投資

つみたてNISAにおすすめのネット証券を紹介!手数料も比較

コツコツ資産を増やしたい人には、100円からはじめられるネット証券のつみたてNISAがおすすめです。
この記事ではつみたてNISAの概要とメリット・デメリットについて解説。
初心者におすすめの投資信託とネット証券も紹介します。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

つみたてNISAなら少額投資ができる!

つみたてNISAの概要と、つみたてNISAと混同されやすいNISA・iDeCoとの違いも解説します。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは少額から積み立てできる投資の非課税枠です。
日本に住んでいる20歳以上の人を対象に、2018年1月からスタートしました
一定の投資信託へ投資を行い、資産運用を行うことが可能です。
口座開設は1人1口座となっています。

つみたてNISAの特徴は次の通りです。

非課税対象 一定の投資信託へ投資を行うことで得られた分配金または譲渡益
非課税投資枠 上限:新規投資額で毎年40万円
非課税期間 最長20年間

つみたてNISAは対象が限られるものの、シンプルな仕組みで利用しやすいこともあり初心者や幅広い世代の人々に利用されています。

NISAとつみたてNISAの違い

NISAとはつみたてNISAと同様に投資による収益が非課税となる仕組みです。
ただしつみたてNISAとは異なる部分がいくつかあります。

NISAとつみたてNISAの違いは次の通りです。

NISA つみたてNISA
非課税投資枠 年間120万円
(最大600万円)
年間40万円
(最大800万円)
非課税期間 5年間 20年間
対象商品 ・上場株式
・投資信託
など
・投資信託

まとまった資産を運用したい場合は、NISAの利用が適しています。
一方で少額からコツコツ運用したい場合には、長期間運用できるつみたてNISAがおすすめです。

ただしつみたてNISAの対象商品となる投資信託は、長期積み立てや分散投資に適した商品に限られます。

iDeCoとつみたてNISAの違い

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで、国が行う私的年金制度です。
掛金と運用益の合計が給付され、税制上の優遇措置が受けられます。

iDeCoとつみたてNISAの違いは次の通りです。

iDeCo つみたてNISA
資金引き出しの自由度 ×
最低積立額 5,000円 100円
対象商品 ・投資信託
・定期預金
・生命保険
・投資信託

iDeCoは、原則60歳になるまで資金引き出しができません。
つみたてNISAに比べて自由度が低いため、目的に応じて利用を検討することが大切です。長期間の運用が前提となるiDeCoは、老後資金を貯める目的で資産運用したい人に向いています。

つみたてNISAのメリットは?長期運用におすすめ!

つみたてNISAにはNISAやiDeCoにはないメリットがいくつかあります。
ここではつみたてNISAのメリットについて詳しく解説します。

少額からコツコツ投資できる

資産運用はまとまったお金が必要だと思われがちです。
しかしつみたてNISAは100円から積み立てができるため、無理のない範囲でコツコツ投資を続けることができます
積立額や積立日は自由に設定可能です。
一度設定すれば決まった日に引き落とされるため手間がかかりません。

つみたてNISAは少額の資金で手軽に資産運用をはじめたいという人におすすめです。

投資で得た利益に税金がかからない

通常の投資信託では利益に対して約20%の税金がかかります。
10万円の利益が出た場合、税金が約2万円引かれる計算です。

一方つみたてNISAであれば、毎年40万円(最長20年間)まで税金がかかりません
利益をそのまま受け取ることができます。
またお金が必要になったタイミングで、自由に引き出せすことができます。

つみたてNISAにはデメリット・注意点もある!

