レイクALSA

レイクALSAは金利が高い?レイクALSAの年利で利息を計算してみよう!

無利息期間が長いことで人気の高いレイクALSAは、無利息期間以外に借りた場合の金利は高いのでしょうか?

一般的には消費者金融のカードローンは金利が高いと考えられていますが、本当に金利が高いのかよくわからず、申し込みを迷っていませんか。

金利が高いか低いかを判断する場合には、自分が借りたい金額に応じた利息の計算や他の金融機関との金利比較がおすすめです。

実際にいくら利息を支払うのかが申し込み前にわかっていると、金利や返済に関する不安もかなり軽減できます。

利息は金利に基づいて計算されるので、低金利ローンを選ぶ事で利息を抑えられます。
さらに、他に利息を抑えて返済の負担を軽くする方法を紹介しています。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

レイクALSAの金利は高い?他の消費者金融と比較

レイクALSAの金利は4.5%~18.0%

レイクALSAの金利は実質年率4.5%~18.0%です。

この数値だけ見ても「4.5%と18.0%では大きく違っているけれど、どの金利で借りられるの?」「金利だけでは、高いか低いかわからない!」思う方もいるでしょう。

まず、金利に幅があるカードローンの場合、初めての申し込みならほとんどのケースで最高金利18.0%が適用されます。

金利はカードローン申込時の個人の信用度により審査で決まり、信用度は「この人は確実に返済できるのか?」を判断するものです。

金利は最高金利で比較する

消費者金融に初めて申し込んだ場合には、借入と返済の履歴がなく信頼度が低いので、最高金利が設定される傾向にあります。

万が一、一人が返済不能になって貸し倒れになっても、多く受け取った利息でカバーできるしくみです。

各社カードローンの比較をする場合にはまず金利のレベル、特に最高金利を比較しておきましょう。

その後、総額でいくら返済することになるのかを知りたいときに、利息計算していくとよいですね。

金利の低さや高さでカードローン選びをする方も多いです。
しかし、申し込み方法や借入までの日数、借入や返済方法といった使いやすさでの比較も大切です。
「実際に自分がこのカードローンを使ったら」とイメージしてみるとよいでしょう。

レイクALSAと他の消費者金融の金利を比較

レイクALSAも含めて、大手消費者金融と呼ばれる貸金業者が5社あります。
ここでは、大手消費者金融の金利と借入限度額を表にまとめました。

消費者金融 金利 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円

レイクALSAとその他の大手消費者金融のカードローンやキャッシングローンでは、最高金利にほぼ違いがありません。

唯一プロミスのみ17.8%となっていますが、0.2%の金利差ではほとんど利息は変わりません。
他の消費者金融の最高金利はいずれも18.0%です。

「特別にレイクALSAだけ金利が高いわけではない」ことがわかります。

なぜ最高金利を比較したのかというと、初めてカードローンの契約をした場合は最高金利が適用されることが多いからです。

利用していくうちに利用状況や返済状況に基づいて、限度額アップや金利を引き下げできる可能性があります。

ただし、増額では審査があるため、希望しても限度額アップができないこともありますので、その点は注意が必要です。

利息制限法で金利は制限されている

消費者金融などの貸金業者の上限金利は、借入額に応じて利息制限法で厳密に決まっています。

利息制限法で定められた借入金額と金利の関係
借入金額 金利(年率)
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

この金利以下であれば、それぞれの消費者金融が自由に金利が設定でき、ほとんどの消費者金融では上限金利が18.0%に設定されています。

10万円未満の借入(元本)の上限金利20%よりも安い計算ですね。

最低金利で比較する必要はない

「後で限度額アップできたり、金利が引き下げできたりするなら、最低金利も比較しておいたほうがよいのでは?」と思った方もいるかもしれません。

しかし、たとえばレイクALSAの最低金利は4.5%なのですが、この場合設定される限度額は500万円になります。

500万円の限度額を設定するためには、総量規制の法律に基づいて少なくとも1,500万円以上の年収が必要です。

カードローン利用者や申込者で1500万円以上の年収を得ている方は、少数派となるでしょう。

また、限度額アップも一気に何十万と増額できるのではなく、5万円~10万円の単位でそれに応じた金利が適用されます。

その点からも、金利の幅のうち低いもので比較しておくのはあまり現実的ではありません。

銀行カードローンはもっと金利が低い?

