クレジットカード

三菱UFJカードにはどんな特徴がある?メリットとデメリットが知りたい!

MUFGカードは2021年7月に新しく「三菱UFJカード」に刷新されました。

MUFGゴールドも「三菱UFJゴールド」に一新されています。スペックは変わることなく、新しくデザイン性の高い券面に生まれ変わっています。

シンプルな商品設計のカードで、「カードを使うことにあまり頭を悩ませたくない」という人におすすめのカードです。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。
このページの概要
  1. 運営者が見た三菱UFJカードゴールド
  2. 三菱UFJカードゴールド最新ニュース
  3. 三菱UFJカードゴールドのメリット
  4. 三菱UFJカードゴールドで発行できる追加カード
  5. 三菱UFJカードゴールドの発行日数
  6. 三菱UFJカードゴールドのポイントプログラムと還元率
  7. 三菱UFJカードゴールドの電子マネー事情
  8. 三菱UFJカードゴールドの申込資格と審査
  9. 三菱UFJカードゴールドの付帯保険
  10. 三菱UFJカードゴールドの活用情報
  11. 三菱UFJカードゴールドの注意点
  12. 三菱UFGゴールドの解約
  13. 三菱UFGゴールドの基本情報
  14. 三菱UFJカードゴールドQ&A

運営者が見た三菱UFJカードゴールド

三菱UFJニコス株式会社は、2008年7月に「2000円からゴールドカードが持てる時代へ」というキャッチフレーズでMUFGカードゴールドを発表し、それまでの常識を破る「年会費2095円」という破格の低価格で提供しました。

こうした低価格のゴールドカードは各社で提供されており、「格安ゴールド」と呼んでいます。たとえば楽天ゴールドカードや三井住友カードプライムゴールドカードなどが格安ゴールドです。主に若い層に向けて商品設計されたコストパフォーマンスの良いゴールドカードで、「ヤングゴールド」と呼ばれることもあります。

こうした「格安ゴールドカード」は年会費が1万円未満というメリットがある反面、どこか高級感に欠ける券面が気になるところで、「安っぽい感じ」がありました。

また、ゴールドカードとは言っているもののサービス面で通常のゴールドカードに比較して見劣りするものが多いというデメリットがあります。

ところが、三菱UFJカードゴールドは、世界最大の金融グループである三菱UFJグループの中核となるネームバリューにふさわしい券面で、年会費2095円とな思えないステイタス感があります。

また、海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどが付帯しており、ゴールドカードらしいサービスが提供されています。

海外でも日本でも、ゴールドカードは信頼のステイタスとして評価されます。そういうゴールドカードをお金を掛けずに賢く獲得できるのが、三菱UFJカードゴールドの最大の魅力と言っていいでしょう。ただし「格安ゴールドとして有名なカード」ですので、分かる人には分かってしまうので使い方には注意しましょう。

三菱UFJカードゴールド最新ニュース

①2021年7月「三菱UFJカード」が登場

三菱UFJニコス株式会社は、新しいフラッグシップモデルとなるカードとして「三菱UFJカード」の会員募集を2021年7月1日から開始しました。

旧モデルの「MUFGカード」のカード名称や機能、券面のデザインなどを13年ぶりに大きく刷新しています。このリニューアルに合わせてタッチ決済機能の追加やカード情報の裏面掲載などによってセキュリティや利便性を向上しています。

【リニューアル対象のカード】

  • 三菱UFJカード
  • 三菱UFJカードゴールドプレステージ
  • 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

券面は日の出をイメージした円形のモチーフを採用して、シンプルで落ち着きのあるデザインとなっています。カード番号や有効期限を裏面に記載して、個人情報の盗み見リスクを低減しています。

国際ブランドとしてゴールドにはMastercard、VISA、JCB、American Expressが対応します。4つの国際ブランドが対応するクレジットカードはあまり多くありません。おおよそのカードはVISAとMastercard、またはそれにJCBが加わるという程度です。4つのブランドから選択できるのはメリットと言っていいでしょう。

利用限度額は三菱UFJカードは100万円までですが、ゴールドになると「50万円~300万円」に上がります。家族カードやETCカード、UnionPayカードも追加可能です。

②主要5種類の比較・三菱UFJカードゴールドの位置づけは?

三菱UFJニコスから発行されているクレジットカードは提携カードなどを合わせると90種類以上になりますが、主要なカードとなるのは5種類です。それぞれをスペックごとに比較すると以下のようになります。

主要5カードの比較
カード名 年会費 国際ブランド ポイント還元率
VIASOカード 無料 Mastercard 0.5%
三菱UFJカード 1375円 VISA、Mastercard、JCB、American Express 0.4%
三菱UFJカードゴールド 2095円 VISA、Mastercard、JCB、American Express 0.4%~0.5%
三菱UFJカードゴールドプレステージ 1万1000円 VISA、Mastercard、JCB、American Express 0.4%~0.5%
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万2000円 American Express、Union Pay 0.4%~0.5%

