プロミス

プロミスの営業時間をサービス窓口別に解説|ATM・店舗・プロミスコールの営業日は?

プロミスは実店舗を持っている業者でもあり、インターネットや自動契約機など様々な方法を使って申し込みや契約ができます。

それぞれのサービスの営業時間は微妙に異なっていますので、利用の際には注意しましょう。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

プロミス各サービスの営業時間

7つの受付窓口の営業時間

プロミスを利用するにあたって、アクセスできる窓口はインターネットや電話、自動契約機など7種類あります。

それぞれの営業時間を確認しておきましょう。

プロミス各サービスの営業時間
アクセス窓口の種類 営業時間
インターネット会員サービス・アプリ 24時間365日
プロミスコール
(0120-24-0365)
・オペレーター:9時~18時
・自動音声:24時間365日
レディースコール(女性専用ダイアル) 9時~21時
店頭窓口 平日10時~18時
プロミスATM 午前7時~午前0時(土日祝日も営業)
自動契約機 9時~21時(契約機により営業時間、休日が異なります)
提携ATM 提携先によって異なる

常時接続することのできるインターネットサービスですが、毎週月曜日の午前0時から午前7時まではサービスを停止しています。

また、自動契約機は場所によっては営業時間が異なるところがあるので、事前に調べておきましょう。

提携ATMの営業時間

現在は多くの金融機関がお互いに提携関係を築いており、様々な会社・銀行・コンビニのATMで各社のカードが使えます。

ただし、提携先によって営業時間は異なっており、同じATMシステムでも場所によっては閉店する時間が異なることがあります。

プロミスの提携ATMも、提携先によって営業時間はまちまちです。銀行内ATMやコンビニ、街頭に設置のATMなど場所によって変わります。

たとえば銀行内設置のATMの事例として三井住友銀行のATMの取り扱い時間を挙げると、以下のようになっています。

三井住友銀行ATMの営業時間

引出・振込:午前7時~午前0時

休止時間:毎週月曜日午前0時~午前7時

コンビニATMの代表的な存在はセブン銀行のATMでしょう。

セブン銀行ATMの営業時間

借入・返済:午前0時10分~午後11時50分(土日祝日も営業)

休止時間:毎週月曜日午前0時~午前7時

ローソン銀行ATMの営業時間

ローソン銀行ATMの利用時間は、曜日ごとに異なる特徴があります。

借入
月曜日 7:00~23:50
火~金曜日 0:10~23:50
土曜日 0:10~23:50
日曜日 0:10~23:50
祝日 曜日通りの営業時間
返済
月曜日 7:00~23:50
火~金曜日 0:10~23:50
土曜日 0:10~23:50
日曜日 0:10~23:50
祝日 曜日通りの営業時間

主要な提携ATMの営業時間の一覧表

ATMを利用して取引する際は、営業時間が異なる点に注意が必要です。
自社(プロミス)ATMと提携ATMに分けて、営業時間を一覧表でまとめました。

自社ATM 機能 営業時間
プロミスATM 借入
返済
7:002400
提携ATM
24時間取引可能
機能 営業時間
三井住友銀行ATM 借入
返済
0:002400
三菱UFJ銀行 借入
返済
0:002400
セブン銀行ATM 借入
返済
0:002400
ローソン銀行ATM 借入
返済
0:002400
E.net 借入
返済
0:002400
ゆうちょ銀行ATM 借入
返済
0:052355
イオン銀行 借入
返済
0:002400
提携ATM
時間制限アリ
機能 営業時間
西日本シティ銀行 借入
返済
8:002100
横浜銀行 借入
返済
8:002100
東京スター銀行 借入
返済
8:002100
福岡銀行 借入
返済
8:002100
熊本銀行 借借入
返済
8:002100

※土日の返済は1900まで

十八親和銀行 借入のみ 8:002100
広島銀行 借入のみ 平日:8002100

土日:8001900

八十二銀行 借入のみ 8:002100

コンビニATMなら24時間いつでも取引できる

一覧表を見てお分かりのとおり、コンビニATMであれば(メンテナンス時間を除き)24時間いつでも取引が可能です。

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • E.net(ファミリーマート)
  • イオン銀行(ミニストップ)