銀行カードローンも、消費者金融のカードローンと同様に限度額を決めて繰り返し借入や返済ができますね。

銀行カードローンは、たとえば大手都市銀行なら最高金利が14.5%前後のものが多いので、消費者金融よりは3.5%程度低い設定となっています。

金利の低さだけで選ぶなら、基本的に銀行カードローンの方が有利です。

銀行カードローン 借入限度額 金利(実質年利)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円以内 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 800万円以内 4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン 800万円以内 2.0~14.0%
りそな銀行カードローン 800万円以内 3.5~13.5%

ただ、銀行カードローンによってはオリックス銀行カードローンのように金利1.7%~17.8%と、最高金利は消費者金融と変わらないものもあります。

銀行カードローンは即日融資ができない

また、銀行カードローンは即日融資ができないデメリットがあります。

銀行には反社会勢力への融資を防ぐため、申込み者の特定に警察庁のデーターベース照会が義務付けられました。

この照会作業の回答が最短でも翌営業日なので、即日融資がどこの銀行カードローンでも不可能なのです。

借入までのスピードを重視する方なら、銀行カードローンは不向きといえるでしょう。

ローンの金利と利息について

ローンの説明には「金利」や「利息」という言葉がよく出てきます。
金利と利息を同じと考えている方も多いのですが、下記が正しい説明です。

  • 金利=借入金に対する手数料の割合(いわゆる%で表示されているもの)
  • 利息=金利で算出した手数料

ここでいう手数料とは、借りていた金額に対する対価になります。
つまり、金利に基づいて利息を計算して、その利息を借入先に支払うことになるわけですね。

実質年率とは?

それでは、金利の表記によくある「実質年率%」の、実質年率とはどういう意味なのでしょうか。

実質年率は、本来ローンであれば手数料や保証料、さらに発行手数料を金利に含んだ数字になります。

しかし、カードローンでは保証料や発行手数料は、契約するキャッシング会社が負担します。
そのため、カードローンに関しては「金利=実質年率」と考えて差し支えありません。

遅延損害資金で利息が増えることもある

レイクALSAに限った話ではありませんが、カードローンでは遅延損害金に気を付ける必要があります。

返済に遅れると、利息とは別に遅延損害金が発生し、返済負担が大きくなります。

遅延損害金の年率は20%で、1日に直すと0.05%が返済額に加わる計算です。

返済が遅れるほど、遅延損害金の支払いが膨れ上がってしまう点に注意が必要です。

レイクALSAの金利は審査で決まる

レイクALSAの金利の幅は4.5%~18.0%ですが、そのうちのどの金利が自分に適用されるのかは、審査によって決まります。

ただし、審査基準はどんなカードローンでも申込者には伝えません。

そのため、どんな審査過程でどのように金利が適用されるのかは審査を受けてみないと分からないことになります。

初めての申し込みなら最高金利のことが多い

レイクALSAに初めて申し込む方には、最高金利が適用されるケースが大半です。

まず、金利はレイクALSAの審査で決定します。

レイクALSAのように担保や保証人がないローンでは、申し込み者の属性(年収、勤続年数など返済能力を判断するもの)、とローン利用履歴で審査していきます。

ローン履歴では、いくら借りている(た)のか、だけでなくきちんと返済をしていたかという点も重視されます。
きちんと返済を重ねることで、本人の信用が高まるのです。

レイクALSAを利用したことがないと、きちんと返済するかどうかは不明ですよね。そのため利用当初は最高金利が適用されるのです。

利用・返済状況で金利引き下げになることもある

レイクALSAの契約後に、金利引き下げになることはあるのでしょうか。

カードローンを利用しているうちに、限度額増額や金利引き下げとなる可能性があります。

限度額増額や金利引き下げとなるには、以下のポイントをクリアしておくことが重要です。

  • 返済実績(返済遅れや延滞がない)
  • 年収アップ(限度額は年収の3分の1と決まっている)
  • 借入実績(契約しただけでなくきちんとレイクALSAを利用している)
  • 収入証明書を提出