三菱UFJニコスの発行カードのなかでは、一般カードよりも上位のカードですが、プレミアカードとしては初級に位置していると考えられます。

リーズナブルな年会費によって上位カードを保有することができ、あまりコストをかけずにゴールドカードが欲しいというニーズに応えています。国際ブランドとしてアメックスを選択できるという点も、三菱UFJカードらしいと言えます。VIASOカードは国際ブランドとしてMastercardのみで、他のブランドは選べません。

③他社の格安ゴールドカードとの比較

年会費が1万円以下の「格安ゴールド」は各社から発行され、サービスを競っている状況です。そのため、コストパフォーマンスに優れたカードが提供されており、比較してどのカードが良いか検討しておきましょう。

基本的なスペックには細かい違いしかなく、ポイントプログラムや旅行保険などのサービス面、ブランドイメージなどから考えましょう。

格安ゴールドの比較
サービス内容 楽天ゴールドカード 三菱UFJカードゴールド 三井住友カードプライムゴールド
年会費 2200円 2095円 5500円
申込資格 20歳以上 18歳以上 20代限定
海外旅行保険 自動付帯 自動付帯 利用/自動付帯
国内旅行保険 なし 利用付帯 利用付帯
買い物保険 なし 年間最高100万円 年間最高300万円
ポイント 無期限 24ヶ月期限 24ヶ月期限
還元率 1.0% 0.5% 0.5%

比較すると、年会費では三菱UFJカードゴールドは最も安い部類で、申込資格も18歳以上と若い人に開かれています。ポイントプログラムに関しては楽天ゴールドカードが最も有利です。ただ、三菱UFJカードゴールドと三井住友カードプライムゴールドは旅行保険に関して優れているという特徴があります。

格安ゴールドは「通常のゴールドカードから何らかのサービスを削る」ことで年会費が安い分を補う傾向があり、「どのサービスを重視するのか」を検討すると分かりやすくなります。各社で違いはありますが、三菱UFJカードゴールドはバランスが取れていると言えます。ポイントプログラムが分かりやすいのが三菱UFJカード全般の特徴で、この点で評価できる人にとってはおすすめできるカードです。

三菱UFJカードゴールドのメリット

①年会費が安い

三菱UFJカードゴールドの最大のメリットは、年会費が安いことです。多くのゴールドカードの年会費が1万円以上かかるなかで、三菱UFJカードゴールドの年会費は2095円と破格のやすさです。さらに、初年度は無料であることから、ステイタス性の高いゴールドカードをお得に所有できます。

おおよそ他社のゴールドカードは年会費が1万円で、ポイントプログラムの点であまり三菱UFJカードゴールドと大差ないケースも多く、「とにかくゴールドカードを安く持ちたい」という人にはおすすめできます。

ただ、「格安ゴールド」という名称が定着するほどには「三菱UFJゴールドはゴールドといっても安上がり」というのは有名で、分かる人には分かってしまうというのが難点とも言えます。

他社ゴールドカードとの年会費の比較
カード名 年会費
三菱UFJカードゴールド 2095円
三井住友カードゴールド 5500円
JCBゴールド 1万1000円
dカードゴールド 1万1000円
ビューゴールドプラスカード 1万1000円
ダイナースクラブカード 2万4200円
セゾンゴールドアメックス 1万1000円

海外では「ゴールドカードというステイタス」が必要であって、その年会費がいくらかというのはほぼ関係ありません。安い年会費でゴールドカードを持てるのは、大きなメリットといえるでしょう。

②ポイントプログラムが充実している

三菱UFJカードゴールドには様々なポイントプログラムが用意されています。

通常のポイント還元では「1000円ごとに1ポイント付与」ですが、アニバーサリーポイントではアニバーサリーの月に買い物をすると通常のポイントが1.5倍になります。

「アニバーサリー」を何月にするのかは、誕生月にでなくても自分で自由に設定することができ、買い物をする機会が多い時期をアニバーサリー月に設定できます。

ネットショッピングでお得に貯める「POINT名人.com」や長く使うほどにお得な「プレミアムスタープログラム」、使うほどに翌年のポイントがお得に貯まる「グローバルPLUS」など、様々なポイントアップのチャンスがあります。

③トラベルサポートが充実

空港ラウンジサービス

三菱UFJカードゴールドを保有すると、空港ラウンジサービスが利用できます。国際線を利用する際に、成田:・羽田・関西・中部・新千歳・福岡の国際空港のラウンジを無料で利用可能となります。空港ラウンジでは、ソフトドリンクや軽食、新聞の閲覧など様々なサービスを利用できて快適な旅が実現できます。

VISAゴールドサービス

三菱UFJカードゴールドのVISAブランドの人にはVISAのゴールドカードのサービスが利用できます。たとえば、空港から自宅への宅配サービス、国際線クロークの利用、海外Wi-Fiレンタルなどの提供を受けられます。

Mastercardゴールドサービス

三菱UFJカードゴールドのMastercardブランドの人にはMastercardゴールドカードのサービスが利用できます。たとえば、「るるぶモール」厳選の全国有名レストラン約100店舗で使えるクーポンが配布されますし、国際線手荷物宅配で優待サービスが利用できます。