深夜で借りるほうが好都合な方は、コンビニでの利用が主流になるでしょう。
そのほか、以下の銀行なども選択肢になります。

  • 三井住友銀行ATM:0:00~24:00
  • 三菱UFJ銀行ATM:0:00~24:00
  • ゆうちょ銀行ATM:0:05~23:55

プロミスの営業時間を用途別に紹介

新規申込

プロミス会員に新規契約するには、まずは申し込みをする必要があります。

審査はプロミスの営業時間内に実施され、インターネットでは24時間申し込むことができます。

新規契約の申し込みができる窓口の受付時間
アクセス窓口の種類 受付時間
インターネット会員サービス・アプリ 24時間365日
プロミスコール(0120-24-0365) 9時~21時
レディースコール(女性専用ダイアル) 9時~21時
店頭窓口 平日10時~18時
自動契約機 9時~21時(契約機により営業時間、休日が異なります)

インターネットで深夜の時間帯に申し込んでも、すぐ審査が開始されることはありません。

この場合には、午前9時から申し込み順に審査されます。
また、自動契約機は21時まで営業していますが、プロミスの審査実施時間を過ぎても審査が終わらないときには、結果の通知は翌日となります。

新規契約で注意したいのは、職場への在籍確認が行われるという点です。
職場が休みの日をまたぐと、在籍確認ができないため即日融資は難しくなります。

増額の申込

プロミスをすでに利用している人で、増額などの利用限度額の変更を希望する場合にも、インターネットなら24時間受け付けしています。

増額申し込みができる窓口の受付営業時間
アクセス窓口の種類 受付時間
インターネット会員サービス・アプリ 24時間365日
プロミスコール
(0120-24-0365)
9時~21時
レディースコール
(女性専用ダイアル)
9時~21時
自動契約機 9時~21時(契約機により営業時間、休日が異なります)

注意したいのは、新規申し込みでは21時まで受け付けしているプロミスコールが、増額審査の申し込みでは午後6時までとなる点です。

これはプロミスの審査体制が影響していると推測されます。午後6時を過ぎて申し込みをすると、結果通知は翌日となってしまうので注意しましょう。

金利の交渉

プロミスを利用しているうちに、金利の引き下げ交渉をしたいと考えることもあるでしょう。

実際にはあまり成功率は高くないと言われていますが、利用者に交渉材料があるならチャレンジする価値はあるでしょう。

アクセス窓口の種類 受付時間
プロミスコール
(0120-24-0365)
9時~21時
レディースコール
(女性専用ダイアル)
9時~21時
自動契約機 9時~21時(契約機により営業時間、休日が異なります)

金利の交渉は、担当者との個別対応となるので、インターネットから申し込みすることはできません。

プロミスにとって「良好な利用が期待できる優良顧客」となるには、一定の期間の継続的な利用や、毎月の返済で延滞がないといったプラスの要因が必要です。

借入

プロミスは多くの借入方法を提供しています。

全国にプロミスの自社ATMが設置されていますし、多くの提携ATMから借入することができます。

また、インターネット会員の「瞬フリ」という振込キャッシングサービスはプロミスの独自の借入方法です。

窓口の種類 営業時間
プロミスATM 24時間365日
提携ATM 設置場所により異なる
・休止時間:毎週月曜午前0時~午前7時
瞬フリ 24時間対応
三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行
・休止時間:毎週月曜午前0時~午前7時
スマホATM ・利用可能ATM:セブン銀行
24時間365日
プロミスコール ・オペレーター:平日午前9時~午後6時
・自動音声:24時間365日
・休止時間:毎週月曜午前0時~午前7時
店頭窓口 平日午前10時~午後6時
手数料
プロミスATM・瞬フリ 無料
提携先ATM・スマホATM 取引金額1万円以下:108円
取引金額1万円超:216円