延滞せずにコツコツと返済実績を積めば、金利を交渉することは可能です。

レイクALSAにしてみれば、期限通りに絶対に返済してくれる優良顧客は絶対に繋ぎとめたいと思うものですからね。

レイクALSAの増額に応じて、金利引き下げとなることもあります。

金利は限度額と関連していますので、金利引き下げのためには限度額増額は必須といえるでしょう。

融資枠の増額は一定期間以上の利用がないと審査で判断できませんので、少なくとも契約から半年以上は利用してから申し込むほうがよいでしょう。

また、年収の3分の1以下の限度額であっても、レイクALSAであまり借入をしていない場合も、増額審査には通りにくいといわれています。

限度額と金利の関係

レイクALSAでは、200万円以下の限度額では基準残高に応じた適用利率が決まっています。

200万円を超える場合は契約極度額(限度額)によって異なるのでご注意ください。

契約限度額(極度額)200万円以下

基準残高 適用利率
1~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%

契約限度額(極度額)200万円超

契約極度額 適用利率
2,000,001~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001~4,000,000円 7.0%
4,000,001~5,000,000円 4.5%

金利が引き下げとなる契約額は、100万円以上が目安といえます。

利息制限法により、100万円以上の融資は年率15.0%を超えることができないためです。

つまり、金利引き下げとなる増額の目安は100万円となります。
ただ、ここまで増額するのは簡単なことではありません。

総量規制により年収が3分の1以上必要ですから、300万円以上の年収がなければ増額は不可能です。

また他社貸金業者からの借入やクレジットカードのキャッシング額も総量規制額に含まれるので、他社借入やキャッシングがあるなら年収はさらに必要になります。

つまり、金利が引き下げとなるまでの増額は現実的な方法と感じない方も多く、また必要額以上の大きな限度額は借り過ぎ(過剰債務)を引き起こすおそれもあります。

やはりカードローンでは、必要額の範囲を限度額とし、金利引き下げよりも返済期間を短くしたり、増額したりすることで利息を抑える方法をおすすめします。

レイクALSAの金利で利息を計算してみよう!

金利だけを見ていても「いったいどれくらい利息を支払うことになるのかわからない」ですよね。
支払う利息は、借入残高、借入していた日数、金利で決まります。

一般的に利息を算出する方法は、

「借入金額」×「金利(実質年率)」÷365日×「借入期間(日数)」となります。

*いずれもレイクの最高金利18.0%で計算しています

・5万円を30日間借りた場合

5万円×0.18÷365(日)×30(日)=739円

・5万円を10日間借りた場合

5万円×0.18÷365(日)×10(日)=246円

・10万円を30日間借りた場合

10万円×0.18÷365(日)×30(日)=1,479円

・30万円を30日間借りた場合

30万円×0.18÷365(日)×30(日)=4,438円

このように利息が金利と利用日数で決まります。

「消費者金融だったら金利が高い」と思ってしまいますが、実際は1ヶ月で数千円程度と、そこまで負担に感じるものではありません。

実際に支払う利息を知ると、大きな負担をかけずにお金を借りられる方法と納得できるでしょう。

レイクALSAの上限金利(18.0%)で借入した場合、利息と総返済額を以下にまとめました。

金利18%を最低返済額で借りた場合の利息
借入金額 利息 総返済額 最低返済額
10万円 25,771円 125,771円 4,000円
20万円 51,562円 251,562円 8,000円
50万円 216,429円 716,429円 14,000円
70万円 318,925円 1,018,925円 19,000円