つみたてNISAは、全ての人に向いているわけではありません。
つみたてNISAを利用する4つのデメリットについて、詳しく解説します。

投資信託しか選べない

つみたてNISAは選べる商品が限られることがデメリットの1つです。

NISAであれば上場株式、iDeCoであれば定期預金や生命保険も選べるのに対して、つみたてNISAが投資できる商品は投資信託のみです。
株式の運用や投資信託以外の商品を利用したい人には、つみたてNISAは不向きといえます。

資産運用において投資する商品選びは重要です。納得できる商品があるかどうか確認したうえで利用しましょう。

複数の口座開設はできない

つみたてNISAの口座は、1人につき1口座までと決まっています。
複数の金融機関でつみたてNISAの口座を開設することはできないため注意が必要です。
金融機関によって取り扱う商品が異なるため、自分が投資したい商品があるかどうか確認したうえで口座を開設しましょう。

また、つみたてNISAとNISAの併用はできません。
iDeCoであれば、つみたてNISAとの併用が可能です。

損益通算できない

通常の投資では損失が出た場合に、ほかの運用益と相殺できる損益通算を適用できます。

しかしつみたてNISAは、ほかの口座と利益相殺ができません
つみたてNISAで損失が出たとしても、ほかの口座に運用利益があれば税金の対象となります。
つみたてNISAは損失が出た場合に税制上のメリットを受けられないことを理解しておきましょう。

さらにつみたてNISAは繰越控除の対象外です。
通常の投資とは異なり、翌年に利益が出たとしても損失を相殺することはできません。

ロールオーバーできない

NISAは非課税期間終了後に運用中の資産を翌年のNISA枠に移管するロールオーバーができます。
一方つみたてNISAはロールオーバーできないことが特徴です。
つみたてNISAの非課税期間終了後は、通常の口座へ移管する必要があります。

口座に移した資産を継続して運用する方法は次の2つです。

  • 課税口座で運用する
  • 現金化して新たにつみたてNISA枠で運用する

つみたてNISAの非課税期間は20年間です。
20年後に通常の口座へ移管する必要があることを覚えておきましょう。

つみたてNISAで初心者におすすめの投資信託は?

つみたてNISAをはじめるにあたりネックとなるのが、投資信託の商品選びです。

投資信託選びで重要なポイントは以下の3つです。

  • リターン
  • コスト
  • リスク

ここでは、つみたてNISAでおすすめの初心者向けの投資信託を紹介します。

ハイリターンが期待できるひふみプラス

ひふみプラスは、ハイリターンを狙いたい人向けの投資信託です。

2008年にスタートしたひふみ投信シリーズの1つで、幅広い世代に人気があります。
国内の成長企業に投資を行うため、ハイリターンが期待できる商品です。

ひふみプラスは、レオス・キャピタルワークス株式会社からの直接購入または取り扱いのある銀行や証券会社から購入できます。
どこで購入しても投資方針や組入銘柄などに違いはありません。

低コストで運用できるSBI・V・S&P500インデックス・ファンド

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドは、運用コストが業界最低水準を実現しているため、コストを抑えて資産運用をはじめたい人におすすめです。

米国の成長企業に投資するSBI・V・S&P500インデックス・ファンドは、米国の代表的な株価指数であるS&P500指数(円換算ベース)に連動しています。
株価指数などに連動するインデックス型は、手数料が安く低コストで運用することができます。

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドは、SBI証券または取り扱いのある銀行や証券会社から購入が可能です。

分散投資できるeMAXIS Slim 全世界株式

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、リスクを分散させて資産運用を行いたい人に向いています。
株式と債券を組み合わせたバランス型は、安定運用が狙えることが特徴です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)では、次の資産に均等投資を行います。

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 国内リート
  • 先進国リート

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、三菱UFJ国際投信株式会社または取り扱いのある銀行や証券会社から購入できます。

ネット証券でつみたてNISAをはじめるポイント

ネット証券でつみたてNISAをはじめるなら、下記の3つに注目しましょう。

  • 対象商品の数
  • 最低積立額
  • サービスの充実度

ここでは、つみたてNISAをはじめるネット証券選びのポイントについて解説します。

つみたてNISAの対象商品数が多いネット証券を選ぶ

ネット証券は、会社によってつみたてNISAの対象商品数に差があります。
なかにはつみたてNISAの対象商品を取り扱っていないネット証券もあるため、事前に確認しておきましょう。
つみたてNISAの対象商品数が多いネット証券を選ぶことで、自分の運用方針に合った商品を選びやすくなります。