瞬フリは、インターネット会員であれば誰でも利用可能で、対応している銀行5行には手数料が無料で、振込依頼すると数秒程度で口座に反映されます。

返済

プロミスの返済では、事前に口座振替を登録して約定返済するほかに、随時返済・繰り上げ返済が可能な窓口が用意されています。

ファミリーマートに設置されているマルチメディア端末でも返済可能です。

受付窓口 受付時間
プロミスATM 午前7時~午前0時
提携先ATM 設置場所により異なる
・休止時間:毎週月曜午前0時~午前7時
Famiポート(ファミリーマート) 24時間365日
・休止時間:毎週日曜午後11時~翌月曜7時
インターネット返済 24時間対応
三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・楽天銀行・みずほ銀行
・休止時間:毎週月曜午前0時~午前7時
スマホATM(セブン銀行) 24時間365日
・休止時間:毎週日曜午後11時~翌月曜7時
プロミスコール ・オペレーター:平日午前9時~午後6時
・自動音声:24時間365日
店頭窓口 平日午前10時~午後6時
手数料
プロミスATM・Famiポート
インターネット返済
無料
提携先ATM・スマホATM 取引金額1万円以下:108円
取引金額1万円超:216円

提携ATMごとに異なるメンテナンス時間に注意

プロミスで提携ATMを利用する場合、24時間いつでも利用できることも少なくありません。
ただ、メンテナンス時間に関しては話が別です。

たとえば毎週月曜0:00~7:00まではプロミス側のシステムメンテナンスがあるため、すべての提携ATMを利用することができません。

そのほか、ATMの営業時間そのものが設置場所などによって異なる場合があります。
利用前には必ず、お近くのATMの利用可能時間帯は調べておきましょう。

返済が遅れる場合の連絡先

返済している最中に、返済期日までに最低返済額を用意できないことも発生するかもしれません。
そういった場合には早めに相談しましょう。

プロミスは、返済期日から14日以内なら、返済日の変更を申し出ることもできます。

たとえば、月末に締日が来て25日が報酬の支払日という個人事業主なら、翌月の収入減はすでに分かるはずです。
そのとき、手をこまねいているのではなく、事前に連絡しておきましょう。

返済期日に遅れるときの連絡先と対応時間
受付窓口 営業時間
プロミスコール ・オペレーター:平日9時~18時
・自動音声:24時間365日
レディースコール
(女性専用ダイアル)
9時~21時

登録情報の変更

住所や勤務先の変更、振替口座の変更などの各種変更はインターネットから可能です。

特に、転勤・転職などで住所が変わった際には速やかに変更届を出しておきましょう。
引っ越しでは、住民票の移動や水道光熱費関連の変更など、数多くの届け出が必要なため、ついクレジットカードやカードローンにまで気が回らなくなります。

プロミスから連絡したい事項があったとき、旧住所のままだと「連絡がつかなくなった」と受け取られてしまいます。

各種変更の窓口
受付窓口 受付時間
インターネット会員サービス 24時間365日
プロミスコール オペレーター対応:9時~18時
レディースコール 9時~21時
自動契約機 9時~21時(契約機により営業時間、休日が異なります)

カードの紛失

プロミスカードをどこかに落としてしまったり、置き場所を忘れて探しても見つからなかったりした場合には、すぐにプロミスに連絡を入れましょう。

盗難にあってしまうと、悪用されるリスクがあります。
ローンカードは、いったん審査に通って借入可能になったら本人確認なしでお金を借りることができます。

本人以外の悪用を証明するのは非常に困難ですので、「失くした」と分かったら、すぐにプロミスコールに連絡しましょう。

カードは、プロミスコールを切った途端に使用不可能になります。後から見つかったとしても、使うことはできません。

カードの紛失盗難連絡の窓口
受付窓口 受付時間
プロミスコール 24時間365日
レディースコール 9時~21時

また、プロミスに連絡した後は最寄りの警察に紛失届けも出しておきましょう。

紛失届を出すと、警察から受理番号が渡されます。この番号もプロミスに知らせておくといいでしょう。

解約

どの消費者金融でもそうですが、解約は自動契約機ではできません。
通常は電話連絡です。

自動契約機が使えないというわけではありません。契約機に設置されたインターフォンを使って連絡しても解約は可能です。とはいえ、プロミスコールは無料ダイヤルなので、わざわざ自動契約機にまで行く意味はないでしょう。