利息を計算するのは面倒という方は

利息計算の方法は分かりましたが、返済期間がもっと長くなった場合に借入残高に応じた利息計算を都度行うのは面倒に感じます。

借入前だけでなく、カードローン利用中にも利息をこまめに算出して把握しておくと返済計画にも役立つのですが、面倒な場合はやはり負担です。

公式サイトの返済シミュレーションのツールを利用すると、簡単に利息を算出することができます。

レイクALSAで支払う利息を抑える方法

レイクALSAで適用される金利は、消費者金融では平均的なものということが分かりました。

「それでも借入額によって少し高いと感じる」
「できるだけ利息は少なくしたい」

という方も多いでしょう。

レイクALSAで利息の負担を軽減する方法を見ておきましょう。

一括返済で完済する

利息を減らすのに効果が大きいのが「一括返済」をすることです。

一括返済は文字通り、借入残高を1回で全て完済してしまうことを指します。

たとえば借入残高10万円を金利18.0%で借入している場合、最低金額だけで返済するのと一括で返済するのでは以下のように支払う利息が異なります。

  • 最低返済額で返済:25,771円
  • 初回返済日(30日後)に一括返済:1,479円

一括返済してしまえば、最低返済額で返済を続けるのに比べて2万円以上は節約になります。

狙い目はボーナスが入った月です。タイミングさえ合えば、一気に返済してしまいましょう。

月々で繰り上げ返済をする

利用期間、つまりお金を借りている期間が短いほど、支払う利息額を軽減できます。

約定返済日といって、契約時に毎月必ず決まった額を支払う日を決めます。
しかし、その日しか返せないわけではなく、早めに追加で返済することもできるのです。

「随時返済」「繰り上げ返済」という方法をとれば、利用日数は短くなるので支払う利息は少なくなります。

月々の返済額を増やす

毎月の返済額は、最小約定返済額としてレイクALSAが定めている額が基準となります。

これはあくまでも「毎月最小限これだけは返済しないといけない額」なので、返済額以上を返済することも可能です。

最小返済額で返済していくと、月々の負担は軽くできますがどうしても返済期間が長くなってしまい、その分利息が多くなってしまいます。

利息の軽減のためには、最小返済額以上の返済やボーナスなどの臨時収入時に追加返済するといった積極的な返済計画が重要になります。

数千円単位の随時返済でも最終的な利息は大きく異なってくるため、どんどん随時返済を取り入れたほうがよいのです。

最小約定返済額での返済と追加返済を加えた場合の比較

借入額20万円、金利18.0%での利息額の算出となります。

月々の返済額 最小約定返済額
8,000円
最小約定返済額
10,000円
(+2,000円)
返済回数/返済期間 32回/2年8ヶ月 24回/2年0ヶ月
支払い利息額 52,543円 39,562円
総返済額 252,543円 239,562円

利息の差は「12,981円」にもなり、返済期間も8ヶ月の違いとなりました。

月々の返済額としては大きな違いではなくても、最終的な利息としてはかなり軽減できたのがわかるのではないでしょうか。

随時返済、追加返済は積極的に行っていきましょう。

レイクALSAの無利息期間を上手に使おう

随時返済以外にも、利息を軽減できるのが無利息期間です。

レイクALSAでは選べる無利息期間があります。
その期間は金利0%なので、もちろん負担なく利用できます。

Web限定60日間無利息

初めてレイクALSAを利用する方が対象です。

契約額が1万円~200万円、契約日の翌日から無利息期間がスタートします。

180日間無利息

借入額のうち5万円までなら、なんと180日間も無利息になります。

契約額が1万円~200万円の方が対象で、5万円を超過した借入額は、通常金利が適用されます。

レイクALSAの自動契約機レイクALSAの電話で申し込んだ方は、30日間無利息か、5万円まで180日間無利息のいずれかから選択可能です。

ただし、初めてレイクALSAを利用する方で、契約額が200万円を超える場合には30日間無利息となります。

借入額、利用予定の日数、返済回数などに応じて、どちらの無利息期間がお得になるかは異なってくるためきちんと比較しましょう。

無利息が始まるのは契約の翌日

レイクALSAの無利息サービスは、「初回契約日の翌日」から始まります。

「初回出金日の翌日から」ではない点には注意が必要です。

つまり、現在は借りる気がないとしても、申込すると無利息期間がどんどん消化されてしまうということです。

無利息期間をフル活用したいなら、契約したその日に借入してしまうのがベストです。

無利息期間は消滅する

無利息期間のサービス期間内でも、返済期日が到来すれば当然に元本の返済は必要です。

また、返済日に遅れてしまった場合、その返済日から通常通りの金利がかかってしまいます。

レイクALSAは無利息期間が長い分、なくなった時のダメージも大きくなります。
絶対に返済遅れを発生させないよう、計画的に返済を進めましょう。

レイクALSAの返済方式は選択可能

レイクALSAでは「残高スライドリボルビング方式」と、「元利定額リボルビング方式」のいずれかの返済方式を選択できます。

残高スライドリボルビング方式では、借入残高により毎月の返済額が決定されます。
追加借入時に返済額が再設定されるわけです。

元利定額リボルビング方式での返済は、毎月の返済額が事前に決められています。
追加借入などで借入残高が変化しても返済額が変わりません。

計画的な返済に利用しやすいといえるでしょう。

元利定額リボルビング方式は郵送契約のみ選べる

どちらの返済方式が金利を抑えるのに適しているのかと考えても、実は元利定額リボルビング方式は郵送契約でしか利用できません。

Web申し込みや自動契約機での申し込みを選んだ場合には、残高スライドリボルビング方式のみとなります。

郵送契約は、書類の往復などに日数を要するため返済方式のためにわざわざ選択するのは、消費者金融でスピーディーに借りたい場合には適していません。

そのため、通常レイクALSAを利用する場合なら「残高スライドリボルビング方式」で返済計画を立てておくほうがよいですね。

残高スライドリボルビング方式と聞くと難しいと思われますが
・追加借入をしたタイミングで返済金額が再設定される
・返済額が進んで借入残高が減った場合にも返済額は同じ
この2点を押さえておきましょう。