④三菱UFJグループでお得

三菱UFJカードゴールドに限らず、三菱UFJグループのクレジットカードなら、三菱UFJファイナンシャル・グループ各社でお得なサービスを受けられます。

三菱UFJ銀行のATM手数料

三菱UFJ銀行の「スーパー普通預金」でATM手数料が無料になるサービスを受けられます。スーパー普通預金とは、三菱UFJダイレクトを契約して初回登録し、預金残高などの取引条件を満たすと優遇が受けられるサービスです。三菱UFJカードゴールドの場合、「シルバーステージ」にあたるため、三菱UFJ銀行のATM手数料は回数無制限で無料となります。

提携先コンビニATM手数料

提携先コンビニATM手数料は、三菱UFJ銀行の「スーパー普通預金」での提携先コンビニATM利用手数料が無料になります。三菱UFJカードゴールド保有者は月2回まで提携コンビニATMでの手数料が無料です。

三菱UFJダイレクト他行宛て手数料

三菱UFJ銀行の「三菱UFJダイレクト」での他行宛て振込手数料は常に有料ですが、ゴールドからさらに上位カードにグレードアップすると月3回まで無料となります。

①年会費は初年度無料・「楽Pay」登録で半額

三菱UFJカードゴールドの年会費は2095円と、ゴールドカードにしては非常に安いものとなっています。

  • 年会費:2095円
  • 初年度無料

この年会費はさらに安くできます。三菱UFJカードのリボ払いシステムの「楽Pay」の登録と利用で半額となります。

楽Payの登録と利用
  1. 毎月の支払金額(指定金額)を事前に決めて登録する。
  2. 店では「支払い回数は1回で」と指定する。
  3. 指定金額を超えた分は自動で翌月に繰り越し。
  4. 余裕がある月はインターネットやATMから追加で返済可能。

この「楽Pay」に登録して年間に1回でもリボ払いにすれば、翌年度分に年会費が半額の1047円となります。

②「楽Pay」の注意点

楽Payは指定金額を超える支払いを翌月移行に繰り越しするシステムのリボ払いです。

たとえば、指定金額を「1万円」としたとき、1万5000円の買い物をしたら1万円を最初の請求月に支払って、残額の5000円を翌月払いにして、そこに手数料を加えるというものです。

店頭で「1回払い」を指定しても「楽Pay」の対象となります。リボ払い手数料は年率15%ですので、5000円のリボ払い手数料は1ヶ月で63円となります。

「楽Pay」は毎月のカード利用額が指定金額に満たなければリボ払いにはなりません。そういった場合には1回払いという扱いになります。

三菱UFJカードゴールドの年会費優遇を受けるには、「年に1回以上リボ払いを発生させる」ことが必要になります。指定金額が低すぎるとリボ払いが増えて手数料がかかりますし、かといって高額の買い物をするのは無駄なので、うまく金額を調整しましょう。

年率15%のリボ払いでは、手数料は以下のように計算されます。

利用金額×15%÷365日×日数

たとえば、1万円を翌月リボ払いに回すと、「1万円×15%÷365日×30日=約123円」となります。「1万円を繰り越してリボ払いすると約120円の手数料がかかる」と覚えておくと便利です。

三菱UFJカードゴールドで発行できる追加カード

①家族カード

家族にも本会員と同様の機能やサービスを利用できるのが「家族カード」です。三菱UFJカードゴールドでも以下の条件を満たす人に家族カードを発行することができます。

家族カードの条件
申込資格 本会員と生計をともにする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の人
年会費 1枚目無料
2枚目から1枚につき1650円

家族会員がカードを利用して獲得したポイントは本会員の利用分と合算して貯まります。支払いも本会員の利用分と合算され、本人カード利用範囲内で利用できます。支払方法は本人カードに準じた設定となります。本カードの支払方法が口座振替のとき、家族カード利用分もその口座から引落になります。

②ETCカード

ETCカードは本会員でも家族会員でも申し込むことができます。

ETCカードの条件
枚数 本会員・家族会員ともに1人につき1枚
年会費 1100円

ETCカード利用分は指定したクレジットカード利用分としてポイントが貯まります。

ETCカードは各有料道路事業者がETCマイレージサービスとしてポイントを付与することになっていますが、三菱UFJカードゴールドの付帯カードのETCカードでもこのポイントが貯まります。「ETCマイレージサービス」については、それぞれの有料道路事業者が運営するホームページを確認しましょう。ETC割引制度についても、それぞれの事業者によって異なります。

注意したいのは「カード1枚につきETCカードも1枚」という原則です。1枚のカードにつき複数枚のETCカードを発行することはできません。

③銀聯カード

中国に渡航する際に頼りになるカードが「銀聯カード」です。中国をはじめとする「銀聯加盟店」でのショッピングで利用することができます。

銀聯カードの条件
申込資格 三菱UFJカードゴールドを持っている本会員・家族会員
年会費 無料
新規発行手数料 ・本会員:1100円

・家族会員:330円

銀聯カード加盟店でのショッピング利用については基本ポイントが通常の2倍になります。支払いはクレジットカードの利用可能枠内で、1回払いのみの利用となります。

三菱UFJカードゴールドの発行日数

①最短翌営業日に発行

三菱UFJカードゴールドは最短で申し込みの翌営業日に発行されます。ただし、インターネット経由で申し込みをして審査がスムーズに運んだ場合に限ります。

【オンライン申し込みの流れ】

  1. 会員規約などに同意
  2. 個人情報の入力
  3. 申し込み完了
  4. 審査・カード発行

注意したいのは、オンラインで支払口座設定が可能なのは以下の3行という点です。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

