような口車に乗せられてただ口座と印鑑を渡してとられてしまったというケースもあります。

      現在銀行口座を作るためには本人確認が必要であり、振り込め詐欺やオレオレ詐欺などの詐欺集団が使用する銀行口座は、「口座売買」で手に入れています。

      自分の口座が詐欺グループの資金収集のために使われることになる恐怖があります。

      また最近では、オークションやその他のサイトのIDやパスワードを担保にしたり、それを買い取ったりする案件も増えています。

      ネットだから顔が見えないから深く考えないというのは、自ら危険に飛び込んでいくようなものでしょう。

      個人間融資の掲示板は闇金からの接触アリ!

      個人間融資の掲示板の運営者が問題なのではなく、融資をしたいという接触してくる相手が問題です。

      なぜならそのほとんどが闇金業者であるためです。

      借りたい人のほとんどがブラック

      大手消費者金融でもなく、中小消費者金融でもなくあえて見ず知らずの個人に借金の申し入れをする理由は何でしょうか。

      やはり「どこからも借りられない状況」にあることは容易に想像ができます。

      個人間融資で検索するとさまざまな掲示板がでてきますが、借りたい人を見てみると切実に訴える内容にはほかでは借りられない状況が見て取れます。

      個人間融資なら、債務整理をしていても自己破産をしていても問題がないというのが個人間融資掲示板のうたい文句です。

      貸す人のほとんどが闇金

      消費者金融では借りられない人に貸す、それが闇金です。個人間融資の掲示板は闇金の情報集めサイトでもあります。借りたいという人に対して接触してくるのは闇金しかありません。

      1. 借りたい人が金額と返済日、返済額を明記して掲示板に投稿
      2. 闇金が接触
      3. 闇金の電話番号を伝えられ、電話をしてお金を借りる

      この流れになります。また、これ以降がさらに問題です。

      • 個人情報を闇金に渡してしまったことによって、ショートメールでさまざまな闇金からの連絡がとまらない
      • 口座買取の提案をしてくる

      闇金相手に、個人情報を渡してしまったという事実は非常に危険なことです。

      個人間融資の掲示板自体は合法

      第一に、「手数料を取らない無料掲示板」であることが合法である条件です。貸金業者としての登録が必要ないのも、この「無料であること」にかかってきます。

      それはすなわち、「営んでいない」から。

      金融庁に確認したところ仲介手数料を徴収していない場合には運営をしていても生業ではないために貸金業としての登録は不要とのことでした。

      もちろん、利用者にも法定利息内であることなど条件が必要になり、そのパトロールは管理者が行う必要があります。個人間融資の掲示板を運営すること自体は違法ではありません。

      ただし、年率20%を超える金利でお金を貸すのは違法です。個人間融資掲示板で貸す人はほとんどが違法業者。

      正規の中小消費者金融なら安心して申し込みできて、無利息期間が使える業者もあります。

      海外では個人間融資が主流というのは嘘

      一部のサイトでは個人間融資は海外では主流であるとさえ書いてありました。

      個人に対して融資をしたい個人や企業を結びつける、それは確かに人気を集めていますが個人間掲示板のことではありません。

      それは、「投資型クラウドファンディングのことです。

      個人間融資はありますが、日本と同じく流動性の低い危険なものとして認識されています。

      それでもトラブルとなってしまった場合

      どうしてもお金が必要で、個人間融資や個人融資掲示板を利用してトラブルに陥ってしまった方もいるでしょう。

      「家族や誰にもバレたくない」と思い詰めて、よりトラブルが深刻化してしまっている人も少なくありません。

      高額な金利請求は弁護士や司法書士へ

      困った状況になったと思ったときに、自分でなんとかしようとはせずに、弁護士などの専門家に即相談することをおすすめします。

      法外な利息を請求し、勤務先にも連絡を入れると脅していた相手が、弁護士が連絡を取るようにした瞬間にピタッと連絡がなくなったケースもあります。

      口座を売ったら銀行へ

      お金を借りたいあまりに、口座を売ってしまうケースも後を絶ちません。掲示板で売買された口座は、振り込め詐欺やマネーロンダリングなどに使われるといわれています。

      もしも口座を売ってしまったら、すぐに銀行に相談し口座の凍結をしたほうがよいでしょう。

      犯罪に使われると知っていて売ったと判断されると、被害者への賠償金など犯罪者と同罪とみなされてしまいます。

      口座を売ること自体も罪に問われるのですが、実害が出る前に食い止めることは大切でしょう。

      知らずに売ってしまった、共犯ではないことを証明するためにも、銀行窓口で支給相談するべきです。

      本人確認書類などを送ったら警察へ

      個人融資の相手に運転免許証やマイナンバーカードを送ってしまったら、警察へ相談しましょう。個人情報を渡してしまった状態かつ、お金が借りられていないなら、間違いなく詐欺行為となります。

      「個人融資を利用しようとしたのが間違いだったのに警察に行っても大丈夫かな?」と不安に思わず、自分の身分証明書を悪用される前に即警察へ連絡を入れましょう。

      いつかは終わるかも、そのうち完済できるかもと期待してはいけません。完済させてしまっては、せっかくのカモを逃すことになるからです。

      連絡を取らないのが前提ですが、もしも借りるような状況になってしまった後でも、放置せず専門家に依頼したほうがよいでしょう。

      お金を借りる裏技はない!やっぱり危険は避けるべき

      銀行や消費者金融で借りられない状態→個人融資という流れになっているわけですが、やはりこれは間違いです。金融事故を起こした状態でお金がないなら、状況に応じて自己破産を含めた債務整理を検討するべきでしょう。

      借入目的によっては、年金を担保とする福祉医療機構や日本政策金融公庫の貸付を利用することもできます。また、公的な生活福祉資金貸付制度もあります。お金を借りられるまでの期間は長いものの、金利も低いので貸付対象となるなら検討してもよいでしょう。

      また、借入の情報を今後のローンのために個人信用情報機関に残したくないと思う方もいますが、これは逆です。借入をしてもきちんと返済していれば、クレジットヒストリーとなり「遅れず返済できる信用度の高い人物」と判断されます。

      もちろん収入と返済のバランスが取れていなければ、新たなローンは借りられませんが、何かのローンやキャッシングを利用することで今後ローンが使えなくなるというわけではありません。

      とにかくラクに、すぐに借りられるという裏技はありません。もしも金融機関や公的な機関などでの借入よりも簡単だと安易な方法を選んでしまうと、それは危険が待っていると考えたほうがよさそうです。

      まとめ

      個人融資掲示板をいくつも見てみるとその9割が「借りたい側」からの書き込みです。貸す側の書き込みは少なく、なおかつ口コミを見ても危険だ、やめておけの文字が並んでいます。

      個人間融資は借りる側にしてみれば貸す側の実態がつかめない。しかし貸す側にとってはただのカモでありどのような人物なのか関係のないこと、臨機応変に搾り取る材料をお金なのか、個人情報なのか、口座なのかと変えればいいだけのことです。

      ブラックになっているなど自分が正規の貸金業者から借入ができないと考えられる場合、無理に闇金や個人間融資に足を踏み入れるのではなく公的融資も検討しましょう。社会福祉協議会を窓口にした「生活福祉資金貸付制度」など低所得者に向けた融資もあります。

      RELATED POST