利息のみ返済は避ける

カードローンで決まっている最小約定返済額を準備できないとき、レイクALSAではフリーダイヤル(0120-09-09-09)で相談を受け付けています。

返済が遅れる場合は、返済日の3日前から会員ページの「ご返済予定の確認・登録」メニューで返済期日を入力すれば返済日を変更できます。

返済日の変更だけで対応できない場合、つまりお金を準備できないときに、利息のみの返済ができないかと考える方も多いでしょう。

消費者金融によっては、どうしても返済が難しい時には利息のみの返済を受け付けていることもあります。これを認めてもらえると延滞の履歴がつかないため、利用者にとってありがたいですね。

しかし、利息のみ返済するということは、元金はそのままです。借入期間がさらに長くなるわけですから、やはり避けたいところです。

利息のみの返済は長く続かない

利息だけ返済が認められても元金が減りませんから、できれば避けたいところです。ただ、どうしても利息しか支払えないときもあるでしょう。

「どのくらい利息のみの支払いができる?」と気になるかもしれません。

レイクALSAがどれくらいの期間に渡って相談に乗ってくれるかは、分かりません。
ただ、あくまでも「臨時的な措置」であることは理解しておく必要があります。

「病気で在宅治療が必要で仕事ができないため返済を待ってほしい」

このような事情なら最大限フォローしてくれることもあるでしょうが、それでも永遠というわけにはいきません。

あくまで数ヶ月単位のことで、1年単位ではまず不可能と思っていた方が良いでしょう。

1年にもわたって利息しか返済できないのは、すでに収入と比較して返済が困難になっていることが考えられます。

そうなると、利息のみの返済ではなく、債務整理などで根本的な解決を図るべきです。

返済日の変更方法

レイクALSAの返済日の変更は、まずフリーダイヤルへの電話連絡を行います。

後は会員ページや新生銀行カードローンATMなどで返済日の変更ができます。

お給料が入った直後など、お金を準備しやすいタイミングで返済するようにしましょう。

常に返済が難しい状態なら、借り過ぎといえるでしょう。
返済だけ利用できて金利が低くなる借換えローンやおまとめローンの利用を検討する方法があります。
また、それも難しい場合には債務整理が必要なケースの可能性が高いです。
債務整理は、弁護士や司法書士などに相談する、あるいは法テラスを利用するなど専門家の手を借りたほうがスムーズに進められるでしょう。

レイクからレイクALSAになって金利はどうなった?

新生銀行カードローン レイクから、新生フィナンシャルのレイクALSAになって金利はどうなったのでしょうか。

銀行カードローンから消費者金融カードローンとなったため、金利も変わっていそうですよね。

後継商品として登場したレイクALSAはカードローンとしてのスペックに大きな変化はなく、金利や限度額、無利息期間なども同じスペックのままです。

銀行から貸金業者となったので、規制を受ける法律は変化していますが、ローンスペック自体には差は発生していないと考えられます。

レイクからレイクALSAになって、変化したのは返済期間の上限と返済回数です。レイクでは返済期間の上限は5年、返済回数60回でした。レイクALSAは返済期間の上限8年、返済回数96回となっています。返済期限の上限が長くなり、返済回数も多くなっていることで、少額ずつ自分のペースで返済したい方には使いやすくなりました。

まとめ

レイクALSAの金利は、消費者金融としてはごく平均的です。
無利息期間を上手に使えばよりお得に利息を抑えられます。

また、返済期間を短くする、つまり随時返済や繰り上げ返済を行うことでも利息をグンと少なくできるのでこちらも積極的に行っていきたいところです。

レイクALSAの金利に基づいて利息を把握したい場合には、ぜひ返済シミュレーションツールを活用することをおすすめします。

RELATED POST