またバランスファンドやインデックス・ファンドなど、取り扱う商品の特徴もチェックしておくことがポイントです。

少額から投資できるネット証券を選ぶ

コツコツ投資したい人は、少額から投資できるネット証券を選びましょう。
会社によっては100円から投資できる場合もあります。

つみたてNISAは、少額でも長期間続けることで利益につながりやすいことが特徴です。
積立額が少額であれば、投資信託初心者でも気軽にはじめられます。

効率良く資産運用を行うためには、つみたてNISAの仕組みに慣れてきたタイミングや投資費用が確保できたタイミングで積立額を増やすことがポイントです。

サービスが充実しているネット証券を選ぶ

快適に資産運用を行うなら、サービスが充実しているネット証券を選びましょう。

使い勝手が良いネット証券を選ぶポイントは、次の3つです。

  • webサイトやアプリが使いやすい
  • 問い合わせをしやすい
  • コールセンターの対応が丁寧でわかりやすい

またつみたてNISAの利用でポイントが貯まるネット証券もあります。
お得に資産運用したい人は、特典やキャンペーンにも注目しましょう。

つみたてNISAにおすすめのネット証券5社

つみたてNISAにおすすめのネット証券会社を5社紹介します。

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 住信SBIネット銀行との口座連携により入金がスムーズ
  • 非課税投資枠を余すことなく投資が可能
  • 月間平均保有金額に応じてTポイント付与
買付手数料 0円
つみたてNISA
対象商品数
175
最低積立額 100円
積み立て頻度 毎日・毎週・毎月

SBI証券には、非課税投資枠ぎりぎりまで投資できるボーナス月設定NISA枠ぎりぎり注文、お得に資産運用ができるポイント付与サービスがあります。

SBI証券は口座開設数が多くつみたてNISA対象商品も充実しています。
投資信託上級者はもちろん、つみたてNISA初心者にも人気があります。

\初心者におすすめ/
SBI証券公式サイトを見る

SBI証券の口コミ評判は?キャンペーンや手数料、NISAに注目SBI証券は大手証券会社のひとつであり、IPO実績も豊富。ミニ株でも参入できるので、多くのユーザーが利用しています。手数料プランやキャンペーン、iDeCoやNISAの評価も高く、口コミでもよくおすすめされるサービスです。今回は、SBI証券についてQ&Aも含めた解説を行っていきます。...

楽天証券

楽天証券のおすすめポイント
  • つみたてNISAの対象商品が豊富
  • 楽天銀行との口座連携により入金がスムーズ
  • 楽天カード払いの購入代金に対する楽天ポイント付与
買付手数料 0円
つみたてNISA
対象商品数
172
最低積立額 100円
積み立て頻度 毎日・毎月

楽天ポイントを利用して投資商品を購入することもできるため、楽天ユーザーにとってメリットが大きいといえます。

積み立て頻度の選択肢はSBI証券に劣るものの、つみたてNISA対象商品数の多さやシステムの使いやすさには定評があります。

\楽天ユーザーにおすすめ/
楽天証券公式サイトを見る

楽天証券の評判や手数料は?口コミのほかキャンペーン・iDeCo・NISAも紹介ネットで手軽に口座を開設できる楽天証券ですが、はじめて株式投資をはじめる方も利用しやすい証券会社なのでしょうか。今回の記事では、利用者の口コミ評判や手数料、お得なキャンペーン情報などをまとめて解説していますので、投資をはじめる際の参考になさってください。...

auカブコム証券

auカブコム証券のおすすめポイント
  • 操作がしやすく運用状況の把握が簡単
  • 現物株式の取引手数料が最大5%割引
  • 投資信託保有残高に対してPontaポイント付与
買付手数料 0円
つみたてNISA
対象商品数
157
最低積立額 100円
積み立て頻度 毎月

auの通信契約を行っている人は、ポイント付与率がアップします。auユーザーにとって、メリットが大きいネット証券といえるでしょう。

つみたてNISA対象商品数と積み立て頻度は、ほかのネット証券に劣ります。
しかし買付手数料無料で100円から積み立てられるため、低コストでつみたてNISAをはじめることが可能です。

\auを利用している人におすすめ/
auカブコム証券
公式サイトを見る

auカブコム証券の評判やiDeCo・NISAの有無を紹介!Pontaで投資をはじめよう!auカブコム証券は初心者にも使いやすいアプリやキャンペーンがあり、ユーザーからの口コミや評価も上々です。この記事では、auカブコムの特徴や評判、手数料について紹介。iDecoやNISAなどの各種サービスについても解説していきます。...

