カードローン

楽天銀行カードローンの在籍確認はいつ行われる?タイミングついて解説

楽天銀行の「スーパーローン」というブランド名のカードローンに申し込むと、審査の一環として勤務先への電話連絡による在籍確認が必ず実施されます。

在籍確認とは申込内容に虚偽や誤りがないか、安定継続した収入があって返済能力を有しているかをチェックするための重要なプロセスです。

雇用形態や業種に関係なく、楽天銀行カードローンの審査では職場への電話による在籍確認が必須です。

FP監修者
森本 陽子
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

楽天銀行カードローンの在籍確認の基本仕様

保証会社が電話連絡する

楽天銀行カードローンの在籍確認は、以下のような仕様になっています。

・非通知設定で申込者の職場に電話連絡が来る

・職場が非通知拒否の設定をしていると、番号通知で掛かってくる。

・担当者の個人名を名乗る。基本的に銀行名は出さない。

在籍確認は楽天銀行ではなく「保証会社」が行います。
楽天銀行だけでなく、多くの銀行のカードローンでは審査を実際に行うのは保証会社であるケースです。

保証会社は利用者が返済不能に陥った場合に、代わりに銀行に債務を弁済して、利用者と債務の整理について話し合いをするための会社で、事実上の審査は保証会社が行うことになっています。

楽天銀行カードローンの保証会社は「株式会社セディナ」と「楽天カード株式会社」です。

一方の審査で否決されても、もう一方のほうで審査を行うという2段構えになっています。
在籍確認はこの2社のどちらか一方から電話連絡が来ることになります。

楽天銀行を名乗る?

在籍確認の電話を掛けるのは、株式会社セディナか楽天カード株式会社のどちらか一方ですが、担当者の個人名を名乗ることになっています。

申込者によっては、個人名で電話を掛けられるのは余計に怪しまれるので困るということもあるでしょう。
そのため、楽天銀行カードローンでは、在籍確認の電話で「銀行名を名乗ってもらう」ことも可能です。

なので、個人名ではなく銀行名を名乗って連絡してほしいという場合には、その希望を事前に伝えておきましょう。

それには楽天銀行カードローンの専用窓口に電話して相談する必要があります。
担当者の判断によっても若干対応は異なりますが、個人名ではなく銀行名の名乗ってもらえる可能性があります。

ただし、この相談はカードローンの申込後すぐに行いましょう。

在籍確認の連絡は審査の状況によってタイミングが前後する可能性があります。

早めに担当者に相談しておかないと「知らないうちに在籍確認が行われてしまった」という状況にもなりかねません。

在籍確認の電話の内容

1.申込者本人が電話を取った場合

申込者本人が在籍確認の電話に出ると以下のようなやり取りになります。

担当者「私、○○(個人名)と申します。○○(申込者の氏名)さんはいらっしゃいますか?」

申込者「私が○○です」

担当者「○○(フルネーム)でお間違いないでしょうか」

申込者「はい」

担当者「失礼いたしました。楽天銀行です。楽天銀行スーパーローンの在籍確認でお電話を差し上げました。これにて在籍確認は完了です」

申込者が電話を取ることができれば、フルネームで簡単な本人確認が行われて在籍確認は完了します。

2.職場の同僚が電話を取った場合

職場の同僚が電話に出た場合には、以下のようなやり取りになります。

担当者「私、○○(個人名)と申します。○○(申込者の氏名)さんはいらっしゃいますか?」

同僚「ただいま席を外しております」(「今日は非番でお休みをいただいております」などでも問題ありません)