また、入会手続きでは自宅や携帯電話などに電話で確認が入ることがあります。この連絡が取れないとき、審査時間が長引きます。

申し込み後、VISAとMastercardブランドは最短翌営業日、JCBブランドや最短2営業日、アメックスブランドは最短3営業日でカード発行されます。

カードは「ゆうメール簡易書留」で発送されます。

②発行が遅れるパターンとは

三菱UFJカードゴールドは最短翌営業日には発行されますが、「オンライン口座振替サービス」が可能な3つの銀行を指定できるケースに限ります。オンライン口座振替サービス以外での口座振替の手続きでは、後日手続きに必要な書類が送付されるので、記入・捺印のうえ返送する必要があり、このケースでは翌営業日の発行は困難です。

また、本人確認書として「運転免許証」「運転経歴証明書」は申込時に免許番号12桁を入力するだけで済みますが、それ以外では郵送による書類提出が必要になるときがあります。この場合も、発行スピードは遅れるので注意しましょう。

三菱UFJ銀行グループには「本人確認書類として運転免許証を重視する」という傾向があります。銀行口座の開設や契約内容の変更といった場合にも、運転免許証があるかどうかでスピードが変わってきます。

三菱UFJカードゴールドのポイントプログラムと還元率

①貯まるポイントは「グローバルポイント」

三菱UFJカードゴールドで貯めることのできるポイントは「グローバルポイント」という名称です。

グローバルポイントは、1ヶ月の合計利用金額1000円につき1ポイントが貯まります。貯めたポイントをキャッシュバックする際には1ポイント=4円となるため、ポイント還元率は0.4%となります。ただし、キャッシュバックするためには500ポイント以上が必要になります。

貯めたポイントはキャッシュバック以外にも、他のポイントプログラムに移行することも可能です。

グローバルポイントの有効期限は獲得月から2年間ですので、失効する前に早めに使い切りましょう。

ポイントが付与されるのは決済したタイミングではなく、「支払日」となります。支払いが済んでいるものからポイントが付与されるので注意しましょう。

②アニバーサリーポイントで1.5倍

三菱UFJカードゴールドのポイントプログラムでユニークなサービスが「アニバーサリーポイント」です。

アニバーサリーポイントは「入会時に指定したアニバーサリー月にショッピングを利用すると獲得ポイントが優遇されるされる」というものです。

通常のクレジットカードでは、ユーザーの誕生月にポイントが優遇される制度があるケースが多いですが、三菱UFJカードゴールドの場合には、誕生月に限定せずに自分でアニバーサリー月を指定できます。

アニバーサリー月の優遇率はカードのステイタスごとに異なりますが、ゴールドの場合には以下のようになります。

ゴールド会員の優遇率
アニバーサリー月の優遇率 たとえば1万円のショッピング利用で
1.5倍 基本ポイント10ポイント+アニバーサリーポイント5ポイント獲得

三菱UFJカードゴールドの締日は毎月15日ですので、アニバーサリー月の1日~15日利用分のポイントは翌々月に付与され、16日~末日までの利用分のポイントは3ヶ月後の請求月に付与されます。

ポイント付与の事例
利用日 付与月
10月1日~10月15日 12月請求時
10月16日~10月30日 翌年1月請求時

③「POINT名人.com」を経由してボーナスポイント

三菱UFJカード会員限定のネットショッピング「POINT名人.com」を経由して対象のネットショッピングで買い物をするとポイント還元率がアップします。

「POINT名人.com」に掲載されたショップ
ショップ 還元率
楽天市場 2倍
ビックカメラ.com 3倍
Yahoo!ショッピング 2倍
ディノスオンライン 2倍
じゃらん 3倍
一休.com 2倍
さとふる(ふるさと納税) 3倍

④プレミアムスタープログラムでボーナス獲得

三菱UFJカードゴールドでは「年会費の支払い」や「1年間のショッピング利用金額」に応じて「スター」を貯めることができ、スターを5つ貯めた「ファイブスターメンバー」の人にプレミアムボーナスが付与されます。

プレミアムボーナス一覧
ステージ BONUS20 BONUS10
前年1年間のショッピング利用金額 100万円以上 50万円以上100万円未満
ボーナスポイント 前年1年間に獲得した基本ポイントの20% 前年1年間に獲得した基本ポイントの10%

年会費の支払いや1年間のショッピング利用金額でステージが上がるシステムですので、最短で3年目でプレミアムボーナスが受け取れます。

⑤グローバルPLUSで特典を獲得

プレミアムスタープログラムの他、1年間のショッピングの利用金額に応じて翌1年間のポイントがアップするのが「グローバルPLUS」です。

グローバルPLUS特典内容
ステージ PLUS50 PLUS20
1年間のショッピング利用金額 100万円以上 50万円以上100万円未満
加算ポイント 基本ポイントの50% 基本ポイントの20%