松井証券

松井証券のおすすめポイント
  • その人に合ったポートフォリオを提案
  • 老舗証券会社で信頼度抜群
  • 投資信託残高に応じて松井証券ポイント付与
買付手数料 0円
つみたてNISA
対象商品数
170
最低積立額 100円
積み立て頻度 毎月

松井証券ポイントは、商品購入に使えるだけでなくAmazonギフト券やカタログ商品に交換できます。

松井証券では、電話・メール・AIチャットで問い合わせができます。
わからないことや不安なことをすぐに相談できるため、つみたてNISA初心者でも安心です。

ただし、松井証券の積み立て頻度は毎月に限られます。

\松井証券ポイントが貯まる/
松井証券公式サイトを見る

アプリが口コミで評判の松井証券の手数料は?キャンペーンも紹介!100年を超える老舗証券会社である松井証券は、信頼性が非常に高く評価されています。一日信用取引などのサービスも口コミで好評です。この記事では、手数料やキャンペーン、iDeCoやNISAを含む松井証券の特徴について解説をしていきます。...

マネックス証券

マネックス証券のおすすめポイント
  • 指定口座からの自動引き落としに対応
  • 保有資産の一元管理が可能
  • 投資信託の残高に応じてマネックスポイント付与
買付手数料 0円
つみたてNISA
対象商品数
151
最低積立額 100円
積み立て頻度 毎日・毎月

マネックス証券では、資産構成を確認したり目標達成に向けたアドバイスも受けたりできる資産設計アドバイスツールを無料で利用できます。

つみたてNISA対象商品数は、ほかのネット証券に比べて20件ほど少ないといえます。
しかしツールやサービスが充実しているため、つみたてNISA初心者でも使いやすいネット証券です。

\資産設計アドバイスツールが便利/
マネックス証券
公式サイトを見る

マネックス証券の特徴やメリットは?手数料や口コミ評判も解説マネックス証券は米国株に強く、IPOの抽選が平等で情報配信が充実しており、アプリやツールが便利といった点から人気のあるネット証券会社です。マネックス証券の特徴・メリットや手数料、口コミ・評判、キャンペーン情報、Q&Aを紹介していきます。...

つみたてNISAのQ&A

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは少額から積み立てできる投資の非課税制度のことです。

つみたてNISAとNISAの違いは?
つみたてNISAの始め方は?

つみたてNISAを始めるには、金融機関や証券会社での口座開設が必要です。
なかでもネット証券は、webで口座開設ができるのでおすすめです。

ネット証券の口座開設のやり方は?方法と必要なものを徹底解説FXや株式投資など投資を行う時には、証券会社で口座開設をする必要があります。 証券会社には、「ネット証券」と「対面証券」の2種類あ...

つみたてNISAはSBI証券がおすすめ

つみたてNISAはNISAやiDeCoとは異なり、少額からコツコツ投資ができます。
非課税投資枠は最大20年で、長期間の資産運用を希望する人に適しています。

つみたてNISA初心者が投資信託をはじめるなら、リターン・コスト・リスクの3つに注目して商品を選ぶことが大切です。
自分の運用方針に合った商品と信頼できる証券会社を選んで、つみたてNISAをはじめましょう。

またつみたてNISAには、買付手数料無料少額から投資できるSBI証券がおすすめです。
今ならNISA・つみたてNISAの金融機関の乗り換えで2,000円が当たるキャンペーンも開催中!
この機会にぜひ口座開設してみましょう。

\初心者におすすめ/
SBI証券公式サイトを見る

RELATED POST