担当者「左様でございますか。それでは、またこちらからお電話差し上げます」

申込者本人が不在で電話に出られなかった場合でも、勤務先に在籍していることが確認できたので在籍確認は完了します。

雇用形態によっては注意が必要

1.パート・アルバイト

学生やフリーターのアルバイトや主婦パートでも、楽天銀行カードローンを利用できます。

その際に注意したいのは、勤務先の申告です。
良くあるミスですが、自分が働いている店舗や事務所、現場ではなく「本社の連絡先」を申告してしまうことがあります。

大きな会社になると、現場で働いているアルバイトやパートの人の名前をいちいち確認はしていません。

そのため、実際に働いているという実態がつかみにくくなってしまいます。

楽天銀行カードローンは申告された勤務先と電話番号の情報をもとにして在籍確認を行います。
勤務先は「自分が働いている場所」を申告するようにしましょう。

2.派遣社員

派遣社員の場合には、たとえば日替わりや週替りで勤務先が変わることがあります。

実際に働いているのは会社や事務所ですが、ここを勤務先として申告すると在籍の確認が困難になります。

そのため、派遣元である「派遣会社の電話番号」を申告しましょう。

特に、派遣社員は派遣先では「派遣社員の名前が把握されているとは限らない」「複数の派遣先で働いている」「短期間しか勤務していない」などのケースがあります。

派遣社員は派遣元の会社を連絡先として指定して、そこで在籍確認を取ってもらいましょう。

3.自営業・個人事業主

自営業者や個人事業主は、自宅や営業所、事務所に固定電話がないと在籍確認が完了できません。
楽天銀行カードローンは携帯電話での在籍確認には対応していないからです。

携帯電話による在籍確認を認めてしまうと働いている実態がつかめないため、返済能力の有無は確認できません。

本当に働いてる実態があって収入が確保されているのかどうかの判断がつかなくなってしまいます。

フリーランスで自宅や事務所に固定電話がないという人は、そもそも楽天銀行カードローンの利用は困難と考えましょう。

楽天銀行カードローンで在籍確認なしにできる?

原則的に回避できない

カードローンの審査で勤務先へ在籍確認の電話をするかどうかは、カードローン会社や銀行によって取り扱いが異なります。

ただし、楽天銀行カードローンでは原則として勤務先への在籍確認の電話は行われることになっています。

楽天銀行の公式サイトには以下のような記述があります。

Q:カードローン申込のとき、自宅や勤務先に連絡が来ますか?

A:ご勤務先での在籍、また、ご契約内容をお電話にて確認をさせていただいております。

一般的なカードローンでは、「在籍確認のため勤務先にお電話させていただくことがあります」と説明されることが多いですが、楽天銀行カードローンでは在籍確認の電話があることを確定的に伝えています。

楽天銀行カードローンの審査では、高確率で在籍確認の電話が実施されるのは間違いないと言っていいでしょう。

そのため、どうしても在籍確認の電話を回避したいなら、楽天銀行以外のカードローンを検討する必要があります。

在籍確認は審査で重要ポイントとされている

在籍確認の電話連絡の必要性は「申込者本人が実際に勤務しているという実態の把握が、審査で重要なポイントのひとつ」として認識されていることから明らかです。

仮に在籍確認をしないとなると、虚偽の勤務先を申告して誰でもお金を借りることができてしまいます。

本当は無職の人が「大企業勤務」と偽っても、在籍確認がなければそのまま審査に通ってしまいます。
そういった虚偽申告を防ぐためにも、楽天銀行では必ず電話連絡での在籍確認を実施しています。

楽天銀行の公式サイトには在籍確認について以下のような記述があります。

Q:審査の際、勤務先への在籍確認はありますか?

A:審査の一環としてお電話にてご勤務先への在籍確認を行わせていただいきます。

楽天銀行は非通知で電話を掛けますが、これは着信履歴から検索されて楽天銀行からの電話であることが発覚しないための配慮です。

しかし、一部の会社では非通知の電話を受け付けない設定していることがあります。
非通知設定で楽天銀行からの電話がつながらないときには、番号通知で掛け直しとなります。

電話連絡が最も信頼性が高い

楽天銀行が電話による在籍確認にこだわるのは、その方法が最も信頼性が高いからです。

申告した連絡先に電話して、その職場に申込者がいることが確認できれば、働いてる実態があり、それによる給与収入があることが確認できます。

他のどの方法よりも、電話連絡が確実です。

消費者金融のなかには、書類によって在籍確認を取る方法も可能とされていますが、どうしても書類の偽造というリスクが発生します。

運転免許証ですら精巧な偽造が行われ、見破るのは瞬時には困難であるほど、現在の技術は高い水準にあります。

実際に消費者金融や銀行では、偽造免許証の注意喚起の通達が何度も出されています。

これに対して、電話による在籍確認はほとんど偽造の余地がありません。

信頼性としては非常に高いため、審査でも有利です。
よほどの理由がない限り、楽天銀行カードローンの審査では在籍確認の電話連絡を回避できません。

要望には応える?

1.時間帯の指定

楽天銀行カードローンの審査では電話連絡による在籍確認は必須ですが、ある程度の要望には応えてもらえます。

たとえば、在籍確認の具体的な日にちは指定できませんが、時間帯の指定は可能です。

たとえば「平日の午後1時から5時までの間」や、「月・水・金の午前中」といったおおまかな時間指定は可能です。在籍確認の電話を確実に自分で取りたいという人もいるでしょう。そういったケースには対応しています。

