SMBCモビット

SMBCモビットは在籍確認なしで借りられる?在籍確認後否決になることも!?

SMBCモビットは、WEB完結なら電話連絡の在籍確認なしでローンを利用できるようになるって本当なのでしょうか?

「職場に電話がかかってくるなら、カードローンの申込をためらってしまう」と考える方も少なくないでしょう。

在籍確認はカードローンに申し込んだ方が、本当に働いているかを勤務先に電話連絡を入れて確かめる作業です。

実際に勤務していることを確認し、確実に返済できるかどうかが明確になるため、審査では重要なステップとなります。

こちらの記事では、

  • SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なしで利用できるのか?
  • SMBCモビットは在籍確認なしで借りられる条件はあるのか?
  • 在籍確認後に否決となることがあるのか?

という在籍確認や審査で気になる点を中心に、SMBCモビットの在籍確認とその流れを解説していきます。

FP監修者
森本 陽子
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(個人資産相談業務)CFP認定者。自身の経験や知識を活かし、複雑なお金の仕組みや知識をわかりやすく解説しておりツイッターでの有益な呟きにも注目。

SMBCモビットは在籍確認なしで借りられる?

SMBCモビットで在籍確認なしで借りられると聞いたことがあるでしょうか。
実はSMBCモビットは、在籍確認を行わないのではありません。

電話連絡以外の方法で在籍確認を行い、審査を完了できる方法もあるというものです。

在籍確認での対応は消費者金融各社で異なる

最近は、書類による在籍確認を受け付けてくれる、あるいはもともと原則電話連絡なしといった消費者金融も増えています。

在籍確認はローン申込での最も高いハードルというわけではなくなってきているので、自分が申し込みやすく使いやすそうな消費者金融&カードローン選びが重要になるでしょう。

消費者金融としては在籍確認自体をなくすわけにはいきません。

そのためカードローンを利用したい方は在籍確認を書類で受け付けてくれるのか、それとも電話必須なのかといった点を確認してから申し込んだほうがよいでしょう。

在籍確認は審査でなくせないステップ

消費者金融は貸金業法という法律を遵守して貸し付けを行うわけですが、その法律で収入実態の調査が義務付けられているため、必ず在籍確認が行われるのです。

申し込みの段階では、在籍確認はとても気になる点ですが、審査上必要で重要なものといえるでしょう。

できる限り安心して審査を受けられるように、申込先が在籍確認でどのような対応をしているのか知っておくことは重要です。

電話連絡による在籍確認がないSMBCモビットWEB完結申込の詳細

SMBCモビットのWEB完結申込は、電話連絡なし・郵送物なしで利用できるようになるローンです。
カードの発行もなく、ネットで申込手続きから借入、返済まですべて済ませられます。

忙しい方がローンを申し込むためにわざわざ店舗に行く必要もありません。
また、ネットのみでの利用となるため、借入までスピーディな点も特徴でしょう。

ただし、WEB完結申込では申込できる条件が決まっています。
条件を満たしていない場合は、カード申込を選択するしかありません。

WEB完結申込の詳細を見ていきましょう。

WEB完結申込の条件

WEB完結申込ができる方の条件は

・SMBCモビットが指定する銀行(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行)

いずれかの口座がありその口座をSMBCモビットからの借入と返済に利用することに承諾すること

・以下の書類を提出できること

・本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
・現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書のいずれか)
・勤務先を確認できる書類(健康保険証・給与明細書)
・社会保険証または組合保険証

申込条件としては多くないものの、指定の銀行で口座を持っておらず、書類を準備できない場合はWEB完結の利用ができないので在籍確認も電話によるものとなります。

まずは自分が条件を満たしているかどうかを確認しましょう。

WEB完結申込の条件を満たしていない方は、SMBCモビットのもう一つの申込方法「カード申込」で申し込むことになります。

やり取りはメールで

在籍確認以外にも、申込者への電話連絡を行うことで本人確認を行うローンは多いです。

SMBCモビットでは、電話連絡、在籍確認をすべてメールで行うため、職場の同僚や家族、友人などと同席中に電話がかかってきてバレてしまうという可能性がグンと低くなります。

カードレスで便利&バレにくい

WEB完結ではカードが発行されません。
ネットで振込融資の依頼をし、返済は銀行口座からの引き落としです。カードを持たずに利用できるので大変便利ですね。

友達といるときに、ローンカードを取り出してキャッシングしていると、お金を借りているとすぐにわかってしまいます。

SMBCモビットでカードレスでの利用なら、自分の銀行口座に必要額が振り込まれますので、引き出しは銀行のカードです。

WEB完結申込のメリットは電話での在籍確認がないだけ?