解約の受付窓口
アクセス窓口の種類 受付時間
プロミスコール
(0120-24-0365)
9時~18時
レディースコール
(女性専用ダイアル)
9時~21時
店頭窓口 平日10時~18時

店頭窓口に行くと、その場で残高を清算して解約まで行うことができます。

キャッシングの利用では、ほぼ必ず端数の1000円未満残高が残ります。これを清算するのは面倒ですし、解約証明書を発行してもらうことを考えても、店頭で解約するのが最も手間がかかりません。

年末年始

プロミスの年末年始の営業時間は、それぞれの窓口によって異なります。
また、年によっても違う対応になるので充分に注意しましょう。

特に、返済日が月の末日になっているケースでは確認しておく必要があります。
2018年末~2019年始の窓口ごとの営業時間を参考にしてみましょう。

インターネット会員サービス
新規申込 無休
その他の会員サービス ・1月1日:全休
・1月2日:午前7時以降対応
プロミスコール
新規申込 ・12月29日、30日:9時~21時
・12月31日:9時~18時
・1月1日:全休
・1月2日、3日:9時~21時
カード紛失・盗難 無休
オペレーター対応 ・12月29日、30日:全休
・12月31日:9時~18時
・1月1日:全休
自動音声 ・12月29日、30日、31日:無休
・1月1日:全休
・1月2日:午前7時以降対応
・1月3日:無休
自動契約機
12月29日、30日 9時~21時
12月31日 9時~18時
1月1日 全休
1月2日 午前7時以降対応
1月2日、3日 9時~21時
店頭窓口
12月29日~1月3日 全休
プロミスATM
12月29日、30日、31日 午前7時~午前0時
1月1日 全休
1月2日、3日 午前7時~午前0時
提携ATM
12月29日、30日、31日 通常通り
1月1日 全休
1月2日、3日 通常通り

プロミス即日融資のためのタイムリミット

契約までは午後9時までに終わらせる

消費者金融業者の強みは、審査が早い点にあります。
緊急のお金の用立てでは、もっとも信頼できる金融機関と言っていいでしょう。

プロミスも審査はスピーディで、申し込んだ当日中に融資を受けることが可能です。

近年では時間や曜日を問わない振込融資に対応しているほか、インターネット申込の対応窓口を21時までに延長するなど、多くの改革を行って即日融資に関しては業界でもトップクラスとなっています。

しかし、プロミスにも限界の時間はあります。

プロミスの会社としての営業時間は「21時」までで、これ以降は審査もストップします。

プロミスへ申し込んだ後には、プロミス側の審査や書類の確認が必要になります。
この時間も考慮する必要があります。
どれだけ急ぎの用立てとはいっても、21時を過ぎて審査が終わっていない場合には翌日に持ち越しとなります。

審査する時間や書類提出の手間を考えると、平日では20時に申し込む作業を開始している必要があります。

予想外の追加書類が必要になることもありますし、申込者が集中してしまって普段よりも審査に時間がかかる可能性もあります。

プロミスでは「午後8時までの申し込みなら即日融資を受けられる可能性がある」こと、またこれよりも早い時間帯であるほど、確実性も上がると考えましょう。

実店舗での申込

大手消費者金融業者の多くが、リアルに開店している店舗を縮小しているなか、プロミスは「お客様サービスプラザ」という名称の店舗を多く構えている業者です。

リアル店舗のメリットは、消費者金融の利用が初めての人でも担当者と相談しながら申し込みができる点にあります。

分からないことはすぐに質問できますし、返済についての細かい相談にも対応してくれます。

  • お客様サービスプラザの営業時間:10時~18時

この時間内にプロミスに入店していれば、即日融資も可能です。

店頭窓口では、プロミスの担当者から商品の説明を受けてから申し込むことができます。

申込書に個人情報を記入し、必要書類の提出と手続きは進みますが、直接手渡しですので、記入ミスや書類不備があったときにはすぐに訂正・確認ができます。

審査が完了すると口頭で審査結果が伝えられ、通過できれば契約書に記入した後、ローンカードを発行してもらって完了です。

土日祝日

土日祝日は、どの消費者金融業者でも審査は混み合います。

特に土曜日には申し込みが集中する傾向があります。連休前の金曜日の夜なども審査が混み合うため、即日融資のためのタイムリミットは平日よりも早まると考えていいでしょう。