三菱UFJカードゴールドの電子マネー事情

①3つの電子マネーにチャージ可能

三菱UFJカードゴールドからチャージできる電子マネーは以下の3つです。

  • 楽天Pay
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA

楽天PayとモバイルSuicaは「おサイフケータイ」対応の携帯電話やスマートフォンならすぐに始めることができます。アプリをダウンロードして三菱UFJカードゴールドの会員情報を登録することで紐付けすることができます。

SMART ICOCAはカードタイプの電子マネーですので、入金機や自動券売機などでチャージして、支払いときに三菱UFJカードゴールドを挿入して決済します。

②Apple Pay・Google Payに対応

Apple Pay対応デバイスであれば三菱UFJカードゴールドを支払いカードに設定できます。

Apple Payは「QUICPay」マークのある店舗で利用可能です。店舗では「QUICPay支払い」と伝えれば決済できます。対応デバイスにMastercardを設定した場合には、Mastercardコンタクトレスマークのある店舗で利用できます。Mastercard登録のカードは、Apple Payに対応したオンラインショッピングも利用できます。

QUICPayマークの店舗ではApple Payの利用可能額は2万円までなので注意しましょう。「QUICPay+」マークの店舗なら2万円を超える決済も可能です。

三菱UFJカードゴールドに限らず三菱UFJニコス発行のカードでは、タッチ決済に対応しているのは「VISA」と「Mastercard」のみという点には注意しましょう。

JCBやアメックスを選択するとApple Payには登録できません。

三菱UFJカードゴールドの申込資格と審査

①申込資格

三菱UFJカードゴールドの申し込み資格は以下のようにシンプルなものです。

  • 18歳以上で安定した収入のある人(学生を除く)

申し込みにあたって「学生を除く」という条件を提示するクレジットカードは珍しく、あくまで「社会人向けのカード」というスタンスです。

また、未成年の場合には「親権者の同意が必要」とされています。

クレジットカードのなかには高校生でなければ学生でも申し込めるクレジットカードが多く、三菱UFJカードゴールドは例外的と言えるでしょう。

学生は申し込めませんが、主婦の人なら三菱UFJカードゴールドを発行できます。実際にカードの申し込みフォームの職業選択欄には「主婦/主夫」の項目が用意されています。

②審査は厳しい?

多くの銀行系の信販会社がゴールドカードを発行していますが、三菱UFJカードゴールドは年会費が低めの設定になっています。この「年会費の安さ」をどう考えるかは意見が分かれるところです。

年会費が低い分、貸し倒れリスクに対処するために審査を厳し目にしているとも考えられますし、年会費が低いということは「ユーザー層を広めにとっている」とも考えられます。

口コミ情報では、三菱UFJカードゴールドは「ゴールドカードのなかでは審査に通りやすい」という評価がされています。

また、ゴールドカードの割には利用可能枠が「最低10万円」と設定されることがあります。最大は200万円ですが、最低額の低め設定があるということは、申込者の状況に合わせて柔軟に決定していて、「審査自体はそれほど厳しくない」と推測できます。

とはいえ、他社からの借入額が多い人や他社のカードでの返済トラブルがあった人には審査結果は厳し目に出ます。

③審査状況は確認できる?

審査状況は、オンライン申し込みの場合にはWebで可能です。

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに「サンキューメール」が届きます。ここに記載されたURLは申し込み内容の確認などに利用できますが、審査状況の確認にも使うことができます。

メールに記載されている「照会番号」と生年月日を入力すると審査の状況が表示されます。

ただし、このページで確認できるのは「審査結果が出ているか」という点のみで、たとえば結果が出るまでの時間や日数などの情報は取得できません。

情報を照会すると「審査中」または「審査完了」と表示されます。審査が完了した場合には、「審査終了のお知らせ」というメールが届きます。ここで審査に通過したかどうかを確認できます。

三菱UFJカードゴールドの付帯保険

①海外旅行傷害保険

三菱UFJカードゴールドには海外旅行傷害保険が自動付帯します。持っているだけで適用されるので、カード決済で旅行代金を支払っていなくても安心できます。

クレジットカードでは、旅行代金をカード払いにしておかないと保険が適用されないというものも多くありますが、この点三菱UFJカードゴールドは有能と言えます。

ただし、補償内容は以下のように2種類あります。

  • 前年のカード利用額が20万円以上:2000万円プラン
  • 前年のカード利用額が20万円未満:100万円プラン

前年のカード利用額によってコースが変わるので注意しましょう。

海外旅行傷害保険の内容
2000万円プラン 100万円プラン
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円 最高100万円
傷害治療費用 200万円限度 20万円限度
疾病治療費用 200万円限度 20万円限度
携行品損害 1旅行につき20万円限度 1旅行につき10万円限度
賠償責任 2000万円限度 100万円限度
救援者費用 200万円限度 50万円限度