WEB完結申込のメリットは、電話連絡なしという点だけではありません。

デメリットとあわせて確認しておきましょう。

  • 在籍確認や本人確認の電話連絡なし
  • 郵便物なし
  • 手続きをオンラインで完了できる
  • 周囲の人にローン利用がバレにくい
  • 申込条件がある
  • カード発行はない
  • 提出書類が多い
WEB完結申込ができる消費者金融は増えており、いずれも契約後でも必要に応じてカードを発行できます。
しかし、SMBCモビットではWEB完結を選べばカードは発行されません。
利用方法は振込融資、口座引き落とし返済となります。

WEB完結のメリットとデメリットを比較する際には、在籍確認での電話連絡があるかないかだけでなく、自分がどのようにローンを利用するかにポイントを置きましょう。

カードを使ってATMで借入や返済をしたいのに、WEB完結申込にしてしまうとできません。

現金が必要なのにローンカードがなければ、振込融資を依頼しその後銀行のキャッシュカードで自分の口座から引き出す流れになりますから手間が多くなります。

初めて消費者金融を利用する方なら、具体的な使い方をイメージするのは難しいかもしれませんが、どんなシーンでお金を借りたいと思っているかによって、申込方法を決定しましょう。

SMBCモビットは在籍確認後、否決になることはある?

