プロミス

プロミスは保証人なしで借り入れを申し込める?

プロミスのカードローンに保証人なしで申し込めるのでしょうか?
保証人は、少し前まではお金を借りるときに、立てる必要があるものでした。

今もそのイメージが残っていますが、どんどん保証人なしで申し込めるローンも増えています。
もちろん、プロミスは保証人なしでも借りられます。

親戚や知人などに保証人になってもらうように頼むのはなかなか難しいですが、保証人なしなら気軽に申し込めますよね。

プロミスのようなカードローンは、どうして保証人なしで申し込めるのか、また保証人が必要ないことで、メリットやデメリットはあるのかといった気になる点を解説します。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

プロミスのカードローンは保証人なしで申し込める!

プロミスでは取り扱ういずれのローンでも、保証人さらに担保なしで申し込めます。
年齢と本人収入がある2点の条件を満たしていると、プロミスの審査を受けられるので、保証人や担保を準備しなくてよいカードローンです。

返済能力だけではなく、保証人を立てることや担保を準備することを重視するローンもあるのですが、プロミスのカードローンに関しては必要ありません。

どうして保証人不要で申し込めるの?

保証人が必要なローンがあるのに、どうしてプロミスのカードローンでは保証人なしで申し込めるのでしょうか。
実は保証人なしだからといって、保証なしでお金を借りられるというわけではないのです。

プロミス自身が保証会社となる

プロミスのカードローンでは、保証人ではなく保証会社が申し込み者の保証をすることで、お金を借りられる状態になります。
保証会社とは、連帯保証人の代行を行うことを業務としている会社です。

通常のローンなら、金融機関とは別に保証会社も審査を行い、申し込み者の保証をします。

プロミスの場合は、自社が保証会社となることが可能です。

保証業務を行うための審査ノウハウがあり、自社以外にも銀行カードローンの保証会社をしています。

プロミスのカードローンに申し込む際には、保証人を申し込み者が自分で立てる必要はないものの、保証を受けられるか判断される審査があるというわけですね。

プロミスで重視されるのは本人収入に基づいた返済能力

プロミスの審査では、ローンでの限度額を含め借入の可否を決定するのは本人収入に基づいた返済能力が第一に重視されます。
「返済能力が少し足りないけれど、保証人と担保があるから借りられるかも?」という期待はプロミスのローンではできません。

審査は収入や勤続年数、住居の状態(持ち家か賃貸か)といった属性をトータルで判断するもので、申し込む方の返済能力、信用度に重点が置かれているのです。

また、限度額は必ず貸金業法の総量規制によって、申し込み者本人の年収額の3分の1以下の額となります。
「保証人を立てるので、少し多めに貸してください」といったことはできません。

他社の消費者金融では保証人は必要?

プロミス以外の消費者金融では、保証人は必要なのでしょうか。
申し込みでの条件と合わせて確認してみましょう。

アコム

アコムのよくあるご質問では「Q.担保や保証人は必要ですか?A.いずれも必要ございません。」と書かれています。
アコムでもプロミスと同様に、保証人なしで申し込めます。

アイフル

アイフルのよくあるご質問で「Q.担保・保証人は必要ですか?A.キャッシングローンの場合、ご利用に担保・保証人は不要です。」とあります。
低金利のファーストプレミアムカードローンや、おまとめローンも同様に担保や保証人は必要ありません。

ただし事業資金を借りる場合には「無担保ローン」「不動産担保ローン」のいずれも法人プランの場合のみ代表者の連帯保証が原則として必要です。
個人プランの場合は、連帯保証人は原則不要で申し込めます。

SMBCモビット

SMBCモビットのお申込みいただける方の注意書きでは「※保証人・担保・印鑑は不要です。ただし、口座振替依頼の手続きには印鑑が必要です。」となっています。
SMBCモビットは保証人なしで申し込めます。

レイクALSA

レイクALSAは、担保や保証人なしで申し込めます。
レイクALSAの審査は、担保や保証人なしで申し込めて、申し込み者本人の返済能力で判断されます。
そのため、担保や保証人が必要なローンよりも審査時間がかからない点も大きなメリットとしてあげられています。

プロミスのカードローンでは担保も不要

プロミスのカードローンでは、保証人だけでなく担保もなしで借りられます。
担保は住宅ローンで必要になることが多いですが、「債務の履行を確保するために、債務者から債権者に提供する事物」のことをいいます。

担保は、万が一債務者(借りた人)が返済できなくなった場合に、債権者(貸した側)への別の返済手段となるものです。

担保があることで確実な返済が望める、また金利を抑えられるというメリットがあります。

担保が必要ないローンは、審査時間が短く済むものが多いですが、金利は高めな傾向です。
カードローンに申し込むなら、メリットとデメリットを把握して利用計画を立てておきましょう。

プロミス保証人に関するQ&A

プロミスの審査での保証人に関して気になる点があるなら、申し込み前にチェックしておきましょう。

Q:保証人ありでも無職はプロミスに申し込めない?

A:プロミスはどのような申し込み者でも保証人を必要としません。
申し込む方の年収、年齢、勤続年数などの属性を元に審査を進めます。
プロミスで必要なのは、保証人ではなく本人収入なので、無職の方は保証人を立てることができても申し込めません。

Q:学生で保証人ありですがプロミスに申し込める?

A:学生の方は、満20歳以上、アルバイトなどで本人収入があればプロミスに申し込めます。
未成年の方、本人収入がない方の場合は保証人があってもプロミスを利用できません。

Q:保証人ありだと条件に関わらずプロミスのローン審査を受けられる?

A:たとえば、プロミスに申し込みできる上限年齢は69歳ですが、70歳の方が保証人を立てても申し込めません。
同様に、安定収入がない場合に保証人がいれば借りられるわけでもないのです。

保証人や担保は、返済での信用度が低い場合に補強する役割を果たす側面があると考えるとわかりやすいでしょう。
プロミスはどんなケースでも保証人なしで審査を進めるので、条件を満たさないとカードローンは利用できないのです。

Q:専業主婦ですが保証人を立てればプロミスに申し込める?

A:パートやアルバイトで収入がない専業主婦の方は、プロミスのカードローンを利用できません。
プロミスの申し込み条件である本人収入がないと、保証人ある場合も借りられないのです。
いずれの消費者金融も収入がない専業主婦の方は申し込めません。

Q:プロミスは最高限度額が500万円だけど保証人を立てれば借りられる?

A:大型融資では保証人が必要なものが多いですが、プロミスでは総量規制額に基づいた限度額設定となります。
総量規制とは、年収の3分の1まで借りられる法律です。
500万円借りたい場合には、最低でも1,500万円の年収が必要なわけですね。

プロミスでは年収に基づいた限度額設定しかできないので、保証人がいることで限度額アップなどは不可能なのです。

プロミスで保証人なしで申し込めるのは大きなメリット

保証人があることで、大きな額のローンを利用できたり、少し条件面で不安がある場合にも柔軟な対応で審査を通過できたりするケースもあります。
しかし、保証人も審査を受けることになりますから、その分の審査時間も必要になるでしょう。

借入までの時間をできるだけ短くしたい場合には、プロミスのように保証人や担保なしで申し込めるのは何より大きなメリットとなります。

やはりお金を借りる際に保証人を誰かに頼むのはなかなか簡単ではありません。
それまでの関係がうまくいかなくなる可能性もありますし、もしも返済できないと保証人になってくれた相手に大変な影響を与えてしまいます。

時間の面や、対人関係などでの問題を気にせず申し込めるというのも、やはりプロミスのカードローンのような保証人なしのローンの魅力といってよいでしょう。

RELATED POST