国内旅行傷害保険は海外旅行傷害保険とは違って「利用付帯」となっています。三菱UFJカードゴールドで旅行代金などを決済しないと適用されません。

航空機や鉄道料金、バス料金、またはツアー代金などの支払いをカード決済にした場合に適用されます。

適用されるのは主に以下の3ケースです。

  • 公共交通乗用具登場中の傷害事故
  • 宿泊中の火災・爆発による傷害
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の傷害
国内旅行傷害保険の内容
内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2000万円
入院保険金 3000円/1日あたり
手術 3000円×(10~40倍)
通院 2000円/1日あたり

また、国内便の飛行機の遅延などのトラブルにあった場合に以下のような補償を受けることができます。これも利用付帯ですので、飛行機チケットをカード決済しなければ適用されません。

国内渡航便遅延保険
内容 補償額
乗継遅延費用保険金 2万円限度
出航遅延費用等保険金 2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金 1万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金 2万円限度

③ショッピング保険

国内外問わず、三菱UFJカードゴールドで購入した品物の破損・盗難などの損害を購入日から90日間補償されます。

配送中の事故は補償の対象とならないので注意しましょう。また、保険金の請求には品物を購入した際の売上票(お客様控)が必要となります。

ショッピング保険
補償期間 購入日から90日間
年間補償限度額 100万円
自己負担額 1事故につき3000円

日本国内で購入した商品は、支払方法を購入時に「分割払い・リボ払い」で指定した場合に対象となります。登録型リボ払い「楽Pay」に登録したうえでクレジットカード購入した場合には支払方法を問わず対象となります。

三菱UFJカードゴールドの活用情報

①グローバルポイントの使い方

三菱UFJカードゴールドの利用で貯まるグローバルポイントは、基本的に「1ポイント=4円」で換算します。基本的な使い方は以下の3つです。

キャッシュバック

グローバルポイントはキャッシュバックという形でカードの利用額から直接割引することができます。何か別の買い物に使うといった余計な手間がかからず、手軽に利用できる方法です。確実にポイントを有効活用できます。最低500ポイントから1ポイント単位で交換可能です。クレジットカードを使っているとポイントの消費をどうするか悩ましいところですが、三菱UFJカードは一般的にキャッシュバックというシステムを採っており、ポイントを使うことであまり悩みたくないという人には良い方法と言えます。

ギフト券と交換する

グローバルポイントは様々なギフト券に交換できます。交換レートとはギフト券によって異なりますが、効率の良いのは「三菱UFJニコスギフトカード」です。

ギフト券交換
交換対象 必要ポイント 還元率
三菱UFJニコスギフトカード 3000円分 850ポイント 0.35%
6000円分 1550ポイント 0.38%
1万5000円分 3050ポイント 0.49%
2万円分 4050ポイント 0.49%
2万5000円分 5050ポイント 0.49%
Amazonギフト券 1000円分 350ポイント 0.285%
4000円分 1000ポイント 0.4%
図書カードNEXT 1000円分 350ポイント 0.285%
4000円分 1000ポイント 0.4%
マックカード商品券 1000円分 350ポイント 0.285%
4000円分 1000ポイント 0.4%

他社ポイントに移行する

グローバルポイントは以下のように他社ポイントに移行することができます。交換レートがポイントプログラムごとに異なっているので、ポイントの目減りが気になる人は「1:5」に比率で交換できるポイントに移行させましょう。

交換ポイント 交換レート 還元率換算
ビックポイント 1:5 0.5%
ベルメゾン・ポイント 1:5 0.5%
Pontaポイント 1:4 0.4%
Tポイント 1:4 0.4%
dポイント 1:4 0.4%
WALLETポイント 1:4 0.4%
nanacoポイント 1:3 0.3%
WAONポイント 1:3 0.3%
JALマイル 1:3 0.3%

②アメックスブランドを選ぶと

三菱UFJカードゴールドは国際ブランドとして「アメリカン・エキスプレス」を選ぶことができます。通称「アメックス」と呼ばれるブランドは、日本だけでなく海外でもステイタス性の高いカードとして知られています。

アメックスには独自のサービスがありますが、三菱UFJカードゴールドのアメックスブランドでも高品質のサービスを受けることが可能です。

代表的なものが「アメリカン・エキスプレス・コネクト」です。このサービスでは、優待店での買い物やサービスでポイントが通常よりも多く貯まったり、国内有名ホテルの優待などを受けることが可能です。

また、アメックス会員専用に特別に確保した人気のコンサートチケットを購入できる「エクスペリエンス」や、お得にぜいたくを体験できる通販サイトの「ルクサ」を利用することができます。

アメックスは年会費が最も安い「グリーンカード」でも年間1万3200円かかりますが、三菱UFJカードゴールドならサービスをより低価格で受けることが可能です。

③MUFGカードWebサービスでできること

三菱UFJカードゴールドを使うにあたっては、「MUFGカードWebサービス」を利用しましょう。パソコンやスマートフォンで手軽に利用できる会員専用のWebサービスです。登録は無料でいつでも必要な情報にアクセスできます。

このサイトでは以下のようなことができます。

  • 利用明細の確認
  • 利用可能額の照会
  • 利用残高の確認
  • 獲得ポイントの照会
  • カード再発行の申し込み
  • リボ払いへの変更
  • キャッシング申し込み