WEB完結なら書面で、カード申込なら電話での在籍確認は、本人確認完了後に行われます。

在籍確認後に、審査否決になることはあるのでしょうか。

電話での在籍確認があるカード申込の場合

まず、SMBCモビットのカード申込の流れは、下記となっています。

  1. 申込
  2. 簡易審査(最短10秒で結果表示)
  3. 必要書類をネットで提出
  4. メールまたは電話で本審査結果の連絡
  5. 契約

在籍確認の電話がかかるタイミング

カード申込では電話による在籍確認が行われるので、簡易審査完了から書類提出後くらいのタイミングにかかってくると考えておきましょう。

本審査は最短30分くらいですから、在籍確認の電話がかかってくるタイミングの目安とするとよいですね。

簡易審査が済んでいるので、ほぼ借りられる方が在籍確認へと進むと考える方も多いのですが、在籍確認でなんらかの問題があれば、やはり審査に通らないこともあります。

在籍確認後否決となる理由として考えられるのは、「電話での在籍確認自体ができなかった」という可能性が考えられるでしょう。

営業時間などの都合により、在籍確認ができない場合があると審査に通りません。

またアルバイトで短期だけ働いている場合など、電話に応対した人が名前をきちんと把握していないと「働いていない」と答えてしまう可能性もあります。

在籍確認が行われれば借りられる確率が高いと考える方も多いのですが、在籍確認後の審査過程によって否決となってしまうケースもあります。

WEB完結の場合

WEB完結の申し込みの流れも、カード申込と大きく違いはありません。

  1. 申込
  2. 審査
  3. 契約

WEB完結では原則として電話での在籍確認はないので、いつかかってくるのかはさほど心配しなくてよいのです。

ただし、審査過程で、SMBCモビットが電話での確認が必要と判断することもあるので、電話がかかってこない可能性は100%というわけではありません。

カード申込、WEB完結申込どちらを選んでも、審査の過程で在籍確認後でも否決となって借りられないことはあります。

「在籍確認の電話=審査可決」ではないのです。

審査で否決となる理由は教えてもらえないため、在籍確認が原因だったのか、それとも他に理由があるのかを申し込む方は知ることはできません。

再申込を希望する場合には、審査申込の記録が個人信用情報機関に残らなくなる6カ月以上経過してから申込手続きを行いましょう。

SMBCモビットの在籍確認は2種類

SMBCモビットには、申込方法が2種類あります。

「カード申込」と「WEB完結申込」で、それぞれに応じた在籍確認が取られています。

電話連絡なしで審査が進められるのが「WEB完結申込」です。
郵便物もないので、ローンカードは発行されません。

WEB完結申込ができる対象者は決まっており、条件を満たさないと利用できません。

「カード申込」では本審査で電話連絡による在籍確認が行われます。

カードの受け取りは、郵送またはローン契約機での発行から選べますが、WEB完結のようにすべてオンラインで済ませることはできません。

申込方法の選び方は、希望する在籍確認の方法、カードを使って借入をするかどうか、そしてWEB完結の条件を満たしているかをトータルで判断しましょう。電話による在籍確認を避けたいと思っていても、できないケースもあります。

SMBCモビットならカード申込でも会社バレはしにくい

WEB完結でないカード申込では、在籍確認は電話で行われます。
ただし電話での在籍確認でも、SMBCモビットと名乗ることはなく、担当者の個人名での連絡となります。

もちろん、ローンを申し込んだことも電話に出た相手が本人でない限り伝えることは絶対にないので、電話がかかってくればそこで借入がバレるというわけではありません。

在籍確認では「○○(担当者名と)申しますが、△△さん(申込者)はいらっしゃいますか?」とかかってきます。

このとき申込者本人が電話に出られず「△△は只今席を外しております」という回答であっても、勤務していることはわかるのでそこで在籍確認が完了します。

申込者本人が電話に出た場合にも、簡潔に申込の確認等がされるだけで、長く会話する必要はありません。

勤務先の状況にもよりますが、あまり電話の内容を周囲の人に聞かれたくなければ、折り返してもらうように頼めばOKです。

カード申込の場合でも、依頼すれば書類による在籍確認に対応してくれることもあります。
どうしても職場に電話がかかってくるのが困るなら、申込時にコールセンターへ書類による在籍確認ができないか依頼してみましょう。

WEB完結申込をしても電話連絡があるケースも

利便性の高さや、電話連絡なし、郵便物なしであるSMBCモビットのWEB完結申込は、利用者にとてもメリットが多いと感じます。

WEB完結申込を利用する際の注意点としては、WEB完結を選んだとしても、審査担当者が必要と判断すれば電話連絡となることがある点でしょう。

どんなケースで電話での在籍確認が必要になるかは、申込者にはわかりません。

WEB完結申込にしたから絶対に電話連絡がないと考えず、もしかするとかかってくる可能性もあることを想定しておきましょう。

電話がかかってきた場合に、どこからなのかを確かめる勤務先なら、電話連絡があればたとえば「クレジットカードに申し込んだ」等の言い訳を考えておく必要がありますね。

SMBCモビットで増額の時に在籍確認は行われる?

SMBCモビットのカードローンを利用しているうちに、限度額増額ができることがあります。

限度額を大きくできるのは、利用実績があり遅れることなく返済を継続している、他社借入が増えていない、総量規制の範囲内といった条件を満たしているケースです。

増額にあたって、審査により初回申込時のようにトータルでSMBCモビットが判断します。初回申込のように、ということは在籍確認も行われるの?と気になりますね。

SMBCモビットの増額では、電話や郵便物なしでサービスが完結します。

スマホの場合はアプリから、パソコンの場合は会員専用サービスから申し込みましょう。

また、パソコンでの増額の場合には、増額審査を受けられる対象の方のみ「増額審査申込」が表示されます。

まとめ

SMBCモビットでは、WEB完結なら原則として在籍確認の電話連絡なしで、借りられるようになります。
ただしWEB完結で申し込むためには条件を満たしておかないといけません。

条件を満たさない場合にはもう一つの申込方法であるカード申込を選ぶことになります。

カード申込では電話による在籍確認は行われるのですが、SMBCモビットとはわからないように担当者名で電話がかかってきます。

在籍確認時以外の違いとしては、WEB完結ではモビットカードが発行されません。

そのため電話での在籍確認があるかないかといった違いだけでなく、契約後の利用方法も想定して申し込む必要があるでしょう。

WEB完結、カード申込どちらの申込方法でも、ローンの利用は周囲の人にはわかりにくくなっているので、安心して申し込みましょう。

RELATED POST