プロミスでは「審査は最短30分」とされています。
これは、たとえば平日の午前中などの申込者が少ない時間帯に限ったことで、それ以外では少なくとも1時間程度は要します。

これが土日祝日の審査が混み合う日となると、もっと時間がかかると考えていいでしょう。ネットユーザーへのアンケート結果でも、土日祝日の審査では時間がかかることが報告されています。

そのため、土日祝日の申し込みのタイムリミットは遅くとも午後8時くらいを考えておきましょう。

連休前など、混雑が予想されるときには、午後7時くらいを限界を考えておいたほうが良いでしょう。

土日に申込・利用する場合の注意点

プロミスでは土日に申込しても即日融資が可能です。
ただし、営業時間と一緒に気を付けておきたいポイントがいくつか存在します。

在籍確認を終わらせないと借入できない

プロミスのカードローンでは、申込方法や借入方法に関係なく在籍確認が必須です。

土日であっても原則は職場への電話がけによる在籍確認が必要ですから、電話には確実に出る(あるいは受け付けの方に不在を伝えてもらう)必要があります。

土日に会社がやっていない場合は、事前にプロミスのフリーダイヤルに相談しておきましょう。

混み合うことを見越してタイムリミットを考える

会社員の多くは土日・祝日が休みですから、平日の利用よりも土日のほうが混み合う可能性があります。

有人店舗や無人契約機のように数に限りがある場合は、待ち時間まで計算に入れて早めに手続きを開始することをおすすめします。

また、可能であればWEB完結を利用するほうが良いでしょう。
WEBであれば混み具合と関係なく手続きできます。

瞬フリでも一部で夜の借入ができない場合がある

瞬フリでは、約200の金融機関で原則として24時間いつでも最短10秒で振込が可能です。
ただし、一部の銀行では土日の時間次第で即日融資ができない場合があります。

三菱UFJ信託銀行
曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~7:00 当日8:459:30
7:00~24:00 10秒後
土・日・祝 0:00~7:00 当日8:459:30
7:00~21:00 10秒後
21:00~24:00 翌日8:459:30

三菱UFJ信託銀行の場合、土日祝日の21:00以降に手続きすると翌日の振込しかできません。
このようなケースはほかにもあるので、ご自身の銀行口座の瞬フリ受付時間帯について事前に確認しておくことをおすすめします。

参考:プロミス|金融機関別振込実施時間検索

プロミスの営業時間・タイムリミットに関するQ&A

最後に、プロミスの営業時間に関する疑問をQ&A形式でまとめました。
営業時間に関して疑問がある方は、ぜひ読み進めてみて下さい。

必要な日に申し込めば即日で融資されますか?

その日に融資されると保証されているわけではありません。
たとえば審査受付時間は21:00までですから、それ以降に申込しても即日の融資は受けられません。
また審査にかかる時間も人によって変わります。
最短1時間での融資も可能ですが、人によっては1時間以上かかる場合もあります。
審査受付時間・利用する借入方法の営業時間を確認のうえ、できるだけ早い申込をおすすめします。

プロミスATMなら営業時間はいつも一緒ですよね?

プロミスATMの利用時間は、原則として「7:00~24:00」です。
ただし、今後の新型コロナウイルスなどの状況次第では変更になる可能性もゼロではありません。

まとめ

プロミスは多くの申し込み・問い合わせ窓口を持っている業者です。

それぞれの営業時間は異なるため、良く確認しておきましょう。リアル店舗で申し込みや解約もできます。

RELATED POST