特に、三菱UFJカードゴールドはWeb明細が基本なので毎月1回は明細を確認しておきましょう。高額の買い物を支払いたいときに利用可能額との兼ね合いを事前に調べておくことは重要です。

ちなみに退会・解約はWeb経由ではできません。必ず電話連絡をする必要があります。

④三菱関連の金融サービス

三菱UFJカードゴールドに限らず、MUFGブランドのゴールドカードでは「三菱UFJ銀行のATM手数料無料」「提携先コンビニATM手数料無料」などのサービス受けることができます。

この他、以下のような会員向け金融サービスが提供されます。

三菱UFJ信託銀行 「三菱UFJ信託ダイレクト」(ネットバンキングなど)会員になると、グローバルポイントを100ポイント贈呈。
東京クレジットサービス ワールドカレンシーショップ店頭でアメリカドルやユーロなどの13通貨のキャッシュを購入するときに優遇レートが適用されます。
三菱UFJ不動産販売 三菱UFJ不動産販売に不動産売買の仲介を依頼し、成約すると売買代金2000円につき、グローバルポイントを1ポイント贈呈。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 新規証券取引で三菱UFJモルガン・スタンレー証券に来店し、窓口でカードを提示すると「株主優待一覧」がもらえます。

ゴールドカードを手始めに「三菱の経済圏」でのマネープランを練るのは、今後の生活を豊かにします。

⑤サポートデスクは24時間年中無休

年会費が無料または格安のカードでは、サポート体制が充分ではないことが多くあります。コールセンターにつながりにくかったり、不正請求があったときなどのトラブル対応の手際が悪かったりといった不安があります。

三菱UFJカードゴールドは発行元が三菱UFJニコス株式会社で、サポート電話につながりやすくトラブル対応もしっかりしています。

大手の会社ならではのスピードと的確なアドバイスをもらうことができて、非常に頼りになる存在です。

また、三菱UFJカードゴールドのサポートデスクは「24時間年中無休」です。オペレーターによる受付時間は午前9時から午後5時となっていますが、それ以外の時間でも緊急の場合にはオペレーターに対応してもらえます。いざというときに相談できるのは心強いでしょう。

三菱UFJカードゴールドの注意点

①基本還元率は「0.5%」

三菱UFJカードゴールドは基本還元率が「0.5%」程度で、あまり高還元とは言えません。

クレジットカードの還元率は「1%」くらいから「高い」とみなされるので、高還元のカードが欲しいという人には三菱UFJカードゴールドは向いていない人はいるでしょう。

このカードは還元率で選ぶのではなく、他のサービスなどを比較して検討したうえで選ぶカードです。「三菱UFJ」というブランドの力も加味して検討しましょう。

基本還元率が高いカード
カード名称 基本還元率
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1.0%
ヤフーカード 1.0%
オリコカードザポイント 1.0%

高還元のクレジットカードというと代表的なものが上記のカードです。こういったカードと比較して検討しましょう。

②海外旅行傷害保険が条件付き

三菱UFJカードゴールドには海外旅行傷害保険が付帯していますが、これは適用にあたって「条件付き」になっています。

前年のカード利用金額によって「2000万円プラン」と「100万円プラン」に分かれます。この金額は「傷害死亡・後遺障害」についての違いで、その他の保険金についても適用の仕方が異なります。

海外旅行傷害保険のプランの違い
前年利用額 傷害死亡・後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用
20万円以上 最高2000万円 200万円限度 200万円限度
20万円未満 最高100万円 20万円限度 20万円限度

前年の利用額が20万円未満の場合、最高の補償額が100万円とかなり物足りないものになってしまいます。海外旅行傷害保険で重要なのは「傷害治療費用」と「疾病治療費用」と言われており、実際に最も頻繁に利用される保険です。

海外では日本のような保険制度が整っていないため、旅行中に病気になったりケガを負ったりした場合に治療費用が想像以上に高額なものになりがちです。この金額を比較しても、100万円プランではそれぞれ20万円限度と、頼りにするには心もとない金額です。

③無料利用できる空港ラウンジが限られる

三菱UFJカードゴールドでは空港ラウンジが無料利用できますが、国際線限定で国内6ヶ所に限られます。

【三菱UFJカードゴールドでラウンジが利用可能な空港】

  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

この他、海外ではホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが利用できます。

これはゴールドカードとしてはラウンジ数としては少なめです。年会費2095円であることを考えればお得ですが、物足りない感じは否めないでしょう。

ゴールドカードで利用できるラウンジ数の比較
カード名 国内利用可能ラウンジ数
JALゴールド 32空港46ヶ所
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 28空港41ヶ所
三井住友カードゴールド 32空港46ヶ所
セゾンゴールドアメックス 32空港45ヶ所
dカードゴールド 32空港46ヶ所
イオンゴールドカード 6空港12ヶ所
楽天ゴールドカード 31空港45ヶ所
三菱UFJカードゴールド 6空港13ヶ所

④サービス面で他社格安ゴールドと比較すると

年会費が1万円未満のいわゆる「格安ゴールド」と呼ばれるカードには、三菱UFJカードゴールドの他、オリコカードザプレミアムゴールド、楽天カードゴールドなどがあります。それぞれに得意分野があり不得意な部分もあります。検討すべきポイントとしては、「ポイント還元率」「旅行傷害保険」「空港ラウンジサービス」などがあります。