2.担当者の性別

電話する担当者を指名したりすることはできませんが、性別の指定にはケースバイケースですが対応してもらえます。

特に申込者が女性であるとき、男性が個人名で会社に電話を掛けてくるのは、あらぬ噂の原因となってしまいます。そういった場合には性別指定に対応してもらえます。

3.別会社を名乗ることはできない

楽天銀行ではなく、取引先の会社や付き合いのある会社の社名を名乗ってもらいたいという希望も良くありますが、これは不可能です。

在籍確認の電話連絡では嘘を付くことは法律で禁止されており、まったく聞き入れてもらえません。

4.特定の人につなぐことはできない

また、意図的に本人以外の第三者につなぐこともできません。
「営業部署の○○さんにつないでほしい」と希望しても却下されます。

在籍確認が原因で審査落ちするケースもある

電話してもつながらない

在籍確認が原因で楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまうこともあります。

在籍確認は担当者が職場に直接電話で連絡することで行われるため、それによる不都合があった場合には、在籍確認は失敗したとみなされます。

たとえば、担当者が申込者の勤務先に電話して誰も出なかった場合には、担当者は番号通知で再度電話することになっています。

それでも電話に応答する人がいなかった場合には、在籍確認に失敗したとみなします。

このとき、担当者のほうから「在籍確認の電話をしたが誰も出なかった」と連絡が入ります。

このときに電話番号の入力間違いなどが発覚することがあります。
良くあるミスですので、申込フォームの記入には気をつけましょう。

平日の日中であって、会社が営業しているはずの時間帯に正しい電話番号に掛けても誰も応答しないというのは常識的ではありません。

こういったケースで電話がつながらないと審査は先に進めません。

申込内容の誤りが発覚した

審査担当者で電話連絡による在籍確認を行ったときに、「実際には働いてる実態がなかった」「勤務先そのものが存在しない」といった虚偽申告が発覚した場合にも、楽天銀行カードローンの審査に落とされます。

楽天銀行としては、「なるべく申込者に貸そう」という意思はあります。
そのため、申込内容に誤りがあったときには調査して正しい内容を報告するよう申込者に求めます。

実際には働いていない場所を勤務先に申告したと発覚した場合、悪質な虚偽申告とみなされることがあります。

嘘をついて返済能力もないのにカードローンの申し込みをするというのは、返済する気もないのに、銀行からお金を借りようとしたと考えられることもあり、悪質な場合には詐欺罪に問われます。

無職の人が会社勤めを装ってカードローンの申し込みをすることも珍しくなく、そういった場合には楽天銀行も強い態度に出ます。しっかり働いている状態になってから申し込みしましょう。

休職中

良くある勘違いのひとつですが、職場に籍はあるものの、休職中だったり産休中であったりするときには、カードローンの申し込みはできません。
「今は休職しているが、復帰するつもりはある」と言い張っても聞き入れてもらえません。

休職期間が終わって復帰しない限り、楽天銀行に限らずカードローン一般の審査に通りません。

休職しているということは、給料の支払いもないことを意味します。
なかには、休職中でも手当が出ているケースもあるでしょう。

とはいっても、それは返済に回せるお金ではないと判断されます。

休職していることが在籍確認によって発覚して審査に落ちるというケースは数多く報告されています。

仕事を辞めたわけでもないので、多少の理不尽さはありますが、それでもカードローンは「返済ができるだけの給料を受け取っている人」を対象にしています。貸す側としても、給料が受け取れていない状態に人にお金は貸せません。

電話に出た人の受け答えが悪かった

レアケースですが、本人以外の上司や同僚が電話に出た際に受け答えが悪かったというケースでも審査落ちすることがあります。

たとえば、担当者が「○○さん(申込者)はいらっしゃいますか?」と聞いたときに、「そんなのはウチにいない」「そういうあんたは誰だ?」などと受け答えすると、反社会的勢力ではないかと疑われて審査落ちします。

職場によっては、荒っぽい性格の人が多いところもあるでしょう。
それでも、社会人らしい対応を取れない人がいて、そういう人を電話に出してしまうというのは、会社や組織として問題があるところと判断せざるを得ません。

また、担当者が申込者を呼び出してもらったときに、本当は在籍しているのに「そういう名前の人はいません」と答えられてしまうことも、頻繁ではありませんが発生しています。

職場によっては、在籍確認の連絡を取ること自体に問題があるところもあるでしょう。
そういった場合には、審査の際に楽天銀行に相談しましょう。ある程度ですが、考慮してもらえます。

楽天銀行カードローンの在籍確認はいつ行われる?まとめ

楽天銀行カードローンでは、電話連絡による在籍確認が必須です。それ以外の方法はよほどの理由がない限り、受け付けてもらえません。

電話連絡そのものは、非常に簡単なやり取りで済みます。何か問題があるという場合には、早い段階で楽天銀行に相談しましょう。

RELATED POST
no image カードローン

ベルーナノーティスの評判は?ベルーナノーティスの審査や在籍確認から増額まで徹底解説

2021年12月2日
マネープランニング
通信販売大手のベルーナグループは、カードローンを取り扱っています。カードローンでは、ベルーナノーティスという名称です。 お金を借りる必 …