格安ゴールドの比較
カード名 年会費 ポイント還元率 旅行傷害保険 その他
三菱UFJカードゴールド 2095円 0.5%~1.5% 最高2000万円 国内渡航遅延保険が付帯
オリコカードザプレミアムゴールド 1986円 1.0%~2.5% 最高2000万円 電子マネーで還元率アップ
楽天ゴールドカード 2200円 1.0%~5.0% 最高2000万円 楽天市場で還元率アップ
三井住友カードプライムゴールド 5500円 0.5%~2.5% 最高5000万円 満20歳~30歳限定

何を重視するかは個人差があるので、格安ゴールドを検討しているのであれば、公式サイトをチェックして自分に向いたカードを選びましょう。

三菱UFGゴールドの解約

①解約は電話で

三菱UFJカードゴールドは「Web会員サイトでは解約できない」ので注意しましょう。解約は電話で手続きします。

「MUFGカードコールセンター」に電話連絡して自動音声に従って操作するだけで解約できます。

三菱UFJカードゴールドの解約手順
  1. MUFGカードコールセンターに連絡する。
    電話番号:「0570-022115」または「03-5489-0292」
    受付時間:午前9時~午後5時
  2. サービスコード「2」をプッシュ→メニューコード「3」をプッシュ→カード番号16桁をプッシュ→暗証番号4桁をプッシュ

以上の手順で簡単に解約できます。

Web明細チェックに登録された場合はカードの解約とともに登録は解除されます。「MUFGカードWebサービス」はカードの解約の申し出を受付してから最大14ヶ月後の末日まで引き続き利用できます。明細の確認などで必要な場合に利用しましょう。

②解約の注意点

グローバルポイントを使い切っているか

三菱UFJカードゴールドを解約する際には、ポイントが余っていないか確認しておきましょう。解約した後は、ポイントはすべて失効してしまい、取り戻すことができません。解約までに貯めたポがを商品に交換したり、ポイント移行サービスを利用したりして無駄がないようにしましょう。グローバルポイントは「支払日」がポイント付与のタイミングですので、しっかり確認のうえで無駄が出ないように解約しましょう。

公共料金の支払い

公共料金の支払いにカードを利用している際には、まずは支払方法の変更をしてからカードを解約しましょう。

手続きを忘れてしまうと料金の引落ができずに未納になってしまいます。毎月の引落のものはカードの利用履歴を見れば分かりますが、セキュリティソフトやクラウドサービスなどは「年間契約」になっていることが多くありますので、漏れなく確認しておきましょう。

分割払い・リボ払い

クレジットカードの解約の前に、未払い分がないかどうかをチェックしてきましょう。未払金はカードを解約した場合には一括請求されます。リボ払いやキャッシングの借入分もすべて対象ですので、未払金をすべてチェックして清算してから解約したほうが良いでしょう。

家族カード・ETCカード

家族カードやETCカードなどの追加カードを設定しているとき、本カードを解約するとそれに紐付けされた追加カードもすべて無効になります。ETCカードは解約したことをうっかり忘れているとETCレーンを通れなくなります。くれぐれも注意しましょう。

三菱UFGゴールドの基本情報

年会費 2095円(初年度無料)
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
申込条件 18歳以上で安定した収入のある人(学生除く)
家族カード あり
ETCカード あり
旅行傷害保険 ・海外:最高2000万円

・国内:最高2000万円

その他付帯保険 ショッピングガード保険
発行日数 翌営業日~3営業日
還元率 0.4%
ポイントプログラム グローバルポイント
電子マネー 楽天Pay、モバイルSuica、SMART ICOCAにチャージ可能
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

三菱UFJカードゴールドQ&A

締日と引落日を教えて下さい。

MUFGカードは共通で、締日は毎月15日・引落日は翌月10日となっています。

紙の明細を利用できますか?

請求明細はWeb明細が基本です。ハガキや封書による郵送を希望する人には1通あたりの発行手数料99円で発行可能です。

他の三菱UFJカードからゴールドに切り替えできますか?

三菱UFJニコスでは、MUFGカードからゴールドカードへの切り替えには対応していません。ゴールドカードを作るには改めて申し込みして審査、入会手続きが必要です。

三菱UFJカードゴールドのメリットは?

主に、「ゴールドカードなのに年会費が格安」「三菱UFJカードゴールドという信頼」「空港ラウンジサービス」「旅行保険が付帯」という4点です。

三菱UFJカードゴールドの利用限度額を教えて下さい。

10万円から200万円の間で審査によって個別に設定されます。一般カードの利用可能枠は最大100万円ですが、ゴールドカードはその倍の200万円となっています。

RELATED POST
ヤフーカード クレジットカード

【2021年最新】ヤフーカードキャンペーン|入会特典から審査、ポイント還元率まですべて解説

2021年11月29日
マネープランニング
ヤフーカードは、ファミリーマートなどでお馴染みのTポイントが貯まりやすく、Yahoo!Japanのサービスをお得に使えるクレジットカードです …